【初戦はガスケ、7日】2019モントリオール 大会プレビュー

先週のワシントンをスキップして今週のモントリオールに備えた錦織圭(フランス語発音ではモレアルですが、なじみやすさを重視してモントリオール表記で行きます)。全米に向けては、疲労を少しでも軽減する上で、良いスケジューリングだと思います。

ワシントンはATP500大会ですが、すでに錦織はロッテルダム、ドバイ、バルセロナと3つのATP500大会に出場しており、「全米前に3大会」の義務を果たしています。
ポイント的に欠場は問題ありませんでした。

ただ、欠場理由が「腕の痛み」となっているところが気がかり。
ウィンブルドン前にもハレを欠場してウィンブルドンを体力万全な状態で迎えましたが、ウィンブルドンでは上腕部の痛みに悩まされました。
今回は「肘と手首」ということで、また違った場所かもしれません。
手首と言えば一昨年の大怪我が記憶に新しく、非常に心配です。
7月20日のマイケル・チャンのチャリティーマッチでも無理はしなかったようですし、おそらく出場するからには大丈夫だとは思いますが気に留めておきたい点です。

※ 「肘と手首の痛みでウィンブルドン後、3週間休んだ」は本人がTennisTVのインタビュー中で語っています。
Montreal 2019 Nishikori Preview Interview – CANADA 2019 INTERVIEW

ジョコビッチとフェデラーがいないというチャンスな大会なっていますが、ドローはナダルと同じハーフに入り、3回戦、QFはそれぞれバウティスタアグート、チチパス。二人とも今季好調です。今季不調のズベレフの方がやりやすかったかもしれません。
とはいえオールスターのマスターズ1000大会。こんなもんでしょう。

全米で第4シードを得るためには4位ティーム(4,755点)との715点差を逆転せねばならず、モントリオールとシンシナティのどちらかで準優勝が最低条件。
なので、このあたりはあまり気にせずに伸び伸びと自分のプレーを確かめつつ勝利を目指すプレーで良いでしょう。

週刊プレイボーイの取材でも言いましたが、「トップ3人は異次元の強さだが、今の錦織ならチャンスはある」と思います。
昨年よりフォアが良くなったことで、かなり視界が開けてきました。
サーブはトップクラスではないですが、ずっと悪くないと思います。むしろ、錦織の良さを活かすためにラリーに持ち込むリターンの返球率を高めてほしいですかね。
それがサービスゲームに好影響を与えると思います。

大会概要

大会名: Coupe Rogers (Rogers Cup)
カテゴリー: Masters 1000
サーフェス: Hard
ドロー: 本戦S 56、予選S 28、本戦D 32
シングルス獲得ポイント: 優勝 1000、準優勝 600、ベスト4 360、ベスト8 180、3回戦 90、2回戦 10 (錦織は2回戦が初戦のため)

今大会の過去の成績

2018 1回戦 (lost to Haase)
2017 2回戦 (lost to Monfils)
2016 準優勝 (lost to Djokovic)
2015 ベスト4 (lost to Murray)
2014 出場せず
2013 3回戦 (lost to Gasquet)
2012 2回戦 (lost tu Querrey)
2008-2011 出場せず
2007 予選1回戦 (lost to Gabashvili)

想定される対戦相手

1回戦 bye
2回戦 ガスケ
3回戦 バウティスタアグート[10] 準々決勝 チチパス[4] 準決勝 ナダル[1] (フォニーニ[7])
決勝 ティーム[2] (ズベレフ[3]、ハチャノフ[6]、メドベデフ[8])

17 件のコメント

  • ネモリーノさんの言うとおり!今回は、ドローはきついけど(でも、どこも楽なところなどなし!) 何としても、錦織、ここにいる皆さんと一緒に優勝の喜びを味わいたいです。そして、錦織が優勝した日に、取って置きのワインで祝杯をあげるつもりです!頑張ってくれ、錦織!

      引用  返信

  • 記事アップありがとうございます。
    そうなんですか、肘と手首の痛みだったんですね❗
    試合中、右腕をブラブラさせてるのをよく、目にしていましたが…現段階ではどうなのかな?
    楽しみな気持ちが、何処かに行って、かあちゃん的な、不安感がモクモクもたげて来ました。一昨年の時期的な重なりが脳裏をよぎります。絶対無理はしないようにしてね錦織君❗

      引用  返信

  • チャンスボールをしっかり決め切れるか注目します。
    チャンスボールはもう少しトップスピン多目でもいいのではと思ってます。
    久々のハードコートワクワクしますね!

      引用  返信

  • 応援フード。
    リ…シャリシャリシャリが好き!(リシャールガスケ)って事で、かき氷いただきます。氷を溶かす熱戦期待!!汗を吹き飛ばす涼やかな勝利でもOK🙆‍♀️

      引用  返信

  • ROMさん、いいですね。それで行きましょう。師匠、よろしくお願いします。

      引用  返信

  • 本人も今年はハードコートで結果が出てないと言っていましたから、勝ち負け以前に自信を持って全米に挑めるような内容が欲しいですね。
    イコール勝利を重ねる結果が欲しいということになるのかな?

      引用  返信

  • 水曜に初戦で5試合と言うことは
    優勝まで5連戦ということでしょうか?
    きついですね!
    来週も有りますしどのようにピークを持って来るのか楽しみです。

      引用  返信

  • ROMさま
    シャリシャリガスケで「かき氷」良いですね!
    何味でしょうか?
    セブンイレブンのクリームブリュレ氷(カップ入り)
    をまた売ってくれないかなあ。
    ガスケと関係ないですが。

      引用  返信

  • たしかに火曜スタートが理想だったけど、トップ8シードで2回戦が明日組まれたのはズべレフだけみたいなので、まあしょーがないかな。1回戦免除で、優勝まで6試合やらなくても良いだけマシだと思えば。
    それよりもシングルスに向けて試合感とコートの感触をフィットさせる為にも、先にダブルスをやってほしいな。こればかりはオーダーがどうなることやら、、

      引用  返信

  • OOPが出ました😁
    バンクナショナルの第1試合、日本時間で夜中の1時開始♥
    一番見やすい時間で良かった〜❗😍😍😍
    圭、慎重に、でも大胆に攻めてね😆😆😆

      引用  返信

  • 団長さん、皆さん、情報ありがとうございます。
    はい、今の錦織選手なら、体が万全であれば、タフドローもものともせず勝ち上がっていけるのではないでしょうか。連戦はキツいとはいえ、省エネプレーのコツをつかみつつある気がして、期待せずにはいられません。肘や手首に痛みが出ませんように。

    ただいま私、カナダに出張中なのですが、同じ国内でもモントリオールから4500km離れたところにおり、残念ながら現地観戦はできそうにありません。(>_<)
    明日のガスケ戦は3時間差で、朝の9時から応援します❗

      引用  返信

  • いよいよですね。1時と、4時半頃とダブルヘッダーですが、両方とも応援します。ケガが心配です。

      引用  返信

  • 団長さん、プレビュー記事ありがとうございます。
    マスターズ1000はオールスターってピッタシの表現ですね。
    初戦からタフな相手が続いて、ジョコビッチ選手やフェデラー選手がいなくても大変。(◎_◎;)

    険しい道のりですが、『トップ3は異次元だが、今の錦織選手ならチャンスはある。』
         ( 私も人生初の週刊プレーボーイを買って読みました。(/ω\) ) 
    いつもブレない団長さんの言葉に力を貰って今大会も精一杯応援します。

    そして、どうか錦織選手が怪我無く、痛みなく、思う存分テニスができますように祈っています。

      引用  返信

  • 団長さん、大会プレビューありがとうございます😊
    錦織選手不在のワシントンも楽しみましたが、やはり錦織選手がいないのはいかにも
    寂しい…。ワシントンでできなかった分まで応援がんばるぞ〜!とやる気満々です!
    不安要素もありますが、今大会に向けて練習も頑張っているようです。
    出られるだけの状態だから出ると思うので、心配は脇に置いて大いに楽しもうと思い
    ます。WBとはまた違った戦い方、プレーが見られるんでしょうか( ̄∀ ̄)
    ガスケ選手相手にたくさんラリーをしたり、ネットに出たりしていい感触をつかめま
    すように🙏

      引用  返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

     テニスを愛する理系人間。よく理屈っぽいと言われる。  プレースタイルはサーブアンドボレー、というよりサーブ。ストロークは弱い。  2008年2月15日に本ブログを開設。その数日後に錦織圭はあのデルレイビーチ優勝を成し遂げる。  錦織圭の存在を知ったのは2004年。その後2006年全仏ジュニアベスト8で再注目。2007年のプロデビュー(AIGオープン)で錦織の試合を初観戦。その後の活躍を確信し、今に至る。