【応援フード追加】先週3回戦に引き続きフェレールとの対戦!(2017ローマ2回戦)


 たった今、フェレール vs. ロペスの1回戦が終わり、フルセットでフェレールが勝利しました。
 これで先週3回戦に続いての対戦となります。

 正直、いろいろな対戦相手とやるという意味ではロペスとやりたかった。
 ロペスは結構曲者で、度々錦織も苦戦したり、敗れたりしていますし。
 希少な左利き、そしてビッグサーバーでもあります。

 でも、フェレールとロペスの試合の1stセットをフェレールが落とすのを見て、「なんかこのままフェレールがクレーに同世代のネットプレーヤーにクレーコートで負けるのは悲しいなあ・・・」と思ってしまいました。
 ロペスも好きな選手なんですが、やっぱりフェレールは錦織にとって特別な存在だな、と。
 そしたら逆転で勝ってくれました。ロペスはサーブが少し不調でしたね。正直、今の力関係だとロペスが上かなと思っていましたが、フェレールも徐々に試合勘を取り戻しつつあるのかもしれません。ただ、ディフェンス力が少し落ちたかなあ、という印象です。

 さて今大会の2回戦。明日に入るでしょう。
 錦織の手首の状態はいかに。ひょっとしたら、ひょっとしたらですが・・・計画的調整の匂いがしないでもないです。
 もちろん手首に問題がなければ先週のQFもプレーしたと思いますの、不安があるのは確か。
 ですが、このマスターズ2大会を多少犠牲にしても全仏に賭けている・・・そういう気がしてなりません。

 当然、目先のランキングにはこだわっていないと思われます。
 9位になりましたが、そもそもレースランキングは15位ですから!少々のランキングダウンは織り込み済みです。
 前の記事のコメント欄にも書きましたが、ランキングは「強い順」ではなくて「過去52週にポイントを稼いだ順」です。
 「強い順」とはかなり一致してはいますが、完全一致ではありません。
 特に今のトップ10下半分は混戦状態。一喜一憂してもしょうがないです。
 去年のこの時期にポイントを沢山稼ぎましたから、今年のように大会をスキップしたり途中で棄権したりしてたらランキングが下がるのは当然です。
 逆に、早期敗退してもランキングが下がらない、むしろ1つ上がったりした時期もありました。これは、失効ポイントが無く、大きく稼いだポイントが1年間の有効期限内にある場合に生じます。

 ってことで、とにかく手首の状態と、テニスのパフォーマンスです。
 テニスのパフォーマンスの方は、先週2回戦の最初は硬かったものの、その後はむしろ故障前より良い状態でした。
 練習はあまりできていないと思いますので、連戦になたtら、あるいは5セットになったらという不安はありますが、まずは錦織自身も先週のパフォーマンスにはほっとしているのではないでしょうか。
 この大会も、「振れ幅を大きく想定して」見たいと思います。
 どういう結果になろうと応援するのは変わりませんし、覚醒することまで想定していますよ!
 これだけの選手ですから、きっかけ一つで浮上します。
 私がよく言う「実績あるベテラン」に近づいてきていますので、ランキングを落としても常に大きな仕事をする(しても驚かない)だけの実力は証明済みです。
 それがこのクレーコートシーズンであって欲しい!

応援フード

鉄人フェレールは炎のファイター!
圭くん、続く対戦だけど、新たな気持ちで応援するね~

micchi

60 件のコメント

  • SFMをラブゲームで決めてくれました😃
    フェレール選手も、随所に700勝プレイヤーらしきところを見せてはくれましたが。

    初戦突破おめでとうございまーす㊗️🍾

      引用  返信

  • やったあーーーーーーーーーーー!
    錦織選手、おめでとう!!!
    トップ10選手ではあるんですが、トップ選手らしい雰囲気、
    勝ち方を身につけてきたんじゃないんですか( ´ ▽ ` )ノ
    前の危なっかしい局面がかなり減ったような気がします( ̄▽ ̄)
    す、素晴らしい〜!
    手首も大丈夫だって*\(^o^)/*
    次も楽しみになってきた。覚醒を言うのはまだ早い…………よね。

      引用  返信

  • 誰と当たるかはこれから分かることですが、フェレール、デルポトロ、ジョコビッチ、ナダル、ワウリンカ、ってことになったらWTFなみの戦いですね。
    まずは初戦突破おめでとうございます。
    明日の朝、手首と相談してくださいね。

      引用  返信

  • おめでとう圭。
    手首は大丈夫との事ですが突然痛みがくるかもしれないから幅持たせて明日も応援します‼︎
    久々にお父さん来てましたね。全仏まで一緒かなあ。安心です。

      引用  返信

  • @ROM さま、そうですね。ジョコはゲームごとに自分の名前を呼ばれてますね(笑)。

    錦織選手、マドリードに続いてプレー自体は好調を維持と言っていいのではないでしょうか(絶好調とまで言っていいのかどうかは分かりませんが)。スタッツは、ウィナーが錦織22本、フェレール19本ですが、錦織選手フォアのウイナーを11本取ってました。UEは錦織15、フェレール27。サービスは好調で1st180km/h(最速197km/h、75%イン)。グランドストロークは、錦織117km/h、フェレール選手が112km/hでした。なので手首の故障の影響は全くみられなかったと思います。

    フェレール選手ATP暫定30位ですが、ケガから復活したので、これからまだまだ活躍してほしいですね。ちなみにデルポトロは暫定33位まで上がっているので、RG迷惑シード外にはならないと思います。ヴェルダスコが37位でRGシード外になる可能性が大きいです(RGの早いラウンドで当たらないことを祈る)。

      引用  返信

  • @かたこりさま
    知らないとは、恐ろしいことですね。
    この夏 は、「痔」のTATOOを入れている人がいるか、よーく見て見ます!

    テニス以外の話題で申し訳ありません。

      引用  返信

  • 日本語だと「ぢ」ですね(日本語入力はdiと打つ、笑)。確かに20−30年前は日本の街角でフランス語の看板を見かけても7−8割の確率でスペル間違えてましたね(まあ普通の人は仏語辞書なんて持ってないし、インターネットも広まってなかったので大半の場合チェックしなかったのでしょうが)。一番すごかったのは「Rabien Rose」(La Vie en Roseの間違い)。テニスと全く関係ない話ですみません。

    錦織選手の3Rの相手を決める試合、デルポトロが2セットでエドムンドを破りました。エドムンド、フォアでウイナー取れるし、1sサービスも速いです(平均193km/h、最速210km/h)。フォアハンドは昔のジム・クーリエに似ている気がしました。

      引用  返信

  • フェレール→デルポトロ→ジョコビッチ→ナダル
    さすがMS。2回戦、3回戦から厳しいですな。

    手首はどうなんでしょう?
    デルポトロと真っ向勝負でフォアの打ち合いとかこわれそうでさけて欲しい。
    バックが切れてたから、バックの打ち合いでいきましょう。

    @クイーン さん
    ご両親来てるそうですよ。

      引用  返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    ABOUTこの記事をかいた人

     テニスを愛する理系人間。よく理屈っぽいと言われる。  プレースタイルはサーブアンドボレー、というよりサーブ。ストロークは弱い。  2008年2月15日に本ブログを開設。その数日後に錦織圭はあのデルレイビーチ優勝を成し遂げる。  錦織圭の存在を知ったのは2004年。その後2006年全仏ジュニアベスト8で再注目。2007年のプロデビュー(AIGオープン)で錦織の試合を初観戦。その後の活躍を確信し、今に至る。