2017全豪1回戦 vs. クズネツォフ プレビュー

【再度告知】先日お知らせした、慶応チャレンジャー(慶応大学)とMEIKEIフューチャーズ(筑波大学)のクラウドファンディングの件、まだまだ目標額に届いてないようです。

慶応が目標120万に対してあと45万円、残り36日。MEIKEIが目標30万円に対して残り17.3万円、残り10日。金額で言えば慶応、率と残り日数で言えばMEIKEIが厳しい状況です。

学生と日本テニス界の未来のため、ぜひとも引き続きご支援をよろしくお願いします。
(もちろん私は支援済みですよ!)

再び、慶応チャレンジャーと筑波フューチャーズに支援の手を! | 錦織圭を鼻血が出るまで応援し続けるブログ

慶應から世界チャンピオンを!国際テニス男女両大会を開催したい(慶應義塾体育会庭球部) – クラウドファンディング Readyfor (レディーフォー)

「未来のスター」をつくばから!学生の力でプロテニス大会を開催したい – CAMPFIRE(キャンプファイヤー)
一般の皆様 | 筑波大学MEIKEIオープンテニス2017

 デ杯欠場を表明し、インタビューでも意欲的な発言を続ける錦織圭、今年のグランドスラムでの戦いがいよいよ始まります。
 対戦相手はロシアのクズネツォフ。なんと、昨年全仏、全英に続きこの1年で3回目のグランドスラムでの対戦。初対戦は錦織のリタイアで終わりましたが、その後2回の対戦では錦織がストレートで勝利しています。
 クズネツォフは「また錦織かよ〜」と思っているかもしれませんね。

 クズネツォフのプレーの特徴は、錦織があっさり勝利したこともあってあまり覚えていません。奇抜ではなく、オーソドックスなプレースタイル(ストローカー)だったと思いますがどうでしょうか。フラットで押してくるタイプだったと記憶。昨年はグランドスラムで安定した成績をあげ、全豪では4回戦まで進出。侮れない相手です。

 負けることはあまり考えられないし、負けてはいけない相手ですが、どんな大会でも初戦は難しいもの。ランキング下位選手がいつもそうするように、クズネツォフも序盤から全開で来るでしょう。そこで錦織がリスクの低いプレーでしっかりキープをすることができれば、有利な状況で試合を進めることができると思います。

 試合は錦織の好きなハイセンスアリーナの第1試合です。希望を出したのかもしれませんね。
この日はWOWOWが無料放送の他、NHK総合でも放送があります。
ストリーミング配信では、スポナビライブが16日から19日まで(1回戦、2回戦)無料配信です。

 また、見事に予選を通過した添田豪、穂積絵莉ら、総勢6人の日本人選手が出場します。

コート5 第2試合
Anastasija Sevastova (LAT) [32] vs. Nao Hibino (JPN)

コート5 第4試合
Eri Hozumi (JPN) vs. Carina Witthoeft (GER)

コート7 第3試合
Stefanie Voegele (SUI) vs. Kurumi Nara (JPN)

コート8 第2試合
Pauline Parmentier (FRA) vs. Misaki Doi (JPN)

コート10 第3試合
Malek Jaziri (TUN) vs. Go Soeda (JPN)

錦織圭 試合情報

大会名(カテゴリー):Australian Open (Grand Slam)
サーフェス:ハード
ドロー数:128
ラウンド:1回戦

試合日時

現地時間 1月16日(月) 11:00
日本時間 1月16日(月) 9:00
@ Hisense Arena

対戦相手

Andrey Kuznetsov (RUS) アンドレイ・クズネツォフ(ロシア)

  • ランキング45位(最高39位)
  • 25歳、185cm、71kg
  • 今年の勝敗:3勝2敗(錦織は3勝1敗)
  • 昨年度のグランドスラム成績:全豪4R、全仏2R、全英3R、全米3R
  • 今年はドーハで始動し、1RでTsongaに敗れるも、翌週のシドニーではKlizan、Carreno Bustaといった30位台の選手を破って準決勝まで進出した。

過去の対戦成績

2勝1敗(1敗はリタイアによるもの)
2016 Wimbledon R32 Kei Nishikori 75 63 75
2016 Roland Garros R64 Kei Nishikori 63 63 63
2010 Eastbourne R32 Andrey Kuznetsov 64 31 RET

TV放映予定

応援フード

初戦はクズネツォフ選手!
タフな試合になるかも
葛根湯ならバッチリだけど、応援薬になっちゃうので、くず湯つくりました
錦織選手の、今年にかける思いに負けないよう応援がんばるぞ〜

micchi

food-kuznetsov4-micchi

41 件のコメント

  • 団長さん、早速まとめていただきありがとうございますm(_ _)m
    初日から、目移りするぐらいたくさん観たい試合がありますね😅
    クズネツォフ、この前のシドニー大会で準決勝まで勝ち進んでますし、本当に侮れないですね💦
    でも、錦織選手もハリソン相手にじっくり対策練習したみたいですし、やれることは尽くして臨むようですね!
    とにかく、攻められても自分を見失わなければ大丈夫ですよね?
    仕事で応援出来ませんが、皆さんの熱い応援に全て託して、錦織選手の勝利を祈っています🙏

      引用  返信

  • さあ、真剣勝負が始まります*\(^o^)/*

    micchiさんの
    Vが輝いています*\(^o^)/*

      引用  返信

  • 今日は。
    団長さま、新トピ立て有難うございます。嵐の前の静けさ、ですね。

    下団さま、内田暁さんコラム有難うございます。
    いちいち納得。そしてお馴染みのハース先輩秘話は、幾度聞いても頷いてしまいます。クズネツォフ選手を「完成されている選手ではないけれど」と評する錦織選手。十分「オトナ」になっているかと。

    にしてもやっぱり「当たり出すとよく当たる病」です。2016全仏からだとほぼ半年で3回目ですね。確かに彼にしてみりゃ…(苦笑) う~ん、2014のフェレール選手状態です。

    あと、男子ダブルスは出場なしですが、女子ダブルスは6組出場します。一応ドロー貼っておきますね。
    http://www.ausopen.com/en_AU/scores/draws/2017_WD_draw.pdf
    日本勢の中に日比野/ロソルスカ組&大坂/プイグ組。そしてアジア・オセアニアWC獲得の波形/チャン組が。こちらも楽しみです。

      引用  返信

  • 団長、早いアップ、ありがとうございます😆💕✨⤴
    クズネツォフ、私はけっこう覚えています~(^^;💦←確かにストレートで圭が勝っていますが、速いサーブとフラットでフォアもバックもガンガン打ち込んでくるストロークに、試合の序盤はタジタジでしたよね~(;A´▽`A❤圭に、“男としては、辛い決断だった”と言わしめたストローク力は、その後ますます磨きがかかっていると思われます(><*)ノ~~~~~
    さすがに試合後半は、相手のプレーを見切ったいつもの圭でしたが、油断せず、しかし相手を凌駕しての勝利を期待します~❗😌🌸💓⤴⤴
    仕事で生応援出来ないけど、ライス子チラ見でがんばります❗👊😆🎵⤴❤現地観戦の皆さん、力強い応援、よろしくお願いします~❗😍😍😍💪💪⤴⤴❤

      引用  返信

  • 圭 大好き!さん

    ああ、思い出しました。あの試合ですね。
    今回も打たせとけばいいと思うんです。
    がっちり受け止めて、相手がやることがなくなったところで反撃。
    王者のテニスです。

      引用  返信

  • 団長様 新しい記事立てありがとうございます。クズネツォフ選手の印象ですが、フォアハンドは結構たたいてくる感じで、フラット気味のショットが多かったです。「圭 大好き!」さんも言われていましたが、全仏と全英で続けて対して、ほとんど途中で見切ってプレイしていました。テニスは、やや淡泊な感じかなという印象です。団長の仰るような王者のテニスで、あっさりと勝負を付けて欲しいですね。

      引用  返信

  • デイビスカップに出ない…と宣言したのは、圭くんの今シーズンの覚悟が伝わりました。いかなるときにも、圭くんを一生懸命に応援します。NHK総合でも中継されるのですね、日頃はテニスに無関心な方々にも見てもらえるし応援してもらいたいです。

      引用  返信

  • ハイセンスアリーナでの試合は歓迎ではあるものの、去年のように急にロッドレーバーアリーナに変わってしまうと影響が心配。
    4回戦でフェデラーが来たらロッドレーバーになりそうだし。
    3回戦までに1回はロッドレーバーでやっておきたいが・・・どうなるか。

      引用  返信

  • http://bylines.news.yahoo.co.jp/akatsukiuchida/20170115-00066605/
    全豪OP予選レポ:添田豪が予選突破し本選へ 32歳が抱く「まだ上達している」の矜持と喜び

    http://bylines.news.yahoo.co.jp/akatsukiuchida/20170115-00066608/
    全豪OP予選:12度目の挑戦で本選出場の穂積絵莉。無欲と向上心から生まれた「スタートライン」への到達

    内田暁 氏の記事です。
    本戦で1勝するより難しいと言われるGS予選を両選手は突破しました( `ー´)ノ!
    添田選手の山は粒ぞろいで、250の本戦レベルと言ってもよいぐらいの厳しさΣ(゚Д゚)激闘続きでしたが、見事な予選突破( `ー´)ノ
    穂積選手は昨年実績で言えば、予選入りも厳しい状況でしたが、繰り上がった幸運を活かしての快進撃!
    長く日本テニス界を支えたベテランが復活の狼煙を挙げ、女子では15年全米予選での日比選手以来のGS予選突破( `ー´)ノ
    厳しい結果もありましたが、日本テニス界の選手層が厚くなっていることも実感出来た予選でしたね~m(__)m

      引用  返信

  • 圭 大好き!さん、私もその試合でハラハラした記憶があるので、立ち上がりと戦術を注視しながら応援するつもりです
    ROMさん、くず根豆腐ハンバーグ、力が沸いてきそうですね

      引用  返信

  • @下団
    添田の勝利 本戦入り 感激したデス!本当に実力有る プレーヤーなので !それと穂積の勝ち切り方が良かったので コレで良かったと頷きました! 添田 この後から又 応援して行きます!

      引用  返信

  • 節穴 さん、正直、添田選手の予選突破は厳しいかな~と思っていましたm(__)m
    穂積選手も予選に入れれば良いかな~ぐらいにしか思っていませんでしたm(__)m
    予想外?と言っては失礼なのですが、こういった嬉しいシーンが見られるからこそ、応援はヤメられませんね~(@^^)/~~~

      引用  返信

  • @節穴さま@下団さま
    ちょうどATP公式サイトで30歳以上でキャリアハイを達成した選手の特集記事を読んでいたところでした。
    http://www.atpworldtour.com/en/news/ramos-vinolas-late-career-turnarounds-jan-2017
    昨シーズンは実に39人もの30歳以上の選手がTOP100で終え、しかもそのうち12人がキャリアハイだったそうです。

    まだまだ行ける!添田選手の活躍を見守りたいと思います。

    @micchiさま
    こう寒いと葛湯にながれてしまいそうです。
    だって、戸棚にあるし…。しかもゆずまである。

      引用  返信

  • 団長さん、プレビュー記事のアップ、ありがとうございます。
    クズネツォフ選手は私も油断できない相手と思っています。

    ニュージーランドでハイキング&温泉ざんまいの旅の後、今日、オークランドからメルボルン入りしました。オーストラリア人の友人とここで合流し、明日から木曜まで1回戦と2回戦を観戦します。
    第1週はチケットも安いし、多くの選手のプレーが観られるのが楽しみです。明日のOOPとにらめっこしながら、錦織VSクズネツォフ戦を皮切りに、どの順番でどのコートへ行くかをこれから決めるつもりです。♪♪♪ 
    朝から晩まで座りっぱなしになるのでお尻に負担がかからないよう、百円ショップで買ったソフトPCケースにプチプチシートとタオルを入れて、クッション代わりに持参します。

      引用  返信

  • シドニーの試合を見た印象では、フォアバックとも、とにかく叩いてきますね。
    ただ、ショットのバリエーションが少なく一本調子なので、いろんな球種を混ぜることができれば、結構ミスしてくれそうです。
    サーブもスピードあるけど、読みやすそう。
    特にセカンドサーブは、チャンスありそうです。
    ここはムキにならずに、勝ちに徹してほしいです^_^

      引用  返信

  • ROM さん、日本男子で3人しかいないトップ50経験者の添田選手、最高位が47位と修造氏の46位にもう少しのところでした・・・
    昨シーズンは、ツアーレベルで1勝も出来ずで、今回の予選ドローも厳しい状況・・・
    しかも、予選初戦も2Rもですが、予選決勝も山で一番に嫌だな~と思っていた相手・・・Σ(゚Д゚)
    予選初日に怪しい宗教なみに叫びまくって痛めた喉を再び痛めてしまいました\(◎o◎)/!
    穂積選手といい、涙腺の崩壊した中年男を泣かせるんじゃない(T_T)

      引用  返信

  • 今晩は。
    明日はもうAO1回戦。時の経つのは早いものですね…。

    下団さま、添田選手&穂積選手の内田暁さんコラム有難うございます。ベテラン添田選手の復活、花の1994年組穂積選手の開花、嬉しいニュースの連続です。開幕早々応援したい選手がいっぱいで困ります(笑)

    そのうちの筆頭、明日のロッド・レーバーのナイト・ゲームはフェデラー選手。彼に関するローリング・ストーン誌コラムの抄訳記事です。ローリング・ストーン・ジャパンから。ドバイでのプイユ選手とのプラクティス映像つき!
    <ロジャー・フェデラー:テニス界のレジェンドにまだ力は残っているのか?>
    http://www.rollingstonejapan.com/articles/detail/27505
    何と失礼な物言い!とタイトルに憤慨。でも読み進めるうちに筆者のロジャー愛がひしひしと。最後の1行、「"第二のフェデラー"が現れない限りは・・・」の先の言葉に「その通りっ!」って膝叩きました。

    フェデラー選手ときたらナダル選手。彼のGSにかける意気込みコメント抄訳記事です。
    <ナダル「やれないと思ったら現役続けてない」 グランドスラム制覇に意欲>
    http://www.afpbb.com/articles/-/3114133
    自分を心から熱くさせるもののために戦う! まだまだ熱い男です。だから応援したくなるんです。

      引用  返信

  • @下団さま
    添田選手は喘息との戦いもありました。それなのにキャリアハイ47位。感動した記憶があります(息子も喘息持ちだったので)。デ杯でも活躍してましたよねー。先シーズンはなかなか勝てずでしたがシーズン終わりの頑張りは思わず応援に力が入りました。
    まだまだ頑張れます!これからは素敵な奥様と共に!!

      引用  返信

  • @NORICHAN さん
    ナダルは可能性がなければ釣りでもしてる、ってどこかの記事で書いてありましたね。
    ナダルと錦織くんのオリンピックでの戦いは今思い返しても胸熱です。

    @ぐーがー さん
    わたしはクズネツォフのシドニーでのエヴァンスとのSFを見ましたが、正直、錦織くんが負けるような相手ではないと思いました。

    ただ、解説の方がおっしゃっていたのですが、QFがメチャすごかったらしいです。
    緒戦ですし、トップ50に入る選手に油断はできないですね。

      引用  返信

  • ROM さん、はい、仰る通りですぅ~
    添田選手の喘息の記事(二宮清純 氏との対談記事)も取り上げましたm(__)m
    私も喘息持ちだったので、涙腺崩壊でした(T_T)
    昨年のデ杯プレーオフ時に錦織選手が「添田選手と伊藤選手も頑張ってほしい・・・」みたいに発言してましたが、長く日本のNo.1として日本テニス界を支えた添田選手と同じ肘の怪我で選手生命を脅かされた伊藤選手の奮起は錦織選手に勇気を与えることでしょうね~
    伊藤選手も頑張れ~\(゜ロ\)(/ロ゜)/

      引用  返信

  • 今回WOWOWでは錦織選手以外の日本人選手の放送は全くしない予定なんですかね?
    そうだとしたらめちゃくちゃ残念です…
    やってくれないかな…

      引用  返信

  • ぼうずさん

    私は、QFを見てました。
    確かに、ツボにはまったときは凄いです。
    ファイナルセット、カレノ・ブスタが特に悪いわけでもないのに、クズネツォフのフラットショットがコートに突き刺さり、一方的な展開になりました。
    ただ、ファーストセットは、ミスを連発してました。
    要は、乗せない試合運びをするということだと思います。
    簡単ではないですが、錦織選手なら、やってくれるでしょう。

      引用  返信

  • @かず さん
    放送予定試合以外にも合間にいろいろ放送してくれるはずですから、日本人の試合もやると思います。
    (大坂なおみさんはスポンサードしているのでほぼ間違いなく放送するはず)。

    他の選手の試合をやらないとしたら、あえてそうしているわけではなく、そのコートの国際映像が手に入らないためではないかと思うのですが・・・。どうなんでしょうね・・・?

    @ぐーがー さん
    なるほど。
    相手の出方を見ないで最初から叩き潰してほしいですね!

      引用  返信

  • クズネツォフ選手については、全仏だったか、ウインブルドンだったか忘れたのですが、自分がすごくいい球を打ったのに、錦織君からさらに強烈なのが返ってきて一歩も動けず、「はー」とため息をついていたシーンが印象に残っています。「もう、いいや」とか言っていそうな顔つきでした。

    何だかいつも、気弱そうな、悲しそうな表情でプレイするのに、侮れない人なのですね。
    (ゴファン選手もちょっとそんな感じですね)

    明日(いや、もう今日ですね)の試合でも、彼にあの時のような表情を浮かべさせるショットをバンバン打ってほしいです。

      引用  返信

  • @だいあん
    私達も行きまーす!木曜日にシドニーから1000kmを走破して金、土のラウンド3を観戦してきます。(グランドパスでの観戦なので錦織選手の試合がハイセンスになることを祈っています!)
    ラウンド1、2だと錦織選手はもちろんの事他の日本人選手の応援もできますね!(さてどの選手が3回戦まで駒を進められるのか!?)
    明日火曜日は予想最高気温38度ですのでお気をつけてください。
    木曜日は雨マークとなっていますが試合には影響がないよう皆さんで祈祷しましょう。

      引用  返信

  • いよいよ、AO始まりますね!
    micchiさん、応援フード、2週間宜しくお願いしますm(_ _)m

    クズネツォフそんなにやりたい相手でもないなんて、圭くん言ってたけど、王者のテニスでストレート勝利を期待します!

    仕事でライブ応援できないけど(月曜午前、忙しくてライスコチラ見も出来ない😢)
    難しい初戦、油断せず、きっと勝ち切ってくれると信じてます。
    現地応援組の皆さま、熱い応援宜しくお願いします📣📣

    (WOWOWと辻野さん解説のNHK、どっち録画しようか迷う…)

      引用  返信

  • とうとう また 始まっちゃうんですね〜、
    o(≧ ∇ ≦)o 圭君〜、頑張って下さ〜い ♪

    🌟彡 神様、
    どうか、最後まで元気に戦える様に 圭君を守って下さい、宜しくお願いします。🙏

    おっっと、『 葛ねっとり湯 』 飲んで出掛けなきゃだ、^ ^ 圭君 頑張ってよ〜 ♪ ♪

      引用  返信

  • @メルボルンパーク、31度、快晴。開門前の列に並ぶこと20分、隣にいた地元の男性と立ち話。
    「一週目は40ドルのグラウンドチケットでたくさんの試合が観られるから毎日のように家族で通えていいんだけど、自分の応援してる選手のランキングが上がって開幕早々マーガレットコートやロッドレーバーアリーナでの試合が組まれるようになると、嬉しい反面、より高い指定席を買わなくちゃならないから、連日観戦というわけにはいかない」と、まさに私の思っていたとおりのことをおっしゃる。
    「どの選手を応援してるんですか?」と訊くと「キリオス、ニシコリ、ゴファン」という答え。よし合格❗
    いつか錦織圭が開幕初日のロッドレーバーアリーナで試合にのぞむ日が来るのを心待ちにしている私です。

    10時にゲートが開くと同時にハイセンスアリーナへ急ぎ足で向かう日本人多数。自由席の争奪戦です。私はコートエンドの全体が見渡せる日陰の席を確保しました。コートエンドとサイドの良い席の半分近くが日本人を含むアジア系とおぼしき観客で埋まっているイメージです。
    子供たちによるhot shotsのイベントが終われば錦織vsクズネツォフ戦、いよいよ始まります。

      引用  返信

  • お早うございます。
    とうとう始まりますね、2017AO。
    何とか時間の合間を縫ってスマホでライスコを、と思っていたら、本日より職場の休憩室のTV、WOWOWのAO放送のみ消音でつけっぱなしにしてくれるそうで。お偉いさんにテニス好きが転勤してきた模様。ああ休憩室入り浸りになりそうです…。

    史上最強寒波が列島を覆い、特に日本海側では記録的な豪雪ですが、そちら方面にお住いの方々、被害等は大丈夫でしょうか。
    逆に南半球は38℃と灼熱とのこと。現地観戦の皆さま、お体には十分ご注意の上、応援方宜しくお願い致します。

      引用  返信

  • そして錦織のフォアのミスが多いのはニューラケットにまだフィットしてない?

      引用  返信

  • あのフォアをずっと続くようならクズネツォフ相手でも厳しい。
    いや誰が相手でも辛い。
    まず狙う体制じゃない時に打ってるのはヤバい

      引用  返信

  • なんか動きが固いですね。よろしくない。
    スポーツナビライブの雑談感がすごい(^^;

      引用  返信

  • この試合勝ってもこの調子だろフェデラーにすらたどり着けるか危ない

      引用  返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

     テニスを愛する理系人間。よく理屈っぽいと言われる。  プレースタイルはサーブアンドボレー、というよりサーブ。ストロークは弱い。  2008年2月15日に本ブログを開設。その数日後に錦織圭はあのデルレイビーチ優勝を成し遂げる。  錦織圭の存在を知ったのは2004年。その後2006年全仏ジュニアベスト8で再注目。2007年のプロデビュー(AIGオープン)で錦織の試合を初観戦。その後の活躍を確信し、今に至る。