約3年ぶりの優勝の味は格別!(2019ブリスベン決勝 vs. メドベージェフ レビュー)

2019 Brisbane (ATP 250)
Final
Kei Nishikori[2] def. Daniil Medvedev[4], 6-4,3-6,6-2

Embed from Getty Images
やりました、3年ぶりの優勝!!

メドベージェフ、やっぱり強かった!!

2ndセットを嫌な形で落とし、プレーの質もややダウン。
しかし粘ってキープをすると、再び自分を鼓舞してブレイク! 拳を握り、吠えまくって欲しくて欲しくてなかなか手の届かなかった優勝を、自分の力でもぎ取りました!

昨年の全米以降、優勝できるだけのプレーを続けていました。楽天に負けたとき、「大丈夫、近いうちに必ず錦織は優勝します。」と言いました。
これは予言でも何でもなく、錦織の実力に対する当然の評価です。

決勝の連敗を止め、メドベージェフにリベンジし、全豪の前哨戦として最高の結果を得ることができました。
それ以上に、4試合全部、テニスの内容を揃えたのが嬉しいですね。

今日は、過去3試合と比べたらミスも多かったですし、まずい試合運びの時間帯もあった。決勝のプレッシャーもあったことでしょう。
メドベージェフのコートカバーが非常に良いのでネットプレーもあまり出せなかった。

しかしやっぱりファイナルセットの立て直し、あれはすっごいですよ。もんのすっごい。
疲れてきたかな?と思ってから3ブレイクですからね。
メドベージェフがパワープレーに頼るしか術がなくなりましたから。

コメント沢山来ているので一旦切ります。
この後試合内容を振り返ります。

試合のおさらい

1stセット

序盤は硬さがあった錦織圭。最初の3ゲームでエラーがすでに10本。メドベージェフの低く速い球質に苦労しているようでした。加えてメドベージェフはディフェンス力も高く、錦織の攻め球にもきっちり追いつき返してきます。
錦織は得意のバックハンドでネットのミスを重ねてしまい、0-3になってしまいました。

流れを変えたのはサーブ。3連続で2ndサーブになってしまい、15-30と危ないカウント。ここから2本連続でサービスポイントを取り、息を吹き返しました。
するとメドベージェフの2ndサーブを攻略し、2連続でブレイク。3-3からの回り込みフォアリターンはものすごい角度が付き、コートに突き刺さりました!(痺れた)

リードを奪うと畳みかけて突き放すのが錦織。サーブのプレースメントが上がり、序盤にミスの目立ったバックもいつの間にか修正して、最後はラブゲームでセットを締めます。

2ndセット

2ndサーブのコースを読まれ、リターンから攻められたメドベージェフは、パワー勝負に切り替えて来ました。
2ndサーブも思い切り打ってきて、ストロークでも強打、強打。
当然、ミスも増えます。
ムキになって打っているように見えました。

となると、冷静にプレーしている錦織の方に分があるかな? と思ったのですが、なかなかチャンスを取り切れず。
すると、メドベージェフが落ち着きを取り戻してしまいました。メドベージェフのボールに深さと伸びが戻り、錦織は第8ゲームをブレイクされてしまいます。

ずっと錦織に流れが来ていただけに、嫌な形でセットを落としてしまいました。

ファイナルセット

サーブとストロークの精度が落ちてきた錦織、得意のはずのバックDTLは大きくサイドアウトし、150km/h台の1stサーブも入らなくなってしまいました。
疲れが出たようでした。

1-1で0-30のピンチを迎えましたが、ここからの立て直しが凄かった。
「もう決勝での敗戦はイヤだ」という意地を見ました。

ここからグッと攻撃性が増し、フォアの振り上げ系ショットが減りました。
ほんと、あからさまに変わりますけどどういう気持ちの切り替えをしてるんでしょう?

この辺りの数ゲームはフォアでポイントを取り波に乗りました。
するとメドベージェフの気力が落ち、それを錦織が見逃さず今度はバックのリターンでリードを広げます。2ブレイクアップ。

1ブレイク返されてしまいますが、2ブレイクしておいたことが効いた。
最後は1stセット同様、一気にポイントを重ねて力強く優勝をもぎ取りました!

試合内容の分析

良くない時間帯はありましたが、とにかく崩れませんでした。
メドベージェフはウィナーをなかなか取らせてくれない。
打っても打ってもいい球が返ってくるので、相当にイライラしたと思いますが覚悟は出来ていましたね。
ジョコビッチに鍛えてもらったおかげもあるかもw

意識してメドベージェフのフォアにボールを回していました。
プレビュー記事で指摘した通り、脇が開くフォームなのでバックと比べると精度が落ちます。
しかし弱点というほどではなく、いい球も沢山来るので大変でした。

例の「右端から打つワイドサーブ」も3回披露しましたが、錦織は全て返球しました。
この作戦は悪手だと思います。ワイド狙いがバレバレですし、逆を突いてセンターに打ったところで、リターナーにボールが近づいていくので返球は可能です。

2ndサーブのコースもデータ通りで、アドサイドはほぼバック側でした。
錦織がそれを読んで重要なポイントでリターンエースを奪いました。

ネットプレーに関しては、メドベージェフのコートカバーが良いので錦織は慎重になっていましたね。
一度、フォアを打って前に出ようとして、メドベージェフの態勢を見て出るのをやめたポイントがあったんですが、すごい判断力だと思いました。

お互いにコートを広く使い、走りながらのショットが多い試合でした。
楽天のときと比べるとミスが多かったメドベージェフでしたが、実力は存分に発揮してくれたと思います。強いです。

ただ、思ったよりムキになるタイプなのかな?と思って意外でした。
一番イヤなのは、攻め球を淡々と返してきて、それがいちいち深いこと。
ムキになって力勝負をしてくれた方が嬉しいです。ミスが増えますから。
次回以降の対戦に向け、大きなヒントを得た感じがします。

218 件のコメント

  • 昨日のNHKニュース7で全豪優勝と色紙に書いてくれました。
    私にできる応援の気持ちをだじゃれに込めて

    1回戦火曜日 

    カミル マイクシャク
    火(曜日)ミルメーク(で)酌

    ミルメーク:牛乳に混ぜる粉の飲み物です。
    苦しい!

      引用  返信

  • 全豪ぜってーカツ!
    飲み物がマイクシャク→マックシェイクとすれば、カツ系バーガーはフィレオフィッシュあたり?
    朝からカロリー高い?

      引用  返信

  • 出遅れましたがマレーに関してはテニスに関してもですけれど彼の発言も彼の人柄が現れてますね
    キリオスの言動に批判が殺到してた時に真っ先に擁護したのもマレーだし、スコットランドの独立に対しての発言やらテニスでの男女差別に対しての発言は常に注目してました
    非常にリベラルな人ですよね
    人として大好きでした
    実はマレーのお母様も大好きなんですが試合中にマレーを見つめる姿がとても好きでした
    マレーは引退してもとっても素敵で充実した生活をおくるでしょう
    お疲れ様と言いたいです

      引用  返信

  • 赤黄色さん、錦織選手の試合情報ありがとうございます。
    火曜の朝9時ですね!!
    ただ、マレーショックが想像以上に大きくて。なかなか受け入れる心の整理がつかないままで。。
    でも、マイクシャク戦の応援フード、ゼッテー勝つ!!フードですね。これから考えてみようと思います!

    今はマレーとの激闘の試合を振り返って見たり(2016 デ杯とか)、マレーらしい言動(けんじさんと同じくキリオスへの発言等)やファニーな姿(クリスマスセーター姿とか)を思い出して見たり。
    ファンでしたが、錦織選手のプレースタイルを投影しているところも有り親近感が半端ないです。
    マレーを苦しめている痛みが少しでも早くとれて行く事をお祈りしています。

      引用  返信

  • マレー選手引退については動画も見ましたし、記事も色々読みました。コメントも書こうと色々努力しましたが、頭では理解していてもどうしても感情が追いつきません。私はロジャーさまファンですが、2012、2013年限定でウィンブルドンはマレー選手応援でした。イギリスに住んだ経験のあるものにとって、ウィンブルドンで英国人が優勝することは夢のような出来事でした。姉は家族でロンドンオリンピック観戦に行きましたが、テニスのチケットは取れず、決勝戦はお友達の家でみんなでユニオンジャック振ってマレー選手の応援していたそうです。

    今は彼の試合全て全力応援するだけです。

      引用  返信

  • 質問です。メルボルンアレーナのナイトセッションはグラウンドチケットで入れますか?

      引用  返信

  • ケイ命さん
    メルボルンアリーナは、以前ハイセンスアリーナという名称だったコートですね。
    一部指定席はありますが、大半は自由席で、Ground passを持っていれば(あるいはロッドレーバー、マーガレットコート・アリーナのチケットを持っていれば)入場できるはずです。

    自由席なので先着順。11時からの第1試合なら、開場後早めに入ればよく、席取りは難しくはありません(第1週の錦織選手の試合はよくこの時間帯に組まれていました)。
    しかし2試合目以降で地元選手などが出る人気の試合だと、かなり前から入場待ちの行列に並ぶ覚悟をしたほうがいいです。

    いったん席を離れて再入場する場合は整理券のようなものを係員にもらい、初めて入場する人たちとは別の列に並ぶことができます。
    以上、昨年までの情報なので、今年も同じルールかどうかはわかりませんが……詳しくは公式サイトか、現地でご確認ください。

      引用  返信

  • いよいよ明日から全豪が始まります。
    ハワイエキシビ、ブリスベン…と勝利し続けている錦織選手。
    その後のチームでの練習、デミトロフ選手、ゴファン選手、シュワルツマン選手との
    練習試合などでも好調を維持。ネットを挟んでゴファン選手と握手したときの錦織選手
    の清々しい表情が印象的でした。
    また、コート外でも本田選手と生き生きと交流する姿が伝えられ、GSの大会前にこん
    な楽しそうな顔をしている錦織選手を驚きと嬉しい気持ちで😊見ました。
    さらにチャンコーチの完成形になりつつあるという言葉に触れてドキドキワクワクは、
    MAX❣️畳み掛けるように内田氏の「マレー引退で錦織は覚悟した」の記事……。
    無意識に期待へのブレーキをかけつつ、錦織選手の情報を見てきましたが……………

    もうダメだあああああああああああああああああああああε=ε=ε=ε=ε=ε=┌(; ̄◇ ̄)┘
    ヽ( ̄д ̄;)ノ=3=3=3 期待せずにはいられないいいいいいいいいいいいいいい!

    心技体すべてが揃った錦織選手に勝つのはやはりトップ3の選手なのか?
    はたまたパワーと勢いのある若手選手か?
    でも、怪我前は「怖いなあ」と警戒していた若手さえも、今はなんか怖くない( ̄▽ ̄)
    準々決勝でジョコビッチ選手と当たることさえ、意味があるんじゃない⁉️と思えてし
    まう自分が怖い(笑)

    はい!明日からの全豪を全身全霊で楽しみますっ╰(*´︶`*)╯♡

      引用  返信

  • 全豪始まりましたね!

    マレーのニュースには・・・涙・・・ですが、今大会、錦織には本気で優勝を期待したいです。

    ところで今、ディミトロフとかつての宿敵ティプサレビッチの試合が行われているんですが、どこにも放送がない!?
    以前は公式サイトでライブ映像が見れた全豪ですが、今年は行ってみると例の「ジオブロック」が!

    誰か何か情報は持ってませんでしょうか?(無理な気はしてますが・・)

    ティプサレビッチは怪我や足の腫瘍などで、あれからもう何年も試合に戻れていません。
    今回、何とか映像で彼のプレーが見たいと思っていたんですが・・・。

      引用  返信

  • 自己完結しました.
    怪しいサイトで💦自己責任の上、見れています。

    現在ティプサレビッチがディミトロフにセットアップしてます!

    2011年、何度も何度も錦織がはね返された強いティプともう一度対戦して欲しいですね。

      引用  返信

  • 4回戦でジョコですかね?突破してほしいなぁ。母国のキリちゃんも頑張ってほしいわ。キリちゃんなぜか憎めない。なぜだろ。

      引用  返信

  • BKKさん ジョコさんは準々決勝(5回戦)ですよ

    全豪で過去最高タイの成績になるのに、誰もそこまで勝つことを疑っていないような気がする。
    もちろん私も疑ってません。
    それくらい調子がいいですね。
    どちらかと言うと、ジョコさんの方がコケそうな気がしてます。

      引用  返信

  • ぴか星1さん、ありがとうございます。
    5回戦でしたか。確かにそこまで行くのを疑ってなかったですね。
    でも5回戦に行くまでの相手を見ても、明らかにヤバそうな相手っていないですよね。
    ブリズベンの調子をキープしてればさくっと行けると思いますよ。
    ジョコはどうですかね〜。ジョコの調子が云々ってよりも、
    ジョコと対戦する際の錦織さんのメンタル状態が、今年どう変わってるか?
    によると思いますね。なんかの番組でも、錦織さんはモンスター級と言われて
    すぐ思い浮かぶのはジョコって言ってましたし。もし今回ジョコを克服できたら
    今年はもう錦織さんにとって「そういう年」になるんじゃないかな。

      引用  返信

  • マレー選手、アグート選手、素晴らしい試合をどうもありがとう。
    3セット、4セットマレー選手らしいテニス、さすがでした。queenの曲の大合唱❗と、毅然とした応援姿のマレー選手のお母様に、心打たれました❗
    スレチです、すみません。

      引用  返信

  • 初GSさん,

    解決しました。
    iPhoneの場合
    言語を英語にする

    ticketekのHPにてログイン

    購入履歴を確認

    モバイルチケットに辿り着けます。

    既に解決済かもしれませんが。
    まだならこれを見てくれたらいいのですが。

      引用  返信

  • りょうさん、ありがとうございます
    気づくのが遅れてしまい、すいません
    おかげさまで、カルロビッチとの死闘も体感することができました!
    三回戦も観たかった泣

      引用  返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

     テニスを愛する理系人間。よく理屈っぽいと言われる。  プレースタイルはサーブアンドボレー、というよりサーブ。ストロークは弱い。  2008年2月15日に本ブログを開設。その数日後に錦織圭はあのデルレイビーチ優勝を成し遂げる。  錦織圭の存在を知ったのは2004年。その後2006年全仏ジュニアベスト8で再注目。2007年のプロデビュー(AIGオープン)で錦織の試合を初観戦。その後の活躍を確信し、今に至る。