NadalはWimbledon2011のトップシードを得られるか?

全仏中に書いていたのでこんなタイトルになりました。

Wimbledon のセンターコートはこの大会のためにだけ使われ、一年間準備されてきて、その開幕第一試合は男子のデフェンディングチャンピオンの試合と決まっています。ですからNadalに決まっています。前回はそのチャンスに参戦しませんでしたので、今回初のその栄誉を受けることになります。

Nadalは普通にはシードに頓着していないと思いますが、テニスファンとしては興味があります。
Wimbledonのドローが行われるのは、17日金曜日です。ですから、普通ならシードはこの13日のランキングで決められます。ところがWimbledonの場合は芝の大会にどれだけ貢献しているかが加味される独特のルールがあるから、単純ではありません。もし全仏優勝しなかったらどうなっていたか分かりません。
シードは去年も書きましたが、次のように決められています。

1)最新(今年は2011年6月13日)のランキングのポイントに、
2)過去12カ月間に芝のコートで行なわれた大会で獲得したポイントの100%を加え、
3)さらにその前の12カ月間に芝のコートで行なわれた大会で獲得したポイントの75%を加える。

このポイントの合計(1+2+3)でシード順が数値的に確定します。

さて、どうなるでしょう?概算ですが、

Nadal   12025+α+2000+45=14070+α
Djokovic 12005+720+20+(360+150)*.75 =13127.5
Federer 9230+360+150+(2000*.75)=11790
Murray  6625+720+970*.75=8072.5

と言うわけで、全仏をFedererに勝ち優勝したのでNadalは問題なく全英トップシードになりました。

もし、Djokovicが決勝進出、Nadalが優勝の場合だったら、13日付けはNadalが2位でした。

Djokovic 12485+720+20+(360+150)*.75 =13607.5
Nadal   12025+α+2000+45=14070+α

と、Djokovicはちょっと届かず、Nadalが1位です。(全仏最多勝に並んだだけでなく、時のランキングトップの優勝は初めてとのこと、色々意味のある優勝でした。)

センターコートに屋根が着いたので、試合的には単純に準決勝まで前の日にするかどうかの違いです。テニスのドローは3-4の位置も、5-8の位置もランダムに決まるので、1でも2でも同じ条件と言えます。1が2よりも必ず有利とはなりません。

女子の場合はどうなのか?って聞かないでください。シード委員会が決めるようなのですが、わたしは知りません。

27 件のコメント

  • 鼻血さん、こんばんは。錦鯉の皆様、はじめまして。
    初めてコメントします(ちょっとドキドキ…)。一番乗りだったら嬉しいな。

    さて…、ウィンブルドン。シード1位の優位性は、屋根付きになってから第一試合バージン・グリーン(こんな言い方ある?)に足を踏み入れられるかどうかだけでしょうか?
    でも、テニス選手にとっては、それが何にも変えがたい名誉なことなのでしょうね。
    あの独特な雰囲気思い起こすと自動的にプチ鳥肌状態 (^_^) 何度見てもウィンは自分にとって格別です。

    追伸: 全仏決勝では、ツイッターでお相手して頂いてとても嬉しかったです。時々あちらでもお声かけまします。

      引用  返信

  • こんばんわ~♪
    いよいよウィンブルドンで毎日わくわくしています。去年
    初めて生観戦に行き、伝統と格式のWB大会はやはり特別でした!

    ナダルが今年DFCの特権でセンタコート、Vergin grass上での
    1回戦ですね~ナダルにとっては初体験ですよね~
    この大会って特別の計算方法なんですね。

      引用  返信

  • 思い出します、去年のウィンブルドン、せっかくWCをもらったのにドローが出た時のショック。
    今年はドローに恵まれることを祈ります。

    ところで2011楽天オープンのお知らせがようやくHPに載りました。
    チケットは楽天チケットで7月9日(土)10:00から発売のようです。
    http://rakutenopen.rakuten.co.jp/index.html

      引用  返信

  • 公式ブログが更新されていますが、クエリー戦後にあれこれ思い悩んだことがばからしくなってきました。
    さすが団長さん、「ファンだけがやきもきしている、っていう図式が正しい」の読み通りでした。

      引用  返信

  • みけさん

    >公式ブログが更新されていますが、クエリー戦後にあれこれ思い悩んだことがばからしくなってきました

    あははは。ほんとですね。

    一喜一憂できるのもファンとしての特権なのかもしれませんね。

    ただ、真意のほどはわかりませんが。

    デ杯楽しみです。
    添田くんは出るのだろうか
    今回は添田くんには個人優先でいっていただきたい気もします。
    圭くんが出れば、添田くんなしでも勝てそうな気がしますし。

      引用  返信

  • nana4_chick さん
    はじめまして、この記事を団長が書いていたらもっと分かりやすく、良い文章でしたでしょう。タイトルに記名していなくてごめんなさい。

    細かいことだけど、第一シードの特権はないと思います。使うことによってコートの状況が変わらないと言える他の大会と違って、Wimbledonにはセンターコートの開幕戦をデフェンディングチャンピオンが得るという特別なしきたりがあるわけです。

    記事に示したように、デフェンディングチャンピオンが第一シードを得やすいことは確かです。去年の場合、デフェンディングチャンピオンのFedererが第一シードを得、Nadalがランキング1位でしたが一昨年不参戦でしたので第二シードになっています。

      引用  返信

  • みけさん、楽天オープンの情報ありがとうございます!
    予告通りに今年もナダルが来ると良いですね!

    あと、錦織はもう「出場決定」と出ていますが、最悪でもワイルドカードはもらえるということでしょう。今年も張り切って行くぞ〜〜!

      引用  返信

  • こんにちは。
    久々、なんだかじっくり深く読んでしまいました。
    いよいよ待ちに待ったウィンブルドンの季節ですね。
    メヒコさんの記事で、ドローの決まり方がよぉくわかりました。
    ところで文中の
    『センターコートに屋根が着いたので、試合的には単純に準決勝まで前の日にするかどうかの違いです。』
    というのはどういう意味ですか?
    なんだか頭悪くてすみません。
    &テニストーナメントのことよく知らなくて
    素人質問ですみません。
    テニスファン・にしこりファンにはいろいろあってたまらない季節ですね。

      引用  返信

  • 公式ブログ読みました。
    本当に拍子抜けするくらいカラッとしていましたね。
    確かに去年のガスケ戦よりのびのびとラリー戦展開しているなと思いました。
    Eastbourne楽しみです。ライストに写るところまで勝ち進んで欲しいな。

    mee428さん
    バージン・グリーンじゃなくて Virgin Grass というのですね。有難う御座いました。

    ケイメヒコさん
    はじめまして。コメントは差し上げませんでしたが、ランキング記事はいつもチェックしておりました。
    知り合いのメキシコ人はすごいアバウトで、ケイメヒコさんのような緻密な方が彼の地で日々どのように過ごされているのかといつも不思議に感じていましたw
    > 記事に示したように、デフェンディングチャンピオンが第一シードを得やすいことは確か…
    なるほど…。 過去には第一シードがVirgin grassを踏まなかった例もあるのでしょうか?

      引用  返信

  • マックウィンさん

    テニスは基本的に屋外の日中に行なわれる、という認識があります。
    全仏のように日曜日を使って全15日の大会と違って、
    中の日曜日は試合を行わなわないという伝統を維持しています。
    すると、日没順延、降雨順延など大会日程の乱れが起きます。
    それを解消するのが、照明や屋根です。
    それで、屋根付きセンターコートでの試合は日程通り行えるようになります。

    一日一コートで男女計四試合消化するとすると、グランドスラムの場合、
    参戦者数が多いので、準々決勝までは一ラウンド二日の日程になります。
    センターコートは基本トップ四シードが使うように割り振られています。
    デフェンディングチャンピオンの山が同じ試合間隔で行われるので、
    日程的に少し有利かな、と思います。

    試合間隔もあった方が休めるから有利とも一概に言えません。
    全仏でDjokovicが準々決勝不戦勝で中4日空いたことが、
    最初の二セット失った遠因のように思います。
    トップ選手は非常に微妙なところでしのぎを競っていると、
    だから面白いとわたしは感じているからです。

      引用  返信

  • メヒコさん

    つまりはあの文章の意味は、

    準決勝の前日テニスをするかしないか(試合があるかないか)の違い

    ということですか。

    ジョコはそうゆうとこ、気にしますよね。

    ラファやロジャーはそうなるときもある。ならないときもある。すべてはテニスの神様の決めること。僕たちはそれに従い、OOP の通りコートに立ち、全力を尽くすだけ、と。
    そんなスタンスが見えます。

    芝のテニスは見るのは楽しいけれど、だてさんのブログを読んだりすると、テニス選手にはキツいサーフェスなんですね。

    WB はNHKで見れるから好き。

      引用  返信

  • nana4_chickさん

    過去には第一シードがVirgin grassを踏まなかった例もあるのでしょうか?

    そのものズバリは知りませんが、デフェンディングチャンピオンがVirgin grassを踏まなかったのはNadalが史上二人目だったと言うことは確かだと思います。これに関して第一シードは関係ないので、誰も気にしていないと思います。

    知り合いのメキシコ人はすごいアバウトで・・・
    わたしも基本アバウトです、だから、大差はないさ、このまま行っちゃえとしちゃっていることお分かりでしょう。皆さんに指摘され、そこを無視できなかったかとあわてている場面がしょっちゅうです。無視したことが気づいても表面化しないで流れていって胸をなで下ろしていることも多いです。

    約束は忘れる・すっぽかすは当たり前。だから、こっちが1時間ほど約束の時間に遅れて行ったときも、いつものように「元気?」ってすれば良いだけ。こっちの都合で行動して何の問題も起きない。とっても気楽。今、現実にこうして会えていることは素晴らしいじゃない、って感覚かな?日本でなら待たせてごめんとか最初に言わなかったら大変なことになるでしょう。

      引用  返信

  • ケイメヒコさん
    お返事有難う御座います。

    > とっても気楽。今、現実にこうして会えていることは素晴らしいじゃない、って感覚かな?

    個人的には、こういう感覚大好きです。
    楽しいお話お聞かせ頂き有難う御座いました。

      引用  返信

  • EastbourneのEntrant List の圭君の写真ステキ、
    atpのもこのほうが・・・あとひとりでシードついたんですね、残念
    WBにむけていくつか試合こなしてほしい

      引用  返信

  • >chachaさん
    いや〜、僕もそう思ったんですよ。特にLlodraがQueen’sのQFでリタイアした時には。やった! 繰り上がり!と。

    でも、シードの順位は6月6日付けのランキングで決まるので、それだと錦織は60位ですから随分下になっちゃうんです。Eastbourneにエントリーした時のランキングは一番良い時(46位)でしたからねぇ。

    最新のランキング試算のスレッドでも書きましたが、なんとか最低2勝してQF進出、欲を言えばもう1勝してSFまで行ってくれないかな〜と思っています。8月のCincinnatiマスターズ本戦へ最終DAされる条件を考えると。

      引用  返信

  • でも、EastbourneでSF、つまり土曜日まで試合をしちゃったら、もしWimbledonで初日に試合が入ったりした場合、疲れが取れてないかも・・・などと余計な心配しちゃったり♪ まずは1回戦に誰と当たるかですね。それは今日の夜に判明します。ドキドキ。

      引用  返信

  • おっと、しまった、また間違えた。2つ上の僕のコメントで「Cincinnati」は「Montreal」の誤りです。Cincinnati大会へのエントリーランキングはWimbledon終了後の順位が採用されるんでした。

      引用  返信

  • ドローは Eastbourne 大会のです。
    2回戦 Stakhovsky 、準々決勝 Tsonga の見込みかと。。

      引用  返信

  • Eastbourne大会のドローがやっとでましたね~
    上に書いていらっしゃる通りで、また2回戦でスタコフスキー
    でしょうかね。。圭君の苦手な相手!?でも決めつけはよくないし
    試合はやってみないとわかりません、コートもGrassですから!
    スタコにリベンジして欲しいですよね!
    頑張れ!圭!

      引用  返信

  • みつさん、情報ありがとうございます!

    リベンジじゃああああああ!!!!!

    ・・・と言いたい気持ちをグッと堪えて(←堪えてないヤツ)

    まずは1回戦、まずは1回戦、まずは1回戦・・・

      引用  返信

  • 1回戦突破してスタさんとの再戦熱烈希望!
    前回の結果を踏まえて、芝の上でのコリたんが
    どう修整してくるか見たい!

      引用  返信

  • さくっと2回戦に行ってもらって、スタコウスキーに「芝では俺の方が上だぞ~!」って姿を見せてほしいですね。

      引用  返信

  •  Eastbourneもクイーンズも、雨の影響で本日の試合の見通しは
    立っていないようです。

    ●Eastbourneの影響
     Eastbourneは本戦日程が6/12(日)~6/18(土)の関係で、もし、
     今日の予選決勝が明日に流れれば、圭の1回戦は確実に6/14(火)
     に入ることになります。
      この場合、圭の相手は連戦となり、体力的には圭が有利になる
     でしょう。(以上の条件はスタコウスキーも同じ)

    ●クイーンズの影響
     本日予定されていた決勝が、もし、明日行われることになった
     場合、ツォンガは3時間の移動の上、その翌日の火曜日にイスト
     ミンと1回戦を戦わなければなりません。
      決勝の結果にもよりますが、その場合のツォンガの棄権の可能
     性は高いのではないかと思っています。

     以上、コリコリ通信でした。

      引用  返信

  • Meiner Meinung nach ist es so, dass man sollte selbst wissen was sie essen oder nicht. Gesund ist aber sehr wichtig und Ernährung muss visi.eltige..

      引用  返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください