肩の調子次第!?アントワープ1回戦 vs. アンデュハル プレビュー

試合情報

2020 Antwerp (ATP 250)
1st Round
Kei Nishikori vs. Pablo Andujar

現地時間:2020年10月20日(火) 12:30〜の第2試合
日本時間:2020年10月20日(火) 19:30〜の第2試合
@ Center Court
※ 時差7時間(日本が早い)

放送予定

TV

  • なし

ネット

WOWOWの視聴方法についてはこちら

全仏まで4大会連続出場し、その後サンクトペテルブルグは欠場した錦織圭。3週間ぶりの出場ですが、全仏で痛めた肩は完治とはいかない模様。
記者の長谷部良太さんがインタビューでの発言をツイートしてくださっています(ありがたい)。

これは経験則から50%以上の確率で欠場ではないかと思っていましたが、今のところはまだドローにあり、試合も組まれています(10/20 AM8時現在)。

アントワープが朝になって、練習をしてみて感触を確かめてからの最終判断になるでしょうか。

アンデュハルとは久しぶりの対戦ではありますが、すでに5回対戦しており4勝1敗と大きく勝ち越し。
アンデュハルはハードコートで実績に乏しく、万全なら錦織有利でしょう。

しかし上記の通り肩の様子が心配されます。おそらくストロークは問題ないと思いますが、サーブが思い切り打てないようだと影響がありそうです。
練習を1週間休んだとのことですが、「感触は悪くない」と本人の弁。となるとテニスの調子よりも肩の状態に加え体力が懸念事項になるでしょう。

試合勘については100%とは行かないまでも、それが足を引っ張る時期ではそろそろないかなと思います。
むしろこれまでの試合を見るに、「試合勘、思ったよりいいんじゃない?」と思える場面を多く見てきました(波はありつつも)。
これまで2勝4敗という成績に留まっているのは試合勘よりフィジカル(俊敏性、体力)が戻ってきていないことが大きいように思います。

試合開始直前まで、出場するのかどうか気が抜けない状況ですが、無事出場となったら頑張って応援します。

対戦相手情報

Pablo Andujar (ESP) パブロ・アンデュハル(スペイン)

  • ランキング55位(最高32位)
  • 34歳、180cm、80kg、右利き・両手バック
  • 今年の勝敗:2勝10敗(錦織は2勝4敗)
  • 直近GS4大会の成績:20全仏 1回戦、20全米 1回戦、20全豪 1回戦、19全米 4回戦

過去の対戦成績

4勝1敗
2015 Canada Hard R32 Kei Nishikori 63 63
2015 Barcelona Clay F Kei Nishikori 64 64
2014 US Open Hard R64 Kei Nishikori 64 61 RET
2013 Madrid Clay QF Pablo Andujar 63 75
2011 Winston-Salem Hard R32 Kei Nishikori 76(3) 62

過去の対戦時のレビュー記事

2015モントリオール2回戦
錦織圭、危なげなく2回戦を通過(2015モントリオール) | 錦織圭を鼻血が出るまで応援し続けるブログ

2015バルセロナ決勝
錦織耐えて連覇!新・クレーの王者への挑戦は続く!(2015バルセロナ決勝) | 錦織圭を鼻血が出るまで応援し続けるブログ

2014全米2回戦
錦織圭、好調を維持。体力温存で3回戦進出(2014USオープン2回戦) | 錦織圭を鼻血が出るまで応援し続けるブログ

2013マドリードQF (フェデラーに勝った後で精魂尽きていた)
またしてもクレーコーターの壁!準決勝進出ならず(2013マドリッド準々決勝) | 錦織圭を鼻血が出るまで応援し続けるブログ

2011Winston-Salem 2回戦
今日も快勝!添田も全米予選1回戦快勝!(2011Winston-Salem) | 錦織圭を鼻血が出るまで応援し続けるブログ

31 件のコメント

  • 難しい状況が続きますね。
    出るからには全力で応援するのみ。
    9時半ごろ試合開始でしょうか?
    8時ごろからちょこちょこチェックしようと思います。

      引用  返信

  • ワタシ首痛い腰痛い
    けどケイの肩の痛みもらう
    ケイ痛み無くなる
    ケイ強い
    ケイ勝つ
    ケイ楽しい
    バンザーイ
    ワタシの痛み全部吹っ飛ぶ
    めでたしめでたし

      引用  返信

  • 帰りにあんパン二個買って帰ります。
    (過去のアンドゥハル戦記事の団長さま案 アン-デュアルで)
    セブンイレブンだとつぶあんとこしあん両方あるのです。
    よもやシングルス棄権となってもダブルスはでるのでは?WOWWOWオンデマンドでやってくれるかわかりませんが。

      引用  返信

  • 団長さん、プレビューありがとうございます😊
    今回は悩ましい状況過ぎて、錦織選手にリンクするように団長さんも歯切れが悪い😢
    しょうがないですよねー。ご本人が朝になってみないと分からないというのですから。
    現地は今午前9時ごろ?さすがにもう起きてますよね?コートでチェックというところ
    でしょうか。テニスの調子がいいのに肩が…というのはご本人ももどかしいですね。
    きっとやればできるくらいだけど、拗らせるようなことは絶対したくないんでしょう。
    私たちの願いもそこにあります。だからチームKEIがGOサインを出したとすれば、不安
    に思うことなく全力応援できそうです。6時間くらい経てばわかることだから気を揉む
    ことなく夕飯の支度をしよっと。

      引用  返信

  • 溢れる才能があるだけに、体がもっと強くなってくれればと思ってしまいます。

      引用  返信

  • シングルス棄権になりましたね。
    残念ですが、ここは我慢です。

      引用  返信

  • 情報ありがとうございます。試合キャンセルですね。
    私は安堵しましたよ。
    肩が万全になるよう願うしかありません。
    また、皆さんと、熱い応援が出来る日がすぐ来ますように。

      引用  返信

  • そうなるとWOWOWは予定に無かったソフィア250の配信を検討するかもしれませんねぇ〜。

      引用  返信

  • うーむ、もしかしてとは思っていたけど、かなり残念。。。
    サーブが心配なく打てるくらいまで、1日も早く回復しますように🙏🙏🙏🙏🙏

      引用  返信

  • 試合開始ギリギリまで判断を待っていたということは、「痛みはあるものの絶望的なケガではない」と理解してこのショックを和らげるしかない。ウィーンでプレー出来る状態になっている事を願ってます。

      引用  返信

  • そうなんですね、辛い判断だったと思うけど
    身体が一番大事ですから仕方ありません。
    早く回復する様、祈っています。

      引用  返信

  • 皆さんお知らせありがとうございます📢
    楽しみにしていたのに残念です。
    でもヨーロッパは寒いようなので、無理しない方がいいですね。
    試合はたくさんあるし、あせらずゆっくりと🐢

      引用  返信

  • 残念!シングルスもダブルスも棄権したのですね。
    でも、なんと言っても体が資本の職業、しかたないというよりむしろ、しっかり治してもらいたい気持ちの方が何倍も強いです。
    ギリギリまで待っての決断、試合に出たい気持ちが相当強かったのだろうな、それでも今後のことを考えての苦渋の英断だったんだろうな、と想像しています。
    aoiですさんと同じく、私も錦織君の痛みなら我が身に引き受けてもいい位、できもしないことを考えてしまう…体のことを気にせず、伸び伸びとプレーできたら、どんなに素晴らしい選手か、一目瞭然のはずですもんね。

    世界で戦うのは尋常なことではないんですね、まったく!優れた才能であればある程、サイボーグのような、妖怪変化のような、神のような肉体が必要なのかも(そういう人間離れした選手が現に少数、存在してらっしゃいますし)。それを夢見ないわけではないけれど…
    でも、私は一本の葦のような人間の体に類い稀れな才能を宿した錦織圭を愛しています。私達並みの体でどれだけのことができるかを見せてくれる、その姿にワクワクするんです。(私達並みの体、って同じ枠に入れるなんて、不遜もいいとこですが…)

    錦織君、試合に出られない時もいつも応援しています!

      引用  返信

  • アプリで本人から、まだ100%じゃないこと、一週間練習してウイーンに向けて頑張ると言っているので、大事をとってという感じでしょうか。
    より万全な状態でプレーするためと前向きに捉えることにします。

      引用  返信

  • ✕一週間練習してウイーンに向けて頑張る
    ◯この一週間はしっかり練習で鍛えて、またウイーンに向けて準備していきたい

      引用  返信

  • 棄権、残念だけど仕方ないですね。
    プレーしてさらに肩を痛めるよりは、万全な状態で試合にのぞめるまで我慢、がまん。
    錦鯉たちも我慢、がまん、と自分に言い聞かせますわ。

    アンドゥーハル選手とは、全仏OPでも対戦する可能性があったんですよね。
    それをトラバリア選手が勝ち上がってきたものだからああいうことに……😨

    まっ、団長さんおっしゃるとおり、試合勘は少しずつでも戻りつつあると思うので、
    ウィーンを楽しみに待つことにします。

      引用  返信

  • 皆さんお知らせありがとうございます。
    ダブルスならもしかしたら…?とも思っていましたが、そうですか。
    いや、むしろ安心しました。見切り発車してしまう事の方が心配でしたから、錦織選手が少しでも不安を感じているなら この選択が正しいことを信じます。

    aoiですさん アプリのお知らせもありがとうございます🙏
    来週のウィーンにもう気持ちが向いているようで安心しました。
    きっときっと 本人は試合に出たくてもどかしい思いをしているでしょうね。でも年内は一進一退を繰り返しながら復帰の過程を辿るだろう事を、我々錦鯉も織り込み済みです。
    万全の状態に整うまで、じっくり身体を癒して欲しいですね。

      引用  返信

  • FUMAさん、長谷部良太さんのツイートのご紹介ありがとうございます。本人の話が聞けて少しホッとしました。

    読んでいてちょっと思ったんですけど、肩の痛みは全仏で2試合連続のフルセットが直接の原因なんだろうけど、それだけではないのでは?
    サーブの改造やネットプレーを含めたショートラリーという新しい取組みに挑戦しつつ、実戦で体力や試合勘を戻すという困難な仕事を、このコロナ禍の危険に満ちた、かつ、間引かれた試合の多い中でやっていかねばならないって、どうなんだろう?
    約5ヶ月の大会中止で普通の選手だって調子を狂わせている人も結構いるようですし。下部大会や予選で多く試合をこなしてきた若手が勝ち上がっているのはそのせいもあるのでは。
    錦織君の場合、怪我、手術、復帰間際のコロナ流行、感染、隔離と様々に追い討ちをかけられた上に、復帰のためのまともな参戦計画も立てられない状況(全仏までの4戦のうち3戦は1000の戦い)で、そりゃ、肩も痛くなるよって思うなあ…むしろこんな過酷な状況下でよく頑張っているし、よっぽどテニスが好きなんだなあと思います。
    だから、本領発揮は、これから!これから!

      引用  返信

  • 残念ですが、こればっかりは仕方ないです〜(;´д`)💦💦
    ホント、「どこも痛いところの無い圭は最高に強い💪」ですもんね〜٩(ˊᗜˋ*)و︎💕︎💕
    お利口して、ウィーンを待つとします(○´∀`)ゞラヂャ!︎💕︎💕
    テニスの神様、そろそろ圭にもご褒美をお願いしますщ(゜Д゜щ)カモォォォン︎💕︎💕

      引用  返信

  • 怪我を防ぐための体力作りもしているんだろうけど、実戦の過酷さがそれを上回ってしまっているかも。
    復帰後これまでの奮闘に敬意を表しつつも、復活のためのきちんとした計画が立てられない以上、無理はしないでほしいと思います。私達錦鯉も焦らず気長に待ちたいですね。

    連投すみません。先程のコメントで、最後が曖昧になってしまったので、補わせてもらいました。

      引用  返信

  • 18歳から応援していたが、ここまでフィジカルがボロボロになってしまった以上、もう無理しなくていいよ、と声をかけたくなる。
    はっきり言って、このフィジカルで世界で戦えるのはもう無理だ。
    それは本人が一番わかっているのではないかな。

      引用  返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

     テニスを愛する理系人間。よく理屈っぽいと言われる。  プレースタイルはサーブアンドボレー、というよりサーブ。ストロークは弱い。  2008年2月15日に本ブログを開設。その数日後に錦織圭はあのデルレイビーチ優勝を成し遂げる。  錦織圭の存在を知ったのは2004年。その後2006年全仏ジュニアベスト8で再注目。2007年のプロデビュー(AIGオープン)で錦織の試合を初観戦。その後の活躍を確信し、今に至る。