錦織圭、集中力を切らさずジャンビエの豪打を守り切る!自信あふれるプレーでストレート勝利(2018全仏1回戦 vs. ジャンビエ)

2018 French Open (Grand Slam)
1st Round
Kei Nishikori[19] def. Maxime Janvier, 7-6(0),6-4,6-3

まず最初の感想は、「ジャンビエすげえ」。

ものすごい球を打ってきました。

次の感想は、「錦織のディフェンスすげえ」

あれだけのショットをポンポン返す。バックのクロスがベースライン付近に来ても、ショートバウンドで合わせて低い返球。
フォアハンドもどんどん良くなっていますね。あれだけ「フォアがフォアが」と心配しまくっていた日々が遠い昔のようですw

とにかくまず最初はディフェンスが完璧でした。

その完璧なディフェンスをも度々打ち抜くジャンビエのショットと言ったら、すごかった(2回目)。

特にバックのダウンザラインですかね。もうネットすれすれ、うなりを上げて飛んで行くボールという感じで決定力抜群でした。
錦織はジャンビエの事前データは持っていなかったと思われ、その状態であれだけのショットを打たれてはウィナーを量産されても仕方ありません。

その分、ジャンビエはミスも多いのですが、決定力を考えたらむしろ少ないくらい。
1stセットのジャンビエのウィナーは12、エラーは19と一見、エラーが多いように見えますが、これは錦織が守りまくった結果ですね。間違いない。
長い、技を見せ合うようなラリーは少なかったのですが、決して単調な試合ではなかったように思います。
それもこれも、錦織の技ですよ・・・。
私は結構、感動しましたよ。

ちょっと前の調子悪い状態であれば、強打に合わせられずもっともっと決められ、ブレイクを先行され、粘りと修正力でどうにかこうにか逆転する・・・といった試合展開だったと思われます。

「304位にこれだけ苦戦しているようでは・・・」という声がおそらく、聞かれていたことでしょうw

でも今日は文句付けれませんね。ブレイクポイントは10本握られ、全部凌ぎました。ジャンビエが力入りすぎてくれたポイントもかなりありましたが、とにかく崩れずに最後まで集中力を保ってプレー出来ましたね。

第2、第3セットともブレイク先行。チャンスと見るやリターンを固めて入れて、勝負強く取りました。
試合後半は完全にジャンビエのテニスに慣れていましたね。焦りをまったく感じませんでした。

セカンドサーブのリターンミスが少々あり、下がったリターンも浅くなることが多かったのですが、それを考慮に入れてもジャンビエの決定力素晴らしかったですね。
少なくとも304位のテニスではなく、WOWOW解説の村上さんが、「(威力は)トップ10のショット」と言ったのも頷けました。
これでミスが少なければ本当にトップ10ですが、そんなに上手く行くわけもなく。単調はありましたね。ミスも期待出来るし、テンポは一定なので錦織は実は、かなり落ち着いていました。錦織にはまだまだ引き出しがありそうでした。

と、めでたく、復帰後、グランドスラム初勝利となったわけですが、1回戦としてはレベルも高かったし、内容も良かったし、体力もそれほど消耗してないし、2回戦は中2日ということで、まずは上々のスタートを切ったと思われます。

2回戦はペールが来そうな感じで、あの2015全米1回戦、2015楽天オープンSFと短い間に2度もやられた印象が強く、怖い感じがしますが今の実力で考えればやはり錦織が上です。

そもそもあの2試合はペールかなり当たっていました。
まあ、波が激しい人なので当たったらやっぱり怖いし、最近の成績を見てもシュワルツマン、ガスケ、プイユといった強い選手に勝っていますので・・・楽勝とは思わない方がいいでしょうね。あのペースに乱されないようにしたい。

バックハンドの決定力は今日のジャンビエと少し似ているかも知れません。その面はプラス
ペールはフォアハンドのフォームが独特で、バックと比べたらやはり穴だと思うのでフォアを狙いたいですね。錦織のフォアもクロスにしっかり飛ぶようになってきているし。

あっ、2回戦のプレビューすでに書いちゃった感じですね。
こういう時に限って、ころっとペールが1回戦に負けちゃったりして。

110 件のコメント

  • いよいよ明日ですね!!!試合のスケジュールが出た模様です。
    フィリップ・シャトリエの第二試合です。現地時間は13時前後になると思うので、
    日本時間も20時頃と、観戦しやすくて良さそうです。

    https://www.rolandgarros.com/fr-fr/article/roland-garros-2018-programme-officiel-mercredi-30-mai

    明日は会場に行く事が出来ないので、皆様と共にテレビで大声を出して応援したいと思います!!!!!

      引用  返信

  • yuriさんの最新ブログを拝読していたら、2015年の全米フルセット敗北を、
    😱ペールショック😱と名付けていましたが、まさに‼️でございます。

    あの鮮やかな⁈ペールショックで、今まで顔すら知らなかった仏🇫🇷テニス選手ペールが、おそらくは私達錦鯉の脳裏に焼き付いたのです。
    あまりにヘンテコな振舞いと共に。
    (でも身長やボディには恵まれ、もちろんテニスは上手い一流の選手だとは思います。が、ついあの、幼少期トラウマかしら?と思わせるヒネくれた振舞いの方に、目がいってしまう)。

    会場は第1戦よりアウェイ確実💦
    目くらましのようなヘアスタイルや振舞い、おまけにテニスの調子も⤴️と来ては、う〜〜ん、やっぱりコワいかも😰

    でも、成長したニシコリを信じて、応援するのみ📣🙏
    ガブリンコ🍐

      引用  返信

  • すいません。先程のコメントで、錦織選手は第二試合と書きましたが、本日の夕方に雨サスになったChardy-Berdychの続き(3セット目1−1から)がその前に入るので、錦織vsペール戦はもう少し遅くなりそうですね。

      引用  返信

  • ROMさん、錦織vsペール戦に向けて、洋梨のヨーグルトいいですね。私が泊まっている宿はアパートメントホテルで、キッチンも冷蔵庫もついているので、さっそくスーパーで買ってきます。

    本日(Day 3)の観戦歴:
    シャポバロフvsミルマン@スザンヌランラン → 会場内大画面でナダルvsボレリ、S.ウィリアムスvsKr.プリスコバ → ハリソンvsマーテラー、続いて杉田vsセバリョス@コート9 → シャラポワvsホーヘンカンプ@スザンヌランラン → 西岡/杉田vsハーセ/ミデルクープ@コート15 → マユvsデルポトロ@スザンヌランラン。

    ボレリ選手、鋭いショットを連発していました。第3セットはセットポイントを握りながらも土魔神ナダルの前に屈しましたが。
    ハリソン選手は本人としても納得できなかったであろうストレート負け(ラケットをコートに叩きつけて破壊)。マーテラー選手のプレーは初めて見ましたが、ランニングショットがすごかった。サウスポーらしいえぐいサーブも。マーテラー選手、2回戦の対戦相手はシャポー君だそうです。

    杉田選手、悔しい敗戦。セバリョス選手(昨年全仏ベスト16)にサービスゲームを楽にキープさせてしまっていました。残念無念、でも、前を向いていこう!
    ……と、杉田選手を応援しつつも、試合終了後コートから出てきたセバリョス選手に出くわし、思わずスペイン語で声をかけてしまった。「おめでとう。私は杉田を応援していたから本当は悔しくてたまらないんだけど(←ここ大切)、あなたのプレーがとにかくすばらしかった。次もがんばってください」セバリョス選手、にっこり笑ってGraciasと答えてくれました。

      引用  返信

  • OOP出てました。
    早めに帰宅したいができるかな…?

    Court 18
    Play starts at 11am
    * Zarina DIYAS (KAZ) v Naomi OSAKA (JPN) [21]

    Court Philippe CHATRIER
    Play starts at 11am
    Simona HALEP (ROU) [1] v Alison RISKE (USA)
    * Kei NISHIKORI (JPN) [19] v Benoit PAIRE (FRA)

    クレベールさんのコメントによるとハレプ戦のあとにサスペンデッドの試合の続きが入るそうです。

      引用  返信

  • 今日も苦戦は覚悟しなければならないでしょうね
    1回戦の相手と似たようなタイプと僕のなかではあります
    ペールは確か錦織圭と最初当たった時トイレかなにかでラケット粉々にして物議をかもしましたよね
    そんな事では錦織圭のようなトップには勝てないと当時は地元のメディアにも叩かれてましたもんね
    バックはツアー屈指だしフォアも当たれば破壊力は抜群だしサーブはいいし乗らすと怖い相手ですが14年の錦織圭は何かあの時期はイップス気味になってましたから、今とは違うとは思います
    けれども一番の心配はコートコンディションでボールが跳ねない、ボールが重いとなるとプレースタイルからして勝ち目はないかと思います
    それでもなんとかしようとするとは思いますが、そこで手首や身体に負担かけるよりそういったコートコンディションならあっさり負けた方が僕なんかはいいと思います
    ヅォンカ、ガスケと本当に全仏はコートコンディションでやられてますが、あの2試合に勝ってれば優勝するかも
    ?( ・∇・)と思ってましたわ
    僕は前からグランドスラムで優勝するならウィンブルドンと思ってるので、ここで無理してほしくないな
    一番結果でてないのもウィンブルドンですけれどもね
    得意なサーファスではないと思いますがなんかそんな気がするんですよね
    優勝するならウィンブルドン
    それにはサーブの安定は絶対でしょうけれどもグランドスラムでの優勝の絶対条件はサーブの安定に尽きるのではないでしゃうか
    フォアも戻ってきたし、錦織のフォアさんが言ってたようにあのレシーブの2つはおお~っ(^^)dと僕も思いました
    復帰してからボールと身体の距離感や肘の使い方が違うと思うのは僕だけでしょうか
    あの2つはドンピシャでしたね
    読みも当たってタイミングも良かったからなんでしょうが、いずれにしてもコートコンディションがどうなりますかね

      引用  返信

  • RGアプリの方ではシャトリエ第2試合にベルディヒ選手対シャルディ選手の試合が”to finish”で組まれています。
    この試合ベルディヒ選手2sets downなのですが、2セットともタイブレで2時間超の激闘です。一晩置いてどうなるか見ものかもしれません。
    RGでのフランス人選手は怖い〜

      引用  返信

  • 現地観戦の皆さん、昨日は不安定な天気の中応援お疲れ様でした。
    でも午後はすっかり晴れて、全仏の空は気ままなのね………。

    2015年USO1回戦のペール戦を私は観てないんです。WOWOWにも加入してません
    でしたし、今ほどの熱烈応援状態ではなかったので(^◇^;)
    そういう時はこのブログの最強「カテゴリー」コーナーへ行き、団長さんやその当
    時応援していらっしゃった方たちのコメントを読み、想像しながら体験するわけな
    んですが…( ̄ー ̄)

    今ならわかる。応援していた人たちのがっかり感、団長さんの錦織選手への冷静か
    つ揺るぎない応援魂。そして思いました。すべての出来事は必然で、その後の人生
    に必要だったと後になって実感できることなんだなと。

    チャレンジャー精神で駆け上がってきた錦織選手が掴み取ったランキング4位。
    前年準優勝した全米オープンというグランドスラム。
    次は優勝と煽るマスコミ、期待するファン。
    こりゃあ、錦織選手にまとわりつくプレッシャーはハンパないわ(O_O)

    でもその後の2016年は錦織選手自身が言うキャリア最高の結果を出しました。
    この辺からトップ10トップ5が板についてきたっていう感じですかね(⌒▽⌒)
    2015年USO初戦負けの時、「格下」選手を相手に迎え討つ心技体がない!と
    いうコメント(言葉は違いますが内容的に)がありましたが、それをその当時求
    めるのは酷だったのではないかな?2016年の経験、2017年のさらなる苦悶、
    その後の怪我……を経て、復活・進化の途上にいる現在の錦織選手♪( ´▽`)

    1回戦の戦いを観て、なんだろ…現ランキングは20位くらいなんだけど、トップ
    選手としてのオーラ、仕草、プレー内容などに余裕を感じました。
    いろいろなところで言われていますが、向かってくる若者を迎え討つ肝が据わっ
    ってきたというか…熟練の大人な錦織選手だったというか…。

    何が言いたいかというと(笑)錦織選手は2015年のペール戦から進化を遂げており
    今日の試合はいろいろあるかもしれませんが、その都度冷静に対処して勝利する
    というイメージしかないということなんです(^◇^;)

    スミマセンm(_ _)m…………3行の言いたいことのために回りグドい長い駄文……。
    何か言わずにはおれない心境なんでε-(´∀`; )

      引用  返信

  • けんじさん,
    このブログには素晴らしい価値が数々ありますが、共感し合える仲間がいると
    いうことも私の中では大きな価値なんです(⌒▽⌒)
    嬉しい同感の声!ありがとうございます!!

    コートコンディションのこと、私も気がかりです。
    試合中に小雨が降ったり、中断後の濡れた重そうな赤土でやることになったり
    したらやだなあ…とは思います。でもそれも含めての全仏なので、なんとか攻略
    するしかありません。ただ「負荷をかけすぎて手首に…」ということは私も肝に
    命じて応援しますね。

      引用  返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

     テニスを愛する理系人間。よく理屈っぽいと言われる。  プレースタイルはサーブアンドボレー、というよりサーブ。ストロークは弱い。  2008年2月15日に本ブログを開設。その数日後に錦織圭はあのデルレイビーチ優勝を成し遂げる。  錦織圭の存在を知ったのは2004年。その後2006年全仏ジュニアベスト8で再注目。2007年のプロデビュー(AIGオープン)で錦織の試合を初観戦。その後の活躍を確信し、今に至る。