2017ウィンブルドン ドロー抽選結果

対戦相手の想定

1回戦 Cecchinato (イタリア)
2回戦 ベネトー or LL
3回戦 バウディスタアグート
4回戦 チリッチ
準々決勝 ナダル
準決勝 マレー or バブリンカ
決勝 フェデラー or ジョコビッチ

感想

3回戦まではいいドローと思います。
4回戦、チリッチきついけどしょうがない。
QF、バブリンカか、今の状態ならジョコが良かったが、フェデラーよりマシ。
SF以降はどうやっても強い人が来る
フェデラーと決勝まで当たらないだけでもマシですかね。

4回戦までは行きたい。その後、1戦ずつ戦って、自己実現してほしい。何も他のことは考えず、自己実現のために戦って欲しい。
怪我は心配ですが、出れるのであればそれほど重傷じゃなかったと判断します。

以下、古い文章

【18:27】

なんとか仕事終わりまして、現在、電車の中なのでたくさんは書けませんが、ウィンブルドンのドロー抽選がおこわなわれていますので記事を立てておきます。

準々決勝 ナダル
3回戦 バウティスタ=アグート
1回戦 Cecchinato (イタリア)

までチェックしました!

そして杉田が現在、Antalyaの準決勝をバグダティスと戦っており、1stセット6-3で先取したものの2ndセットはタイブレークのシーソーゲームを惜しくも7-9で落とし、現在、ファイナル4-1でリード中!
果たして初のATPツアー決勝進出なるか!

ファイナルセットはバグダティスがサービスエース6本ながらDFも4本と乱調。1stサーブ確率40%台のところを突いて、杉田が2ndサーブに対し60%前後の割合でポイントを取って優勢に進めています!!

【追記 18:28】
4回戦 チリッチ
昨年と同じ・・・

【追記 18:30】
バグダティスが転倒してMTOを取った模様
熱中症?
結局、リタイアした模様。
両手を挙げて喜ぶ気分にはなれませんが、杉田、見事な勝利、決勝進出おめでとう!!

【追記 18:32】
気温41度だった模様・・・。イギリスじゃなくてトルコですからね。
ぶっ倒れるまで試合するってすごい根性。。。
だから、ファイナルセットはエースもDF多かったんですかね。サーブで早く終わらせようという。

【追記 18:34】
注目の1回戦(WB公式ツイートのパクりw)

デルポトロ vs. コキナキス
ベルダスコ vs. アンダーソン
ティーム vs. ポスピシル
フェデラー vs. ドルゴポロフ
コールシュライバー vs. チリッチ
ガスケ vs. フェレール

66 件のコメント

  • 錦織君、応援してます。が、いつ怪我が再発してしまうか。これだけですね。応援はしてます。

      引用  返信

  • 今晩は。
    内田暁さんのコラムを2つ。まずはWBヴィレッジ・レポート。ラスト、普段の彼女からは想像できない猛毒を吐きます(笑) Yahoo!Japanより。
    <街をあげてウィンブルドン一色に染まる、“ウィンブルドン・ビレッジ”の物語り>
    https://news.yahoo.co.jp/byline/akatsukiuchida/20170701-00072781/

    続いて、Web Sportivaに5/3掲載の杉田選手コラム。以前ご紹介済みですが、内田さんが振り返り呟き。今読み返すと…まさに驚くことばかり。
    <バルセロナOPで快進撃。杉田祐一は錦織圭も認める「スキのない男」>
    https://sportiva.shueisha.co.jp/clm/otherballgame/tennis/2017/05/03/op_split/

    コラムについては次にコメント致します。
    kumakoさま、インタビュー番組お知らせ有難うございます。録画ポチッとな、です(笑)

      引用  返信

  • ご紹介のコラムについて。
    杉田選手のバルセロナ快進撃。思えばたった2ヵ月前の出来事。錦織選手欠場によりLL復活、覚醒のきっかけは西岡選手、と。今や彼は天晴れ日本のNo.2。この時は控え目に、でも強い意志を秘めつつ「ATPの一員なので」と。もう立派過ぎる一員です。彼等の数奇な運命の交錯も不思議ですが、一番驚くのが錦織選手の杉田選手評。まさかの予知能力。
     「彼は50位くらいにいてもおかしくない」
    仰る通りでしたよ、錦織さん。どころか今夜、貴方の予言を超えるかも知れませんよ。

    忘れがちなイーストボーン。めでたく第1&第2シードが決勝へ。どちらもWCってのがハタ迷惑(笑) ジョコビッチ選手はU21メドベデフ選手の挑戦を退け、モンフィス選手は3大会連続の同胞対決でガスケ選手を退けて。ハレのフェデラー選手に続き、第1シード優勝なるでしょうか。

      引用  返信

  • いまNHKでインタビューやってますよ!

    サーブが弱い錦織選手は結果が残せませんでした

    ってナレーションがあったけど、そうなのかな…?
    ラリー数が少ない芝って実は錦織くんに合っていると思うけどなぁ。

    だって相手のサーブが打ち返しにくいってことは、錦織くんのサーブも打ち返しにくい。
    ストローク大好物の錦織くんなのだから、サーブは全部返ってくると思って、3球目にウィナーを叩き込む。

    リターンはもともと得意だからヤマはってリターンエースを叩き込む。ヤマはずれたらしょうがない。

    これで勝てないかな…。

      引用  返信

  • 今晩は。
    既に新スレが立っていますが、こちらの方が相応しいと思われますので。
    Breaking Newsです。インパクト大。ジョコビッチ陣営にWBよりマリオ・アンチッチ氏が新加入。アガシ・コーチと二人三脚とのこと。クロアチア紙「Sportske Novosti」より。言葉はさっぱり。
    <MARIO ANČIĆ EKSKLUZIVNO ZA SN ‘Pomagat ću Novaku Đokoviću u Wimbledonu’>
    http://sportske.jutarnji.hr/tenis/grand-slam/citajte-u-danasnjem-broju-sportskih-mario-ancic-ekskluzivno-za-sn-pomagat-cu-novaku-dokovicu-u-wimbledonu/6323671/

    アンチッチ氏。以前ご紹介しましたが現役引退後は弁護士に転身。NYに法律事務所を開きマイアミに別荘所有。以来オリバーさんと家族ぐるみのお付き合い。オリバーさんとのお付き合い状況を再度。今年のマイアミMS後、オリバーさん宅で。
    https://twitter.com/Lindonk/status/853431445632811008
    昨年のWBで。
    https://twitter.com/Lindonk/status/751539577593143296

    実は私、もし錦織選手が臨時コーチ雇用するならきっとアンチッチ氏、と思い込んでいたのでビックリ仰天。オリバーさん、そこは切り離してた(苦笑) でもジョコビッチ選手とアンチッチ氏の接点は?と思ったら新聞の写真で一目瞭然。旧ユーゴスラビア同士、現役時代からのお付き合いと。弁護士業、どうなさるおつもり?

      引用  返信

  • 今ドロー表を見直していたら、錦織が初戦を突破すると、
    なんと、ベネトーとスタコフスキーの勝者とになります!!

    いまだ錦織が勝っていない、更にフェデラーにウィンブルドンで勝ったことがあるスタコ・・・。

    今に見とけリストから抹消してください~。

    でも、竜馬がきっとあの壮絶なフルセットで、体力を削ってくれたから、もし上がってきても大丈夫かな~と願っております。
    気が早過ぎですね。

      引用  返信

  • チェックのお皿が無いので、市松模様のお皿の上に甘納豆をのせて食べます。
    それと抹茶のグリーンを芝に見立てて飲む。(年がばれそうですね)
    芝=ウィンブルドンを呑んでしまえーッ!!。
    ちょっと渋すぎたかな。うーん まんだむの世界ですね。

      引用  返信

  • 今晩は。
    NHKさんの7/1錦織通信です。練習はあの選手と! でも練習相手が膝を痛めるなんて…。
    https://twitter.com/nhk_sports/status/881112027309236224

    坂本正秀さんも呟き。しかもメインは錦織選手じゃない(笑)
    https://twitter.com/hide_sakamoto/status/881111968576360448

    吉松忠弘さんは、練習風景と共に心配な彼の容態も。
    https://twitter.com/HiroYoshimatsu/status/881094227832315904
    https://twitter.com/HiroYoshimatsu/status/881120211960770560

    心配ですね…。どうか大事に至りませんように。

      引用  返信

  • 連続投稿失礼致します。
    ズベレフ選手負傷の記事です。日刊スポーツさんからなので、恐らく吉松さんですね。
    <錦織の練習でアクシデント! 相手膝痛め起き上がれず>
    https://www.nikkansports.com/sports/news/1848770.html
    これはちょっと…。深刻そうですね。やはりグラスは滑って怖い。

      引用  返信

  • RYUJIさん

    私は、元祖KNさんのご意見に頷ける部分も多少あります。
    錦織選手の場合、相手のプレーに対する技術的な戦略については、いろいろ考えているように見えますが、例えば相手の精神状態とか、フィジカルの状態とか、もっと言うと会場の雰囲気とか、そういう部分に関しては、あまり俯瞰的に見ていない、頓着していない感じがします。
    或いは、本人の美学としてそうしていないのか?
    マリーやジョコは、そういったところをつぶさに観察している感じがします。
    あくまで、私の受ける印象ですが。
    いわゆるブラッド・ギルバートの言うウイニング・アグリー的な要素が少ないのが、錦織選手のいいところでもあり、物足りないところでもあるのかな、と思います。
    うまくいかない時の切り替えに時間がかかるのも、そういったところが影響しているような。。
    深読みしすぎかな?(^^;;

      引用  返信

  • ズべレフ弟選手心配ですね。確かハレの決勝でも足をとられて転んでいましたが大事に至りませんでした。今回は少し深刻そうですね。とっさの事だからどうしようもないのでしょうが、少しでも怪我のリスクを減らすために何か良い方法はないものでしょうか。
    錦織選手も気になるでしょうね。大事に至りませんように。

      引用  返信

  • 今晩は。
    ズベレフ選手と練習後の錦織選手の会見模様、一問一答記事です。杉田選手の決勝進出に対するコメントも。彼を何に例えたか、で爆笑頂けます(笑) スポニチANNEXさんより。
    <錦織に聞く「チャレンジ精神もって」「置かれた状況で頑張る」>
    http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2017/07/01/kiji/20170701s00028000493000c.html

    TV解説者P・マッケンロー氏(ジョンの実弟)のWBプレビュー・コメント抄訳記事です。他にもいろいろ語っていそうなので元記事(コメント先媒体)を探しているのですが、未だ見つからず。
    <〈ビッグ4〉のウィンブルドン連勝を果たして誰かが止められるのか?>
    https://www.thetennisdaily.jp/news/contents/overseas/grandslam/wimbledon/20170701_0024706.php

      引用  返信

  • 本日、Marco Cecchinato は ATP Challenger Milan (Clay)で Semi-final で Federico Delbonis に敗れた模様。昨年は当該大会で優勝していたらしい。ご参考までに。

      引用  返信

  • いえ、まだ正式なWBのOoPは発表されていないと思います(リンクされたチャンネル、他のすべての試合が同じ時間帯になってます)。WBの日程は、最初の週は各2日間で1R(月、火)、2R(水、木)、3R(金、土)を消化しますが、初日はトップハーフ、2日目はボトムハーフだと思うので、錦織選手の試合は月曜日、ダニエル、杉田選手の試合は火曜日かと思います。WBのオープニング試合はデフェンディング・チャンピオン(マレー)のはずです。

      引用  返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

     テニスを愛する理系人間。よく理屈っぽいと言われる。  プレースタイルはサーブアンドボレー、というよりサーブ。ストロークは弱い。  2008年2月15日に本ブログを開設。その数日後に錦織圭はあのデルレイビーチ優勝を成し遂げる。  錦織圭の存在を知ったのは2004年。その後2006年全仏ジュニアベスト8で再注目。2007年のプロデビュー(AIGオープン)で錦織の試合を初観戦。その後の活躍を確信し、今に至る。