現状の力は出し切ったナイスゲーム。ナダルの底力さすが(2021バルセロナ3回戦 vs. ナダル レビュー)

2021 Barcelona (ATP 500)
3rd Round
Rafael Nadal[1] def. Kei Nishikori, 6-0,2-6,6-2

1stセット
調子悪めのナダル以上に錦織のミスが早く、ベーグル。ショットも動きも悪かった。

2ndセット
中の人入れ替わる。錦織が前、ナダルが後ろの形をうまく作り、ストロークで支配。

ファイナルセット
ナダルが力を入れたサーブとショットを繰り出してくる。気迫とパワーに押されてしまった。

簡単なセットごとの流れは以上のような感じでしょうか。

次に本日の錦織の状態について、

  1. 恒久的な課題
  2. 今、持っている力を出したかどうか
  3. 戦略、選択、考え方に改善の余地はあるか

の3つに分けて考えて、1については今日どうこうできる問題ではないので、あとで論じるとして、まず2については、1stセットはともかく全般的によく頑張り、力を出し切ったと思います。

3については、改善の余地があったと思います。
そろそろ試合勘を言い訳にはできないと思います。
(何度もいいますが、錦織本人は言い訳をしていません。我々の評価として「試合勘」で片付ける時期ではないだろう、という意味です。)

ファーストセットは、ナダルということを意識しすぎたように思いました。
クレーコートのナダルは絶対的ですのでその気持ちはわかりますが、ナダルの調子は良くなく、基本のオープン攻撃をきっちり遂行できれば十分効果的だったのですが、逆をつこうとしたり、狙いすぎたりしたショットがミスになりナダルに楽をさせてしまいました。

2ndセットはそれに気づいたのか、オープンコートを効果的に作り、前に入って左右に振ることでナダルを攻略しました。

ファイナルセットは最初のゲームがキーで(BIG4との対戦ではこのゲームがよくキーになる)、錦織はここで2ndセットの反動が出ることがあるのですが、今日はしっかりと2ndセットの勢いを持続して0−40まで持っていきました。

しかしそこからのナダルの底力がすごく、両者にとって非常に大きなゲームとなりました。
錦織も修正能力がすごいし、ナダルもすごいです。
となれば、最後は地力の差が出てしまいます。

ナダルはサーブも良くなりましたし、ストレートへの展開がものすごく早く、かつ内側に入りませんでした。特にフォアのストレートは常に錦織を走らせました。

今日も1stサーブwonが55%と低く、これが主な敗因じゃないかと思います。
特に3球目攻撃のミスが目立ちました。
今大会の1回戦からの傾向ですが、1stサーブが入った後のイージーな球のミスが目立ちます。
原因はよく分かりませんが、気持ち的に攻め急いでいるような気がします。
今日はナダルとの対戦だったので特に、決めなければとい意識が強すぎたように思います。

セカンドセットは深い球が多く、効果的だったので「真ん中深くに強め」って球をもっと増やしていいと思います。
全部が全部攻撃しなければならないことはなく、有利な場面を作り、有利な場面で攻めることが必要ではないでしょうか。
その場面が来るまでは「真ん中強め、深く」でいいかもしれません。

ネットプレーを選択する場面も改善ポイントです。
相手の態勢を見てから前に出たものの間に合わず抜かれる場面や、逆にスライスの返球が予想されるのに前に出なかった場面が散見されました。

恒久対策の最優先事項は、やっぱりサーブです。
速度が遅く、170kmhを超えるサーブが少ない状態です。2ndもだいたい、130kmh台です。
昨年の肩の故障の影響がある可能性もありますが、このサーブでは厳しいと思います。(むしろこのサーブでものすごく頑張っていると思います)
ほぼオンラインのサーブなのに、150kmhくらいなので強打されたりしていました。

肩の影響があるのだとしたら申し訳ない論調になってしまうのですが、それでも速度低下は10kmhくらいなので、もし問題があるのならもっと打てないと思うんですよね。なので肩は問題がないとう前提での議論だということをご理解ください。あとになって「あの頃は肩が・・・」という展開になる可能性もありますので、そのときはごめんなさい。

一時期、取りざたされたリターン返球率については、クレーコートということもあってそれほど気になりません。
特に、2ndサーブに対するリターンミスは減ってはいます。今日は痛い場面でのミスがあったので印象に残っているかもしれませんが。

次の要恒久対策事項は、フットワークですかね・・・。
スタミナも関係しているかもしれません(ただスタミナは改善傾向に見えます)。
もう31歳なので20代前半のころのような活きの良さは望めないかもしれませんが、それでもまだ改善の余地があると思います。

試合の中で、動けている時間帯と動けてない時間帯があり、必ずしも後半動けてないとは限らないのでその場面ごとの状況など、いろんな要因が絡んでいるかもしれません。

その他、たくさん書くことがあり、ツイキャスの最後に参加者の皆さんでいろいろディスカッションして、全部メモしたので次の記事で整理したいと思いますが、
今日のところは連日の深夜観戦&ツイキャス&ブログ執筆で私もオツカレチャンですので、今日はこの辺にしておきます。

来週、ワイルドカードでエストリルオープンへの参加が決まりました!!

今後、マドリード、ローマ、全仏がある中、さらに大会数を増やす不安はありますが、まだまだ多く試合をこなしたいと思っているでしょうし、ここらでATP250でSF以上を目指し、勝つ感覚と自信を回復する、さらにクレーの感覚を取り戻す試みとしては良いと思います。

また今後、全仏360pなどの失効点があり、オリンピック出場権も決して楽観視できないと私も思っていますので、その点でも貪欲にポイントを目指すことは必要と思っています。
(エストリルで活躍したらマドリードかローマをスキップもあり。)

マドリードとローマでシードが付きそうにないので、錦織のドロー運の悪さならまたジョコやナダルと早期に当たるということもありえます。
それに何より来週もまた応援できるのは嬉しい限りです。
まだまだ、アップダウンある錦織劇場だと思いますが、来週もよろしくおねがいします。

111 件のコメント

  • aoiですさん、リッコラさん、返信ありがとうございました。内転筋めっ!選手を困らせて💢って、筋肉が悪い訳じゃなかった💧クレーでのありがちな動きというのがあるのかな?
    ゴファンも内転筋の肉離れで結構時間がかかったようですし、選手の皆さん怪我との戦いも熾烈です😣
    「おかしい」は変じゃなくて、ついにやけてしまう「可笑しい」ですからね笑 今もかつても魅力的です🎵

      引用  返信

  • ハチャノフと錦織圭のマドリード1回戦
    今のオッズはハチャノフ1.80錦織2.00と
    ほぼ互角という評価のようです。

      引用  返信

  • 今から気合入れて、『ビーフストロガノフ』久々に作ろうと思います。
    フ、しかあってないけど😅

    確か以前のハチャノフ戦では、
    『かぁちゃんの麩』
    と言う最高傑作がありましたね!

      引用  返信

  • リーフティー入れて飲みます。紅茶でも緑茶でも、ほうじ茶でもOK!
    リーフティー飲む→葉茶飲む→ハチャノム→ハチャノフ

    ちょっと無理やりですが…笑
    気持ちゆったりと頂きましょう。

      引用  返信

  • 1回戦は明日ですかね。
    とりあえずマドレーヌを6個用意します。

      引用  返信

  • 錦織vsハチャノフ戦は明日ですね!
    昨夜ハチャノフ/ルブレフvsフォニーニ/シュワルツマンをサクッと見てハチャノフの調子を偵察して来ました 笑 相変わらずサーブとフォアハンドは強力でした。クレーも関係なしって感じでした。でも、ミスも結構あってどうでしょう?錦織選手の出来次第って感じですかね?わずかに出てくる写真の様子などは明るいトーンで、心配なさそうですが…。わかりません。まずはコートに立つ姿を見られますように🙏
    ちなみに錦織が優勝するはずだった 笑 エストリル大会はノーリーにタイブレークの末に勝利したラモスビニョラス選手が優勝でしたね。ここのところ強くなってきた(終始ファイトして攻めるテニスが好き)ノーリーがリードしているように見えたけど、クレーの特性を活かした粘り強さはラモスビニョラス選手が上だったかな?決勝戦らしくいい試合でした。
    ハイッ!次は錦織選手の出番!

      引用  返信

  • 錦織君の試合は、明日の第1試合。日本時間だと午後6時ですね。
    始まる時刻が決まっているのは有難い。
    元気に出てきてね!

      引用  返信

  • 試合まであと3時間余ですね。
    前回、楽しみにしていたATPの「本日のスケジュール」を確認したとき、錦織選手の名前と日の丸が見当たらず脱力しました。直前の棄権もあり得るということは頭では理解してるものの心が受けつけませんでした。

    今回は、まだちゃんと残っています!
    相手はハチャノフ選手。勝って当たり前の相手ではありませんが、錦織選手、テニス脳フル稼働で勝ってくれると信じています。もしかすると意外とさくっといくかも(希望的妄想炸裂中)。

      引用  返信

  • なんだかんだでもう2時間を切りました!団長さんは今回もツイキャス(言葉の意味をわからないで一丁前に使ってる😅)で直前プレビューかな?夕飯前の主婦的にはなかなか厳しい時間。さっさとご飯作って相棒にハイッ、どうぞって提供したら速攻テレビの前に陣取るか…( ̄∀ ̄)
    昼間のんびりタイムにペジャ戦とガリン戦、見ておきました😃団長さんからサーブについてはずいぶんダメ出しがあったけど、後から余裕の心持ちで見ると、いいテニスしてるわあ😍と、惚れ惚れする場面がたくさんありました。今日も惚れ惚れしたいわあ💕

      引用  返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

     テニスを愛する理系人間。よく理屈っぽいと言われる。  プレースタイルはサーブアンドボレー、というよりサーブ。ストロークは弱い。  2008年2月15日に本ブログを開設。その数日後に錦織圭はあのデルレイビーチ優勝を成し遂げる。  錦織圭の存在を知ったのは2004年。その後2006年全仏ジュニアベスト8で再注目。2007年のプロデビュー(AIGオープン)で錦織の試合を初観戦。その後の活躍を確信し、今に至る。