【完】悔しい敗戦だがショックな敗戦ではない。最後まで崩れないマクドナルドに最後まで抵抗した錦織というナイスゲーム!(2021ワシントン準決勝 vs. マクドナルド レビュー)

2021 Washington (ATP 500)
Semifinal
Makenzie McDonald def. Kei Nishikori, 6-4,3-6,7-5

マクドナルドのリターンからのアタック、フォアのカウンターが炸裂しまくった試合でした。
最後まで錦織は抵抗し、勝ちかけましたがオリンピックからの連戦(シングルス9試合、ダブルス3試合)により体力的に厳しかった。

でもレベルの高い、見どころ満載のゲームでした。
悔しい敗戦ですが、ショックな敗戦ではありません。

100位以下の選手への敗戦ですが、ニュースで「まさかの敗戦」という見出しを見つけたら鼻で笑ってください。
決してそんなものではないことは見た人なら分かります。素晴らしい試合でした。

今日も錦織は調子の良さそうなスタートでしたが、1stセット第2ゲームのブレイクポイントでのもったいないストロークミスが、結構尾を引いてしまった感じです。
マクドナルドは最初から積極的に打ってきており、セカンドサーブはほぼ全アタック。ときにはリターンダッシュ。
元気だった序盤はまだ対応できていたのですが、最後のゲームはファーストが入らなくなったところを攻められてしまいましたね。

2ndサーブのポイント率がここまで下がってしまうと、ハモ理論も通用せず1stサーブのイン率が欲しくなってきます。
ただし入れに行った1stではダメというのは変わりません.1stサーブポイント率まで下げてしまうとどうしようもなくなりますから。

ブレイクバックして3-3としましたが、次のサービスゲームではリターンのアタックに加えてフォアのカウンターが加わってきました。
このフォアのカウンターは最後まで錦織を苦しめました。

セカンドセットに入るといつものように集中し直した錦織が、超アングルパスでブレイクして一気に流れを掴むと思われましたが、マクドナルドがまったく落ちない。
どんどんカウンターが決まり、錦織のミスもあって2ブレイクを許し2-3に。

今日はもうダメかという雰囲気が一瞬漂いましたが、一番諦めていないは本人。体力を振り絞って難しいショットを次々決め、ファイナルセットまで持ち込んだプレーはさすが錦織圭という感じでした。

ファイナルセットはさらに両者のプレーの質が上がり、すごい試合になったと思います。
しかし徐々にマクドナルドペースになっていたように見えました。主に体力要因だと思います。

とにかくマクドナルドのディフェンスが素晴らしく、錦織はポイントを取るまで何本も攻めなければなりませんでした。
しかしそれを決めきった錦織も素晴らしかったと思います。

セット後半はサービスゲームでもディフェンスを余儀なくされながらもキープすると、4-4で疲れた体で諦めずに走りBPを握るまで行きました。
このあたり感動的なプレーだったのですが、BPではわずかにリターンがアウト。

5-5になるサービスゲームでも、今日一番の速度のサーブにバックDTLの積極的な攻撃と、最後のギアアップで試合を締めにかかる錦織に対し、
次のサービスゲームが最大のポイントになりました。

マクドナルドもギアを上げてきて、ここで今日最高のラリーからの、ドロップショット、そしてロブ。
そして最後のリターンアタックとなったわけです。

やはりこうして書いてみて、最初から最後までマクドナルドが強かったし、ファイナルセットに両者のレベルが上がり、落ちるどころか最後にさらに上げてきたマクドナルドを褒めるべき試合だと思いました。彼のベストマッチではないでしょうか。

錦織に課題がなかったわけではありませんが、それは従来から指摘されていた部分であってこの試合に限ってどうこういうものではありません。
間違いなく勝ちに行っていましたし、最後まで錦織も良いプレーをしたと思います。

納得の行く敗戦というのは非常に少ないものですが、今日はその一つではないでしょうか(悔しいけど)。
体力要因は、かなり大きかったと思います。
もう少し元気だったらこのマクドナルドにも勝ったなと思える試合でした。

2018年の復帰時は、復帰3ヶ月でモンテカルロ準優勝という結果が出たので今回の復帰はもどかしいと考える方がいても不思議ではありませんが、今年の復帰も内容的には着実に上向いており、今大会もまた前進しましたね。

東京オリンピックではルブレフに完勝しベスト8。内容も良く、負けたのはジョコビッチ。
酷暑の東京からすぐワシントンに飛んで試合。引き続き内容が良く、今年初の4連勝&ベスト4。マクドナルドには負けたものの内容は非常に濃い試合。

2週間で9試合を戦い抜き、今日も負けても内容は良かったので、体力的にも復活傾向。自信も復活。今日の試合には錦織本人も、「悔しいけどショックではない。」でしょう。

そしてまたすぐトロントです・・・。ここはさすがに、体力厳しいのでは。スキップしても良いくらいかと。
試合勘は戻っているので、シンシナティと、1週明けた全米にフレッシュな状態で臨むことを重視してもよいかもしれません。
が、トロントだってマスターズ1000の重要な試合。錦織は出場し、また頑張ってしまうのでしょう・・・。
出場するなら、もちろん応援します。ただ、本当に怪我だけはしないように気をつけてほしいですね。

収穫の多い良い大会でした!

錦織圭、これから上がっていきますよ!

61 件のコメント

  • 私も気になって、マッケンジー選手とシンネル選手のファイナルをチラ見していましたが、皆さんおっしゃるように、互角の戦いでとてもに良い試合でした。特に、マッケンジー選手は第一セット、シンネル選手のセットポイントを9回か10回連続で凌いでいました。これを凌ぎ切っていれば結果は違っていたかもしれません。本当に粘り強い戦いぶりで、錦織選手と同じような体格、風貌?でもあり、どうしても応援したくなります。

    かつて「できるならモンフィス選手の身体能力が欲しい」というようなことを錦織選手が言っていたと記憶していますが、彼のテニス脳は、しばしば彼の身体能力を超えて指令を出してしまい、それが、時として身体の故障につながってきたのだろうと思います。昨日の敗戦は応援の立場としては本当残念なのですが、案外、錦織選手自身は、そのあたりの状況を客観的に理解していて、気持ち的には、今回は敗戦もやむなし、とさばさばしているような気がします。

      引用  返信

  • 今朝の新聞にわりと大きく!錦織圭決勝逃す!と載ってましたが103位の格下とは書いてなかったのでよかった!
    どちらか言うといつもこの県紙は錦織圭よりに記載されてると私には感じられます。
    4,5日前のにもいいことが載ってたんですが、ここに貼り付けが私には出来ないので歯がゆいんです。
    トロントに出るんですね、1回戦を勝っても2回戦は勝利したことがないホルカチュかフルカチュとか言う選手ですが・・・・間違ってたらすみません、肩のこともあるので心配です、
    でも全力で応援しています。、

      引用  返信

  • トロントは、一回戦も、二回戦も、リベンジマッチですね!2連勝して、行けるとこまで行って欲しいですね!

      引用  返信

  • シンシ…絶対…は無いです🙇🏻‍♀️💦
    ドロー良かったら、まず、MSだかんね⤴️
    なんじゃかんじゃ言うても、身体のコンディションやらオトナの事情も絡んで、よっぽど悪くなければ出るんでしょうね。。。

      引用  返信

  • ホヤぼうさん、
    私こそ、色々分からないことだらけなんです。
    今回ホヤぼうさんのご指摘がきっかけで、改めて錦織圭という選手のいい意味でのストイックさに気づき、かっこよさを再確認できました。ありがとうございました。

    錦織選手は試合後
    肩の痛みがあったのでサーブに影響したと言ってました。
    これって「もしも肩が痛くなければ競り勝てたかもしれず、さらに
    今の勝負強さをもってすれば、決勝も競り勝って優勝もあり得た。」と思います。(決勝戦ともなれば限界超えて頑張ってしまうでしょうから。)
    でもそれと引き換えに肩の怪我再発という大きな代償を払う可能性が高かったんではないでしょうか。
    ある意味、これは怪我になりそうなところを回避できたのだと私は解釈します。(久々の優勝を逃した負け惜しみではなく、マクドナルド選手に負けた悔しさでもなく、心底「錦織選手は怪我を回避できた。ラッキーだった。」と今は思っています。
    皆さんが仰るとおり、
    トロントで無理せず、肩の状態次第では途中リタイアも勇断してほしい。もちろん全米前の重要な時期、本人も陣営もそんなことはファンに言われなくとも充分すぎるほと分かってますよね。

      引用  返信

  • あくまでもランキングとエントリー好きの妄想に過ぎませんが・・・

    錦織選手がトロントMSの初戦に勝てば今週お休みのガスケ🇫🇷&アルカラス選手🇪🇸を抜く事は確定となりますが、そうなると気になるのは再来週&全米前週開催のウィンストン・セーラム250。

    現時点でエントリーはしていませんが、この大会のエントリーを見ると先述の2人を抜くと暫定でランク的に上位15番目のシード圏内(この大会は16シード制&シードは1R免除)に入ります。

    今の錦織選手のランクだとGS&MSのシードは有りませんし下手すると大会序盤でジョコビッチ選手等のと当たるリスクもあります。そう考えると「今回結果を出す→来週スキップ→再来週はWCを貰って緊急参戦」っていうのもアリかもと思ったり思わなかったり・・・

      引用  返信

  • 団長さん、FUMA さん
    お知らせありがとうございます😊
    朝からソワソワ探してました。
    これは肩はもう大丈夫という知らせか?
    まあ、何とかいけるだろうということか?
    少しハリがあるが、いけるところまで行ってみようということか?
    でも……。
    これはまずい…ではないですね、きっと。そんな無謀なことはしない。そう信じる。
    テニスそのものは良いので、心配はどのくらいのサーブ を打てるか?
    マクドナルド戦、2セット目だけ見直して、どうやってあっという間に取り返したのか確認してみたけど、その時間スピードは遅くてもしっかり打って入れていた。サーブさえ大丈夫なら……。
    ドキドキしながら(不安と期待で)待ちます。

      引用  返信

  • 今夜、錦織戦ですね。
    このランキングでもセンターコートっていうのは、やっぱりこれまでの功績あってこそですよね。誇らしい。
    肩の痛みなく、時間をかけず勝てるといいなぁ。

    先程、NHKに今大会の放送予定について問い合わせました。
    トロントとシンシナティは、オリパラの関係で放送なしとのことでした(T_T)
    上海は放送予定が入っているそうです。
    私はWOWOWのオンデマンドで我慢します。(録画できないのが悲しい)
    今日はキッツビュールのリベンジ果たしてほしいですね。

      引用  返信

  • 北米MSの第1試合って「錦織選手あるある」な印象を受けます。

    まぁ彼自身ナイトセッションが好みでは無い事は公言していますし、もしかしたらコレって錦織選手のリクエストかもしれませんねぇ〜🤔

      引用  返信

  • 先程上海の放送予定について書きましたが、大会そのものの中止が決定してしまいましたね。
    アジアツアーは今後どうなっていくのやら。。。
    早く有明で生観戦したい。

      引用  返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

     テニスを愛する理系人間。よく理屈っぽいと言われる。  プレースタイルはサーブアンドボレー、というよりサーブ。ストロークは弱い。  2008年2月15日に本ブログを開設。その数日後に錦織圭はあのデルレイビーチ優勝を成し遂げる。  錦織圭の存在を知ったのは2004年。その後2006年全仏ジュニアベスト8で再注目。2007年のプロデビュー(AIGオープン)で錦織の試合を初観戦。その後の活躍を確信し、今に至る。