13度目の正直ならず。大会全体としては大収穫(2018ウィンブルドン準々決勝)

ちょっと入れ込み過ぎて記事書く気にまったくなりません。どうまとめていいか分からなくて・・・。

シンプルな感想としては、

「ジョコ強かった」

「錦織はもったいない点もあったが、全体的にはよく頑張った」

「試合のクオリティはとても高かった。」

こんなところでしょうか。

大会全体としては大収穫!! 初のベスト8、4回戦までの勝ち上がり方、試合内容。素晴らしいのひとこと。
負けるときは大体が満足いかないものですが、今日の試合についてはジョコビッチが素晴らしかった試合。
錦織のミスも、ジョコが全部返してくるから起きてしまうミスが多かった。

とりあえずアップして詳細に書く気になるのを待ちます・・・。(7/12 0:10)

293 件のコメント

  • ジョコビッチが圭に負けたくない理由。あくまで私の妄想です。旧共産国のユーゴスラビア崩壊後の内戦で、ジョコビッチの国セルビアやクロアチアは多大な被害を受けた。彼も、子供時代、砲弾被害の下、テニスコートで 練習するのもままならない時を過ごす。当時、日本は病院を建てたり、たくさんのバスを寄付したり多大な援助をした。そのことをセルビアの人は忘れず、東日本大震災の時、けして豊かではないセルビアがヨーロッパで1番の寄付してくれた。そしてあの2014年5月、セルビアは国土の4分の1に及ぶ地域が大洪水に見舞われた。日本人はお返しに多大な寄付をした。その年の夏です。全米で圭がジョコビッチに勝って準優勝したのは。母国に悲劇がおそった直後にジョコビッチは圭に負けたのです。豊かで平和な国の若者に全米で負けた。一生忘れることのない出来事ではないでしょうか。以上、私の妄想です。

      引用  返信

  • bumpさん,
    ご自身でも、妄想です、とおっしゃられているので、それにツッコミを入れるのは野暮なんでしょうけど、まぁそもそも、ジョコビッチ選手が、他の選手に比べて、特に錦織選手だけには負けたくない、なんて全然思ってない、と思いますよ。ジョコビッチ選手は、他の試合、他の選手に対するのと同じように、錦織選手との試合でも絶対に負けたくない、と思って試合をしているだけだと思いますけどね(^_^;)。

      引用  返信

  • テニス未経験で半年くらいから錦織選手のテニスを見始めたものですが、昨日のジョコビッチとナダルの試合見ると素人から見ても相当なレベルの差があるのだなと思いました。やっぱりここぞという時に1stサーブが良いところに入ったり、ウィナー出したりしてますよね。肝心な時の一本がミスになるか入るかの違いかなと。素人ながらレベルの差は感じたけど錦織選手なら練習次第でいずれたどり着ける領域だと信じてます。あともうちょっとなのになぁって悔しいですね。これが錦織選手以外なら天性の問題だししょうがないって思えるのかもしれませんが。

      引用  返信

  • よよよ さん、
    本当に、腕のためには負けてよかったと思います。
    実際
    <キリオス戦で腕を痛めたまま試合を続け(キリオス選手の高速サーブを受け続けた)、さらにグルビス戦では痛み止めでごまかしながら
    4セットを戦い(多分ここでさらに負担を掛けた)、ジョコビッチ戦では復活した鉄壁ジョコビッチ選手と鬼ラリーを4セット。>
    これではせっかく手首が治ってもまたさらに利き腕の故障が続きかねません。
    今後の活躍できっとそれを証明してくれると思います。

      引用  返信

  • WBが終わってしまいました( ̄。 ̄;)
    今にして思うと錦織選手にとってベストの着地点(´▽`)
    5試合で芝での自分のテニスが見えてきた!
    ビックサーバーを次々攻略できた!
    自分のテニスが戻った実感が結果を伴った!
    怪我明けで自己新記録のベスト8というインパクト!
    (本人は意に介してないけど 笑)
    負けた相手は優勝した本物の強いジョコビッチ選手!
    躰は元気なまま、戦いきれた!
    結果的に腕の回復のために試合を回避できた!
    ランキングアップ!
    もっとあるでしょうけど、ホントに楽しい楽しいWB
    でした。錦織選手、ありがとう(*´▽`*)

      引用  返信

  • ジョコさん優勝でした。今朝の新聞記事で、肘への負担軽減の為に「ラケットの長さ、重さ、面積、ストリングスの本数まで微調整」したとの事。そのラケットでサーブに角度がつけられるようになったそう。不安になった時もあったそうですが、自信を深めた大会に挙げたのが圭くんに逆転勝ちしたローマ。という事が書かれていました。
    やはり、圭くんの存在は大きいようです。
    しかし、ラケットの微調整までしていたのですね。圭くんも、とことんこだわって負担軽減を考えてほしいです。後、身体の柔軟性(特に上半身)が付けばすごく良いと思うんですけど。

      引用  返信

  • 団長さま
    ランキングが5/28付けですし現在参加中の大会が全仏で止まったままです。全英も終わっちゃいました。そろそろ更新して下さい笑。

      引用  返信

  • 錦織のフォアは欠点ばかりではなく利点も沢山ありますね
    よびこんで身体の真ん中辺りで打ってほとんど体重移動がない状態ですがよびこんでるからこそどっちとんでくるかわからんから相手は遅れるし逆をついたり多彩なショットが打てる
    錦織のフォアさんが常々言ってる事を実践すれば多彩なショットも失われる可能性が高い
    本人のセンスはそれほどに繊細なものだと思います
    錦織圭が小学生の頃出合った杉山愛さんのお母様かこの子は細かい技術的な指導はせずに伸び伸びとキャンバスに絵を描くように育ててほしいた言ってたそうです
    今回の手首の故障でさすがに改善するのかと思いましたが、そのあたりのテニスをかじった人なら誰でも気がつく事を陣営もまして柏木コーチが気がつかないわけない
    あの方は四国学院大学のサークルでテニスを初めた人ですから僕らの周りは皆が知ってる人ですが、何も錦織圭にはしなかったからこそよかったんです
    ボールは前でさばけ、脇はしめろ、低い体制で常にボールの後ろに入れ等々を言ってたら今の錦織圭はないでしょうね
    こんな事を、ここで何回も言ってますが、負けると必ずでてくる意見ですね
    フォアのフォーム改善は?( ・∇・)
    僕は本人が磨きをかけているサーブとネットプレーと展開の速さと多彩なショットで十分狙えると思うし陣営と本人の方向性を黙って見守りたいです
    心配なのはケガだけですかね
    ジョコビッチにたとえ20連敗しても、そっから得られるもんはあると思います
    マレーにだって手も足もでなかったけど勝てないにしても、いい勝負をするようになってましたね
    しかしまたしても、ビッグ4がててきましたね
    フォーラムでも皆様、冷静な意見が嬉しいです
    でも、僕もウィンブルドンの1回戦の試合を観ててこんなんではトミックには絶対勝てないって言ってしまいました(^^;
    反省してますm(__)m

      引用  返信

  • 🍓ホーマツ錦鯉あじゃこのなんちゃってウィンブルドン訪問の記①

    内容がない割には、長くなります。お嫌な方はスルーして下さい🙇‍♀️

    えー、話すと長くなるので割愛しますが、7月9日からイギリス🇬🇧に急に行く事になり、5月にクロアチアに行ったばかりですから私にはレアケース。
    イギリス周遊9日間なんつうエコノミーツアーに一人参加です。
    その時はウィンブルドンなんて、考えもしなかったのですが、この辺がホーマツ錦鯉、ふと、最後のLondonで一日半のフリータイムがあり、その日曜日はウィンブルドンの決勝戦の日だと気が付きました😳
    でも、チケットなんか手に入る訳ないし、私の英語力で一人でウィンブルドンへ行けるか不安。
    地球の歩き方ガイドブックによると、試合のチケットは無理でも、当日出る5000枚のgrounds tickets(自由席券)なら、列Queueに並べば9時半頃に並んでも手に入る確立が高い、と書いてあります。
    そんなことで、旅行前に添乗員の方に、ウィンブルドンに行きたいのだか、と言ったら、行ったって見られないし、止めた方が良いですよ的な返答。
    Londonは何回目ですか?
    初めて!
    じゃあ、止めた方が良いですね。だと。

    おそらく添乗員の方は、フリータイムの日と言えど、高齢者(言いたくないけど63歳)で英語力ほぼ無し(英単語の羅列だが、耳が遠くて声が大きいせいか割と通じるレベル)のお一人様を、放し飼いにしたくなかったのでしょう。何かあったら、メンドーじゃん。

    で、私も諦めて、その日はLondonのスタジオのオープンクラス・バレエを受け、その周りにある5つのバレエショップ巡りでもしようか、と思っていました。

    さて、フリータイム当日7時頃朝食を食べながら、バレエを受けるべくピンクタイツまで履いていたにもかかわらず、急にやっぱりウィンブルドン行こう💪と閃いたのです。
    決勝戦と言えど、フェデラーも敗退。案外、イケルかも。

    この日はツアーの一日券トラベルカードがあり、レベル3までは全て無料。
    ウィンブルドンはレベル2。

    地下鉄でウロウロしながらも、なんとか最寄駅southfieldsに着きました。午前8時45分ごろです。
    駅を出ると目の前に、ウィンブルドンの緑と紫の垂れ幕?旗?が道の両側にあり、一目でここを進めば良いのだ、とわかります。
    で、ガイドブックには15分とありますが、あじゃこのストライド(年寄りの割には背が166センチとデカい)と早足だと10分くらいでしょうか、ひたすら真っ直ぐ進むと、grounds ticketsの列Queueに辿り着きます。
    道に英文字の表示が出ていますし、ボランティアの係員の方が黄色い安全ビブス?みたいなのを着て立っています。そこを右折するとなかなか立派なパンフレットとQueue cardがもらえるので、フェデラー様の写真などのあるアーチを潜り抜け、列に並びます。
    私のQueue cardは836番でした。
    5000枚配布ですから、大楽勝💪
    明るい気持ちで、日陰にある列に持ってきたビニール袋を敷き座ります。
    日曜日を楽しむ家族連れや観光客ふうな人々で賑わい、ボランティアの人が何か冗談を言いつつ、私たちに注意を促します。
    途中で売店にアイスコーヒーを買いに行くも、OK。あじゃこも一人でしたが、隣のイギリス人の若い女の子に荷物を(貴重品は身に付けたまま)お願いして、一度仮設トイレに行きました。
    10時5分前になると列が動きだし、手荷物検査が始まります。
    これがなかなか進まないで、結局入場までに小一時間。
    ようやく11時近くに、係員の「enjoy〜🍓」という声に送られ、憧れのウィンブルドンに入場です!
    Queueに並び始めてから約2時間。意外に早い!という印象です。

    少し行くとチケット売場があり、NO1コートのミックスダブルスのチケットは、まだ売ってますよ!と声がかかります。
    でも私は前日に、マチネのショウのチケット12000円なりを買っていたのです。
    今朝予定変更したのだから、しょうがない。grounds ticketsは最終日なので、最安の£8。前日は£15、その前は£20、25といった具合で始めの方がたくさん試合もあるので、高価いのです。
    入場するとTVでお馴染みのあの緑と美しいお花の会場です。
    ウキウキムードはマックス💕
    センターコートのまわりをぐるっと一周。チラリと周りのコートを見ると人だかりが。
    そこへ行ってみると、アンダーソンが練習していました。BBCのアナウンサー?らしき人がカメラに向かいしゃべっています。
    アンダーソンはすでにサーブの練習。
    でも、隣のジョコビッチ練習予定のコートには、まだジョコ様の姿は無し。
    そのうち、コーチとヒッティングパートナーが現れ、拍手が起きると、ジョコ様の登場です。
    いったん切ります。

      引用  返信

  • 初めて見る生ジョコ様。
    まあ、当たり前ですが、TVなどで見るのと同じ顔😅TVで見るようなソリッドな体型。
    アンダーソンはかなりデカいです。そして、細いが勁い身体という印象。
    サーブもTVで見るくらいの速度でしたが、芝はヒュッと球が滑って、速いなあ、と思いました。
    ジョコ様の方はまだウォーミングアップ状態でしたので、人も多くなったところで、抜け出し、センターコートの辺りへ。
    ストロベリークリーム🍓の売店へ。シャンパンや飲み物の売店の中でも、ストロベリークリームの列が一番長いのですが、決勝戦の前、生バンドの楽隊の音楽がブンチャカ🎵ブンチャカ♬で、いやが上にも雰囲気は盛り上がります。なので、音楽を聴きながらの列は苦になりません。
    暑いので、Londonは30度近く、ストロベリーサンデー🍓を選択。ヨーグルトアイスでさっぱり頂け、私はブラックベリーをトッピングしてもらって£6.8です。すいません、twitterの£6.5は間違い。
    twitterに写真を上げていますので、iPhoneの写メのみですが、よろしければ、そちらもどーぞ🙇‍♀️
    ストロベリーサンデー🍓を持って楽隊の方へ。ノリノリ🎵で、あじゃこも踊ってしまったら、ダンシングクイーンの曲もやってくれましたよw

    でもって、その時点で昼の12時くらい。
    午後にはLondon市内でのマチネのショウのチケットを買ってしまっています。
    そのチケット代が約12000円だったので、後ろ髪を引かれるがごとく、決勝戦の始まる前にウィンブルドンを後にしたのですが。
    後で考えると、それを捨てても、マレーマウントでパブリックビューイングの決勝戦を観るべきだったのか、悩むところです。
    たまたま決勝戦の日にLondonにいるなんて、めったにない事だし。
    ショウのチケットなんて、一人分なら当日でも案外あるものだし、決勝戦観てから、ソワレのチケットを買っても良かったなあ💦

    時間が無いのでお土産を買いに、一番大きいラルフローレン・ポロのウェアも置いている売店へ。ポロの製品は高価いので買わず、
    タオル£34、折りたたみ傘£16、夫への土産のポロシャツ£50の三点を購入。
    ほかに£10の大会プログラム。

    もう、ホーマツあじゃこは、ウィンブルドンの会場に入れただけで大コーフン、の大感激💕
    あじゃこにウィンブルドンなんて、猫に小判かもしれませんが(テニス見巧者の皆様ならどんなにステキなレポートが出来たでしょう)、
    錦織ニワカになって、この鼻血ブログを訪れるようになり、早三年。
    この間のおかげで、ホーマツながら、ずいぶんこのウィンブルドンを楽しむことが出来た、と思います。ありがとうございます🙇‍♀️

    そして、ゆきんこりさんはじめ他の皆様にレポート書け、とプレッシャーを与えて、申し訳無かったな、と反省。
    炎天下、試合を見た後は疲れもMAX
    、頭も働かなくて、レポート大変でしたねえ💦
    団長にも、催促は、これからはしませんよ😅でも、気が向けば、是非。

    何が言いたいのかというと、案外、会場入りレベルなら、そうハードルは高いない、ということでした。
    もちろん、最終日だから、空いていたとも言えるでしょう。
    高齢者で英語ダメでも、大丈夫👍
    結局、私の費用は£8のgrounds tickets代のみ。

    もちろん、決勝戦がフェデラー🆚ジョコビッチであればわかりませんが。すごい列になるでしょう。

    皆様も、ウィンブルドン期間中、Londonに行くことがあれば、是非。
    なんちゃってウィンブルドンでした。

      引用  返信

  • あじゃこさん❗❗❗
    ウィンブルドン会場の貴重なレポート、ワクワクしながら読ませていただきました。素敵な冒険でしたね。もう、興奮が止まりません。まるで、ご一緒したかのような気持ちになりましたもん。来年は自分も聖地のqueueに並ぼうという勇気がわいてきましたもん。
    たとえ限られた時間でも、ツアー旅行中の自由行動として、これ以上充実した過ごし方はないのでは?と思わせる濃い内容でした。👏👏👏👏👏ありがとうございました。

      引用  返信

  • あじゃこさん,

    素晴らしい観戦記!
    実に羨ましいです。

    今年のGSの優勝者
    AO フェデラー
    RG ナダル
    WB ジョコビッチ

    いったい何年前の話?と思ってしまう…

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180718-00000002-tennisd-spo

    ショットクロックってワシントンにも導入されるのですね。
    これは錦織くんにとってはいいことでしょう。
    ナダル、ジョコなんか明らかに長いし。

      引用  返信

  • あじゃこ〜〜さん❗❗❗
    楽しいたのしい、なんちゃってウィンブルドン観戦記面白かったですよ。有難うございます。
    謙遜されてますが、かなりの英語力、と推察いたします。そして、素晴らしい行動力❗
    何より、驚いたのが、私よりも、お姉さまでいらっしゃること❗日ごろの楽しいコメントに、40代前半位かな、と想像しちょったです。
    私も、少し、勇気を出してみようかな、と思わせていただきましたよ。

      引用  返信

  • あじゃこさん

    楽しい楽しい観戦記、ありがとうございます!
    すばらしい行動力!すごく勇気もらいました。わたしも来年は行きたいな。

      引用  返信

  • 皆様、暖かい感想を有難うございます🙇‍♀️💕
    ネカマならぬネット若作りみたいで、恥ずかしいです💦ネワカでしょうか??
    ただ幼稚なだけで、申し訳ない。
    子供がいないせいもあり、あと、こちらでは友人達とフツーにラインしている時の言葉使いなので、ネワカ?になるのかもしれません。幼稚で🙇🏻
    もう年齢を公表したので、これからは少しは年齢らしい発言をするべく努力したいです🙇🏻
    ばあばさんなど、私より年下なのに。

    あと、英語力無しは本当ですよ。
    イギリス人の女の子に荷物を頼む時は、トイレを指差して、次に荷物を指差したら、分かってもらえました😅💦

      引用  返信

  • あじゃこさま
    突撃ウィンブルドンツアーレポ、大変楽しく読ませて頂きました(o^^o)。こういう楽しみ方もあるのだと、目の前が開ける感じが致しました。
    次は是非是非観戦レポを!!

    ちなみにご覧になったマチネショウとはなんだったのでしょう?

    それから、年齢の部分は読まなかった事にするので、これからもどんどんあじゃこ節でお願い致します笑笑。

      引用  返信

  • あじゃ~こ~さん、プチ離脱宣言の理由は、これだったのね~(੭ु´・ω・`)੭ु⁾⁾
    羨ましいぞう🐘~(੭ु´・ω・`)੭ु⁾⁾

      引用  返信

  • 僕も語学はからっきし(*´・ω・`)b
    仕事でフランスのワイン産地を巡った時にある有名なアルザスのブドウ畑てブドウの樹齢が知りたくてブドウ木を指差してHow are ole you?とやってしまいました
    (゜ロ゜;ノ)ノ
    テンパってしまって、(///ω///)♪
    僕もいつか、全仏かウィンブルドン行ってみたいな
    錦織圭がグランドスラムの決勝で優勝の瞬間わを現地で見れたら最高ですね
    ケガがなければ東京オリンピックが心身共にピークではないでしょうか
    あくまでもケガがなければですが、身体だけが心配です

    話はかわってイズナーやアンダーソンのような大学卒業した選手が頑張ってるのは嬉しいです
    ましてや、二人共に有名な大学ですものね
    日本人もインターハイで活躍の後アメリカの大学って選択もありですよね
    国内の大学に行くのもアメリカの大学に行くのも親の負担はそんなに変わらんのではないですかね
    調べんとよくわからんけど、自分の子供ま当時にそんな選択があればな、全然頭になかったな
    もっとも子供に却下されてたかもしれませんが、プロは無理でも、得るものは大きいと思う
    ってまた脱線してしまいましたねm(__)m

      引用  返信

  • あじゃこさん,

    ウィンブルドン突撃レポート、ありがとうございました。
    ところで、私、バレエレッスンというところにピクッと反応しました。
    さてはそのマチネはロイヤルバレエだな!?

    と、思いましたが、違いますかね?

      引用  返信

  • あじゃこさん,

    最近、お見掛けしないと思っていたら、まさか現地(ウィンブルドン)へ行っておられたとは。
    思い立ったが吉日といいますが、すごい決断力と行動力ですね。(^^)
    なんちゃってーがついているのは何故?と思いましたが、そういう事情でしたか。
    でも今年のファイナリスト、生ジョコビッチ選手(生ジョコ)とアンダーソン選手をを見れただけでも行った甲斐があったと思います。
    私もGS見に行きたい!!。(^^)/

    いつも思う事ですが、ここで現地観戦レポを読ませて頂いていると、まるでグー○ルのストリートビューを見ているような感じで会場の景色が頭の中に浮かんできます。テレビ観戦だけでは味わえないお得な気分。
    あじゃこさん、これまで現地観戦レポを投稿して下さった皆様に改めて感謝しています。

      引用  返信

  • あじゃこさん,

    すごいです~!うらやましいです!ウィンブルドンの会場入り!!
    楽しそうな様子が映像のように広がります。
    行けて良かったですね~。

    私もこの1,2年のうちにはぜひ一度ウィンブルドンに行きたいと思っているので、とても参考になりました。
    ありがとうございました。

      引用  返信

  • 皆々様、感想のコメントを沢山ありがとうございます🙇‍♀️

    あじゃこは只今外出中につき、帰宅次第お返事致します🍓

    実はショウのスペルが正確に分からない😆ので。帰宅して、パンフ見ます。
    あ、ネットでもわかるんですが…。

    下団さん、
    そうなんです。下団さんのような見巧者が行かれると、練習段階から選手のレポートをして頂けますね😊👍
    かえって、申し訳ないです🙇‍♀️

    けんじさん、
    海外語学失敗談はたくさんありますね😊
    アンダーソンは、大学からプロなんですね。

      引用  返信

  • 私にとってグランドスラム観戦なんて、夢のまた夢。
    いつも旅行会社の全豪観戦ツアーなんかを見ては高価な値段に、いつもため息でした。

    おけいさん、
    私もLondonに着く前までは、無理と思っていましたが、あら、不思議。現地へ行くと勇気が出ますよ💪

    yuriさん、
    yuriさんなら言葉は大丈夫だし、個人旅行でも問題ないのに、参考になった、と言われ嬉しいです。

      引用  返信

  • ウィンブルドンのジョコビッチ対ナダルを観て、こんな選手たちに勝たなければ錦織はGSを取れないのかと絶望すら覚えてしまいましたが、やっと少し冷静になってきた。

    今年はGS3大会を終えて、ここまで全てチャンピオンが異なるのは久しぶり(2014年ぶり)ですが、興味深いのはファイナリストも全て異なってること(チリッチ、ティエム、アンダーソン)。これって長いこと支配していたビッグ4時代を考えたらかなり久しぶりなのでは?
    そうなると、さて全米。ファイナリストの願望はもちろん錦織。相手は個人的にデルポトロが良いな。
    今年は2014に被る気がする。クレーマスターズで準優勝、全米前のレースは確か11位でした。今の位置に近い。ジョコビッチにまた勝てるとしたら間違いなく全米だね。頑張れ!

      引用  返信

  • すいません🙇‍♀️前半にコメント頂いた方々には皆様で纏めてしまい💦あまりスペース取ると…と思ったのですが、もう開き直って。

    FUMAさん、
    そうです💕ロイヤルがやっていれば、もちろんバレエ観劇にしたいところでしたが、あいにくその時期はオペラの方。
    ちなみに、パリ・オペはガルニエでも、バスチーユでも観ました。まだ40代の独身会社員時代の話。長く働いた自分へのご褒美でした。
    もう20年以上経っていますね💦

    ROMさん、
    年齢はスルーして下さるようで、有り難いですw
    まず、Londonでは、ミュージカルの主だったものは日曜日は休演日に当たることが多いです。渡辺謙の「王様と私」がNYに続きLondonでもちょうど6週間だけ、やっていました。
    私の観たショウは「THR IL LE R live」というタイトルのマイケル・ジャクソン🧤のショウです。
    ジャクソン5時代からのMJのヒット曲で、理屈抜きで歌と踊りが楽しめるショウです♬
    一人MJに扮する男性のムーンウォークも完璧で受けまくっていました。
    マチネでしたので、最初はイマイチな踊りのキレと歌声でしたが、途中からはOK。全体的には超一流とまでは言えないダンサーレベルでしたが、十分値段分は楽しめます。£72.5のstalls席。日本のS席に当たります。正確には11000円ちょいでしたね。私一人なら、www.london theater.co.ukのアプリで安く買いますが、同じツアーの4人の方が、一緒に観たい、とのことで、一番高価い席を購入。
    皆さん、大満足のご様子でした。
    ショウが終演後、外に出るとピカデリーサーカスあたりからの大歓声🎪
    w杯🇫🇷優勝で、エロスの像には人が群がり、青い発煙筒が焚かれ、🇫🇷国旗がはためいています。London警察もお出ましでした。
    長くなり、ごめんなさい🙇‍♀️テニスよりは語れるので。

    では、皆様、テニス🎾のお話を。

      引用  返信

  • あじゃこさん,

    そうですか!
    私もオペラ座バレエは二度見ました。
    ガルニエだけですが。
    初めて見たのは、マチュー・ガニオがエトワールになった年でした。
    これもだいぶ昔ですね…。

      引用  返信

  • あじゃこさん, ウィンブルドン体感レポート、ツィッターの写真も共に拝見させて頂きました。
    会場内に入るだけで、本当にテンションMAXになりますね。
    そして自国の選手がセンターで戦うとなると声を枯らしてまでも応援したくなりますし、勝利を収めた時の喜びは格別です。
    自分も今はじっくりと次の海外GS観戦(2019AO2R〜SF)までじっくりと手配準備をしたいと思います。

      引用  返信

  • あじゃこさま、

    返信大変そうで、スルーしようかと思ってましたが、やっぱり、勇気を貰ったお礼だけは・・・。
    感性が合うと思っていたら、私の一学年か二学年上の、モラトリアム世代ど真ん中でしたか~。
    還暦過ぎるとめっきり体力が・・・なんていって入られませんね、血が騒ぎました!
    私も、へそ曲がりで、楽天へ行っても、練習風景やら、場の雰囲気が好きで、
    試合そっちのけで、あっちフラフラ、こっちフラフラ・・・。
    あじゃこ流、WBの風の堪能の仕方に、熱烈共感、拍手喝采です!
    TVでは見られないものを見て感じて、最高でしたね、観戦の夢膨らみました、ありがと~♪

      引用  返信

  • あじゃこさま、
    突撃レポート&ツイ、拝読いたしました!
    GSの中でもWBは高嶺の花と、諦めモードでした。
    海外枠のチケット当たらないし(涙)
    テントとか無理だし(涙)(涙)
    なんて思っていたところでのレポート。
    その行動力に感服してしまいました。
    勇気をいただきました(*^-゜)vThanks!

      引用  返信

  • 昨日帰国で、夕飯を食べたらまんまと時差ボケのお夕寝で、只今目覚めました💦

    おばっちさん、
    返信は大変ではなく、実は皆さんに個別に返信したいのですが、あんまりまたスペース取ると申し訳ないので💦だいあんさんとか、ご自分は自由自在に観戦出来る方なのに、あじゃこの拙い体験を褒めて下さり、恐縮してます🙇‍♀️
    いやはや、同世代でしたか😊嬉しいなあ。
    おけいさんも言って下さったように、生ジョコ、アンダーソンを見られただけでも大満足🍓
    プログラムに錦織圭がいる年に、WBに行かれただけで、幸せ🍓

    カフーさん、
    2019年の全豪なんて、それもそんな2Rからセミファイナルまでなんて、本当に凄いですね😊💕
    観戦記、今から楽しみにしています。
    私はWBセンターコートの外に、ほんの数時間居ただけですから😅
    狙って観に行ったわけでもないのに。
    でも、生ジョコを見た時、これが錦織圭だったら、試合なんか見た日にはどうなってしまうのか?と思いました。
    もう、バリバリに応援📣したくなりますよね。
    あんな凄いところで、当然のように闘う日本選手がいるなんて…これは凄い事だ、と改めて思った次第です。

    FUMAさん、
    そうですか!私はマチュー・ガニオは東京で観ました。実は私はマチューのパパ・ママが踊るのを観ている世代😅
    特にママのパリ・オペのエトワールだったドミニク・カルフーニの美しい脚が忘れられません😍二人は東京で。
    20年前はローラン・イレールなどの世代です。
    でもその後、パリでデフィレも観ているはずなんですが、記憶が曖昧。

      引用  返信

  • matsuさん、
    そうですよね、WBなんて高嶺の花で、私なんか🍓が食べたいミーハーですから、まさか、まさか、と。
    ちなみに🍓はそれほど甘くもなく、日本のあまおうなんかの方が甘いです。
    それから、私の足でthe Q ueue
    まで10分くらいと書きましたが、私が上げたツイのWBの旗?にQ ueueまで5分と書いてありますね😅さっき、気づきました💦
    スペース取って悪い、なんか言いながら書きまくってます😆
    だってね、無理もない、とご察し下さい。

      引用  返信

  • それから、ROMさんはLondonで日曜日が休演多いや、その他ご存知の事が多いとは思いましたか、Londonで観劇される方の参考になれば、と。
    窓口で座席表を見ながら購入出来ますから、東京で高価いチケット代を旅行会社に払わなくても、大丈夫👍
    英語は、tomorrow、2とか単語で大丈夫です。

      引用  返信

  • ぼうずさんのおっしゃるように、今年のGSは何年前の話⁇という感じですね。

    全米を制すのは、いったい⁉️

    さあ、もうこれで最後にします。
    団長が早く次を立てて下さらないと?

      引用  返信

  • すいません💦下団さんのコメントの後、まだどなたのコメもないようなので…。

    今、冷静になったあじゃこは後悔の嵐です🌪
    たかだか?目の前の一万円に目がくらみ、ミックスダブルスの席ならあったのだから、買うべきでした😢
    あるいはヘンマンヒルのパブリックビューイングで決勝戦を観るべきだった…。
    純正錦鯉でないニワカは、とんでもなく勿体ない事をしてしまいました💦

    だって、もう一生、ウィンブルドンの決勝戦の日にLondonに居るなんてないし、
    初のテニス生観戦が、ウィンブルドンなんて自慢出来る🤥(これはちょっと邪ですが)し、
    一流プロの生のプレーを見る事が出来る、最大のチャンスだったのに💦

    な〜〜んて、おバカ😞

      引用  返信

  • あじやこ~さん、どんぶらこ~🍑🚢どんぶらこ~🍑🚢
    託したぞ~🐘(`・ω・´)ゞピシッ!

      引用  返信

  • そうですかね〜〜💦😞…

    だいあんさんに言われると、ちょっとそんな気になって来たぞ💪
    思いのほか、素直な性格かもね😚

    でも、やっぱり惜しい〜〜😢
    あれ?惜しい方が立派な錦鯉だよね⁈

    タラレバゆうたらダメ🙅‍♀️
    って、ことですね!

      引用  返信

  • 下団さん、全米オープンエントリー情報ありがとうございます。男子シングルス4名も本戦入りなんて、観る側からすれば嬉しくもあり、「試合が同じ時間帯に重なったり、日本人対決になったりしたらどうしよう?」と不安でもあり。

    あじゃこさん、「タラレバゆうたらダメ」、確かにそういう考えもありますね。でも実際のところ、人生、タラレバ言いたくなるようなできごとの連続じゃありません?
    今回のジョコ戦のように敗北を喫した試合ひとつとっても「第3セット第5ゲームのチャンスをものにしていたら……」と、(錦織選手本人含め)多くの人が何度思ったことか。ああ悔しい。タラレバ言わずにいられない。

    全米オープンでの私のタラレバ体験。
    2015年8月、ニューヨーク出張時のこと。一行は2チームに分かれて出発することになり、先発組のNY着が8月29日、後発組が31日という予定で、私は後発組に入りたいと申し出ました。1回戦の錦織vsペールは31日の11時開始でしたが、勝利を信じていましたし、2回戦以降、仕事がない日にゆっくり観戦するつもりでした。ところが飛行機を降りてみると、なんと!!! まさかの初戦敗退という悲報。
    ああ、先発組を希望していれば、錦織選手の試合を観戦できたのに……と後悔することしきりでしたが、考えてみれば、フルセットでの敗北を目の当たりにしたら、もっと後悔したかもしれないし、トラウマから立ち直るのに半年ぐらいかかったかもしれません。
    ま、ものは考えようですよね。

      引用  返信

  • だいあんさん,
    私もその年のUSオープン4回戦から見にいったのですが錦織が負けてて悔しかったです。
    前の年が準優勝でしたからね

      引用  返信

  • だいあんさん、
    Oh! (ちょっとまだLondon)😱
    あの忘れもしないペールに一回戦で敗れた2015年の全米💦🇺🇸
    だいあんさんも悲劇だったのですね
    錦織のフォアさんも😳

    うーん。確かに人生はタラレバの連続であることよ。

    今朝のワイドショーなんかで、錦織選手がJALのイベントに出演の報をやっていますが、twitterでも拝見してましたが、とても明るい爽やかなお顔ですね(デニス・テンの訃報には激ビックリ)。
    井蛙堂さんがtwitterで翻訳紹介してくれていますが、ジョコ様WB優勝時のコメント。
    右肘の怪我から始まった苦しい、モチベーションが上がらない日々。
    それについて語っていますね。
    ご子息に『パパ、パパ』と言われた時の深い喜びなども。

      引用  返信

  • どうでも良い追伸🙇‍♀️
    WBtwitterのお土産の写真。フローリングの白い点々はゴミではありません。うちの駄猫🐈の爪痕です💦掃除してないわけじゃないんです。フローリングにはまんべんなく彼女の爪痕が。

      引用  返信

  • 団長さま、
    お忙しいところ、大変恐縮です🙇‍♀️💦(お時間のある時に)
    上の追伸とこのコメント二つを削除願います。

      引用  返信

  • 錦織のフォアさん、
    よ、4回戦からの観戦……その悔しさ、いかばかりか。心中お察し申し上げます。

    錦織選手 12月のハワイオープン(エキシビション)出場のニュースが出ていました。
    https://www.thetennisdaily.jp/news/overseas/primary/2018/0032086.php

    大会公式サイトはこちら
    https://hawaiitennisopen.com/
    ムグルサ、ハリソン兄、ドナルドソン、マクドナルド、モー選手などが出場を表明しています。

      引用  返信

  • 今はまだ全米オープンまで間がありますので、どれくらいの方がこちらを読んでいらっしゃるのか分かりませんが、テニス経験者、見巧者の皆様にお訊きしたい事があります。
    先程、録画してあったWB錦織🆚ジョコビッチの試合を観ました。
    そこで、一つ疑問が。
    うちの録画はNHKのみで、解説は坂本正秀さんでしたが、その坂本氏が、
    ジョコビッチのレシーブが素晴らしい、これだけ重心を落として低い位置で構えられるから良く拾えて打てる、みたいなことをおっしゃった、と思います。
    そこで、私のアタマには❓マークが!
    キイワードは重心です。
    え⁉️ジョコビッチは重心はそのまま胸の位置で高いままで、股関節が柔軟だから腰を低い位置に出来て、打っているのでは❓
    重心を落としているのではなく、たんに腰を落としている(姿勢を低く構える)、という事なのでは❓
    それとも、テニスでは低い姿勢になることを重心を落とす、と言うのでしょうか❓
    もちろん、ヘタな体幹の弱い人なら、腰を落とすと同時に重心もカンタンに落ちてしまうでしょう。そして、へっぴり腰で打つ。
    でも、あのジョコです。
    重心がずっと同じ位置だから、低い姿勢から素早く動けるのだと思います。
    いちいち重心を落としていたら、あんな風には動けません🙅‍♀️
    でも、S級エリートコーチの、あの坂本氏がいう事。
    以前、錦織自身も、重心を低くして構える、と言っていました。

    この春、すい臓がんで亡くなった知人トレーナーが、ずっと、ジョコビッチは素晴らしい(彼が見たジョコは無双の頃)、重心が常に胸に集まっている。
    だから、素早く次の態勢に入る事が出来る、と。なんで、みんな、ジョコの真似をしないんだ!(えっ!!真似できるくらいなら、みんなジョコ並みのプレイヤーになってるよ)と言っていました。
    私の内心の反論はカッコの中。

    そんなわけで、重心というコトバにすごく引っかかりを感じるのです。
    でも、坂本氏が間違ったことなんか言うわけないし、他の解説者で石井八起氏も重心を下げて、と言っていたのを聴いた気がします。

    でも、ジョコは下げてないです!常に同じ位置だから、今回もNo.1になれたと思います。(あのスランプの時は少し下がり気味だった気が)
    もちろん、重心だけでは勝てませんが。

    テニスの重心というのが、イマイチ分かりません💦
    どなたか、教えて下さい🙇‍♀️

    ちなみに明日は早いので、あまり遅くまで起きておりませんので、お返事は明日の朝させて頂く場合もございます🙇‍♀️

      引用  返信

  • おはようございます。

    お返事が無いようですが、そうですよね、あまりの連投に、いい加減にしーや、という皆様のご批判と受け止めます。独占してしまい、ごめんなさい🙇‍♀️

    ついでに、故トレーナーが言う、重心がきれいに集まっているのは、マイケル・ジャクソン、ミハイル・バリシニコフ、イチロー、ネイマール、引退後の高橋大輔など(復帰を決められましたが、現時点でそうか、は私は分かりません)です。

    しばらく、おとなしくします🙇‍♀️

      引用  返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

     テニスを愛する理系人間。よく理屈っぽいと言われる。  プレースタイルはサーブアンドボレー、というよりサーブ。ストロークは弱い。  2008年2月15日に本ブログを開設。その数日後に錦織圭はあのデルレイビーチ優勝を成し遂げる。  錦織圭の存在を知ったのは2004年。その後2006年全仏ジュニアベスト8で再注目。2007年のプロデビュー(AIGオープン)で錦織の試合を初観戦。その後の活躍を確信し、今に至る。