【鼻血対象試合】2017全仏準々決勝 vs. マレー プレビュー

 昨日の悪天候により、男子2試合は本日に順延となりました。これにより、準々決勝4試合がすべて本日に組まれることになりました。
 昨日は来なかったけど今日のチケットを持っている人は本当に幸せ者です!!(該当する人を知っていますw)
 私も、昨日は雨でさんざんでしたが、全額返金されるとのことですし、ちょっとしたラッキーでランラン下のラウンジに入ってシャンパンを頂くこともできましたし、まあこれも楽しい経験でした。
 本日もシャトリエ・ランラン両方のチケットを持っていますので、しっかり堪能してきます。

 第1試合はナダル vs. カレノブスタがシャトリエに、ジョコ vs. ティームがランランに組まれています。どちらも観たいけど、ジョコビッチをまだ生で見たことがないのでジョコビッチ優先で行きたいと思います。
 第2試合は第2シードのプリスコワか、第3シードのハレプかで迷いますが、ここは本番に備えて休みながら流して観る予定。
 そして大・大・大本番の錦織 vs. マレーをシャトリエ(ただし、席は上の方)で観ることになるでしょう。
 しっかり応援してきます。

試合の展望

 万全の状態で迎えた昨年、一昨年は思わぬ形での敗戦を喫しました。今年は、紆余曲折があり勝ち上がりも苦しい中、自身の最高成績に並びました。4回戦後のインタビューでの発言を聞いても、かなり気分を良くしているのではないでしょうか。そして対戦相手はNo.1のマレー。チャレンジャーの気持ちで臨むことができることはいい条件です。

 しかし相手は何と言ってもあのマレー。クレーコートシーズンは散々な成績でしたが、本番である全仏ではきっちり結果を出してきました。やはり、戦前にも申し上げたとおり、グランドスラムになると変わるのがトップ選手ですね。最近の不振はアテにしてはいけません。2ndサーブへのアタックや、いやらしい繋ぎのショット、隙を見てのカウンター攻撃などあらゆる戦術を駆使して錦織に襲いかかることでしょう。

 それでもあの4回戦の勝ち方とマレーの最近の成績を見て、勝てると期待している方々は多いでしょうが、そんなに簡単ではないと思います。確かに錦織の4回戦の突き放す勝ち方は素晴らしかったし、2回戦では怒濤の12ゲーム連取を見せるなど、集中したときのかつての爆発力を取り戻しています。また、昨年の全米QFで勝っているということもあるでしょう。しかし、私はまだ錦織の不安定さが気になります。4回戦の第1セットは、体の不調に心の不調が重なったものだったと思います。普段、あんまり錦織の心の心配を私はしないと思いますので、そのくらい気にしていると思ってください。マレーに対して、4回戦の第1セットのようなことをやってしまっては挽回は難しいと思われます。

 無論、腰や肩の痛みも気になります。

 と、心配しているのにケロッとした姿を見せることもあるのも錦織。どっちに転ぶか分かりませんが、今日も全力応援してきます。日本語の応援だと調子狂う気がしてるので「Allez, Kei」か「Come on, Kei」で行きます。

試合情報

大会名:2017 Les Internationaux de France (French Open)
ラウンド:準々決勝

試合日時

現地時間 6月7日(水) 14:00からの第2試合 (この日の第3試合)
日本時間 6月7日(水) 21:00からの第2試合
@ Suzanne Lenglen Court

※23:00以降になると予測。進行状況は公式か、私のtwitterをチェックしてください。

対戦相手

Andy Murray (GBR) アンディ・マレー(イギリス)

  • ランキング1位(最高1位)、第1シード
  • 30歳、191cm、84kg
  • 今年の勝敗(ATP250本戦以上):20勝7敗(錦織は24勝8敗)
  • No.1も今年は絶不調。全豪4回戦でM.ズベレフに敗退後、ドバイでは優勝したものの、IWで初戦敗退。クレーシーズンでもモンテカルロ3回戦、バルセロナSF、マドリッド3回戦、ローマ2回戦と調子が上がらない。
  • しかし今大会は復調傾向。クズネツォフ、クリザンという難敵を4セットで退け、デルポトロとの3回戦は大熱戦ながらも3セットで勝利。4回戦もきっちりストレートで勝ち上がってきた。
  • 直近GS4大会の成績:17全豪4R、16全米QF(錦織に敗れる)、16全英優勝、16全仏準優勝

過去の対戦成績

2勝8敗
2016 ATP Finals RR Andy Murray 67(9) 64 64
2016 US Open QF Kei Nishikori 16 64 46 61 75
2016 Rio Olympic SF Andy Murray 61 64
2016 GBR vs. JPN WG 1st RD Andy Murray 75 76(6) 36 46 63
2015 Toronto SF Andy Murray 63 60
2015 Madrid SF Andy Murray 63 64
2014 ATP Finals RR Kei Nishikori 64 64
2013 Brisbane SF Andy Murray 64 20 RET
2012 Australian Open QF Andy Murray 63 63 61
2011 Shanghai SF Andy Murray 63 60

生観戦手段

  • ローランギャロスに行く
  • WOWOW
  • TV東京
  • WOWOWオンデマンド

応援フード

なにやら神がかったような今大会

いやいや錦織選手が、力を出し尽くしたいと頑張っての結果ですね

今回も最後まで全力で応援するからね〜

ちなみに、キャンディ(アンディ)は、穴あきにしときましたw

micchi

food-murray11-micchi

 

318 件のコメント

  • @マーク森 さん

    それ、私も乗りました!特にウィンブルドンベスト4の響きにうっとり…。

    ウィンブルドンで錦織君がどこまでいけるのか、とにかく怪我のない状態でのプレーが見たいです。

      引用  返信

  • 昨日の試合は残念でした。解説者の言うとおり、試合の途中で集中力が途切れてしまうという悪癖が何度か出てしまいました。BIG4相手だと、ジョコビッチにも同じような形で全豪とMSで続けて自滅して負けてますので、要は自信が欠如しているということなのかもしれません。

    もう一つ,今大会の各試合からは,毎週連続して試合をすれば、怪我のリスクが増えたり,体力面で問題が生じることがよく分かりました。怪我までしなくても疲弊して動きが鈍れば,フルセットの試合も増え,ベスト8,ベスト4と勝ち上がるのは難しくなります。今後,さらに上に行くには,調子を戻すだけでなく,スケジューリングの改善が必要になると思います。

    ただ、今回の全仏前のスケジュールも、ジュネーブに出なければそもそも1回戦で負けていたかもしれないとすれば、ある意味適当な選択だったのかもしれません。ポイントと全仏準備?のための2月の南米クレー遠征は、結局成功したとはとても思えませんが・・・。

    さて、次のウインブルドンについては,クレーシーズンを通じた疲労の蓄積が少なかったという意味で初のベスト8を期待しています。ランキング的にも8位以内をキープできれば,MSで1回戦からの連戦を避け,優勝のチャンスを残すことができます。まあ、芝がダメでランキングがトップ8から落ちても、全米でまた期待できるように復調してもらえばいいんですけどね。

      引用  返信

  • 今晩は。
    キリ丼さま
    内田暁さんの記事は、言葉の1つ1つがストンと胸に落ちますよね。つかず離れずの程よい距離感で錦織選手を見つめてらっしゃいます。必要以上に介入せず、辛口が使命だとばかりにこき下ろしオンリーにもならず、非常に有難いなと。
    終わったこととはいえ、試合内容に関して振り返るのはとても大事なことと思います。今後の戦略等も見えてきますし、何よりファンとして心構えができますから。ただ「●●だから優勝できない」「●●ができないからダメ」等の断言は、現在進行形、INGの選手に対し失礼ですよね。

    おばっちさま
    マインド・チェンジですよね。私は時々思うのですが、小さなことからコツコツと。例えばルーティンを設けるとか。ジョコビッチ選手のボールつきやナダル選手のサーブ・ルーティン、マレー選手のブツブツブツブツ…(笑) 何かありませんか?
    大きいことではアッと驚くスケジュール見直し。マインド・チェンジに役立つのではと。2月のブエノス&リオは最たる例。成否はまだこれからかも知れません。クレー対策だけでなく、1年通して2月が意識改革に繋がったか、もあるかも。

    R24さま
    仰ることを含めて、例えばWB前哨戦SKIPもありのグラス対策と思って頂ければ。これまたマインド・チェンジに役立つかもですね。錦織選手および陣営がどんな判断を下すのか、とくと拝見です。

    クィーンさま
    ピ●ハット(笑) 確かに。あれはないですよね。色彩感覚がもう…。私は本来、黒とカーキは好きな色なのですが、あのコーデで嫌いになりそうです。

      引用  返信

  • 今晩は。
    マッケンロー氏、怒ってらっしゃいます(苦笑) 英BBCインタビューのコメント抄訳記事です。
    <「ジョコビッチは諦めた」マッケンロー氏、完敗の元王者を批判>
    http://www.afpbb.com/articles/-/3131324
    ベーグルに対してあれはないと。ただ今回のRGは、錦織選手やマレー選手に限らず、ベーグル多いですね。群雄割拠のこの時代。一瞬の隙が、流れを相手に丸投げしてしまうのでしょうか。

    先ほどのマインド・チェンジ、即発動です。ビックリのエントリー。錦織選手、6/18週のハレ500(=ゲリー・ウェバー・オープン)にダブルスも出場! 相方は何とベルダスコ選手。ハレ公式エントリー・リストより。
    https://www.gerryweber-open.de/en/tournament/players/doubles/
    フェルナンドとは最近仲いいし、ってこのことだったのね(笑) パン職人ペア誕生です。

      引用  返信

  • クイーンさん 思わずふきだしました。
    私も見た瞬間そう思いました。あの色の帽子を見たとき女の第6感で負けるんじゃないかと。。。
    やはり錦織選手には白が似あいますよ。
    そして第1サーブは入れてほしいです。私の1番の願いです。
    次は、ハレですかね、また全力応援!お疲れ様でした、そしてありがとう!!

      引用  返信

  • @NORICHAN さん

    グラス全力参戦濃厚ですねぇ。
    まさかのハレ、ダブルスも参戦とは( ̄◇ ̄;)

    恐らくサーフェスへの慣れとサーブ&ボレー練習、気分転換でしょうね。

    最近の手首、足、特にグラスではいつもより落とさなければならない腰の状態を見ると非常に不安ですが、参戦決めた以上全力応援します。

      引用  返信

  • @NORICHAN さま、

    いいですよねぇ~、去年のIPTLのの楽しさを思い出してもらいましょう!
    ルーティーンとしては、陣営とのアイコンタクトが苦手なら、
    入場の時に観客席の日の丸を探し、困った時にはその日の丸を見る。なんてのは?
    上を向くことで気分が変わり、一人じゃないって思えるかも。
    オリンピックやデ杯が大好きな錦織選手にとって、いいおまじないになるかも^^

      引用  返信

  • @NORICHAN さん

    ブリスベン以来ですね、ダブルス出場。
    理由も同じですよね。
    R24さんがおっしゃる通り、試合数を多くして、サーフェスに慣れるため。

    去年のITPL以来、仲良しなんですな(笑)。

    両選手にとって因縁チックな、ズべレフ兄弟との対戦を期待します。

    錦織選手のダブルスはとても楽しいので、彼自身にも楽しんでほしいです。

      引用  返信

  • 嬉しいです!
    ダスコと?嬉しい!
    今回のフレンチでもダスコなら負けても…という気持ち無かった訳じゃないんです。圭の今回のカラダを思うとですが。
    兄貴分な感じがすごくあって、圭もダスコとのダブルスならパッション注入なりそうです。
    土忘れた!これからは芝だ!テニスは又新しい大会になるからイイね。
    ただ芝について、難しいとゆう意見と芝が良いという人と分かれますね。ウィンブルドンベスト8までが希望です。ベスト8までいけば修造氏のもってるアレ圭ももらえるんですよね。
    少し興奮してしまいました。

      引用  返信

  • ダスコ先輩とのダブルス、楽しみですね。
    BS朝日さん、ダブルスも放送してくれないかな~

      引用  返信

  • 修造さんのコメントについて荒れてるかたも、いらっしゃいますが、同じ時代にテニスを真剣にやっていたものからして

    カンベンして下さいとしか言いようがないんですm(._.)m

    彼が、ドンだけ錦織に対して愛があるか、神からきたテニスの王子様錦織に会えたから、何とか何とか何とかしてでも、GS取って欲しいんですよ‼️
    自分よりもテニスの才能は、桁違いだけれどメンタル
    それも極限のメンタル‼️
    マレー戦のタイムバイオのセカンドのリターンミスは
    このgsとる人は、絶対やらないミスだから、
    あえてあの厳しいコメントを公の場で言ったのです

    個人的にメールでケイに言っても良いのは、100も承知
    彼の愛ですよ
    神和住さん、福井さん、修造さん、貴雄君ってあっての錦織
    だから、ラケット折るなって言わないと‼️

      引用  返信

  • 今晩は。
    皆さま、ベルダスコ選手とのダブルスに激反応ですね。やはり錦織選手の楽しいテニスが観たいし、彼がテニスを楽しんでいる姿も観たいですものね。

    ベルダスコ選手とは多分、IPTLで意気投合。同じ釜でベーグル焼いた者同士。赤土の敵は芝の友。きっと楽しいダブルスになること請け合いです。
    ズベレフ兄弟、ティーム/コールシュライバー組、アグート/フェレール組。皆きっと試合数こなしたい。でもこんな楽しいドローも近頃珍しいです。目一杯楽しんでもらいたいですね。

    さあ、団長さまも乱取り~が一息つかれ、読み応えタップリのレビュー記事もアップされました。もう一度マレー選手戦、堪能致しましょう。

      引用  返信

  • @NORICHAN さん
    スルーするーしかないにも関わらずご賛同(笑)ありがとうございます。
    そして毎回たくさんの貴重な情報提供本当にありがとうございます!
    以前、松岡さんが圭がGS獲るのはWBとさえ思っている…と語っていたのを思い出しました。ですんでスピーカー松岡をWBベスト4で少し黙らせ、US-OPENで完全に黙らせてしまおう的、ポジティブシンキングです(笑)
    さぁ、待ってろ!ウィンブルドン!!(どっかで聞いたな?)
    このぐらい能天気な奴が居てもたまにはいいでしょ?

    鼻血ブログのフラグ王に、俺は〜なる!

      引用  返信

  • @FUMA さん
    FUMAさんまで(涙)
    ありがとうございます!

    先ほどATPの年間ランキングのwiki見てたんですが、もうこの3年間連続で年間ベスト20の中にKei Nishikoriの名前が刻まれていることに改めて感動したのです。
    WBベスト4で一気に松岡さんの記録、塗り替えです!!

    (すみません↑上の文章訂正です)
    (誤)圭がGS獲るのはWBとさえ思っている
    (正)圭が最初にGS獲るのはWBとさえ思っている

    失礼しました。

      引用  返信

  • @マーク森 さん

    松岡修造氏には、ぜひ「やっぱり圭はすごい!おめでとう!!感動した!!!」と叫んでもらいましょうね。( ◠‿◠ )

      引用  返信

  • 下団様 ROM様
    ありがとうございます。笑うとイヤなことがふっとぶって本当ですよね。
    楽しそうなフォーラム、まだ参加させていただいたことないですが、顔をださせていただきますね。
    いっぱい笑って免疫力アップです(笑)

    かたこり様 風様 NORICHAN様
    励ましの言葉、嬉しいです。ありがとうございます。
    ここからの、ウィンブルドン、全米、楽しみすぎます。
    みなさんの励ましと錦織愛パワーをエネルギーにして元気に応援していきたいと思います☆

      引用  返信

  • 錦織君には、濁りのない、ピュアでクリアな色が似合いますね。 黒も似合うと思います。ツアーファイルでフェデラー選手と試合した時の、黒いウェアにハチマキが良く似合って格好良かった。 仰るように、黒い帽子は戴けませんね。
    しかし、ユニクロがこれ程、こき下ろされるなんて、ショック。

      引用  返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

     テニスを愛する理系人間。よく理屈っぽいと言われる。  プレースタイルはサーブアンドボレー、というよりサーブ。ストロークは弱い。  2008年2月15日に本ブログを開設。その数日後に錦織圭はあのデルレイビーチ優勝を成し遂げる。  錦織圭の存在を知ったのは2004年。その後2006年全仏ジュニアベスト8で再注目。2007年のプロデビュー(AIGオープン)で錦織の試合を初観戦。その後の活躍を確信し、今に至る。