2019ロッテルダム準決勝 vs. バブリンカ レビュー

2019 Rotterdam (ATP 500)
Semifinal
Stan Wawrinka[WC] def. Kei Nishikori[1], 6-2,4-6,6-4

ちょっと残念な試合でしたね。
駆け引きや戦略がたくさんあり試合としては非常に面白かったのですが、ネットプレーとバックDTLが決まらず敗戦となりました。
序盤に絶好調だったバブリンカのバックにミスが多くではじめ、バブリンカも苦しい状況だったと思うのですが、サーブを上げてカバーしました。
このあたりさすがです。

ファイナルセット、疲れているのはバブリンカでしたが勝負をしてきたのもバブリンカでした。
最後のゲーム、消極的だったと思います。
キープキープながらも4−5と、落とすと即敗戦の状況でしたし、バブリンカのサービスゲームに隙がなかったので、プレッシャーがかかったと思われます。
こういう場面でプレッシャーがかかるのはどの選手でも同じです。仕方ありません。何回かあれば1回はブレイクされるでしょう。
それよりはその前のプレーを課題とすべきでしょうね。

1つは1stセットの戦い方です。
最初からあまり調子の良さは感じませんでした。
ここでもバブリンカの方が積極的でした。1本目からバックDTL。警戒していたはずのショットでした。
その後もフォアバックともDTLへの展開が早く、錦織は逆を突かれ続けます。
錦織の攻めが威力、コースともに甘かったためだったと思います。

振り返ると2ゲーム目の40-15でのバックボレーミスが痛かった。
ここを取っていれば落ち着けたでしょうし、ネットプレーに自信が持てたと思います。

0-4からブレイクバックしたこと、次のサービスを苦しいながらもキープしたことは良かったです。
これで2ndセットに多少のメドが立ちました。
しかしバブリンカの攻めの厳しさが続き、セットを落とします。

2ndセットは逆に錦織が4-0。
しかし1stセットのバブリンカの4-0とは内容が違いました。
ミスが増えたバブリンカ。
それに加え、バブリンカのフォアを狙う作戦が当たりました。
バブリンカのバックハンドDTLが影を潜め、左右に丁寧に振ればポイントを取れる雰囲気を作ることが出来ました。

しかし4-1からブレイクされたことが、最後まで影を落としたような気がします。
セットは取ったけど、ここでネットプレーに自信を持てなかったことが大きかった。
いやバブリンカがパッシングショットに自信を持ったと言って良いかもしれません。
40-15からネットプレー3本を落としました。
特に最初のスマッシュミスが痛かった。
結果論かもしれませんが、ここでムキになって連続で前に出る必要があったのかな?と思います。
ファイナルセットに向けてネットプレーでポイントを取れるようにしておきたかったのかもしれませんが、ボレーのコースの甘さとバブリンカのパスが沈んでくることは分かっていたはずです。

ショックからか次のゲームでフォアを3本ミス。ファイナルセットでもつれる原因になったと思います。

左右にしっかり振ればポイントを取れることが分かったので、ファイナルセットはネットプレーは控えめにその作戦で行けば良いと思っていました。
ここで誤算だったのはバブリンカのサーブの復活。
スピードもコースも確率も上がってきました。
2セットで1本だったサービスエースがこのセットだけで7本。
ラリーにさせてもらえませんでした。

となると、4-5でプレッシャーがかかってプレーが消極的になってしまいました。
バブリンカは当然、勝負してきます。

もう1つの問題点、今日はバックDTLがネットしてしまってなかなか決まりませんでした。
それによって、勝負してくることが分かっていたバブリンカのバック側に単調にボールを集めざるを得ませんでした。
そしてこのゲームは1stサーブが入りませんでしたね。
試合全体の1st確率が勝率にあまり影響しないことはハモ理論で明らかになっていますが、1ゲーム内の確率は影響するでしょう(ビッグデータはありません)。

まあ、悪いことばかりではありません。
基本的には、バブリンカを褒めるべき試合です。

最後のゲームをキープして競り勝つ結果も十分ありえました。
スコアを振り返ると、ファイナルセットでのバブリンカのサーブのギアアップ、これが決定打となった試合でした。

繰り返しになりますが、錦織の反省点は最後のゲームよりも、2ndセット4-1のネットプレー、そしてバックDTLだと思います。

今日は負けてしまいましたが、早期敗退がなく体も元気で、見所のある試合を続けているので悲観的になる必要はないと思います。
辛口のレビューにはなりましたが、全てのショットが全ての試合で調子いいことなんてないので(今日はバブリンカもバックハンドに波があった)、総合力が大事。
この調子を続ける限りまたいい結果出ますよ。

そうそう、いい点を挙げたら今日の錦織は2ndサーブのリターンミスがありませんでした。
悪い点はどうしても目立っちゃって気になりますが、良かった点にも目を向けたいですね。

90 件のコメント

  • トップ10に復帰し、当面大きくランクを落とすことがない今シーズンの錦織は、グランドスラムとマスターズのみに照準を合わせ、その他の大会は調整というとらえ方をしていると思います。上でmoさんも書かれている通りだと思います。
    今の錦織の中では500以下の大会は、なりふり構わず目先の試合の勝ちにこだわったりポイントを積み上げる場ではなく、自分に足りないもの、今後もっと完成度を上げていかないといけないものを身に着けていく場だととらえている気がします。
    もちろんそのうえで勝つのが理想だったとは思いますが、負けてもそんなに悔しそうにしてませんでしたよね。今年は何か大きいことをやってくれそうな気がします。

      引用  返信

  • だいぶ遅くなりましたが、初参戦のロッテルダム、良い大会でしたね。
    バブリンカに負けたのは残念ですが、何と言ってもバブリンカですから…。強いスタンが戻ってきたことが嬉しいです。錦織も大会通してすごく良いプレーをしてたんじゃないでしょうか?最後だけちょっとアレなところもありましたがw。

    錦織の1stの確率の話がありましたが、私は彼の2ndサーブのポイント確率が気になっています。
    その辺りのスタッツをちょっと調べてブログに書いたので、よかったら見てください。
    https://yuri-san.com/
    なかなか面白いです。

    次も初参戦のドバイ!楽しみですね~。
    モンテカルロの前に、ガンガンポイントを稼いで欲しいです。

      引用  返信

  • Twitterで知りましたが、西岡くんがデルレイビーチでデルポトロと対戦するそうです。
    状態はわかりませんが、デルポトロも帰ってきたんですね。
    バブリンカも戻ってきたし。えいらこっちゃ(^^;

      引用  返信

  • ぼうずさま
    デルポトロ選手の動向は「team delpo」のインスタグラムで見れます。年初から地元でチャリティイベント開催したり、つい先日はフェリシアーノロペス選手とマイアミで練習したり、精力的に活動しています。
    怪我からの復活は嬉しいですね。マレー選手の復活も私は祈っています。

    ツォンガ選手は病気で飛行機での長距離移動が難しくなってしまったそうです。IWは欠場。せっかく怪我から復活したのに…(T ^ T)

      引用  返信

  • ツォンガ選手の病気の件は本当に気の毒でなりません。
    今年に入って強いツォンガ選手が戻って来つつあることを嬉しく思っていました。そこへこのニュース・・・。
    テニス選手としては大きなハンデを抱えてしまったかもしれませんが、きっとこれからも素晴らしいテニスを私たちに見せてくれると信じます。
    彼を応援していきたいです。

      引用  返信

  • 海外出張から戻り、羽田で錦織選手の敗戦を知りました。団長さんのレューと皆様方からのコメントを拝見し心を落ち着かせていたのですが、なかなか、敗戦の録画そのものを見る気力が起きませんでした。さきほど、ようやく最後のところを見終わりました。

    本当に、どちらが勝ってもおかしくない試合だったというのが、第一印象です。そういう意味では、惜しい試合だったともいえますが、逆にいうと圧倒的な優位性はなかったという意味で、負けてもおかしくない試合だったという当たり前の結論に至りました。

    ただ、今回は体力的には全く問題ないように見えましたし、勝ち負けはもちろん大事ですが、錦織選手にとっても今後の戦術的な面からもとても学ぶところの大きい、次につながる試合だったと思いました。おそらくに錦織選手本人もそう思っていると感じています。

    今回の敗戦を受けて、またチームの一新論があちこちから出ているようです。もちろん一新して良くなる場合もあるでしょうが、うまくいかない場合もあると思います。もちろんうまくいかない場合はどんどん変えていけばよいという意見もあるかもしれません。

    ただ、私にはチームを一新するかどうかは、ひとえに錦織選手自身の価値観にもとづいた判断によるべきと考えています。テニスの場合は勝ち負けがはっきりしていますので、つい外野から口出しをしたくなりますが、それは控えるべきというのが私の考えです。

    少なくとも私の場合は、すべての勝ち負けを含めた錦織選手を応援しているのであり、勝ったときの錦織選手だけを評価するような応援者にはなりたくないと思っています。ただ、今回のような敗戦を受け入れるのは本当に大変です。団長さんを見習ってその域に近づくよう、さらに修行に励みたいと思います。

      引用  返信

  • デルポトロ選手、久々の試合です。怪我から4ヶ月後です。
    井蛙堂さんのツイッターにデルポトロ選手の会見を訳してくださってますが、怪我直後
    の心境から今の状態や心境が語られており、ホントにがんばって🙏っていう気持ちにな
    りました。いくつもの怪我を克服してきたデルポトロ選手ですから、きっと今回も上が
    ってくるでしょう。デルレイビーチでは試合での膝の様子を見るということらしいです。
    西岡選手は少しやりにくい面もあるかもしれませんが、全力でぶつかってこそデルポト
    ロ選手にとっても自分の状態がわかるでしょうから、勝ちにいってほしいです( ´∀`)
    両者ともがんばって╰(*´︶`*)╯♡

    怪我復帰直後のマイアミで錦織選手はデルポトロ選手にあっさり負けてしまいました
    っけね( ̄∀ ̄)あのときのデルポトロ選手の錦織選手へのコメントがとても温かいもの
    だったことを覚えています。そしてその言葉通り錦織選手は強くなって戻ってこれまし
    た。錦織選手もデルポトロ選手に対して同じ思いをもっているだろうなと思えます。
    デルポトロ選手は29歳でキャリアハイになったそうです。錦織選手もこれからだな✌️

      引用  返信

  • ↑ウエブコンテンツの違法ダウンロードや著作権・翻訳権が問題になっている昨今、個人のツィートを引用するのはやめませんか?引用するなら著作権・翻訳権を遵守した元のニュースソースで。

      引用  返信

  • 至りませんでした。すみません。
    ご指摘ありがとうございましたm(_ _)m

      引用  返信

  • デルポトロ選手も復帰にかなりの期間を要しましたが、西岡選手はその倍以上要しましたからねぇ。

    https://mobile.twitter.com/yoshihitotennis/status/1097664855241359360
    西岡選手も楽しみにしている様ですし、何よりデルポトロ選手は今後のシード争いで錦織選手が追い抜くべきライバル(これが大事!)ですので、アップセットをして錦織先輩の援護射撃を期待したいですね!😤😤😤

      引用  返信

  • ガキ臭い意見書きます、すみません。
    Twitterのニュースソースの話ってあけびさんが言ってる井蛙堂さんの翻訳の話でしょうか?それとも何かもっとまずい引用コメントでもされてて既に削除されたのでしょうか?
    「02/19 20:42:37」のコメントのことなら。話題の導入の為のちょっとしたものですらツイートの引用になりダメ出しされちゃうのは流石にシビア過ぎるのでは?と思ってしまうのですが……そういうものなんでしょうか。

    まあちゃんとしないよりした方がいいのもわかるのですが……

    でしゃばってすみません。あんまり話さない方が良い話題だったのなら、お手数ですが皆さんこのコメントスルーしてください。

      引用  返信

  • 来週は、ドバイ選手権ですね。
    シードについてですが、今週発表された最新ランキングが反映されてドローがきまるのですかねぇ・・?
    すると第1シードは我らが錦織圭選手ということになりますが・・・
    団長さん、教えて下さい。

      引用  返信

  • ☝ちょうど調べてましたので・・・(`・ω・´)ゞ
    今週末のドロー抽選なので、今週のランキングでシードが決まります。

    1.6位:錦織選手
    2.7位:フェデラー選手
    3.10位:チリッチ選手
    4.11位:ハチャノフ選手
    5.12位:チチパス選手
    6.13位:チョリッチ選手
    7.14位:ラオニッチ選手
    8.15位:メドベージェフ選手
    次点1.18位:アグー選手
    次点2.20位:バシュラシュビリ選手

    上記のようになりそうです。ジョコビッチ選手やデルポトロ選手がWCで参戦してこない限りは、錦織選手が第1シードになります。

      引用  返信

  • 既にフォーラムにてNORICHANさまがコメントずみですか、デルポトロ選手がアカプルコ500の方にWC参戦します。(公式HPでも掲載済)

    となると、残りはジョコビッチ選手のみ・・・🧐

      引用  返信

  • 下団さん、ありがとうございます。
    やっぱり、第1シードですね。よし、気合い入れるぞーおーっ!!

      引用  返信

  • ドバイで優勝トロフィー🏆飾ってありました。
    あのトロフィー錦織圭選手の元へ Go!

      引用  返信

  • 2週連続開催のバンコクCH大会をライスト観戦していますが・・・
    有望若手や30歳近くになってトップ100入りを果たした選手、再起を目指す選手等の奮闘で面白い・・・\(◎o◎)/!
    世界ランキングで同じくらいの地位に留まっていますと、「進歩、成長がない」と思われる方々が多いようですが、進歩、成長がなければ、その地位に留まることすら難しいです(੭ु´・ω・`)੭ु⁾⁾
    以前、名指しこそ避けましたが、「選手に厳しくするなら、応援するに相応しくご自身にも厳しく・・・」みたいにコメントさせていただきましたが・・・
    入れ替わりの激しい世界で、ましてや世界でトップ100に入ってナンボの世界で、当たり前のようにトップ10に帰ってきて、私達を喜ばせてくれている錦織選手は、本当に素晴らしいですし、それを支え苦楽を共にするチームも素晴らしいです\(◎o◎)/!

      引用  返信

  • おはようございます😊

    今朝の朝日新聞21面に、ドバイでの錦織選手のインタビューが大きい扱い、写真付きで載っています。
    なおみちゃん、池江選手へのコメントについても触れています。

      引用  返信

  • 下団さん、風さんと同じ気持ちです!我々は、ただひたすら全力応援あるのみだと思います。そして今年こそ、是非マスターズ、GSの制覇を!その時は、涙しながら、家にある一番良いワインで祝杯をあげたいな!と思っています。まずは、怪我だけは気をつけて、ドバイも良い試合を願っています、圭!頑張れ👊😆🎵

      引用  返信

  • ドバイ錦織(仮想)対戦相手

    R1 ペール
    R2 フルカッチ
    QF チチパス
    SF チリッチ、メドヴェデフ
    F  フェデラー、ハチャノフ、チョリッチ、ミロッチ

    1回戦からトリッキーで割と厳しいドローですが、優勝すればキャリアハイの4位タイです。

      引用  返信

  • 禮さん、ありがとうございます。
    どうしても初戦ペールが来ると、厳しいなと思ってしまいます。
    ツィツィパスにはマルセイユで思う存分疲れてきて欲しいですね。
    最後はフェデラーとの直接対決で4位を勝ち取って欲しいですね。

      引用  返信

  • QFでメドベージェフ選手の可能性もあっただけに、まだ良かったかぁっていう印象です。まだまだ粗さが残っているので、そこを突いて崩せれば・・・

    他の山の主(フェデラー・チリッチ・ハチャノフ)も序盤から大変ですし、第8シードのメドベージェフ選手のランクが15位って・・・😓

      引用  返信

  • また、ペールですよ(^^)
    本当によく対戦します・・・フェレールやロペスもよく対戦しましたし、お互いにまたかぁ~って言ってたかもしれません。
    ある意味ではジョコビッチと対戦するよりも調子を計るバロメーターかもしれませんね。

      引用  返信

  • 余談ですが、昨年の同大会初戦に西岡選手がペール選手に逆転負けを喫しました。

    当時の西岡選手のランクからすれば1勝すなわち45ptは、CHクラスでもDAがかかる位に繊細な状況でした。現に取り損ねた後は回り道を強いられた感がありましたし。

    太郎選手も昨秋のパリMS予選で負けていますので、我らが総大将に敵討ち?といきたいと思っています。もっとも、錦織選手の立場としては全仏以来の返り討ちってところでしょうか・・・?😅

      引用  返信

  • 禮さん、下団さん
    ドローのお知らせありがとうございます😊
    もう最近はあんまりドローを見ても驚きません(^◇^;) 楽な相手なんていませんからね。
    チリッチ選手とかも大変そうです💦
    初戦からノッテルダムで優勝してノッテるモンフィス選手…錦織選手までにメドベージ
    ェフ選手にも勝たなくちゃだし……。みんな大変!って思います( ̄∇ ̄)
    初戦相手のペール選手は楽天で目の前で見ました。錦織戦でした。
    (懐かしいなあ〜もう遠い思い出………)あの時の錦織選手は強かったあψ(`∇´)ψ
    ペール選手のショットを全く苦にしてませんでしたね。試合の入りをうまく乗り切って
    (このあいだのグルビス戦みたいにできたら最高ヽ(´▽`)/ ) できればストレートで決着
    をつけてもらえたらいいんですけど🙏
    少し苦戦してファイナルまで行ったとしても、今の錦織選手なら勝ちきると思います。
    またまた寝不足の日々?ん?時差5時間でしたっけ?どんな時間の試合になるかも含
    めて、楽しみです(╹◡╹)♡

      引用  返信

  • ドバイは土曜日が決勝という事を考えると、錦織選手の初戦は月曜日という事になるのでしょうかねぇ🧐

    対戦相手のペール選手は既に敗退していますし、第1シードでしかも広く見れば同じアジアの英雄ですから日程のリクエストは聞いてくれるでしょうし。決勝進出したら火曜日初戦だと5連戦になるので、流石それは希望しないかな・・・

      引用  返信

  • 応援フード、例によって浮かばないので、以前どなたかが出してくれた(ROMさんかも?)ブノワ→麩の輪→車麩で、
    麩をちぎって、味噌汁か、お澄ましに入れる…カンタンが取り柄😅

    でも、ゆうたさんが対戦相手のペールは既に敗退してますし、、、って、どういう意味なんでしょうか⁈
    ゆうた様?
    私の勘違い⁈

      引用  返信

  • 豚バラの薄切りを玉ねぎの輪切りに巻きつけて焼きましょう!タレはお好みで〜

    名付けて「”ぶー🐷”の輪」焼き!(^^)

      引用  返信

  • あじゃこ~さん、前週のマルセイユ250大会に参戦していて、2Rで敗退していることを指しています(`・ω・´)ゞ
    マルセイユでペール選手が上位進出していますと、移動等を考慮されて、錦織選手の初戦が火曜日になる可能性が高くなります。それを懸念されてのコメントです(`・ω・´)ゞ

      引用  返信

  • 下団さん、
    あー、そうなんですね!ようやく理解出来ました😅💦
    有難うございます🙇‍♀️🌸🌸🌸
    ゆうたさん、失礼しました🙇‍♀️

    ROMさん、
    よく毎回、アイディア出ますね😳👏💕

      引用  返信

  • あじゃこさま下団さま

    すいませんそしてフォロー感謝です🙇‍♂️🙇‍♂️🙇‍♂️
    思いっきり言葉足らずでしたね😅😅😅

    ロッテルダムの初戦相手のエルベール選手が、前週のモンペリエで決勝に進出した為に「初戦はいつになるのかな?」って少し心配した「過去」があったもので・・・

    後は100%下団さまの書かれた通りです。

      引用  返信

  • ピエール エルベール戦の時に買っておいた
    ペールエールビールを観戦のお供にする予定。
    ぶのあ ぺーる
    、、、思いつかない。

      引用  返信

  • 懸念していた錦織選手の日程ですが、初戦は火曜日スタートとなりました。決勝まで残れば土曜日まで5連戦となります。

    結局は月曜日はフェデラー選手を始めとしたボトムハーフの試合が行われる事になりましたが・・・

    まぁ、錦織選手ぐらいになれば日程の希望が通る立場だとは思うので、この日程も錦織選手も拒否はしなかったのかもしれませんが・・・でも、1ファンとしては納得は出来ないですねぇ〜😠

    しかし勿論、試合になれば錦織選手を応援するのみ!です!😤😤

      引用  返信

  • 月曜日のオーダーが出て錦織圭の試合は無いので火曜日になったようです。。
    5連荘ですか。

      引用  返信

  • ハチャノフ、昨年のパリマスターズでの優勝以降、1回戦負けが多いですね。
    スランプに入っちゃったのでしょうか?

      引用  返信

  • 既にフォーラムでFUMAさまから情報を頂きましたが、錦織選手の初戦は現地時間火曜日の午後4時以降(日本時間の午後9時以降)となります。

    観戦するにあたっては、中々良い時間でしょうか

      引用  返信

  • ペールでなかなか浮かばなくて、ここにきてROMさんの「”ぶー🐷”の輪」焼き見つけました。いいですねえ。私もうちにあるものでできる「 ぶーの輪」探してみます!
    団長のアップに間に合うかなあ。

      引用  返信

  • micchi師匠
    創作の助けになったのなら嬉しいです😊
    お褒め頂いたのが心苦しいので白状致しますが、私は「ぶー🐷の輪」という言葉を思いついた後、「くっ◯ぱっど」のお世話になった人間です(^◇^;)。

    美味しいのでお試しあれ〜です(昨夜のおかず。私は照り焼きにしてみました)。

      引用  返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

     テニスを愛する理系人間。よく理屈っぽいと言われる。  プレースタイルはサーブアンドボレー、というよりサーブ。ストロークは弱い。  2008年2月15日に本ブログを開設。その数日後に錦織圭はあのデルレイビーチ優勝を成し遂げる。  錦織圭の存在を知ったのは2004年。その後2006年全仏ジュニアベスト8で再注目。2007年のプロデビュー(AIGオープン)で錦織の試合を初観戦。その後の活躍を確信し、今に至る。