2020🐱錦織圭は再び昇る🌄

ホーム フォーラム 鼻血ブログラボ 2020🐱錦織圭は再び昇る🌄

  • このトピックには83件の返信、1人の参加者があり、最後にNORICHANにより1週、 3日前に更新されました。
  • 作成者
    トピック
  • #143343 返信
    下団

    何度でも何時迄も待ってるでぇ〜🎌😤🎌
    我々も強い気持ち💪で応援していきましょう🔥😤🔥

33件の返信を表示中 - 51 - 83件目 (全83件中)
  • 投稿者
    返信
  • #150745 返信
    NORICHAN

    ↑↑↑
    内容については、こちらの皆さまにはもう周知の事実ばかりですが、一応5項目をサラッと。

    1) He Left Japan Aged 14
    あれ? 13歳でIMG入り、じゃなかったでしたっけ?

    2) Success Came At A Young Age
    団長さま記事で下団さまがご紹介されたテニス・デイリー記事にあるように、やはりデルレイ250優勝が取り上げられ、J・ブレイク氏のコメントが。ブレイク氏はことあるごとにこの事実を自虐ネタで利用されますね(笑)

    ちなみに記録としては、錦織選手優勝は18歳と1か月と19日。これはATP史上(2000年以降)最年少優勝記録で、それ以前はナダル選手の18歳と2か月と12日。
    これは未だに(2020年現在)破られていない記録でございます。

    一旦切ります。

    #150746 返信
    NORICHAN

    ↑↑↑
    続きです。

    3) His 2014 Breakthrough Made History
    言わずもがなの2014USOシングルス決勝ですね。

    4) ‘Project 45’ Was Just The Start
    修造氏絡みのプロジェクト45はATPもご存知。はい、2015.03.02付でキャリア・ハイ4位でございます♪

    5) He Is The King Of Deciding Sets
    ディサイディング・セット(勝敗を決定するセット)における勝率は132勝46敗の74.2%で、オープン化以来の最高勝率をこれまた未だ保持。
    ちなみに歴代2位はジョコビッチ選手の73.5%、歴代3位はマッケンロー氏の73.4%、とのこと。
    ええ錦織選手は、ディフェンスの鬼をも初代悪童をも上回り続けるのであります♪

    #150751 返信
    NORICHAN

    ↑↑↑
    ごめんなさいm(__)mm(__)mm(__)m
    今テニスデイリー覗いたら、昨日付で既に抄訳記事がUPされていました(>_<)
    なので、こちらを読んで頂いたほうがいいですね。

    <錦織圭について、いま改めて知っておきたい5つのこと。ATPが特集>
    https://www.thetennisdaily.jp/news/atp/2020/0040735.php

    #150772 返信
    NORICHAN

    こちらも、さっきコメントしたばっかりですので上げておきます。

    #150781 返信
    NORICHAN

    一昨日、Web Sportivaに内田暁氏がコラム掲載。テーマはもちろんこのお方。

    <「錦織圭は誰よりも速い」。スーパープレーを生み出すスピードの秘密>
    https://sportiva.shueisha.co.jp/clm/otherballgame/tennis/2020/04/14/___split_14/

    #150798 返信
    NORICHAN

    昨日見つけました。
    今を遡ること丁度10年前の04/19、USAサラソタCHシングルスで見事優勝を飾ったのがこのお方。
    と、ATP Challenger公式が呟き。
    か、可愛い♪ あどけない♪

    #150821 返信
    NORICHAN

    USO公式に、2014男子シングルス決勝振り返り記事。
    <Photos: Marin Cilic vs. Kei Nishikori, 2014 US Open men’s singles final>

    あんど、フルマッチ・ビデオもUPされていました。
    <Full Match Video: Marin Cilic vs. Kei Nishikori, 2014 US Open men’s singles final>

    振り返り記事には、錦織選手&チリッチ選手のオンコート・コメントも。とともに、とある記録が記載されていました。
    それはチリッチ選手。
    彼の当時のランキングは16位。P・サンプサス選手が17位で優勝した2002以来の「最低ランク優勝選手」だったそうです。
    これは知らなかったなあ…。しかも、こんな記録を「後押し」したのが我らが総大将だったなんて(>_<)

    #150824 返信
    NORICHAN

    ↑↑↑ なぜに???
     誤:P・サンプサス選手
     正:P・サンプラス選手

    #150936 返信
    NORICHAN

    マドリードOPに続くバーチャル・テニス第2弾。
    それはIMGと任天堂がコラボのマリオ・テニス!

    ATP公式より記事タイトルのみご紹介。
    <Nishikori, Anderson, Fritz Join Celebrity Nintendo Tennis Event>

    そして抄訳記事がこちら。本日の日刊スポーツより。
    <錦織、大坂が“マリオテニス”世界的セレブとタッグ>
    https://www.nikkansports.com/olympic/tokyo2020/tennis/news/202004300000051.html

    #150939 返信
    NORICHAN

    ↑↑↑
    なのでIMG公式を覗いたら、こんな面々でした。

    #150957 返信
    NORICHAN

    錦織選手がIMGマリオ・テニスでダブルスを組むスティーブ青木氏。
    その呟きを錦織選手もリツィしていますが、彼は発表アルバムがグラミー賞候補になったこともあるミュージシャン♪

    #150978 返信
    NORICHAN

    IMGマリオテニス、盛り上がっていたようですが私は観戦できず。
    決勝カードは錦織選手組vs.フリッツ選手組だったようですね。錦織選手とフリッツ選手の対戦も久々のような。
    で、優勝はフリッツ選手組だそうで、おめでとうございます。
    錦織選手&スティーブ青木氏、準優勝おめでとうございます。

    この様子をIMG公式が次々SNSにUPしていましたが、コングラを一応貼っておきます。

    #150979 返信
    NORICHAN

    ↑↑↑
    フリッツ選手の相方さんマディソン・リーを存じ上げなかったのですが、彼女、TIKTOK上で有名なスターだそうで。確かに美貌♪

    そして錦織選手がコングラを呟き、フリッツ選手がお返しを。

    #150987 返信
    NORICHAN

    ↑↑↑
    ごめんなさい、FNを間違ってたm(__)m
    マディソンじゃなくってアディソン、でした。「マディソン郡の橋」思い出しちゃったからです(>_<)
    テニスデイリーより。

    <錦織 マリオテニスのeスポーツ大会で優勝を逃す。相方が曲がり過ぎるサーブを返せず>
    https://www.thetennisdaily.jp/news/off-court/2020/0040853.php

    #151196 返信
    NORICHAN

    何気に現在のランキングを確認してニンマリ。

    錦織選手は1,345Pで31位ですよね、何週目かの。
    でね、たった、たった5P差の1,350Pで30位がラオニッチ選手♪ やだもうっ、ケイとミロシュはいついつまでもくっつくのね、と(笑)
    ってか私の中では、この2選手はどうもセット感覚になってしまうのです。

    #151229 返信
    NORICHAN

    団長さま記事であけびさまがコメントされていたミルヌイ・コーチのコメント、その抄訳記事がUPされていましたのでご紹介。
    本日の日刊スポーツさんより。

    <錦織コーチのミルヌイ氏「新しい圭を見せられる」>
    https://www.nikkansports.com/sports/news/202005270000159.html

    #151249 返信
    NORICHAN

    オリバーさんのSNSにチーム圭登場♪
    さあミルヌイ・コーチ、よろしくね。とともに、ユニクロさんに変えるご予定は?(笑)

    #151310 返信
    NORICHAN

    団長さま記事コメント欄で、下団さまよりご紹介のあった内田暁氏コラムですが、こちらにも貼っておきます。

    <錦織圭、30歳になって心境の変化。「残された時間」に何を思う>
    https://sportiva.shueisha.co.jp/clm/otherballgame/tennis/2020/06/01/30_split/

    #151470 返信
    NORICHAN

    ATP公式に先週、錦織選手特集が組まれていたのを見逃していました。
    ミスター・モーメンタム♪

    まずは記事タイトルのみご紹介。
    <Mr. Momentum: Why Kei Is King>

    そして、4つのうち3つは勝つというサブ・タイトルも。
    <Nishikori wins more than three out of four three-set matches when he wins second set>

    #151471 返信
    NORICHAN

    ↑↑↑
    このデータ、1991(!)~2020のツアー平均だそうです。トップ10データのみコピペで。

    ◆3セット・マッチ、1setダウンからの勝率。錚々たる顔ぶれです。
     
     1. Kei Nishikori = 76.5% (65/85)
     2. Rafael Nadal = 74.3% (75/101)
     3. Stefan Edberg = 72.0% (36/50)
     4. Lleyton Hewitt = 71.3% (87/122)
     5. Pete Sampras = 71.3% (62/87)
     6. Andy Murray = 71.2% (74/104)
     7. Novak Djokovic = 71.0% (76/107)
     8. Yevgeny Kafelnikov = 70.4% (88/126)
     9. Andy Roddick = 70.1% (54/77)
    10. Stefan Koubek = 70% (35/50)

    ◆3セット・マッチ、セット先取からのセット・オールでの勝率。
     おっ、チーム圭が2人も♪

     1. Novak Djokovic = 76.0% (73/96)
     2. Thomas Muster = 73.1% (57/78)
     3. Juan Martin del Potro = 70.5% (43/61)
     4. Kei Nishikori = 69.2% (45/65)
     5. Andy Murray = 67.4% (60/89)
     6. Andy Roddick = 67.0% (61/91)
     7. Roger Federer = 66.7% (110/165)
     8. Pete Sampras = 66.7% (62/93)
     9. Michael Chang = 65.1% (69/106)
    10. Tommy Haas = 64.2% (77/120)

    改めて錦織選手の偉大さを思い知らされました。

    #151475 返信
    NORICHAN

    ↑↑↑
    余談ですが、2番目のデータの歴代1位ジョコビッチ選手。

    あっさりセット先取後、油断か?と思わせるセット・オール、ファイナルはまさか?と思わせておいて~の、あに計らんや冷徹に無慈悲にジョコるとゆーお馴染みの黄金パターンが、いくつもいくつも頭の中でリフレインします(笑)

    #151476 返信
    下団

    https://news.yahoo.co.jp/articles/5b0c86b03085e14346dfe1b4a763920741eddd3e
    錦織圭復帰へ!全米OP日程通り開催なら出場予定

    #151482 返信
    NORICHAN

    ↑↑↑
    続報です。
    今朝のスポーツ報知さんより。

    <錦織圭、全米オープン出る 1年ぶり実戦復帰は前哨戦が確実 大坂なおみも出場へ>
    https://hochi.news/articles/20200616-OHT1T50225.html

    出場決断も不安半分、期待半分。いや不安のほうが大きいかなあ…。
    更に気になるのは「前哨戦」という言葉。ってことはUSO前のシンシナティMSってこと? NYでUSOとセット開催となるのか否かという命題もありますし…。
    それとも…?

    #151498 返信
    ゆうた

    各媒体ともシンシナティMS→全米の予定で発表している様です。GS前週の公式戦参戦は17年全仏前週のジュネーヴ250以来でしょうか。

    でも錦織選手とシンシナティって相性がかなり悪い印象を受けますし、もしかしてMSでQFに唯一進出していない大会かもしれません。そう考えると今年の「移転」が吉に出るかも・・・と信じたい今日この頃です。

    でも、いきなり実戦初戦をシンシナティとは思えませんし何処かのエキシビションに参戦するのかな?🤔🤔

    #151510 返信
    NORICHAN

    ゆうたさま
    錦織選手の復帰第1戦が、いきなり5セット・マッチのGSとは考えにくいですよね。
    別トピでご紹介したテニスデイリーさんの抄訳記事によれば、シーズン再開は08/14開催のワシントン500からとのことですので、「前哨戦」というのはこちらかも知れませんよ。

    ただ私、すっこーんと超飛躍して、同じエキシビで復帰ならWTT参戦もアリ? なんてね(笑) なぜならチーム・シャラポワの存在が…。

    #151515 返信
    ゆうた

    🖕記事媒体では「シンシナティMSからの全米」という路線が目につきます。個人的にはワシントン500からの3連戦は流石に無いかなっと思っていますが。

    とはいえ、その前にどこかのエキシビションで慣らし運転はやるでしょうしWTTはその上位候補かなっと。ちなみにラオニッチ選手はWTTに参加する様ですね。🙂

    #151529 返信
    リッコラ

    全米参戦がほぼ確定の錦織選手。確かにどの前哨戦を選択して調整し、全米までに仕上げて来るのか気になります。
    ところで とても素朴な疑問ですが、今年後半はますます過密日程が組まれる状況になっていて、各国移動と検疫の困難さから考えて コミットメントプレイヤーのMS1000と500の出場義務要件は正式に緩和(?)されないのでしょうか?(もう、何処かで発表されていたらすみません🙏)
    実大会数が減っているのだから、どこまで義務が発生するのか。縛りが減って選択が緩やかに出来るのなら、後半シーズン ポイントの積み方を考える上で色々なパターンが有りえますし 各選手のスケジュールの組み方に関わってきますよね…。
    もちろん各国移動でのウィルス感染のリスクという不確定要素が加わる中で、それを避けながらですから 本当に難しい選択になりますが😔

    #151530 返信
    リッコラ

    ところで 少し話題から逸れますが、昨日 IMGアカデミーでの様子。🇺🇸ライアン・ハリソン君の弟、クリスチャン・ハリソン君のInstagramにこんな写真がアップされてます。
    👇
    C.Harrison君のInstagram

    ミルヌイコーチの元、C.ハリソン君とコートで一緒に写真に映るのは 我らが🇯🇵のお二人、圭さんと望月慎太郎君でした。今回は4人でダブルスを取り入れた練習でしょうか?
    慎太郎君、先日はシャポバロフ選手とのセッションをこなしていましたが、これは慎太郎君にとっても凄く良い刺激になりますね。
    まだ先の話になるでしょうけど、この年の差🇯🇵日本人ダブルスペアを、是非いつか試合で観てみたい〜😍と切に希望……。

    #151551 返信
    NORICHAN

    リッコラさまがコメントされているにも関わらず、「最新の投稿」がゆうたさまのお名前になっているのはなぜ? もしやスパムが影響してる?

    さてこのコメントの投稿後はどうなるかな?

    #151552 返信
    NORICHAN

    ↑↑↑
    あれ? 「最新の投稿」が私のHNに変わった…。何でだろう???

    はさておき、既に皆さまご存じかと思いますが、去る18日に開催されたエアウィーヴ新作発表会に錦織選手がリモート出演、浅田真央さんとリモートな握手を。

    なぜ今頃これをご紹介するかと申しますと、錦織選手の髪型! 私、思わず「おい鬼太郎!」とツッコんでしまいましたので(笑)
    日刊スポーツさんより。

    <錦織圭「ちょっと心配」無観客全米OPに戸惑いも>
    https://www.nikkansports.com/sports/news/202006180000613.html

    #151676 返信
    リッコラ

    6/26 Teniss Classic より

    ☝️
    少々長いですが、これは錦織選手が使用して来たスポンサー歴代ラケットの話。(広告宣伝したい訳ではないので そこは思いっきりスルーで😅お願いします🙏)

    内容としては純粋にラケットのモデル変遷を辿る記事なのですが、11歳の頃から今に至るまで、強くなりたいと願い続ける圭さんとラケットとの19年間の歩み。
    よく知られた内容ではあるかもしれませんが、懐かしい写真の数々と共に、そのラケットによってどんな活躍が生みだされ、日本のテニスの歴史が塗り替えられて来たのかが語られています。

    Big4を始め 長身外国勢相手の凄まじいパワーを、あれほど繊細な感覚を持つ腕で受け止め、跳ね返し、絶え間ない連戦に時にはダメージを受けながらも闘い抜かなきゃならない世界です。

    常に怪我と隣り合わせであるが故に それに立ち向かうための細かいこだわりを持ってきた錦織選手。
    彼の要望を受け、技術や素材の開発によって進化して来たラケットは、まさしくツアーという戦場で闘う為の《武器》なんだなぁと改めて深く感じた次第。
    ツアーの再開に未だに疑問符(?)が付く状況ですが、このトピのタイトルの様に まだまだ昇り続けていて欲しいです。

    #152347 返信
    NORICHAN

    我らが総大将は大丈夫かしらん?

    米メジャー・リーグ、マイアミを拠点とするマイアミ・マーリンズで開幕早々クラスター発生(>_<) フロリダ州そのものが厳戒態勢に入るのではないかと心配です。

    まあIMGは東海岸マイアミとは反対の西海岸ブラデントンですし、アカデミー自体が厳格な感染対策を講じていると思われますので、大丈夫とは思うのですけれど…。

    #152364 返信
    NORICHAN

    さてシンシナティMS in NY。
    jolensenさまよりエントリー・リストのお知らせがあり、我らが錦織選手のエントリーも確認できましたね。
    ただ問題は、「本当に」このMSが無事開催の運びとなるのか? それは神のみぞ知る。

    ところで国内の各メディアは、この大会を「全米前哨戦」と表現…。
    普通、MSをGSの前哨戦と言いますかね??? 私的には非常に違和感のあるところです。

33件の返信を表示中 - 51 - 83件目 (全83件中)
返信先: 2020🐱錦織圭は再び昇る🌄
あなたの情報: