錦織圭、トップ10プレイヤーの仲間入り!(2014マドリッド準々決勝)

2014 Madrid Masters 1000
Quarterfinals
Kei Nishikori[10] def. Feliciano Lopez, 6-4,6-4

hanaji_maru
鼻血出た・・・トップ10!!

注)この顔は私に似ていません・・・。以前の鼻血イラストが不評だったのでWeb上の作成ツールで作ってみたのですが・・・ダメですね。だれかいい鼻血画像作ってくださいw

錦織がついにやりました。悲願のトップ10達成!長年応援してきた身としては感無量です。本人、勝利後インタビューを見る限り極めてクールで、単なる通過点にしか思ってない感じなのもまた良い。勝手に一人で感動しています。

「すごいジュニアがいる」という話は知る人ぞ知っていました。2006年に全仏ジュニアのダブルスを優勝すると知名度が上昇し、「こいつは今までの日本人とはモノが違うのではないか?」と思う人も増えました。私もその一人です。
しかし当時の極めて一般的な予想は、「100位に入ってくれるかな?いや50位くらいかな?」程度のものだったと思います。それくらい、世界の壁は高かったのです。

その2年後、2008年に18歳でデルレイビーチを優勝すると、テニスファン以外にも知られる存在となりました。18歳でのツアー優勝はヒューイット(1998年、16歳)以降では最年少の記録で、世界からも注目されました。
期待は高まり、「将来はトップ10」「いや世界一を目指せる」という声も聞かれるようになりました。
しかし古くからのテニスファンは、その目標がいかに高いものかよく知っていました。トップ10や世界一を目指せる素材なのは当時から間違いありませんでしたが、実際にそれを達成した人がどのくらいいるのか?ポテンシャルがあることと、実際にそれを達成することの間には大きな大きな隔たりがあるものです。

2008年当時、私が「錦織にはこのくらい強くなってほしいな・・・」と思える強さは、実は2012年頃には実現していたように思えます。常に2012年レベルの力を発揮し、時々「確変」して10位に入る・・・そのくらいの強さを身につけて欲しいという願望は、2008年にはそれでも高望みのように思えました。

もちろんそれ以上に強くなる可能性もあると思っていました、世界一の可能性も。しかし同時に、50位前後で低迷することすら可能性としてあり得たとも思います。錦織くらいの才能を持ってしてもそういうことがあり得るのが、この世界です。

そんな厳しいプロの世界を、時には故障しラケットを握ることすらできず、時にはプレッシャーによる壁にぶつかり、もがきながらも順調に錦織は強くなってきました。私の想像以上に。
2008デルレイも、2008USオープンも、2012楽天も、フェデラーやジョコビッチからの勝利も、そして今回の快進撃も、錦織は常に私の予想を超え、予想より早く実現させてきました。
トップ10に入ったことで一つ、大きな目標は達成できたと思いますが、それでいてまだ伸び代が大いに残されており、これからもっと大きな夢を見させてくれるのではないかと胸の高鳴りを抑えられないのは、きっと私だけではないことでしょう。

こんな選手が自分の国から出てきたこと自体が奇跡ですし、さらにテニスのプレースタイルがこれほどエキサイティングで、逆転王だったり、エアケイのような必殺技を持っていたり、コートを離れれば天然だったりwして、きっと錦織が日本人でなくても大ファンになっていたことでしょう。

少なくとも東京オリンピックは目指すと思いますし、まだこんな楽しみを何年も味わうことができることに、この時代に生まれたことにテニスファンとして感謝して、このブログも末永く(細々と)頑張って行きたいと気持ちを新たにした次第です。

試合の感想忘れてたw

長文になってしまいましたし、次の記事で準決勝の展望と合わせて書きましょうか。腰や股関節の状態の気になることですし・・・。

130 件のコメント

  • ルール内で勝利の為に貪欲にやることは私も否定しません。ただ、錦織選手の場合は試合のなかで相手の弱点や不調なところを攻略していく天才だと思います。また、2008年全米のフェレール選手との戦いで見せた、バックのハイボレーのわざとスルーや不利なセットをわざと落として?体力の温存をはかったりとかの勝負所を嗅ぎ分ける嗅覚も優れていると思います。十分に駆け引き出来る能力の持ち主だと思います。
    怪我の演技とかは錦織選手には似合わないというか、無理だと思います。余分なことに頭を使わずに王道テニスを磨いていけば十分だと思います。

    私が大好きだった金子英樹選手のような技巧派タイプといいますか、ハートも強く、図太い選手が死んだふり作戦か?と思わせるような展開は面白かったですが・・・タイプによりにけりですねm(__)m

      引用  返信

  • 圭くんのSF進出、そして、トップ10の確保、
      素晴らしいことだと思います。
        皆様と喜びを共有できることは、幸せです。

    そうした中で恐縮ですが
     それにしても、根拠も無く、勝利した人を貶めるようなコメントが
       まれとはいえ出没するのはどこでもおなじですね・・・
         根拠の無いそうした憶測を「邪推」というのですから
           古来から有ることでもありますが。
         そうしたコメントに匿名に隠れての
           その人の人間性が出てしまうのでしょうか・・・
     

      引用  返信

  • >    根拠の無いそうした憶測を「邪推」というのですから
           古来から有ることでもありますが。
         そうしたコメントに匿名に隠れての
           その人の人間性が出てしまうのでしょうか・・・

    こういう、そのコメントを書いた人を煽る(人間性の否定とも取れる)ような文章はやめた方がいいかと。
    ここはあくまで応援掲示板で、言い合いをする場ではないですしね!
    いや、しかし準決勝がとても楽しみです!
    また強い圭を見たくて仕方ありません!バモス!

      引用  返信

  • 竜馬VS杉田の全日本決勝……じゃなくて韓国チャレンジャー準決勝は杉田の途中リタイアにより竜馬勝利。
    決勝に勝つと添田を抜いて日本No.2となりますが、相手は怒濤の連勝中のミュラー。こちらも応援しましょう。

      引用  返信

  • いつも拝見させていただいてますが、初コメです。
    トップ10入りおめでとうございます!!今年は大きな渦が巻き起こり始めてますが、その中心人物の一人ですね!
    錦織くんは日本人選手というのを抜きにしてもプレースタイルがとても好きです。それが日本人だなんで最高に誇りです!
    ずっと我慢してたんですが、WOWOWとGAORA契約しました。
    これで皆さんと一緒に応援できます。引き続き本ブログの更新も楽しみにしています、宜しくお願いします。

      引用  返信

  • 島根県出身のものです
    錦織さん、本当に強くて素晴らしい!
    TOP10まぶしすぎる!!
    錦織さんのおかげで毎日が幸せです

      引用  返信

  • 錦織ー錦織ー錦織ー錦織ー錦織ー錦織ー錦織ー錦織ー錦織ー錦織ー錦織ー錦織ー錦織ー錦織ー錦織ー錦織ー錦織ー錦織ー錦織ー錦織ー錦織ー錦織ー錦織ー錦織ー錦織ー錦織ー錦織ー錦織ー錦織ー錦織ー錦織ー錦織ー錦織ー錦織ー錦織ー錦織ー錦織ー錦織ー錦織ー錦織ー錦織ー錦織ー錦織ー錦織ー錦織ー錦織ー錦織ー錦織ー錦織ー錦織ー錦織ー錦織ー錦織ー錦織ー
    やったー

      引用  返信

  • マスターズ1000でベスト4がスペイン勢になるのは、史上初だったらしいですね!

    結果的に、それを阻止した錦織くん!
    そう言う意味でも凄いなぁと思います。

      引用  返信

  • 初めて書き込みさせていただきます。
    こちらには本当にお世話になっていて、サーバーに負荷をおかけしている一人です(^^;)
    いつもありがとうございます!

    圭くんのTOP10入り、怒濤の快進撃であっという間。
    こんなに嬉しいことはありません。
    本日日経新聞夕刊の記事には
    「ちょっと腰に痛みがあったが、リタイアを考えるほどではなかった。大丈夫だとは思う」とのコメントが。
    体は心配ですが、圭くんとチームを信じて全力応援したいと思います!
    頑張れ圭くん!

      引用  返信

  • 久しぶりに修造さんのブログを読みました。
    バルセロナ決勝の話ですが「まだ痛みがある中完璧な動きにみえた」と書かれています。
    バルセロナの時点で「まだ痛い」ということは、今までも今もずーっと「痛い」のでしょうね。
    体力と頑丈な身体。一朝一夕では得られない最大のもの。錦織選手の安寧を祈るのみ

      引用  返信

  • TOP10&マスターズBEST4おめでとうございます!(^^)!
    フェレールとは、あの全米の初対戦から3勝3敗で明日を迎えますね。
    あれからず~とTOPに居続けているフェレールと、今戦えるのは運命でしょうか。
    ここからまた圭くんのテニス人生の新しいステージが始まるのですから!

    今日は仕事だったので、さすがに飲めなかったのですが、バルセロナの初戦からずっとスペインワインを飲みながら応援しています。
    これから仮眠してワインで応援だ~!圭くんもスペインを飲んじゃってね(#^.^#)
    ・・でもくれぐれも無理はしないでほしいです(^^;)

      引用  返信

  • トップ10入り!!遅いような、あっという間のような。今年に入ってからの錦織くんはスゴイですね。コーチにMichaelを迎えての結果でしょうね。GSの優勝もみえてきましたね。ガオラ放送みられない私はもっぱら携帯のテニスTVでの観戦です

      引用  返信

  • TOP10おめでとう!
    2008年にデルレイでの圭くんのテニスのとりこになってから6年。
    いろんなことがあったけど、あっと言う間のような感じもします。

    速くて巧くて強い強いテニス。
    あ~、心から嬉しく思います。

    まだ通過点で目標はもっともっと高いところにある。
    これからも応援の楽しみは尽きないです。

    身体をいたわりつつ、さらなる高みに向かい歩いて行ってほしい。

      引用  返信

  • ムンママさんのおっしゃる通過点、同意です。
    トップ10を成し遂げた選手に通過点の言葉、ある意味最高の賛辞と思います。
    2010年、全米オープンの予選で彼を見ました。あれから大変な道のりではありましたが、今や堂々のトッププレイヤー、でもゴ
    ールはまだ先です。
    簡単ではないですが、一ファンとして、ブレずに声援を送りたいと思います。

      引用  返信

  • フェレール戦のOddsを出したので、対戦基本情報を更新します。

    --------------------------------------
     マドリッド準決勝 vs.ダビド・フェレール 対戦情報

     Mutua Madrid Open(ATP1000)
     [Surface:Red Clay, Draw Size:S-56]

     Semifinal

    対戦相手:Ferrer, David (ESP) 5位 32才
    キャリアハイ3位(08.07.2013)
    レースRKは現在7位(圭は6位)
    ・今期の優勝は2月のブエノスアイレス(ATP250,Clay)のみ
    ・モンテカルロではNadal(1位)他破りベスト4入りするもWawrinka(3位)には
     1-6,6-7のストレート負け。
    ・バルセロナは初戦(2R)でGabashvili(55位)に4-6,2-6負け。
    ・本大会ではRamos(115位)に7-6,5-7,6-3、Isner(10位)には6-4,6-4、Gulbis(20位)には
     7-6,6-3での勝ち上がり。
    ・マイアミ以降の公式戦成績は6勝2敗(圭は9勝0敗)

    対戦成績
     3勝(2008全米3R、2012ロンドン五輪3R、2014マイアミ4R:7-6,2-6,7-6)
     3敗(2011東京1R、2013全豪4R、2013マイアミ4R:4-6,2-6)

    試合日時
     現地時間:5月10日(土) 19:00開始 [Manolo Santana]
    (日本時間:5月11日(日) 2:00開始)

     
    天候予報:晴れ

    生観戦手段
    ・ATPの公式ライブスコア
    ・Tennis TVによるライブストリーミング(有料)
    GAORAによる生中継予定

    勝利獲得Pt:240pt(今大会600pt、5/12付2860pt:9位確定)+鼻血賞

    Odds:やや圭が劣勢。
     bookmaker平均値:Ferrer1.52 vs.圭2.53
    --------------------------------------

      引用  返信

  • 今日は圭君のおかげで、うれしすぎる一日となりました。うれしくて、一日中ネサフで圭君の情報収集してました。いろんな方の感想を読んで、改めて大きなことを成し遂げたと思います。ファン歴は2年ほどですが、この時を待っていました。これで、一流選手から、超一流選手の仲間入りをしたんだと実感・・しかし、圭君はまだ、上を見据えている。私たちに夢と勇気を与えてくれる錦織選手が、これからも自分のプレーができるようにただただ応援していきたいです。

      引用  返信

  • 団長!!(=´∀`)人(´∀`=)
    全く同感!
    圭くんは、私の想像を、いつも超えていく〜!

      引用  返信

  • 団長の感慨、よく分かります。
    私も、錦織選手がジュニアのヨーロッパ遠征に行った記事をテニス雑誌で読んでから、「他の選手とは、違うのかなー」くらいの感じで注目してました。
    今の錦織選手は、当時の私の期待度をもう十分に超えていますが、もっと期待して、、、きっといいんですよね?
    私は信心深い人間ではありませんが、神様(八百万の神でも、唯一神でもなんでもいいです)、錦織選手にGS2週間の戦いに耐える身体をお与え下さいm(_ _)m

      引用  返信

  • 団長!
    素敵な素晴らしい記事ありがとうございます。
    そして改めておめでとうございます!

      引用  返信

  • TOP10入り!圭くん、だんちょ、おめでとうございます!!
    もうもう、感無量です。
    デルレイ以後の次のツアー1勝がいつになるか、と、だんちょとやりとりしたのは、遠い昔のことみたいです。
    maruさん、ムンママさんの書かれたとおり、これはまだ通過点。
    この先、圭くんは私たちをどこに連れて行ってくれるのかしら?
    みなで一緒に、わくわくして応援しましょうね!

      引用  返信

  • 圭君、皆さんおめでとうございます。朝日新聞も夕刊一面です。

      引用  返信

  • 圭君、TOP10インおめでとうございます。

    よくやりましたね~ロペス戦ではやや苦戦をするも、BPでの
    集中は素晴らしかったですね~

    いつかKeiはTOP10に入ってくるだろうって言われながら、なかなか叶わぬ長い間を
    経て、何度が怪我に見舞われ、それでも不屈の精神で戦ってきた錦織選手!

    Madoridマスターズベスト4だけでも素晴らしいのに、TOP10確定のおまけ
    までつけての快挙に言葉がでません。嬉しいです。

    強くて、上手くて、Air-Keiまで見せてくれて、圭君のテニスに魅せられた一人です。

      引用  返信

  • トップ10 トップ10 トップ10
    夢にまでみたトップ10なのに、なぜか特別な感慨もないのはなぜ?と思っていましたが。。。

    ここへきてわかりました。

    トップ10は単なる通過点だからなんだという、とってもシンプルな答

    ありがとうございます

    まだまだいくよ~~!!!!

      引用  返信

  • 日本人初のトップ10というより、過酷なベスト18システムの下でアジア、オセアニア勢で初のトップ10入り!この偉業は永遠に讃えられて当然のものです。錦織選手にとっては通過点にすぎませんが・・・この価値が理解出来る日本人は少ないでしょうね(>_<)

      引用  返信

  • 良くここまで来ましたね。わたしが錦織圭の名前を初めて耳にしたのは女子の活躍を楽しみに見ていた時のことでした。解説者が、ジュニアの錦織のことを「で、錦織はどうなった?」「負けました」と言うのが聞こえちょと「えって」感じで耳に残りました。その後2007年のAIGオープンの開始前の日曜日の無料入場券が希望すればもらえるというのでネットで応募して錦織とフェレールの練習を見に行ったのが生錦織を見た初めてでした。試合は負けましたがとても印象に残りその日からネットで追っかけが始まりtalk tennisのvery impressed by Nishikori のトピックを見つけ一年以内の100位入りを予想する意見を見つけ大興奮、あとはできるかぎりネットの追っかけをしてこのサイトにも出会いました。怪我で出られなかった一年の間記事を書き続けただんちょは凄かったです。そのごのチャレンジャーでの応援からこっちはあっという間でした。いつも期待を超える夢のようなスーパーヒーローです。圭君トップ10おめでとう。圭君の夢「No.1」の実現を皆さんとご一緒に応援していきたいと思います。

      引用  返信

  • おめでとうございます。
    鬼軍曹チャンコーチによる、自信の植え付けに成功した事が大きいのではないかとおもいました。メンタル面の強化が効いているようにみえました。

      引用  返信

  • 団長さん、鼻血より、涙が出てとまりません。本当に、本当に、よくここまで来てくれましたね。
    このブログのお陰で、感激も一入です。
    今、圭さんは、マドリッドのセミファイナルのコートで闘っています。棄してもいいよ、というファンの悲鳴を欺いて、本当に凄い人です。
    ずっと観て行きたい。応援し続けます。誇りです。

      引用  返信

  • はじめての書き込みです。ただ本当にうれしくて、なによりクレーコートシーズンで達成してくれたのが更に嬉しい。

      引用  返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

     テニスを愛する理系人間。よく理屈っぽいと言われる。  プレースタイルはサーブアンドボレー、というよりサーブ。ストロークは弱い。  2008年2月15日に本ブログを開設。その数日後に錦織圭はあのデルレイビーチ優勝を成し遂げる。  錦織圭の存在を知ったのは2004年。その後2006年全仏ジュニアベスト8で再注目。2007年のプロデビュー(AIGオープン)で錦織の試合を初観戦。その後の活躍を確信し、今に至る。