ランキング試算(7月26日付)   ケイメヒコ

人里に降りては来ましたが、まだ放浪していますw 当分帰りません。探さないでくださいw
(こう書くと本当に心配して下さる方がいらっしゃいます。 普通に仕事ですので大丈夫ですw)

ところで移動やら仕事やら飲み会(オイ)でバタバタし、危うくケイメヒコさんの大切な記事をお蔵入りさせてしまうところでした。遅れてしまってすいません。

錦織選手のランキング関連データ 7月19日現在

現在ポイント 247   本年の対戦成績 1勝4敗(18勝6敗 含むCH)

現在ランキング 192位(+1) 本年年初 417位 本年最高位 189位

プロテクトランキング 順位 @106位  使用数 6枚 残り 3枚

WC           年間  5枚  使用数 1枚 残り 4枚

現在100位の選手とそのポイント Tobias Kamke (GER )  535点

今週はHamburgとAtlantaです。

現在わたしが確認できた錦織選手のエントリー状況は次の通りです。

7.26- Los Angeles 28Draw @16OUT 59OUT PRと現ランキングのダブル
8.02- Washington 48Draw @12OUT 45OUT PRと現ランキングのダブル
予選 DA 現ランキング
8.09- Toronto 56Draw 109OUT 現ランキング
8.16- Cincinnati 56Draw 110OUT 現ランキング
8.23- New Haven エントリー無し

結果から見れば、Atlantaの予選は第6シードを得られたはずですが、残念ながら参戦しませんでした。ATP500以上の大会は予選と本選が別エントリーで、3週間前締切のWashingtonの予選の方にはDAできています。全米前週のNew Havenは全米予選のためでしょうが、エントリーしていません。

上位選手について

HamburgはATP500大会ですが、ここにトップテンからはDavydenkoが参戦するだけです。一方全米シリーズの初戦AtlantaへもRoddickがWCを得て参戦するだけです。

Davydenkoは昨年も優勝ですので、優勝してもSoderlingに届きませんし、初戦敗退でもDel Potroの上に止まれます。

Roddickは優勝しても100点の加点しか得られないので、Berdychに届きません。
以上ですから、今週も上位に順位の変化は無い計算になります。

2 件のコメント

  • 全米前哨戦は少し寂しい風景ですね。

    優勝しても、初戦敗退でもそんなに変わらないって(順位的に)
    「優勝」という効果はてきめんではないんですねぇ。
    こうして文章にしてみると、なんだか不思議なシステムです。

      引用  返信

  • ポイントシステムは
    1,全ての獲得ポイントは1年過ぎると削除されます。
    2,ポイントの大きい方から18大会の合計です。
    3,GSとMS1000は0点でも必ず18大会に数えられます。
    4,Finalはボーナス大会で、参戦者はFinal+19大会の合計になります。
    4,年初30位以内の選手は500大会も4大会数えられます。
    5、ですから、年初30位以内の選手は250大会では最大2大会の500点しか得られません。
    6,その他にも細かい規則がありますが省略します(わたしが理解できていない)

    ですから、Davydenkoは昨年のHamburgの優勝の500点は失効し、前週と同じポイントを維持するには今週も優勝が必要です。初戦敗退の0ポイントでも、500点のマイナスにはならなくて、カウントされていなかったDubaiの45点がカウントされます。もし、一回勝つと90点得られますので、それがカウントされ、Dubaiの分はカウントされなくなります。

    以上ですが、お分かりいただけましたか?

      引用  返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください