(錦織のいない)2017全米オープンの直前情報・展望

 錦織のいない全米オープンが始まります。非常に残念で、どこか一歩引いた見方になってはしまいますが、テニスファンとしての興味は尽きません。日本選手の活躍も楽しみです。

この記事では、全米オープン(すでに予選が始まっている)の直前情報としての記事としたいと思います。

大きな大会ですので、第1週、第2週の記事もそれぞれ立てていきたいと思います。あとで日本選手の記事も立てますが、コメントは以下のような住み分けでお願いします。

全米記事 → 全米に関連するコメント。全米に参加する日本選手の情報含む。
日本選手記事 → 全米に参加する日本選手以外の情報

厳密なことは言わず、上記に反するコメントが少々あったとしても目くじらを立てることはありません。気軽に書き込んでください。

以下、執筆中。

大会情報

トップ選手の出場状況

錦織だけでなく、多くのトップ選手が欠場。または故障を抱えた状態です。
フェデラーは出場しますがリハビリ中で状態は完全ではない可能性があります。
マレーも出場しますが今季はやや不振。どこまで状態を戻してきているか。
ジョコビッチ、バブリンカは錦織と同様、年内は欠場します。
ラオニッチも今大会を欠場。コメントから判断すると年内の復帰を目指しているようですが、楽観はできないと思います。

1 ナダル 出場
2 フェデラー 出場 リハビリ中
(執筆中)

予選の状況

日本男子では添田が予選決勝進出しています。バンブリ(ワシントンQF進出)、チューディネリ(スイスデ杯選手)と実績ある選手を破っており、予選決勝の相手もイギリスのNorrie、一昨日22歳になったばかりの226位。チャンスだと思います。

残念ながら 伊藤竜馬は2回戦、内山靖崇、守屋宏紀は1回戦で敗退しました。

(日本女子執筆中)

203 件のコメント

  • 大坂選手の加速度的な進化が凄すぎます!
    去年の苦い記憶を振り払いましたね。
    リターンをより前で受けるようになり、アグレッシブな中にも一発で決めようとせずに確実にチャンスをものにする冷静さ。劣勢からでも、最後まで落ち着いて勝負を手繰り寄せるメンタルの強さも感じられました。今日はアンフォーストエラーも少なく、ショットも正確でした。今年は他からも研究されてきていると思うのですが、それ以上に成長を感じます。
    初Top10プレイヤー勝利が去年の全米女王、しかもほぼ満員のセンターコートでなんて、大坂選手もっていますね!このまま決勝まで行っちゃえ!!
    杉田選手もいい形で2セット取っているので、このままストレート勝利をしてほしいです!
    他の日本人選手もみんな頑張って~!

      引用  返信

  • フェデラーフルセット勝利おめでとう🍾
    次は圧勝でおねしゃす!!

      引用  返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

     テニスを愛する理系人間。よく理屈っぽいと言われる。  プレースタイルはサーブアンドボレー、というよりサーブ。ストロークは弱い。  2008年2月15日に本ブログを開設。その数日後に錦織圭はあのデルレイビーチ優勝を成し遂げる。  錦織圭の存在を知ったのは2004年。その後2006年全仏ジュニアベスト8で再注目。2007年のプロデビュー(AIGオープン)で錦織の試合を初観戦。その後の活躍を確信し、今に至る。