今日も典型的な「錦織スコア」で準々決勝進出(2012ブエノスアイレス2回戦)

朝4時すぎ(日本時間)に始まった本日の試合、私にはライスコ観戦無理でした・・・。一旦は起きたものの、実況掲示板のデ杯スレに「今日は無理」と誤爆して二度寝・・・。

2012 Buenos Aires ATP250
2nd Round
Kei Nishikori[4] def. Victor Hanescu, 3-6,7-5,6-1

セットを追うごとにスコアが良くなっていくという、典型的な「錦織スコア」。
果たしてどういう試合だったのか・・・。
実況掲示板に集まった方々、教えて下さい(他力本願)。

さて良く言えば後半に強い、悪く言えばスロースターターの錦織ですが、どういう見方をすれば良いか少し迷いますね。

「もっと前半から調子を上げていかないと危うい」とも「挽回して勝ちきる力は素晴らしい」とも言えます。

このブログの試合レビュー記事上ではしばしば「もっと最初から行かないと」と苦言を呈する私ですが、どちらかというと(いやかなり)好意的にこの傾向を見ています。

最初からリードしていくのが良いのは当然ですし、今後ビッグ4あるいはフェレールなどの強豪に勝っていくためには必要不可欠なことです。

そういう視点から「上を見据えた」要望として言っているわけですが、これだけの選手は普通の選手にできることではない、本当にすごいことです。

何よりすごいのは、「挽回したけど遅かった」ということがほとんど無く、最終的には勝ち切ってしまうことです。

そして勝ち切ることによる「成功体験」が自信を生み、リードされても「まだなんとかなる」という心の余裕を生みます。

タイブレークにしてもそうです。「負けたらどうしよう」という気持ちではなく、「あと少しで勝てる」というメンタルなのだと思います。分からないでもない、私でもたまにそういう気持ちにはなる。でも、こう何回も逆転劇を見せられると・・・メンタルがどっか異常(いい意味で)だと思わざるを得ませんw

錦織の試合後インタビューや雑誌記事などを読むと、「試合前は緊張した」「最初は硬かった」という言葉をよく目にします。

各メディア上で見るジャーナリスト等の意見を総合しても、どうやら錦織は「緊張しい」であることは間違いなさそうですw

ですが試合に入ると「徐々に調子が出てきて」、2セット目中盤くらいには大体フルパワーです。

この辺が普通じゃない。さらっと言ってのけていますが、「徐々に調子を出す」ために普通の人は苦労するんです。

このような常人には理解しがたいメンタルは、No.1になるためには絶対欲しい要素です。No.1になった人、グランドスラムを取った人というのは、どこかこういうところを持っていたように思います。サンプラスのセカンドサーブとか、信じられないくらい打ってましたもんね。

ですので錦織のこの訳の分からない(いい意味ですよw)メンタルは非常に頼もしい。思えばあのジョコビッチ戦も今日と似たようなスコアでしたしね。ファンはハラハラドキドキ、心臓が持ちませんが意外と本人は平気なのかもしれません。

49 件のコメント

  • 試合レビューありがとうございます。
    団長現れないと思ったら…誤爆してたんですねwww

    ざっくりとですが試合経過はこんな感じで…

    ttp://tennisjp.cocolog-nifty.com/tennis/2012/02/post-add8.html

    パラグアイ在住のpyさんのテレビ観戦レポによると
    ハネスクはバックが安定していて、
    フォアもいいコースをついてきていたそうです。
    (pyさんありがとうございました!)

    でも途中でエアケイも出たそうです^^

    ブエノスアイレスで列車の大事故があって
    大勢亡くなったそうですし、
    圭くんはちょっと精神的にブルーだったのかな…?
    と勝手に想像…。

    できればすんなり勝ってほしいけど
    こうやって勝ち切るのも本当に立派な才能ですよねー。
    本人も「ピンチは得意」って言ってましたし。
    凡人には理解不能ですが…
    (ピンチになる前に切り抜けたくはないのか?!)
    やはり天才なのでしょうね。

    ワウリンカとは初対戦でしょうか。
    今日も観戦していたそうですし
    錦織対策はばっちり練ってきそうですね。
    バモス圭くん!

      引用  返信

  • 圭君、おめでとう!!
    ライスコと実況版で応援しました(途中まで。娘の迎えがあって、板は途中離脱)。

    1セット目は、ぜんぜん粘りがなかったような。
    というかもちろんプレーを見てないので、分かりませんが、さくっととられてしまったというかんじでしたよね。

    実況版にPyさんという方がテレビ観戦しながら(お隣の国に住んでて、テレビ観戦できた模様)、状況を書いていただいたのですが、1セット目は、表情も重そうだったと。
    時間通りに登場しなかった(遅刻気味)ので、またまた忘れ物か、腹痛か?と心配しましたが。

    2セット目の12ゲーム目から、突然目覚めたというか、スコアに丸が増えだして・・・、
    あの辺から、体が慣れてきたのかなぁと。
    2セット目も5-5から、サービスキープのブレイクで7-5。このセットとったときには、もう皆さん、決まった、今日の試合勝てるとおもってたと思います。

    インタビューも見ましたが、まぁ、英語でのインタビューは割と回答がいつも一緒なので、当たり障りのない回答をしてるのかなぁと思ってみたり。、固くなった、緊張していたのは本当なのか、本当にそうだったのかは試合を見てないので分かりません。でもきっと本当に出だしは固いのでしょう。今までの傾向からして・・・。

    ダブルスは1セット目とってましたしね。体が温まっていたからでしょうか?!もっと試合前のウオームアップが必要なのか?!
    それともテニスの王子様の乾君のように、データ集めるために時間がかかるのか・・・。

    不思議な圭君です。

      引用  返信

  • 本当に謎?な選手ですよね。
    強いんですけど、強いか???みたいなへんな感覚を持ってしまいます。

    というのも、前から気になってたんですが
    去年、終盤あたりから、毎試合、かならずブレイクをされてるんですよね。
    どんなに格下の選手にでも、ストレートで圧倒したスコアの試合でも。

    今日は絶好調だ!って言う試合も、なぜか突然 40-0 からブレイクされたり…
    この安定感はずばぬけてると思います(笑)

    でもTOP20に居る…..
    んんん〜謎だ!(笑)

      引用  返信

  • 私などは、近頃は1セット落とすと、ああこれなら大丈夫、いけるんじゃない?と思い、1セット取ると、逆に、今日はどうしたの? 大丈夫か? いつもとちがうぞ、と反応している次第です。
    2セット後半で点が入り出すと、あとは結果を待つだけか…、後で結果を見よっと風呂にでも入りたい気分。

      引用  返信

  • 本当に謎?な選手ですよね。
    強いんですけど、強いか???みたいなへんな感覚を持ってしまいます。

    というのも、前から気になってたんですが
    去年、終盤あたりから、毎試合、かならずブレイクをされてるんですよね。
    どんなに格下の選手にでも、ストレートで圧倒したスコアの試合でも。

    今日は絶好調だ!って言う試合も、なぜか突然 40-0 からブレイクされたり…
    この安定感はずばぬけてるんですけどね〜

    でもTOP20に居る…..
    んんん〜謎だ!(笑)

      引用  返信

  • 誤爆してらしたのですかw

    私も慌てて、違うスレに投稿して、
    かなり浮いたコメが最後に残っている状態のが
    2,3あるはずなんですが、あれって削除できないですよね、
    本人は。(汗)

    どっか異常で、訳の分からないメンタルw
    けっこうひどい言われようになっていますね 爆
    それを持っているのが天才ゆえんなんでしょうか。

    もともと勝負が好きな人間って、
    ピンチを楽しむ傾向にあるような気がします。
    ピンチを切り抜けた時の快感がすごいんじゃないかな。

    どうしてもダルビッシュと比べてしまうのですが
    (北海道出身なものですみません)
    ダルも追い詰められた時こそ楽しいと言っていました。
    そして、調子が悪くても試合の途中で修正していく能力。
    なんだか二人は似ているところがあるような気がします。

    次のワウリンカ戦こそ、
    どんなに早朝であっても
    うとうとしないで、ちゃんと応援しようと思います。

    バモス圭!

      引用  返信

  • 勝ってくれると信じて、今朝起きたのがいつもどおりの6時(^^ゞ
    実況の皆さんが応援中なのに、ぐっすり眠ってしまい、申し訳ありません。

    もう試合は終わっているだろうと思いつつPC前に座ると、
    まだやっているではありませんか!

    実況掲示板を読んでいる間に、いつものお決まり王道パターン!
    「逆転さんが錦織しました~!」
    あっという間に試合が終わっちゃいましたよ。
    こちらも朝から雨ですが、さわやかな雨となりました。

    実況では2セット目はかなりハラハラドキドキだったみたいですね。
    皆さん、早朝からお疲れ様でした!

      引用  返信

  • スキーに出かける日のように、朝4時に起き出してスコアとにらめっこが始まりました。
    1セット目、最初のサービスゲームをいきなり落としてしまって、
    でも次でブレイクバック、と思ってるとまたブレイクされて、
    deuceに持ち込まれては、負けてしまう。大変な幕開けでしたねえ。
    2セット目も、最初のサービスゲームからブレイクされ、今度は
    ブレイクバック出来ず、中盤まで背負ったままのツラーイクルシーイ
    状態で、deuce、deuce、攻めてくるのをしのぎ、しのぎ、して、
    はい、2セット目はとにかく勝ってくれました。
    3セット目、1ー1にこれもdeuceだったかな?3ゲーム目4回めの
    deuceを勝ち取り、そこから快進撃ですー!!!

    とまあ、これが私の印象的なライスコ観戦の記ですが、伝わったでしょうか、スペシャルハラハラドキドキの2時間越え。
    サービスエースは圭くんの方が多かったと思います。
    仰ってたように、5分でしたね。

    その後間もなくダブルスが始まりました。
    1セット目、ななんと!ドンドン点数が気持ちよく入って、6-2
    勝つんじゃないかという勢い!!
    でも2セット目は真逆で2-6。残念。
    そして、3セット目 7-10 で負けちゃいました。これは早い。

    圭くん大奮闘の1日でした。お疲れ様。
    今日はお休み。次は映像あるでしょうね。

    このハラハラドキドキがあるからこそ、応援しがいがあるとも言える。

      引用  返信

  • 「エアケイでたーーー!!」

    ってpyさんに言われた時には盛りあがりましたねぇ。
    頭の中で、クレーコートでエアケイ炸裂してる圭くんを想像して大興奮でした!それがまた大事なポイントだったんですよね。

    1stセット、ハネスクのサービスゲームはすぐ終わり、圭くんのサービスゲームはやたら長い。でもかかった時間は短かったんですよね。
    2ndセット、3rdセットはポイントひとつづつが長かったのでラリーが続いたのかなと想像してます。

    メンタルが強い弱いという言い方はあまり好きではないのですが(一般的にはメンタルは技術に左右されると思うので)圭くんは団長のおっしゃるとおりどこか異常だと思いますwww
    昨シーズン終盤の好調と、シーズンオフのトレーニング&練習でさらなるスキルアップをとげ、自信も増し、その異常さにも磨きがかかってる。。。
    最初からやってよ、と思わないでもないけれど・・・最初は本当に緊張してるんでしょうね(笑)

      引用  返信

  • 今朝も起きられず、掲示板に参戦できませんでした (T_T)
    たぶん、次もその次も、出かける予定があるので、無理。
    私が生応援してないから、圭くん勝ってるのね、と
    自分を納得させて、
    <がんばれ~~>念力だけ送ります。

    圭くんの試合もコメントも、
    ぶっとんでる感が好きです~~。

    天才っちゅうか、芸術家っちゅうか♪

      引用  返信

  • <戦況>
    第1SET……いつもの通り(ファン、心配する~ハラハラドキドキの項)
    第2SET……いつもの通り(ファン、応援に気合入る ねんねんの項)
    第3SET……いつもの通り(ファン、勝利を確信し熱狂するの項)
    結果&総論 いつもの通りの「錦織劇場」

    しかしながら、
    ここで絶対とらねばねばのポイントは、
    どんなにデュースが続こうが
    ねばってねばって結果を出してくるあたりは
    トップ選手の風格が出てきたな、と思います。
    (どなたかと掲示板のコメントかぶってましたね^^ゞ)

    ダルビッシュが出たところで^^
    錦織選手の存在について-。
    私は、フィギュアの高橋選手と頭の中で比べていたりします。

    今日圭の2,3日前のATPインタビュー映像を
    2回ほど見て感じましたが
    インタビューで、自分の戦況を語れないのは
    まさに感性でプレーしているからでは?と。
    つまりほんまもんの「天才」ということ。
    (高橋選手もそう。なぜそのように素晴らしくプレーできるのか問われても答えられないwww)

    そうして、このハラハラドキドキは
    『錦織ファンの宿命』と位置づけられるのでは、と
    今回錦織スコア劇場を久々体感してみて、思いました。
    1セット目で相手のプレーを分析。
    2セット目で相手に対応した自分のプレーを見つけ
    3セット目で激破!!
    これからもずぅっとこのパターンで続いて行くのであろう、と。

    団長も言われている通り
    それだけぶち抜けた“天才”ってことですね♪
    また高橋選手の話となりますが、
    欧米の実況さんが彼のスケートを見ながら「まさに異星人!」と
    叫んでいたりします。
    ニシコーラも、まさしく異星人なんだと思います。

    そしてそれはもしかしたら、BIG3を追い抜くくらいの突き抜けた天才なのかも。。。←今だからこそ言える大胆な発言。
    (※フェデラーは抜いてみました。なぜか私的に^^)

      引用  返信

  • マックウィンさん♪
    私もまさしく同じように感じていて、
    試合の後にここでもおなじみのフォロワーさんにこうつぶやいてました。
           ↓
    「あと初対戦の場合、相手は圭を研究し、最初から飛ばしてくるけど、圭は戦ってじっくり戦略をたてる。セカンドセットで徐々に実行しイーブンにもどし、少ないチャンスでものにし、ファイナルセットで叩き潰すって感じ?」

    高橋選手も感性ですべっているので
    説明できないんですね。

    まさしく天才のみが感じるキラーインスティンクト(でしたっけ?)
    の世界なんでしょうか。

    ダルビッシュと大輔と圭、
    3人で対談でもさせたいなw

    たぶん天才3人集まると
    話がまとまらない気も・・・

      引用  返信

  • 私は今スポーツ選手で一番応援している(のめり込んでる)のが圭くんとフィギュアの高橋選手です。
    私も似てるところあるなーと日頃から思っていました。
    本当に対談でもしたら鼻血出ます!w

    ところで、現地で観戦した方のブログを見つけました。
    ライブスコアだけではわからなかった情報満載です!
    http://yu-kimatsuoka.cocolog-nifty.com/onesword/2012/02/post-c6f7.html

      引用  返信

  • スティーブさん、高橋と同列に圭くんを並べたらダメだよ(笑)高橋くんは…彼は暗いょ、圭くんの家族はまともな普通人だから…
    プレイ云々…一般人がとやかく言えないレベルだから…とにかく勝てばいい〜そして怪我なく無事に。

      引用  返信

  • Daisyさん、ブログを読みました。おしえていただきありがとうございます。
    すごく文才があり、とても面白かったです。自転車で行ける距離に試合会場があって圭くんの試合が見られるなんてうらやましいですね。

      引用  返信

  • 最初のハラハラドキドキ感が、勝った時の、喜びを何倍にもしてくれる、と思って、胃が悪くなりそうなのも我慢します(^_^;)
    そのうち、サクッと勝っちゃうと物足りない自分になってしまったりして…錦織中毒?
    次は、映像あるといいなぁ。

      引用  返信

  • ライスコ応援でしたが、戦評はだいたい、茜さんはじめ皆さんが記しているのと同じです。
    そしてdaisyさん、ブログ紹介、ありがとうございます。
    嬉しいブログでした。

    1セット目のハネスクのサーブに、エースが少ないことから多分スピードはないものの、長身独特の、そしてクレーコーター独特の、高く跳ね上がる(スピン)のに手を焼いてたように思いました。
    当初、ハネスクの1stの入りは悪くても、1stでのWIN率は高かったですから。
    先日、ハネスクは長身対策のかっこうの練習台と言ったのは反省ですが、ペコッ、結果的には練習になったと(^^

    身長が190㎝級にはうまくリターン出来ても、2M級だとまだまだ、大変なように思いました。
    (あのニクイ、デルポちゃんは2M級)

    団長の「どうやら錦織は「緊張しい」であることは間違いなさそうですw」には恐縮ですが、若干異論を覚えます。

    スロースターターなことに関してよく、って言うかいつも「緊張した」と言ってるのは、そんな言葉くらいしかみんなを納得させる言葉が見つからないのでは?

    と、言いますのも相手が格上ですら、こちらがハラハラするくらいに、よく待たせるし、またそのフォローもまったくしませんから、結構、神経は図太いと思います。
    勿論、試合に関してはです。
    ナダルですら、待たせた時、一応駆け足してみせてフォローするのに。
    また、極度に緊張を強いるタイブレイクでの強さを見ても決して「緊張しい」とは思えません。
    勿論、「緊張しい」と「図太い」は必ずしも背反するものではないとしても。

    それで、何故スロースターターなのかは謎なのですが、圭君自身もまだよく分かってないのでは。

    修正力は確かに、まさに天才です。

      引用  返信

  • >RYUJIさん

    一応ATPの記録上はハネスクとデルポ(とついでにチリッチも)の身長は同じ198センチなんですよね^^;

      引用  返信

  •  今まで 圭相手に はんぱなくイラつく対戦相手、
     多数見てきましたが ・・・

     こんな試合運びで、最終的にひっくり返されるその
     ストレスやいかに!!!
         にゃあーーーー!?  勝負の 厳しい世界です。
      

      引用  返信

  • 2回目の書き込み失礼します。w 時差のおかげで、目覚めた時にはもう2セット目に入ってました。仕事へ行く支度をしている最中だったので真剣には応援できませんでしたが・・・。

    数年前の圭くんだったら、やっと挽回できたー!さーこれからプレッシャーかけていこうぜっ!というときにミスが目立ってそのまま流されて負けちゃった〜ってこと多かったと記憶してます。でも去年あたりから、その不安がなくなりましたよね。(本人がよくいう「勝ち方が分かってきた」ってやつですかね?)
    追い込まれてから、とたんに顔つきと目の鋭さ(目が光るっていうんでしょうか?笑)が違うんですよね。(この顔つきがまたたまらなくカッコいいっ!)
    精神的にタフなのか、相手のクセとか把握できて圭くんの中で「勝てる」と確信ができたんだなーと私は思ってるんですが。

      引用  返信

  • あまりにもスロースタートが多いので、最近は意図的にやっているんじゃないかと思ったりしてます。
    1stセットは「とれたらラッキー!!」くらいにしか思ってないとか。。
    (ブランチさんやマックウィンさんの意見に近いのかな?)

    また以前、気になって調べてみたことがあって、錦織って1st取って負けた事ってシニアに転向してから3回しかないんですよね・・・・。(WOWOWで土橋さん?も言ってましたが)

    2006 Yuba CityCH Bobby Reynolds L 6-4, 2-6, 3-6
    2008 Wimbledon Marc Gicquel L 6-4, 5-7 RET
    2011 Belgrade Janko Tipsarevic L 6-2, 2-6, 6-7(0)

    「逆転する能力」もすごいですが、「逆転させない能力」もすごいんですよね!!
    (それが「勝負強い」ということか汗)

    錦織の勝負強さはホントに異常です。。。

      引用  返信

  • 同じく映像がなく、ライスコのみで
    「中華料理食当たり説」で大騒ぎした
    上海のハーセ戦のことを思い出しながら実況版にいました。
    1セット目、あれ、あれれ、そんなに簡単に取られてどうするの?
    2セット前半、やっぱり取られ続ける、このまま・・・か?
    2セット後半、お、なんか盛り返してきたぞ、これは・・・
           よし、良くセット取った!
    3セット目、錦織超特急でさっさと。
    という展開でしたが、上海のときと明らかに違っていたのは
    そのときの「成功体験」を私たちも一緒(?)にしてて
    気持ちのどこかに、「きっと逆転さんが来る」という思いを
    抱き続けながら応援できたこと。
    他人の私たちでさえ、この成功体験の恩恵を受けているので
    戦っている本人にとっては、何をかイワンやってことでしょうか。
    その後もジョコビッチ戦を始め
    逆転さん成功体験のオンパレードですものね。
    わたしとしては、今やこのハラハラドキドキ感が
    圭くん応援の醍醐味の一つにもなってしまった気がします。

      引用  返信

  • 【訂正】
    2007 Yuba CityCH Bobby Reynolds L 6-4, 2-6, 3-6

    すみません。2007年でしたー。

      引用  返信

  • うーん、とはいえやっぱり、この辺りの選手には
    もうちょっとすっきり勝てるようになって欲しいです。
    期待してるからこそですが。

      引用  返信

  • また以前、気になって調べてみたことがあって、錦織って1st取って負けた事ってシニアに転向してから3回しかないんですよね・・・・。(WOWOWで土橋さん?も言ってましたが)

    2006 Yuba CityCH Bobby Reynolds L 6-4, 2-6, 3-6
    2008 Wimbledon Marc Gicquel L 6-4, 5-7 RET
    2011 Belgrade Janko Tipsarevic L 6-2, 2-6, 6-7(0)

    Negative Strokeさん すばらしいデータをありがとうございました。

    これってすごくないですか?
    イヤ凄すぎでしょっ

      引用  返信

  • 何回目かの書き込みしつれいします:)。
    今日は布団に入りながら携帯でライスコ観戦してました~。
    相変わらずのドキドキ展開だったので、緊張してうたた寝どこではなかったです。
    それにしても、みなさんのおっしゃるとおり、圭君のメンタルは良い意味で普通じゃないです! 
    もしかして、すごい、M男クン(笑)なのではないかと前から疑っています。
    明らかに逆境が大好き?
    逆境のときのメンタルが試合の最初のころのメンタルと違いすぎます!
    ファンとしてはこのドキドキはくせになりそうですが、私は、圭君を見るだけでドキドキなので、それ以上のどきどきは半々くらいいいです 笑
    ただ、試合が長引くとそれだけ圭君にあえる(?)時間が長くなるので、それはちょっとうれしいです。
    私も皆さまに倣って、MTFなどたまにのぞいているのですが、MTFのファンの方たちは「Emperor Of Comeback」とか「ライオンハート」とかって、圭君の強い精神力に感心してるひとが多いみたいです。
    みんなの心をわしづかみですね~。

    ところで、ReikoさんとDaisyさん、リンクありがとうございました。
    2つとも今日の様子がうかがえてとてもうれしいです。
    今日は、白パンと白帽なんですね、Clayでは白みたいな鮮やかな色のほうが写真栄えして絶対良いと思います。

    もうご存知のかた多いと思いますが、ATPのUncoverのヤングガン特集に圭君がでてました。
    http://www.youtube.com/watch?v=sbI3bdwdxRY (ヤングガン2)
    http://www.atpworldtour.com/Tennis/Media/Videos/2012/Uncovered/Episode-8/ATP-Uncovered-S4-E8-Young-Guns-Part-2.aspx (ヤングガン1 Youtubeで探しきれず)

      引用  返信

  • Daisyさん、生観戦の情報紹介ありがとうございます!

    読んでみて、全豪3回戦のベネトー戦を思い出しました。

    最近は(いや以前からですね)「keiは強い!」って、認知されてるから、対戦相手は1セット目から「打倒!nishikori!」のフルスロットルで向かって来る。でも2セット目後半ぐらいから息切れ。。。あれよあれよとnisikoriのペースになり…という展開が多いと思います。

    圭も安定した強さで、速い展開で勝つ!というのを目標にしてると感じますが、その試みは全豪の2回戦エブデン戦で裏目に出た気がする。
    (・・・だからまだそれはやらないでいるのか?)

    いっぱい経験を積んだら、勝ち方のセオリーを体得できるみたいですね。
    圭もそんなターニングポイントを何回か経過したら、きっと圧倒的な強さで、すごいスーパーショットも一杯みれるに違いない!それも楽しみだな!なんて思っています。

      引用  返信

  • 祝2回戦突破!錦織劇場もよいですが、ストレートでスカッと勝つ姿も見たいです。いや、もうすぐそうなるような気もします。

    ところで、1回戦vsフェレロの全映像(127分)がみられる動画サイト(韓国?)がありました。5分ごとにやり直しタグを押してしばし待たなければならないので、短気な方にはおススメはできませんが、それでも良いという方はチャレンジしてみてください。125分30秒あたりからの超ロングラリーだけでも見る価値ありかも。
    http://channel.pandora.tv/channel/video.ptv?ch_userid=happyworld&skey=Nishikori&prgid=44741775

    あと、ウィダーの圭サイトが更新されてました。今さんのレポート(月刊スマッシュからの抜粋)が楽しい。全豪のロッカールーム、圭選手ロッカーはフェデラーの隣だったとか。よろしかたら↓です。
    http://www.weider-jp.com/supportproject/kei_nishikori/index.html?no=247

      引用  返信

  • 二回目の投稿です。皆様の応援が圭君の勝ちを呼んでると言っても差し支えないですね♪

    という事で(関係無いけど)診断(http://shindanmaker.com/195639)を作りましたのでネタ程度にどうですか?

      引用  返信

  • ゆきたろさん
    今さんの帯同記紹介、ありがとうございます。

    全豪での活躍が体幹トレーニングの成果としてシカゴのロバート・オオハシ氏の紹介が随分されましたね。
    圭君自身も認めているようにそれは確かにあるのでしょう。

    でも、トレーナーとしての今さんの存在が、縁の下の力持ちとして、もっと世に知られていい、とかねがね思っています。

    圭プロジェクトチームにアカデミーの日本人トレーナー、お名前失念、がいましたが、彼はアカデミーの人ですから、フロリダ近郊はともかく、ツアーにはほとんど帯同していなかったと思います。
    そんななか、今さんがウイダーからの派遣者、パーソナルトレーナーとして昨年から圭君の全ツアーにずっと帯同してる意味は大きいと思います。
    ウイダーさんにも感謝です(^^

    そんな今さんのブログが無いのが残念だと思っていたら、スマッシュに帯同記を掲載していたんですね。
    是非、読みたいと思います。

      引用  返信

  • 皆さん色んな情報ありがとうございます!

    ゆきたろさん映像情報(嬉しすぎる)明日ゆっくり見させていただきます。

    お風呂上がったらアメトークにたむけんが出ていていつものように
    お腹に書いていた文字が「錦織圭vsビッグ4」でした。
    たむけんも鼻血ブログ見ているかなぁ。

      引用  返信

  • 実況掲示板でお邪魔したpy(パラグアイ在住)です。
    いつもは皆さんの熱い応援を見ながら観戦していたのですが、今回は、この試合の映像を見ているのは自分だけらしいと気付き、錦鯉のはしくれとして使命を感じ(!)、初めて参加させてもらいました。
    白熱の2回戦の途中で席を外したり、頻度も内容も乏しい実況にもかかわらず、皆さんがすぐにコメントを返してくれて、うれしい&楽しかったです。
    圭くんはいつもどおり、後半に行くほど集中力が上がっていき、思い切りのよいプレーが増えていきました。羽さんもタフでしたが、第2セットのシメでエアケイを決めてノリノリの圭くんを止めることはできませんでした。
    次戦はライストがあるといいのですが、もしなかったら何とかまた掲示板に駆けつけたいと思います!

      引用  返信

  • pyさんの実況は本当に助かりました。どうもありがとうございました!

    今大会はライストの放映回数が極端に少なく、QFの4カードのうちライストで見られるのはおそらく1試合か多くて2試合ではないかと予想しています。

    【準々決勝4試合の組み合わせ】
    フェレール[1](スペイン) vs ゴンザレス(チリ)
    ベルローク vs モナコ[5] or ナルバンディアン(全員地元アルゼンチン)
    錦織[4](日本)vs ヴァヴリンカ[6](スイス)
    アルマグロ[2](スペイン)vs アンドレーフ(ロシア)

    こりゃまず外されそうww なのでpyさん、もしチリで錦織戦がテレビ放映されるのであれば、次回もなにとぞよろしくお願いします!

      引用  返信

  • 団長、錦鯉のみなさん、こんにちは。

    私は、圭くんの逆転試合の多さの秘密は、「緊張」と「集中力」、「学習能力」の3つがキーワードのような気がします。

    初めは本人の言うとおり、「緊張」で体が硬く上手くプレーできない。
    そして、徐々に試合に入り込み「集中力」が高まってくると、体も動くようになり緊張も無くなり試合に没頭できるようなりいいプレーができるようになる。所謂ゾーンに入ったってやつです。集中力が高まるのに時間がかかるが、高まると恐らく異様に高くなって、タイブレなどではとんでもない集中力を発揮するのではないでしょうか。
    集中力の高さこそが、まさにトッププレーヤーになる資質の一つだと思います。
    そして、最後は「学習能力」により相手のスピードやテンポ、癖を見抜き、相手にポイントを与えなくなる。
    そんな風に私は考えています。
    ですから、集中力を高めるスピードをもっと早く出来るようになれば、ファーストセットを失わずにすむようになるかもしれません。

      引用  返信

  • ティコさん、アメトーク、私も見ました。たむけんの「錦織」は、「綿織」になってましたね。蛍原に突っ込まれてましたけど。
    pyさん、実況ホントにありがとうございました。「エアKでた」という実況で、それまで眠気まなこだった目がバッチリ覚めました。
    ゆきたろさん、フェレーロ戦の映像紹介ありがとうございます。見てみますp(^_^)q

      引用  返信

  • ゆきたろさん、ありがとうございますー。
    その125:30あたりの映像は、錦織選手のfbページにアップされていた動画と同じラリーですね。あれはサイドから圭くんのみを映していましたが何度もリピしてました。
    エンドからまた見られて幸せですー(*´ー`*)
    ニシコ~ラ!ばもーーーす!!

      引用  返信

  • 管理人さん、お忙しい中の更新お疲れ様です。

    早朝のライスコのみ応援は本当に疲れます^^;私は少し遅れて
    掲示板に入った上、ファーストセットを落としたスコア表を見て
    テンションが下降したのですが、pyさんの「エアK出ました!」
    で盛り上がりましたね。ありがとうございます&次回もできれば
    特派員お願い致します。

    最近の錦織選手ですが、私の見解として高い『淡白性』と『集中性』
    が融合した状態になっているという考えです。本人は「緊張した」
    とよく仰るのですが、照れ隠し的な部分もあるのかな。

    昨年の開眼しだした時期から突如として集中力を発揮し出すような
    印象が強くなりました。それまでも資質としては持っていたんでしょう
    けど、なにか新しいプレイスタイルと融合し始めた事によるグッド
    スパイラルが発生しているような。

    エアKが出たタイミングは展開としてドンピシャリでしたね(笑)
    あれをやられたら殆どの相手は心折れると思います。

    そしてまだ完全に『ドドモード』に入った感じでも無いので、ワウリンカ
    選手戦では、上手く行けばさらにクレーコードにマッチした戦い振り
    が見られるかもしれません。まだ「変身の余地」を残していると見て
    いますよ。

    またライスト無かったら残念だなぁ…。

      引用  返信

  • たびたび失礼します:)
    今日は現地14:00のセンターコート第1試合ですね(日本02:00)、ライストあるといいです。私の計算ではQFからは2試合TennisTVであると思ってます。
    ところで、昨日はイベントにゲスト出演したらしく、動画UPありました。
    http://www.youtube.com/watch?v=lIhYNrJuaeU
    オーディエンス沢山いて、緊張しそうな雰囲気です。

      引用  返信

  • 1セット目落とす確立が高い?
    いいじゃないですか。3セットなんだし。
    その逆よりずっといい。(対戦相手がそう)
    誰かも言ってましたが、逆転で勝つほうがよっぽど
    強く感じます。
    1セット目、どうにも勝てそうに無いって思わせといて
    結果見たら勝ってる。どうやって勝ったの?
    これが今の圭君だ。

      引用  返信

  • ebicciさん、ありがとうございます。
    バブ戦がとても見たいのですが、TennisTVでQFの4試合のうち2試合だろうということは、ここでも映像は確実ではないということですね?
    見たいなあ。

      引用  返信

  • みなさん応援おつかれさまでした。

    たっくさんの情報ありがとうございます。
    ここにくればなんでも手に入る・・そんな感じですね

    pyさん、どうぞ無理のない範囲で(でもできるだけたくさん←本音)
    レポートよろしくお願いしまーす

      引用  返信

  • 前半エンジンがかからず、私達をハラハラドキドキさせてくれますが、kirinoreikoさんのコメントを読んで、なるほどと思いました。
    今の圭は「逆転の圭」なんですよね。
    本人も得意と言ってましたし。
    きっとこれからまた進化して、私達を驚かして、喜ばしてくれることでしょう! 
    楽しみに待ってましょう!
    まずは、明日のワウリンカ戦がんばってもらいたいですね。
    バモス!!! 圭!!!

      引用  返信

  • テニス365のスコア速報のクラロ杯のところに(※錦織圭出場)の文字が

    初めて見ました

      引用  返信

  • Best4をかけた、バヴリンカ戦は接戦が予想されます。
    相手の片手BHのDLは目を見張るものがあります。
    それを、出させないためにも、早い展開や深いボールやコースを
    狙う必要がありますが、2試合ともバヴリンカは偵察に来て
    圭のプレーを研究してますので、侮れません。

    ライストで観たいのは山々ですが、スコア応援になっても
    しっかり、掲示板で皆さんと気合いを入れて応援するぞと。ww

    フルセットになったって構うもんかw
    勝つことが大事なんです!!
    冷静に且つアグレッシブなプレーをする圭君を観たいですねw

      引用  返信

  • ライスト観たいけどどこにも載ってません;;
    TennisTvはフェレールvsゴンザレスしかありません。
    合計8試合しか放送しないらしく月~金で5試合
    土曜日曜の準決勝、2試合決勝1試合ということか~;;

    スコアだけの応援になりそうですが、掲示板に駆け込もうと
    思いますw
    バヴリンカのBHvs圭君のFHの対決になりそう~^^

      引用  返信

  • 小ネタです。

    地域ニュースを見ていたら、松江市役所の玄関脇に「必勝 がんばれ
    錦織圭選手!全仏オープンでの活躍を応援します」の懸垂幕が掲げ
    られました。今までも掲げられていたのかもしれませんが、個人的には
    今回初めて知りました。故郷に錦鯉を飾るとは正にこのことですねw

    全仏オープン開催時までの掲示だそうですが、その後のGSはどうする
    つもりなのでしょう。快進撃の続く我らがKEIの事ですから、きっと
    新調するのでしょうねw

      引用  返信

  • 気が付いたら寝てたのですが皆さんの実況読んで
    あ〜いつもの錦織劇場なのね

    と、感想でした。
    皆さんの知識でありますか?
    圭くんのファーストミーティング時の試合の長さ率みたいなの…

    まだまだ初めてあたる選手には球筋とかフィーリングを合わせるのに時間がかかるのかなと思ってしまったので…

    で、あればバブリー相手も長くなるのかも…

      引用  返信

  • エディーさん

    コメント頂きありがとうございます。

    このデータ(1stセット奪取時の勝率 )は他の選手とちゃんと比較をしていないので、なんとも言えないんですが、トッププレーヤーをざっと見た感じでも、かなり高い気がします!

    けど、こういう数字をみんなが意識すると、結構負けちゃうんですよね。
    だから、書き込もうか迷いました(汗)

    なので結構すごい数字だとは思いますがこの数字はあまり、意識せず(無理か!?)に、応援していきたいとおもいます!

      引用  返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

     テニスを愛する理系人間。よく理屈っぽいと言われる。  プレースタイルはサーブアンドボレー、というよりサーブ。ストロークは弱い。  2008年2月15日に本ブログを開設。その数日後に錦織圭はあのデルレイビーチ優勝を成し遂げる。  錦織圭の存在を知ったのは2004年。その後2006年全仏ジュニアベスト8で再注目。2007年のプロデビュー(AIGオープン)で錦織の試合を初観戦。その後の活躍を確信し、今に至る。