錦織圭、明日クーヨンクラシックに参戦

錦織圭が一旦は取りやめたクーヨンクラシックへの出場を決めました。ボレリに代わり明日、コンソレ準決勝をマチューと戦います。コンソレは1回戦敗者の4名によるトーナメントです。

錦織の代わりにドディグが入り、ティプサレビッチの代わりに入ったボレリのさらに代わりに錦織が入り・・・という複雑な状況ですが、これもエキシビションマッチならでは。

【1月11日AM7:40追記】その後、トーナメント表にフォニーニの名前が追加され、錦織はドロー上ではどこに入るのか分からない状態になっています。ドローとは関係ないところでマチューと試合するのかもしれません。

実は錦織は昨年もこの大会に途中から出場しています。腹痛で欠場したラオニッチの代わりでの出場でしたから、今年とは逆の立場ですね。

昨年はこの大会でツォンガとロディックを破り、勢いにのって全豪オープンでベスト8入りしました。そういうゲンのよさもあり出場を決めたのではないかと思います。いい結果を残したプロセスはやっぱり踏襲したいものです。

さて明日の試合に出場するという情報ソースは、クーヨンクラシックとスマッシュ編集部のtwitterつぶやき。


また、オリ・・・じゃなくて本人からも膝の状態が良いとのツイートがたった今ありました!

 

さすがにこれはもう、膝の状態は良いと信じて良いのではないでしょうか?もちろん連戦でどうなるかは誰にも分かりませんが、そこは考えすぎても仕方ありません。まずは1回戦を痛みなく迎えることが重要だと思います。

さて明日のマチューとの試合、勝ったら昨年のジャパンオープン決勝の再戦となるラオニッチとのコンソレ決勝戦に進出します。こちらも楽しみですね。

クーヨンクラシックはATPツアー選手8人で争われるトーナメント形式(コンソレ有り)のエキシビション大会です。

大会公式サイト:AAMI Kooyong Classic – Home

これまでの経緯

1月5日 ブリスベン準決勝で左膝痛によりリタイア

8日まで 治療、休養

8日夜 クーヨン欠場を発表、代わりにドディグが出場

9日 全豪会場(メルボルンパーク)で練習再開

10日(今日) 同じく全豪会場で練習、「あとは気持ちの問題、痛みはない」とインタビューに答える。翌日の試合への出場を発表。

12 件のコメント

  • さらに公式ブログも来てたわー。

    明日のクーヨンの大会に急遽出ることになりました。
    大会1日目はまだ膝の調子が良くなく断念しましたが、昨日今日と練習してポイント練習もできていたので
    明日の試合はPaul Henri Matieu選手とです。
    今日は朝アルゼンチンの選手と午後は添田君とセット練習をしました。
    サーブの調子が良く、調子はまずまずです。
    明日の試合できっちり問題点を克服して膝の確認も含めて楽しんできたいと思います。

    kooyong – 錦織圭公式サイト|KEINISHIKORI.COM

    アルゼンチンの選手って・・・漠然としすぎ!w
    多分、言っても分からないと思って名前書いてないんでしょうが、テニスファンをなめちゃいけない!
    結構詳しいですよ、みなさん。

    あっ・・・天然で名前忘れた可能性もあるのか・・・割と・・・。

      引用  返信

  • あれ?明日マチューと対戦ってことは、ドディグのまた替わりってことですかね??
    ボレリの替わりにFogniniが入ってるみたいです。。。

      引用  返信

  • ホントですね、マチューvsボレリのところは試合行われてないはずですが、勝者のところにフォニーニが・・・。
    ドディグはすでにラオニッチに負けているので大会は終わりじゃないですかね。
    マチューvs錦織は行われることは行われるみたいですが、トーナメントとは関係ないところで行われるのかな?謎が多すぎる・・・。

      引用  返信

  • あれ、よく見たらドディグがラオニッチに6-4,6-4で勝ってるのに、コンソレ決勝にはラオニッチが出ているなあ・・・これってひょっとして、負けたら左にいくトーナメント表なのかな・・・?

    http://www.aamiclassic.com.au/draw.php

      引用  返信

  • 圭、ドロー運最高!

    下位対抗シード:ユーズニー
    上位対抗シード:フェレール
    圭の山の選手:ハネスク、ベルローク、予選勝者

    これ以上のドローはなかなか望めないでしょ♪

      引用  返信

  • ホントですね。。試合結果では,ドディグがラオニッチに勝ってるのに、
    ドローではラオニッチが勝ち上がってるように表示されてますね!
    ライストの予定から推測すると、
    ラオニッチ-ボレリ(代:フォニーニ)、
    マチュー-ドディグ(代:錦織)
    ではないかと思われます。
    ラオニッチは、試合に負けたけれど,ドディグの事情でエキシビジョンということもあり、勝ち上がりになっと考えると整理がつきます。

      引用  返信

  • ラオニッチ-フォニーニは、コンソレ決勝
    マチュー-錦織は、コンソレ3位4位決定戦 みたいな感じではないかと。。

      引用  返信

  • s500さんの理解だとつじつま合いますね。公式サイトで説明してくれ〜。

      引用  返信

  • ゆきたろうさんありがとうございました。お陰で見ることができました。
    膝は今の所大丈夫のようだすね。
    ラブゲーム1セットの後の負けはなんでしょう?3セットやったらどんなんかな?ということでしょうか?
    強風注意!ですね。

      引用  返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

     テニスを愛する理系人間。よく理屈っぽいと言われる。  プレースタイルはサーブアンドボレー、というよりサーブ。ストロークは弱い。  2008年2月15日に本ブログを開設。その数日後に錦織圭はあのデルレイビーチ優勝を成し遂げる。  錦織圭の存在を知ったのは2004年。その後2006年全仏ジュニアベスト8で再注目。2007年のプロデビュー(AIGオープン)で錦織の試合を初観戦。その後の活躍を確信し、今に至る。