2019ロッテルダム準々決勝 vs. Fucsovics 実況(1stセット第8ゲームから)

圭4−3フ から

Set1

G8フ 5-3 Break!
1c ××× FCr
1c2w × FRvCrN
1c ××× SvCt
1c2c ○○ FR深
1c2c ○○ BR深
1w ○○○ BSt 攻められてカウンターフォアから逆突きBDTL
1c ×× SvCt
1w ○○ FCr F回StをカウンターCrが冴えてる
1w ○○○ BPSlSt スーパーディフェンス!!!
1c2b ○○○ BRコードボール

ナイスプレー連発でブレイク!

G9圭 6-3
1c2c ×× FSt
1c ○○ SvCt
1c ○○○ BLb フチョもバリエーション豊かな攻撃だが、技あり
1c ○○ SvCt オンライン
1w ○ BO 走らせた

きっちり1stをいいところに入れ、ストレートを落ち着いて処理
フチョビチュは思ったよりストレートの展開早い
スライス使ったりネットプレーもあり単なる実直ストローカーではない印象

Set2

G1フ 0-1
1c2c ○ FStSO
1w ○○○ F回St
1c2w × FRSO
1b ○ BSO
1w? ×× F回St 強い球
1c ×× SvCt フチョ見事に凌ぐ
1w ×× FSt
1c ×× SvCt

ナイスプレーでチャンス握ったが、フチョビチュのサーブのプレースメントが良くブレイクには至らず。

G2圭 0-2 被Break
1w ○ FSO
1c × FSO
1c2c × BN
1c ○○○ SvCt さっきからこのコースが良い
1c2c ○ BRSO
1w ×× FSt 逆を突き合う面白いラリー
1w × BN フォアの攻めのコースがやや甘い
1w2w ○ FRRvCrO
1w2w ○○ FSt 逆突いた
1w2c × FDrSO パターンは良い 惜しい
1c2c × FStN
1w × BHVSO

攻め続けたが、粘られた
ミスも出た

G3フ 1-2 Break!
1w ××× FVSt 上手い
1w ○ FVO
1w2wD ○ DF1本目
1c ○ FRvCrSO
1c? ○ BSO

フチョビチュ、積極策が裏目に出た

フチョビチュはブレイクして一気に行こうと積極性を増したプレーをしましたが、それが裏目に出てミスになってしまいました。作戦失敗とも言えますが、錦織相手に先行した貴重なチャンスを活かそうという考えは分かります。同じテンポでプレーしても、錦織が逆襲してきそうですから。

G4圭 2-2
1w × BO ラケットを変更
1w ○○ SvWi
1c ○○○ BVSt 体伸ばして素晴らしいコース
1b2w ○○○ F回St 速い球
1c2c ××× FHV 意外なタイミングのDrからロブで抜かれ。
1w ○○ SvWi

さっきまではアドサイドからセンター。このゲームはワイド。散らしたコースが上手い

G5フ 3-2 Break!
1w ○○○ FRCr 面使い良し
1c ○ FN BStで逆突き
1c ○ BO 前に入ったBHが深く入ってフチョ時間を失った
1c ○ FHfVN ナイスディフェンス

記録上はフチョビチュのミスが多いが、ミスさせている。
深い球や逆突き、パスを沈めてオープンに走った。

G6圭 4-2
1c ○○○ SvCt
1b ○○○ FHfV 上手いタッチ
1b2b × FStO
1c ○○ SvCt ここしばらくサーブコース良し
1c ○○ FApSt 早いタイミングの攻め

常に先手取って楽にキープ

G7フ 5-2 Break!
1c ○○ FApSt 全てライジング
1w ○ BStO
1b2? ○○○ BVSt FAp3連発
1c2w ○○○ BRSt

もう完璧な攻め
ギア完全にアップ

G8圭 6-2
1w × BStN
1w ○○○ BVSt バックボレー本当に上手い サーブも角度すごかった
1c ○○○ F打 エアケイ サーブ速かった 195kmh
1w2b ○○○ BSt もうウィナーの展覧会
1c ○○○ FDrV すごすぎ

久々の超特急

51 件のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

     テニスを愛する理系人間。よく理屈っぽいと言われる。  プレースタイルはサーブアンドボレー、というよりサーブ。ストロークは弱い。  2008年2月15日に本ブログを開設。その数日後に錦織圭はあのデルレイビーチ優勝を成し遂げる。  錦織圭の存在を知ったのは2004年。その後2006年全仏ジュニアベスト8で再注目。2007年のプロデビュー(AIGオープン)で錦織の試合を初観戦。その後の活躍を確信し、今に至る。