ランキング試算(2014年10月13日付)Shanghai

錦織選手のランキング関連データ 10月6日現在

現在ポイント 4435 本年の対戦成績 44勝10敗
現在ランキング 6位(+1)
本年記録 年初 17位 最高位 6位 最低位 21位
生涯最高位 6位(2014.10.06) 生涯最高ポイント 4435(2014.10.06)
トップテン在位週間 7  現在継続週間 4  過去最高継続週間 4
現在レースポイント  3845  6位(+0)
現在5位の選手とそのポイント  Ferrer, David (ESP) 4495
現在8位の選手とそのポイント  Raonic, Milos (CAN) 3,965
現在10位の選手とそのポイント  Dimitrov, Grigor (BUL) 3710

今日は朝から喫茶店です。
もうはじまってますので・・・

2週連続の優勝で生涯最高位の6位を記録しました。
錦織選手は勝ってその日のうちに上海へ向かい、7番シードで参戦します。
でも、今週は試合感覚維持で十分だと思います。

現在ポイントは 現在点4435-失効点 90=基礎点4345 6位スタートです。

13日付け 5日現在  4345 6位  49勝10敗   4255 5位

消化ゲーム数 0   消化時間  0時間00分 (0)
勝ち残り 錦織選手より上位選手  5
錦織選手        1
錦織選手より下位選手  多数

レースランキング について

期末(Paris後)では、エントリーランキングと一致します。
その上位8人がLondonに参戦できます。
今年はParisまで混戦が続くことでしょう。
その時の順位の30位以内が年間シード選手になります。

現在点   4255
2回戦敗退 4265 (+10)  (Sock o Tomic)最高で5位があります。
3回戦敗退 4345 (+90)  (Dimitrov)最高で5位があります。
準々決勝  4435 (+180) (Federer)最高で5位があります。
準決勝  4615 (+360) (Djokovic)最高で5位があります。
準優勝  4945 (+600) (Nadal)最高で4位があります。
優勝   5345 (+1000) 最高で4位があります。

2週連続優勝が効いていて、緒戦敗退でも、下位者の準決勝まで順位キープです。
もし2回勝てば、計算上最悪7位ですが、下位者が2人も決勝進出は皆無でしょう。
つまり、2勝すればほぼ順位キープと言えます。
現在の錦織選手(4265)を次勝って超える選手 0
準決勝で超える選手 1 Cilic
決勝で超える選手 (割愛)

1 Djokovic 8,650 + 10  = 8660 △
2 Federer 7,020 + 10  = 7030 △
3 Nadal 6,735  + 10  = 6745 △
4 Wawrinka 4,795  + 10  = 4805 △
5 Nishikori 4,255 + 10  = 4265 △
6 Cilic 3,980  + 10  = 3990 △
7 Berdych 3,765  + 10  = 3775 △
8 Raonic 3,740  + 10  = 3750 △
9 Murray  3,565  + 10  = 3575 △
10 Ferrer 3,535  + 10  = 3545 △
11 Dimitrov 3,405 + 10  = 3415 △
12 Tsonga 2,650  + 0  = 2650 ○
13 Gulbis 2,445  + 10  = 2455 △

エントリーランキングについて

基礎点   4345

2回戦敗退 4355 (+10)  (Sock o Tomic)最高で6位があります。
3回戦敗退 4435 (+90)  (Dimitrov)最高で6位があります。
準々決勝  4525 (+180) (Federer)最高で5位があります。
準決勝  4705 (+360) (Djokovic)最高で4位があります。
準優勝  4945 (+600) (Nadal)最高で4位があります。
優勝   5345 (+1000) 最高で4位があります。

2週連続優勝が効いていて、こちらも緒戦敗退でも、下位者の準決勝進出まで順位キープです。
こちらも順位キープの可能性が高いと言えましょう。

現在の錦織選手(4345)を次勝って超える選手 0
準決勝で超える選手 1 Berdych
決勝で超える選手 (割愛)

1 Djokovic, Novak (SRB) 11,150  + 10  = 11160 △
2 Nadal, Rafael (ESP)  8,095   + 10  = 8105 △
3 Federer, Roger (SUI)  8,080  + 10  = 8090 △
4 Wawrinka, Stan (SUI) 5,375  + 10  = 5385 △
5 Ferrer, David (ESP)  4,405  + 10  = 4415 △
6 Nishikori, Kei (JPN)  4,345  + 10  = 4355 △
7 Berdych, Tomas (CZE) 4,145  + 10  = 4155 △
8 Cilic, Marin (CRO)  3,935  + 10  = 3945 △
9 Raonic, Milos (CAN)  3,875  + 10  = 3885 △
10 Dimitrov, Grigor (BUL) 3,700  + 10  = 3710 △
11 Murray, Andy (GBR)  3,545  + 10  = 3555 △
12 Tsonga, Jo-Wilfried (FRA) 2,705  + 0  = 2705 ○
13 Gulbis, Ernests (LAT)  2,455 + 10  = 2465 △

錦織選手の参戦予定(の想像)

※大会開始日、開催地、カテゴリー、ドロー数、エントリー状況の順です。

(GS:グランドスラム、MS:マスターズシリーズ、500:ATP500、
250:ATP250、DA:ダイレクトアクセプタンス)

アジア・年末
10.13 Moscow、Stockholm、Vienna 250 エントリーしていません。Parisのシード順
10.20 Valencia 500 32Draw DA 今年はBaselではありません。(現在シード#2)
10.27 Paris MS 56Draw DA (現在シード#6)
11.09 Finals London 8名

[参考] 2014.10.06  日本人ランキング
6 Nishikori    4,435
93 Ito       608
109 Soeda     541
149 Sugita     378
157 Moriya    351
159 Daniel     338
167 Nishioka    322
249 Uchiyama   192
335 Niki      133

24 件のコメント

  • ケイメヒコさん毎週ありがとうございます。
    ○回戦で最高△位というところの最高順位がいよいよ4位も入ってきたんですね。越えねばならない人数がもう片手の指で数える程ということを思うと、100位前後で足踏みしてた時を思えばとても感慨深く思います。
    これからも僕らの、いや世界のスターとして活躍してほしいですね。

    個人的な話で申し訳ないですが、彼の努力する姿は本当に勇気を与えてくれます。彼に負けないよう僕も夢に向かって頑張ります!

      引用  返信

  • 少し気の早い話ですが、バブリンカが来年の全豪で2000Pを失効を考えれば4位まではあがる気がします。
    そしたらロジャー、ラファ、ジョコのつぎに錦織の名が
    もはや異次元のステージですねww

      引用  返信

  • トップ5って文字みただけでも驚きなのに、4位の可能性ってもう異次元の世界が異次元ではなくなってきたんですね。
    すごすぎ!
    身体のケアが一番大事ですね。せっかくロンド行きの切符を手にしてもケガしてちゃ、いいプレーできないだろうし。バランスが難しいとこですが、疲労回復、怪我の予防につとめてほしいです。

      引用  返信

  • 13日付け 5日現在  4345 6位  49勝10敗   4255 5位

    消化ゲーム数 0   消化時間  0時間00分 (0)
    勝ち残り 錦織選手より上位選手  5
         錦織選手        1
         錦織選手より下位選手  多数

    現在点   4255
    2回戦敗退 4265 (+10)  対 Sock 最高で5位があります。
    3回戦敗退 4345 (+90)  (Dimitrov)最高で5位があります。
    準々決勝  4435 (+180) (Federer)最高で5位があります。
    準決勝  4615 (+360) (Djokovic)最高で5位があります。
    準優勝  4945 (+600) (Nadal)最高で4位があります。
    優勝   5345 (+1000) 最高で4位があります。

    現在の錦織選手(4265)を次勝って超える選手 0
        準決勝で超える選手 0
        決勝で超える選手 (割愛)

    1 Djokovic 8,650 + 10  = 8660 △
    2 Federer 7,020 + 10  = 7030 △
    3 Nadal 6,735  + 10  = 6745 △
    4 Wawrinka 4,795  + 10  = 4805 △
    5 Nishikori 4,255 + 10  = 4265 △
    6 Cilic  3990 ○
    7 Berdych 3,765  + 10  = 3775 △
    8 Raonic 3,740  + 10  = 3750 △
    9 Murray  3,565  + 10  = 3575 △
    10 Ferrer 3,535  + 10  = 3545 △
    11 Dimitrov 3,405 + 45  = 3450 △
    12 Tsonga 2,650  + 0  = 2650 ○
    13 Gulbis 2,445  + 10  = 2455 △

    エントリーランキング

    基礎点   4345
    2回戦敗退 4355 (+10)  対 Sock 最高で6位があります。
    3回戦敗退 4435 (+90)  (Dimitrov)最高で6位があります。
    準々決勝  4525 (+180) (Federer)最高で5位があります。
    準決勝  4705 (+360) (Djokovic)最高で4位があります。
    準優勝  4945 (+600) (Nadal)最高で4位があります。
    優勝   5345 (+1000) 最高で4位があります。

    2週連続優勝が効いていて、こちらも緒戦敗退でも、下位者の準決勝進出まで順位キープです。
    こちらも順位キープの可能性が高いと言えましょう。

    現在の錦織選手(4345)を次勝って超える選手 0
        準決勝で超える選手 1 Berdych
        決勝で超える選手 (割愛)

    1 Djokovic, Novak (SRB) 11,150  + 10  = 11160 △
    2 Nadal, Rafael (ESP)  8,095   + 10  = 8105 △
    3 Federer, Roger (SUI)  8,080  + 10  = 8090 △
    4 Wawrinka, Stan (SUI) 5,375  + 10  = 5385 △
    5 Ferrer, David (ESP)  4,405  + 10  = 4415 △
    6 Nishikori, Kei (JPN)  4,345  + 10  = 4355 △
    7 Berdych, Tomas (CZE) 4,145  + 10  = 4155 △
    8 Cilic, Marin (CRO)   3945 ○
    9 Raonic, Milos (CAN)  3,875  + 10  = 3885 △
    10 Dimitrov, Grigor (BUL) 3,700  + 45  = 3745 △
    11 Murray, Andy (GBR)  3,545  + 10  = 3555 △
    12 Tsonga, Jo-Wilfried (FRA) 2,705  + 0  = 2705 ○
    13 Gulbis, Ernests (LAT)  2,455 + 10  = 2465 △

      引用  返信

  • 最高で とは 上位選手がポイントゲットしなかったときの話です。
    日をおってこれは下がる可能性があります。

    先週から言ってますが、流す程度の姿勢で自分の位置確認のためにFedererと対戦して欲しい。

      引用  返信

  • 勘違いがあったら申し訳ありませんが、
    エントリーランキングの三回戦敗退時のポイントが90ではなく45で計算されてます^^;
    フェレールとの基礎点差が現在60なので、5位もあります!

    ですが、個人的には体の調子が良くなければリタイアしてでも、パリとロンドンに照準を合わせて欲しいです
    ロンドンで加点があれば来年のランキングはかなり有利になりますし、今の錦織さんならロンドンで2勝以上狙えると思うので(*^^*)

      引用  返信

  • 一言で申し訳ないですが

    やっぱ
    ジョコビッチ
    フェデラー
    ナダル
    ワウリンカ
    の次に錦織…

    感慨深いです

      引用  返信

  • ケイメヒコさん、いつも試算ありがとうございます。
    こんなの見つけたんですけど、準優勝で確定って本当でしょうか?
    怪我が怖いので無理してここで決めて欲しいとは思いませんが。

    news.tennis365.net/news/smartphone/today/201410/102082.html

      引用  返信

  • 上海は流してでも・・に賛成です!日本で優勝したんだもの!
    でも、今の圭くんは、流してでも勝ち進んでしまいそうで怖いです。。
    チャンコーチは帯同しているのかなぁ。。

      引用  返信

  • ケイメヒコ :
    最高で とは 上位選手がポイントゲットしなかったときの話です。
    日をおってこれは下がる可能性があります。
    先週から言ってますが、流す程度の姿勢で自分の位置確認のためにFedererと対戦して欲しい。

      引用  返信

  • 正直、日本のマスコミのテニスのニュースは、いい加減なものもまだ多いですよ。

    楽天優勝時に、単純に500ポイント加算して錦織はこのポイントになる。というひどい誤報を流したニュースもありましたし。

    まとまなニュースもありますが、正直まともなほうが珍しいぐらいのスタンスでいたほうがいいと思っています。

      引用  返信

  • しかし話は早いですが全豪でビック3が番狂わせで早期敗退となり錦織優勝なんてなったらトップ3入っちゃいますよね。
    現実あり得る。
    最近のテニスは何があるかわからない。
    もっともひと昔前はトップ5がグランドスラム初戦敗退なんてザラにありましたからね。
    妄想が膨らむ!!!

      引用  返信

  • “Next RDN”だなんて言われてましたけど、対Top10勝率とか見たら実際に対抗できるの錦織君だけですよね?確かにナダルとマレー(後はガスケとデルポ)には全敗ですけど、ラオ君なんかマレー以外はほぼ全敗ですもの。ホント「山は動いた」ですよ!

      引用  返信

  • Toshiさん、
    2Rさんも言う通り、マスコミは先走ったあおりの情報が多いです。

    昨日は3回喫茶店に行きました。MacBook Pro 17の日本語キーボードでは、どうもうまく文章を入力できません。SE/30の時から英語キーボードで使っていたので・・・本体のトラックパッドも使えない人なのです。マウスもトラックボールです。
    こんど家で使っているLogtec(日本ではロジクール)のワイヤレス入力機を持って行こうと思います。ロジテックだと思って買っちゃったんです。でもキーボードもトラックボールも使いやすいです。17インチ画面とは言え、画面が小さいのが、喫茶店では厳しいです。

    準優勝の600点を足したら4800点代になり、
    残り点数1700点の中をあと2人も下位者が越えることは難しいと想像できます。
    が、現時点でそれで確定という言葉は未だ使いたくありませんね。
    3人ではなく2人なのは、Cilicがこの調子なら9位以下に落ちる可能性が高いので、7位までに入って居る必要があると思います。8位の人は災難と思います。
    だからMurrayが二つのMSでどこまで点を伸ばせるかが今のわたしの興味です。
    残り3人で見ると確実さはズッと上がりますがね。
    彼は気がつくのが遅かった。

    上海は90点か180点で良しとして、
    ValenciaとParisに向けて準備の時とした方が良いと個人的には思います。
    でも、試合始まったら生来の勝ち気が黙ってないかもしれませんので・・・
    行くところまで行くなら応援するのみです。

      引用  返信

  • よいさん
    間違い計算のご指摘ありがろうございます。
    読んだとき、即、修正しましたが・・・
    そしてコメントしようとしたとき、ネットにつながらなくて連絡が今になってしまいました。
    喫茶店でも忘れてました。すみませんでした。

      引用  返信

  • ケイメヒコさん、まだまだネットの機嫌が良くならないんですね(。>д<)

    そんな大変な中、更新ありがとうございますO(≧∇≦)O

    錦鯉の関心MAX赤丸急上昇↑なのを察してくださり、本当に、感謝、感謝ですm(__)m

    圭の肉体と精神力がどこまで持つかは、現在確変中なので、正直誰にも予測不能では?(;゜∇゜)ヤバイ

    そうであれば、もう行けるところまで行ってもらうしかありません(σ≧▽≦)σ

    圭、どこまでもついていくからね!!!(///ω///)♪

    さんばでー、すとっぷ、みー!!!ヘ(≧▽≦ヘ)♪

      引用  返信

  • 7日のコメントです。      日本時間8日06:00

    トップシードは皆今日からです。
    錦織選手の試合は8日の第2試合です。

    現在、ATPがLondonへ出場を認定したのは順番にDjokovicとNadal、次にFedererの3人だけです。
    6000点突破でQの表示が出ました。今はその表示が無くなってますが・・・
    Wawrinkaは未だQの発表がありません。
    テニス365はテニス専門なのですからもっとしっかりしたこと書いて欲しいです。
    現時点で残り最大2750点あります。
    これだけ競っているので、またCilicがからむのでQの発表できるわけないと思います。

    家からです。いつまでもつかな。

    13日付け 7日現在  4345 6位  49勝10敗   4255 5位

    消化ゲーム数 0   消化時間  0時間00分 (0)
    勝ち残り 錦織選手より上位選手  5
         錦織選手        1
         錦織選手より下位選手  多数

    レースランキング

    現在点   4255
    2回戦敗退 4265 (+10)  対 Sock 最高で5位があります。
    3回戦敗退 4345 (+90)  (Dimitrov)最高で5位があります。
    準々決勝  4435 (+180) (Federer)最高で5位があります。
    準決勝  4615 (+360) (Djokovic)最高で5位があります。
    準優勝  4945 (+600) (Nadal)最高で4位があります。
    優勝   5345 (+1000) 最高で4位があります。

    現在の錦織選手(4265)を次勝って超える選手 0
        準決勝で超える選手 0
        決勝で超える選手  2 Berdych、Raonic
     準決勝時点で書こうと思ってましたが、調べてみると2人だけなので書きました。
     2人ともNadal山ですから、現在のところ最悪6位と言えます。楽天優勝は大きかった。

    1 Djokovic 8,650 + 10  = 8660 △
    2 Federer 7,020 + 10  = 7030 △
    3 Nadal 6,735  + 10  = 6745 △
    4 Wawrinka 4,795  + 10  = 4805 △
    5 Nishikori 4,255 + 10  = 4265 △
    6 Cilic  3990 ○
    7 Berdych 3,765  + 10  = 3775 △
    8 Raonic 3,740  + 10  = 3750 △
    9 Murray  3,565  + 45  = 3610 △
    10 Ferrer 3,535  + 10  = 3545 △
    11 Dimitrov 3,405 + 45  = 3450 △
    12 Tsonga 2,650  ○
    13 Gulbis 2,455  ○

    エントリーランキング

    基礎点   4345
    2回戦敗退 4355 (+10)  対 Sock 最高で6位があります。
    3回戦敗退 4390 (+90)  (Dimitrov)最高で6位があります。
    準々決勝  4525 (+180) (Federer)最高で5位があります。
    準決勝  4705 (+360) (Djokovic)最高で4位があります。
    準優勝  4945 (+600) (Nadal)最高で4位があります。
    優勝   5345 (+1000) 最高で4位があります。

    2週連続優勝が効いていて、こちらも緒戦敗退でも、下位者の準決勝進出まで順位キープです。
    こちらも順位キープの可能性が高いと言えましょう。

    現在の錦織選手(4345)を次勝って超える選手 0
        準決勝で超える選手 1 Berdych
        決勝で超える選手 (割愛)

    1 Djokovic, Novak (SRB) 11,150  + 10  = 11160 △
    2 Nadal, Rafael (ESP)  8,095   + 10  = 8105 △
    3 Federer, Roger (SUI)  8,080  + 10  = 8090 △
    4 Wawrinka, Stan (SUI) 5,375  + 10  = 5385 △
    5 Ferrer, David (ESP)  4,405  + 10  = 4415 △
    6 Nishikori, Kei (JPN)  4,345  + 10  = 4355 △
    7 Berdych, Tomas (CZE) 4,145  + 10  = 4155 △
    8 Cilic, Marin (CRO)   3945 ○
    9 Raonic, Milos (CAN)  3,875  + 10  = 3885 △
    10 Dimitrov, Grigor (BUL) 3,700  + 45  = 3745 △
    11 Murray, Andy (GBR)  3,545  + 10  = 3555 △
    12 Tsonga, Jo-Wilfried (FRA) 2,705  + 0  = 2705 ○
    13 Gulbis, Ernests (LAT)  2,455 + 10  = 2465 △

      引用  返信

  • 2Rさん、コメントありがとうございます。
    ケイメヒコさん、試算と合わせて、あらためてありがとうございます。

    テニス専門サイトの記事だったので、
    もしやと思ったのですが。。。

    このサイトの方が正確で情報が早いです。圭くんの公式サイト、ここ、あと何人かのコラム以外は見るのやめちゃおうかなあ。。。

      引用  返信

  • どの専門サイトかなんとなくわかりました。

    個人的にあそこはへぇ~、ふぅ~ん程度で見たほうがいいですよ。
    同じ記事の5位浮上の条件も、結果としてはあっていますが、そこまで考えてかかれているようには思えないのですが・・・。

      引用  返信

  • 毎回更新ご苦労様です。

    エントリーランキングの方なのですが、基礎点で錦織とWawrinkaとでは1000点以上差があります。
    なので、今大会の結果では、4位というのはないと思われるのですが。
    また、Ferrer初戦負け(10点)を想定すると、
    3回戦進出時点で5位がありうると思われます。

    私の計算間違いでなければ、訂正いただけるとよろしいのですが。

      引用  返信

  • 9日のコメントです。      日本時間10日0:10

    Murrayが負けてました。

    レースランキングで現状からの最大値を計算してみました。
    全員が同時に最大値を得ることはありませんが、各個人的にはあり得るのです。
    みんな参戦をしています。
    Berdych 3765+1000+160+410+1000=6335
    Ferrer     3535+1000+410+1000=5945
    錦織選手       4265+410+1000=5675
    Cilic      3990+160+410+1000=5560
    Raonic     3750+235+455+1000=5440
    Dimitrov    3450+160+410+1000=5020
    Murray          3655+1000=4655
    Gulbis     2455+160+410+1000=4025

    現在から各人が参戦大会を優勝した場合の最大値で超されるのは2人です。
    もし、錦織選手が2連勝した場合、超されるのはBerdychだけです。
    しかし、現状点では6人に超される可能性がありますので、未だ未だ確定ではありません。
    でも、6位維持できれば、Cilicが9位になっても可能性が高いと言えます。
    そのために、強敵が少ないValenciaのポイントがParisよりも大切です。
    Murrayが250、500大会にWCを得て追い込みをかけるかどうか???

    楽天凱旋優勝が意味的にも、ポイント的にもとても大きかったことが今から見ても言えると思います。
    同じ事がValenciaにも言える状態だと思います。

    13日付け 7日現在  4345 6位  49勝11敗   4265 5位

    消化ゲーム数 23   消化時間  1時間24分 (0)
    勝ち残り 錦織選手より上位選手  2
         錦織選手        0
         錦織選手より下位選手  6

    レースランキング

    現在点   4255
    2回戦敗退 4265 (+10)  対 Sock 最高で5位があります。

    現在の錦織選手(4265)を次勝って超える選手 0
        準決勝で超える選手 0
        決勝で超える選手  1 Berdych
        優勝で越える選手  1 Ferrer
     現在のところ最悪7位と言えます。楽天優勝は大きかった。

    1 Djokovic 8,650 +180  = 8830 △ 次準々決勝 対Ferrer
    2 Federer 7,020 +180  = 7200 △ 次準々決勝 対Benneteau
    3 Nadal 6,745  ○
    4 Wawrinka 4805  ○
    5 Nishikori 4,265  ○
    6 Cilic  3990  ○
    7 Berdych 3,765  +180  = 3945 △ 次準々決勝 対Simon
    8 Raonic 3,750  ○
    9 Ferrer 3,535  +180  = 3715 △ 次準々決勝 対Djokovic
    10 Murray  3,565 ○
    11 Dimitrov 3,450 ○
    12 Tsonga 2,650 ○
    13 Gulbis 2,455 ○

    エントリーランキング

    基礎点   4345
    2回戦敗退 4355 (+10)  対 Sock 最高で6位があります。

    2週連続優勝が効いていて、こちらも緒戦敗退でも、下位者の準決勝進出まで順位キープです。
     次Berdychが勝てば7位確定、負ければ6位キープ確定。
     こちらの順位は今となってはどうでも良いと言えます。
    現在の錦織選手(4355)を次勝って超える選手 1 Berdych
        準決勝で超える選手 1 Berdych
        優勝で超える選手 0

    1 Djokovic, Novak (SRB) 11,150  +180  = 11330 △
    2 Federer, Roger (SUI)  8,080  +180  = 8260 △
    3 Nadal, Rafael (ESP)  8105   ○
    4 Wawrinka, Stan (SUI) 5,385  ○
    5 Ferrer, David (ESP)  4,405  +180  = 4585 △
    6 Nishikori, Kei (JPN)  4,355  ○
    7 Berdych, Tomas (CZE) 4,145  +180  = 4235 △
    8 Cilic, Marin (CRO)   3945  ○
    9 Raonic, Milos (CAN)  3,885  ○
    10 Dimitrov, Grigor (BUL) 3,745  ○
    11 Murray, Andy (GBR)  3,635  ○
    12 Tsonga, Jo-Wilfried (FRA) 2,705 ○
    13 Gulbis, Ernests (LAT)  2,465 ○

      引用  返信

  • なーんと、マレーが負けてしまいました。残っているフェレール、ベルディヒは怖くありません。
    ケイメヒコさんがおっしゃるようにバレンシアで優勝なんてことになればファイナル決まりそうな気配ですよ。
    前にも言いましたが、なるべく多くエントリーして行けるとこまで行くチームの戦略は結果として当たってますね。

      引用  返信

  • 10日のコメントです。      日本時間11日08:25

    Berdych、Ferrerが負けてました。

    レースランキングで現状からの最大値を計算してみました。
    全員が同時に最大値を得ることはありませんが、各個人的にはあり得るのです。

    Wawrinka      4805+500+1000=6305
    錦織選手       4265+410+1000=5675
    Cilic      3990+160+410+1000=5560
    Berdych 3765+180+160+410+1000=5515
    Raonic     3750+235+455+1000=5440
    Ferrer     3535+180+410+1000=5125
    Dimitrov    3450+160+410+1000=5020
    Murray          3655+1000=4655
    Gulbis     2455+160+410+1000=4025

    現在から各人が参戦大会を優勝した場合の最大値で超されることはありません。
    しかし、現状点では6人に超される可能性がありますので、未だ未だ確定ではありません。
    でも、錦織選手が6位維持できれば、Cilicが9位になっても可能性が高いと言えます。
    そのために、強敵が少ないValenciaのポイントがParisよりも大切です。
    もし、言われる通りBerdychがValenciaにWC参戦しても2番シードです。
    Murrayが250、500大会にWCを得て追い込みをかけるかどうか???

    楽天凱旋優勝が意味的にも、ポイント的にもとても大きかったことが今から見ても言えると思います。
    同じ事がValenciaにも言える状態だと思います。

    13日付け 7日現在  4345 6位  49勝11敗   4265 5位

    消化ゲーム数 23   消化時間  1時間24分 (0)
    勝ち残り 錦織選手より上位選手  2
         錦織選手        0
         錦織選手より下位選手  2

    レースランキング

    現在点   4255
    2回戦敗退 4265 (+10)  位です。

    現在の錦織選手(4265)を次勝って超える選手 0
        優勝で越える選手  0
     5位です。楽天優勝は大きかった。

    1 Djokovic 8,650 +180  = 8830 △ 次準々決勝 対Ferrer
    2 Federer 7,020 +180  = 7200 △ 次準々決勝 対Benneteau
    3 Nadal 6,745  ○
    4 Wawrinka 4805  ○
    5 Nishikori 4,265  ○
    6 Cilic  3990  ○
    7 Berdych 3945  ○
    8 Raonic 3,750  ○
    9 Ferrer 3,715  ○
    10 Murray  3,565 ○
    11 Dimitrov 3,450 ○
    12 Tsonga 2,650 ○
    13 Gulbis 2,455 ○

    エントリーランキング

    基礎点   4345
    2回戦敗退 4355 (+10)  対 Sock 最高で6位があります。

    2週連続優勝が効いていて、こちらも緒戦敗退でも、下位者の準決勝進出まで順位キープです。
     次Berdychが勝てば7位確定、負ければ6位キープ確定。
     こちらの順位は今となってはどうでも良いと言えます。
    現在の錦織選手(4355)を次勝って超える選手 1 Berdych
        準決勝で超える選手 1 Berdych
        優勝で超える選手 0

    1 Djokovic, Novak (SRB) 11,150  +180  = 11330 △
    2 Federer, Roger (SUI)  8,080  +180  = 8260 △
    3 Nadal, Rafael (ESP)  8105   ○
    4 Wawrinka, Stan (SUI) 5,385  ○
    5 Ferrer, David (ESP)  4,585  ○
    6 Nishikori, Kei (JPN)  4,355  ○
    7 Berdych, Tomas (CZE) 4,235  ○
    8 Cilic, Marin (CRO)   3945  ○
    9 Raonic, Milos (CAN)  3,885  ○
    10 Dimitrov, Grigor (BUL) 3,745  ○
    11 Murray, Andy (GBR)  3,635  ○
    12 Tsonga, Jo-Wilfried (FRA) 2,705 ○
    13 Gulbis, Ernests (LAT)  2,465 ○

      引用  返信

  • 11日のコメントです。      日本時間12日10:25

    北京の決勝は Federer vs Simonになりました。

    全員が同時に最大値を得ることはありませんが、各個人的にはあり得るのです。

    Wawrinka      4805+500+1000=6305
    錦織選手       4265+410+1000=5675
    Cilic      3990+160+410+1000=5560
    Berdych    3945+160+350+1000=5455
    Raonic     3750+235+455+1000=5440
    Murray     3655+230+480+1000=5365
    Ferrer     3715+160+410+1000=5125
    Dimitrov    3450+160+410+1000=5020 
    Gulbis     2455+160+410+1000=4025 ×

    現在から各人が参戦大会を優勝した場合の最大値で超されることはありません。
    しかし、現状点では6人に超される可能性がありますので、未だ未だ確定ではありません。
    でも、錦織選手が6位維持できれば、Cilicが9位になっても可能性が高いと言えます。
    もし、言われる通りBerdychがValenciaにWC参戦しても2番シードです。

    錦織選手が準々決勝止まりの場合に各選手が越える条件
    各選手が2連勝後Parisまでに越える条件
    錦織選手       4265+0=4265 Valencia準々決勝止まり
            Valencia準決勝=4355 Valencia準優勝=4475 Valencia優勝=4675

    Cilic      3990+160+410=4560 ○ Moscow優勝とValencia優勝 2連勝
            3990+160+210=4360 ○ Moscow優勝とValencia準優勝
            3990+0+410=4400  ○ Valencia優勝
    Berdych    3945+160+350=4455 ○ Stockholm優勝とValencia優勝 2連勝
            3945+60+350=4355 ○ Stockholm準優勝とValencia優勝
            3945+160+150=4255 × Stockholm優勝とValencia準優勝
            3945+0+350=4295 ○ Valencia優勝必須
    Raonic     3750+235+455=4440 ○ Moscow優勝+Basel優勝 2連勝
            3750+75+455=4280 ○ Moscow準決勝+Basel優勝必須
            3750+235+255=4240 × (Moscow優勝+ Basel準優勝は×)
    Ferrer     3715+160++410=4285 ○ Vienna優勝+Valencia優勝 2連勝のみ
    Ferrer     3715+160++410=4085 × (優勝+準優勝は×)
    Murray     3655+230+480=4365 ○ Vienna優勝+(Valencia o Basel)優勝 2連勝のみ
    Murray     3655+230+280=4265 × (優勝+準優勝は×)
    Dimitrov    3450+160+410=4020 × (2連勝しても×)
    Gulbis     2455+160+410=3025 × (2連勝しても×)

    錦織選手がValenciaで決勝進出をすると超されるのはCilicの2連勝にのみに超されます。
    Valenciaは決勝進出したいですね。その場合最悪6位です。
    Cilicに勝って優勝すれば5位キープです。全米のリベンジして欲しい。
    決勝が対他の人の場合、その時点で5位キープです。

    13日付け 7日現在  4345 6位  49勝11敗   4265 5位

    消化ゲーム数 23   消化時間  1時間24分 (0)
    勝ち残り 錦織選手より上位選手  1
         錦織選手        0
         錦織選手より下位選手  1

    レースランキング

    現在点   4255
    2回戦敗退 4265 (+10)  5位です。

    現在の錦織選手(4265)を次勝って超える選手 0
        優勝で越える選手  0
     5位です。楽天優勝は大きかった。

    1 Djokovic 9010 ○
    2 Federer 7,020 +600  = 7620 △ 次決勝 対Simon
    3 Nadal 6,745  ○
    4 Wawrinka 4805  ○
    5 Nishikori 4,265  ○
    6 Cilic  3990  ○
    7 Berdych 3945  ○
    8 Raonic 3,750  ○
    9 Ferrer 3,715  ○
    10 Murray  3,565 ○

    エントリーランキング

    基礎点   4345
    2回戦敗退 4355 (+10)  対 Sock 6位です。

    現在の錦織選手(4355)を次勝って超える選手 0
        優勝で超える選手 0

    1 Djokovic, Novak (SRB) 11,510  ○
    2 Federer, Roger (SUI)  8,080  +600  = 8680 △
    3 Nadal, Rafael (ESP)  8105   ○
    4 Wawrinka, Stan (SUI) 5,385  ○
    5 Ferrer, David (ESP)  4,585  ○
    6 Nishikori, Kei (JPN)  4,355  ○
    7 Berdych, Tomas (CZE) 4,235  ○
    8 Cilic, Marin (CRO)   3945  ○
    9 Raonic, Milos (CAN)  3,885  ○
    10 Dimitrov, Grigor (BUL) 3,745  ○
    11 Murray, Andy (GBR)  3,635  ○

      引用  返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください