サラソタオープン決勝戦レビュー

前の記事は半分(以上)冗談で、「GAORA放送を楽しむために、情報を遮断してください!」と言いましたが、本当にそう言いたくなるくらい素晴らしい試合でした(まだスコアのみですが)。

決勝戦にふさわしい接戦を制して、ついに2週連続チャレンジャー大会優勝です!!

2010 Sarasota Challenger
Final
Kei Nishikori
def. Brian Dabul, 2-6,6-3,6-4

今日は「錦織劇場」の方でしたが、2ndで波に乗って一気に突き放すパターンではなく、我慢強く付いて行き、なんとかリードするが、追いすがられ、最後は振り切るという見ている方はハラハラ、しかし試合後の感動としては最も大きいパターンでの勝利でした。

それでは試合の流れを振り返ってみます。

1stセット: 2-6

決勝戦の緊張からか、スタートからブレイクされ、終始リードされる。

ダブルは身長170cmながら、1stサーブが入った時のポイント率が90%近く、ブレイクのチャンスを与えてくれない。

終盤にももう一回ブレイクされて、2-6で落とす。

Set1スコア (スコアリング:BFさん)
G1 圭 ×××○× 0-1 決勝戦の緊張?
G2 ダ ○×○×○××× 0-2 BP握ったが
G3 圭 ○(×○)○○ 1-2 離されない
G4 ダ ○×○××× 1-3 ダ、BP握らせない
G5 圭 ○○×○○ 2-3 しっかりキープでチャンス伺う
G6 ダ ××○×○× 2-4 ダ、しっかりP先行
G7 圭 ○×××○× 2-5 ダメ押しくらう
G8 ダ ××○×× 2-6 1stセットはダブル

2ndセット:6-3

2ndセットに強い錦織圭、「錦織劇場」発動なるか、と期待されましたがダブルは相変わらずサービスゲームをすいすいキープ。

錦織も気持ちを切り替えてきて、このセットの序盤をしっかり乗り切る。1stサーブの確率が高まり、キープに安定感が出てきた。

ダブルもここは優勝したいはずで、あと1セットに迫った優勝に向けてキープを頑張る。第7ゲームまでデュースにもならず、お互いにサービスゲームを安全にキープし続けた。

迎えた第8ゲーム、錦織がついにこの試合初のブレイク!ダブルの1stサーブでのポイント獲得率が85%前後と非常に高く、プレッシャーを受け続けながらも我慢してキープを重ねた結果、ようやくめぐってきたチャンスを1発で生かした。
この当たり、人並み外れた勝負強さを感じさせる。
その後はお互いにキープし、結局この終盤の1ブレイクだけの差で錦織が2ndセットを奪い返した。

Set2スコア (スコアリング:BFさん)
G1 圭 ○×○○○ 1-0 気持ち入替え
G2 ダ ×○○××× 1-1  ダもレベルを維持
G3 圭 ○○×○○ 2-1 安定してきた
G4 ダ ○×××○× 2-2 ダ、しつこく追いかける
G5 圭 ○○×○×○ 3-2 サーブの確率上昇
G6 ダ ×○××× 3-3 締まった好ゲーム
G7 圭 ○○×○○ 4-3 先行してチャンス伺う
G8 ダ ○○○×○ 5-3 ついにブレイク!
G9 圭 ×○○○○ 6-3 きっちり取りきった!

ファイナルセット:6-4

チャンピオンが決まるファイナルセットが始まった。流れが錦織に行ってもおかしくないのだが、このセットの序盤もダブルは崩れない。あっぱれ。

しかし1stサーブの確率、入った時のポイントの確率ともに、いつの間にか錦織が逆転している。

2-2で迎えた第5ゲーム、一気に錦織がラブゲームでブレイク!優勝に大きく近づく。

しかしなんとダブルがすかさずブレイクバックして3-3。決勝戦にふさわしい一進一退の攻防が続く。

さらに次のゲーム、錦織がブレイクバック返し!試合終盤になってリターンの調子が上向いてきたのか。ついにダブルを振り切って、2週連続の優勝を果たした!

Set3スコア (スコアリング:BFさん)
G1 ダ ×××× 0-1
G2 圭 ○×○○○ 1-1
G3 ダ ○×○××○×× 1-2
G4 圭 ○○○○ 2-2
G5 ダ ○○○○ 3-2
G6 圭 ○××○×× 3-3
G7 両 ○×○○○ 4-3
G8 圭 ××○○×○○○ 5-3
G9 両 ×○○×○××× 5-4
G10 圭 ○×○○○ 6-4

スタッツ分析

試合を通じてのスタッツ

1stサーブの確率 錦織 65% ダブル 62%

*両者ともまずます。

1stサーブからのポイント率 錦織 78% ダブル 70%

*途中までダブルは85%を超え、錦織は50%台だった。

迎えたブレイクポイントとブレイク数 錦織 6回中3回ブレイク  ダブル 6回中3回ブレイク

*両者全く同じだが、どこでブレイクしたかの差で勝負が決まった。

トータルポイント数 錦織 81本 ダブル 70本

*全体としてはやはり、やや錦織がゲームを支配していたようだ。

セットごとのスタッツ(1st-2nd-finalの順)

1stサーブの確率 錦織 52%-77%-64% ダブル 60%-64%-62%

*錦織の2ndセットの確率は素晴らしい

1stサーブからのポイント率 錦織 45%-85%-89% ダブル 87%-71%-56%

*尻上がりの錦織に尻すぼみのダブルと対照的となった。ここが試合のポイントだったか。

サービスエースの数 錦織 1-1-3本 ダブル 0-0-0本

*ファイナルセットの錦織はサーブが強気だったと想像できる。ダブルはエースがないのにサーブキープが良かったのは左利き特有の回転のせいかもしれない。

19 件のコメント

  •  団長、記事のうPお待ちしておりました^^

     圭の公式サイトに書いたコメですが、もう一度書きます^^)/

     やったー!!!!!
     2大会連続優勝おめでとう!!!
     今日の試合はものすごかったです!痺れましたよ!
    スコアは 2-6、6-3、6-4 の逆転優勝です^^)/
     ダブルも調子がいいようで、壮絶なバトルでしたね≧▽≦
    こんなすごい試合を勝ちきることのできる圭を本当に尊敬します。
    同じ日本人として、誇りに思いますよ!
     みんなの夢をかなえてくれてありがとう!そしてお疲れさまでした!
    ゆっくり身体を休めてくださいね!
    そして、今度はゆっくり、優勝の余韻にたっぷりつかってください!

     この試合をGAORAで見ることができるなんて!
    なんというタイミング!至福じゃあ~≧▽≦

      引用  返信

  • 「前の記事は半分(以上)冗談で、「GAORA放送を楽しむために、情報を遮断してください!」と言いましたが、…」

    GAORAホームページでは、2週連続優勝を放映するとか。
    半分(以上)冗談でしたか。唖然…
    情報を遮断は難しいことはわかっていましたが。
    gaora放送までを楽しみにしていたのに。冗談を信じてしまいました。(泣き)

    圭くん、2週連続優勝すばらしいです。もう完全復活ですね。

      引用  返信

  • >yorunishikasakaさん

    団長が冗談だと言っているのは、
    >パソコンをガムテープでまいて・・・とか、
    ブログを読まないで、・・・とか
    ハガキを送ります、・・・とか

    の部分ですよ。

    ガオラさんが、今回の決勝戦を放映してくれるのは
    決定していることです。
    まだ、放映スケジュールは未定です。

    ガオラさんのHPでの発表を楽しみに待ちましょう!

      引用  返信

  • 天候のことも、そしてダブル選手の能力の高さ・メンタルの高さもあり、本当に激戦を制したのですね。(今トリビューン記事読んできました。)
    決勝戦にふさわしいすばらしい試合だったと。

    錦織選手もサバンナを制したことで、勝ち癖も付き、勝利に対する貪欲さも垣間見えた試合のように思います。

    少し休んで、また、更なる戦いの場へ挑んでいって欲しいですね。
    Air・Kも、クレバーなドロップショットも炸裂しているらしい。
    早く生で見たいなぁ。いやTVでも全然OKですが^^;

      引用  返信

  • 「冗談」と書いたのは、情報を遮断した状態で放送日までいることができれば、より面白く番組を見ることができるでしょうが、実際問題として耳に入ってこないようにすることはほとんど不可能です。

    そもそもGAORA自体が「二週連続優勝に伴い」と言ってしまっているので、GAORAを見たら番組冒頭で丸山さんあたりが

    「いや~、錦織、やってくれました!」

    とか言ってしまって、情報を遮断した意味がなくなってしまうことは間違いありません。

    という意味で、無理なことを無理と分かりつつも言ってみたことが「冗談」であって、それ以上の意味はありません。

    不快にさせて申し訳ありませんでした。

      引用  返信

  • 2週連続優勝、もちろん本人の調子・レベルが上がってきたことが一番の要因でしょうが、クレーシーズンに入ってということで、ショットのバリエーションやアイデアの豊富さ、展開力の差などが大きいサーフェスなので、特にチャレンジャーレベルではその差が出たのかなとも思います。
    そうだとすれば、本人が言う「遊びの入った(自分のやりたい)テニス」が、かなりできていたのかな、とも。
    いま聞いたら、好きなサーフェス、またクレーになっているかもしれませんね。
    全仏出場は難しそうですが、結果的にこの状況なら、予選は出ずに本戦インにかける選択で、良かったと思います。他選手の不出場を願うのも複雑ではありますが、この流れだと、サプライズがありそうな気もちょっとしています。

      引用  返信

  • GAORA来ましたね!

    5月29日(土) 10:30-13:00

    10:30-13:00 【錦織圭出場】ATPテニス チャレンジャーツアー ~サラソタ~<決勝>錦織圭 vs B.ダブル

    6月9日(土) 23:30-26:00

    23:30-26:00 【錦織圭出場】ATPテニス チャレンジャーツアー ~サラソタ~<決勝>錦織圭 vs B.ダブル

      引用  返信

  • マックウィンさん、情報早いです。
    皆さんにお知らせしようと思ったら、すでに報告済みでした。

      引用  返信

  • >みけさん、
    タッチの差?^^;今日はたまたま暇だったもので・・・w

    >大好きさん^^
    さすが、あとのチェックも怠り無いですねww
    ありがとう!

      引用  返信

  • こちらの貼り付けも訂正しておきます。

    --------------------

    5月29日(土) 10:30-13:00

    10:30-13:00 【錦織圭出場】ATPテニス チャレンジャーツアー ~サラソタ~<決勝>錦織圭 vs B.ダブル

    6月9日(水) 23:30-26:00

    23:30-26:00 【錦織圭出場】ATPテニス チャレンジャーツアー ~サラソタ~<決勝>錦織圭 vs B.ダブル

    --------------------

      引用  返信

  •  サラソタCH優勝のドロー(pdf版)を印刷して記念にしようと
    思っているのですが、いつまでたっても下記の状態ままで、決勝の
    結果が記入されません。

    http://www.atpworldtour.com/posting/2010/5069/mds.pdf

     ATPの「Results Archive」でも同じ状態だったので、どうやら
    大会関係者、ATP関係者がこぞって更新を忘れてしまっているよう
    です。

     こんなことは前代未聞で、このままでは、折角優勝したスコアー
    等が、ATPの公式記録に残らないことになります。(大袈裟ですが)

     サラソタCHのFacebookのページにでもクレームを書き込めば
    効果的かと思うのですが、私は英語力に問題があり、クレーム内容
    を的確に伝える自信がありません。

     情けない話ですが、どなたかお願いできないでしょうか?

      引用  返信

  •  コリコリさん、今確認したところ無事更新されていましたよ!

     私も心配になって、思わず見に行ってしまいました^^;

     良かったですね!

      引用  返信

  • コリコリさんの言う通りです。
    圭 大好き!の言うことも正しいです。
    つまり、ATPの公式からファイルをチェックすると未だ更新されていません。が、サラソタのページにはコンボしかありませんが、決勝まで載っています。取りあえずこれを押さえておかれたらいかがでしょう。
    http://www.sarasotaopen.org/contentfiles/Combo-2.pdf

    CH大会によってはファイル名が独特なものを使用している大会が有り、ATP公式とのリンクが即でない場合がある感じです。

      引用  返信

  •  圭 大好き!様

     ご連絡、ありがとうございます。

     その後、私も確認しにいったのですが、印刷用のpdf版については
    依然として未更新でした。

     更新されていることを確認されたのは、pdf版でしょうか?
     もしpdf版であれば、そのアドレスを教えていただけるとうれしい
    のですが・・・。

     お手数をかけますが、よろしくお願いします。

      引用  返信

  •  ケイメヒコ様、圭 大好き!様

     早速のフォロー、ありがとうございます。
     早速、プリントアウトしました。

     が、記念のドローがCombo版では今一の感が否めません。

     ATP公式ではCombo版でも未更新だったので、今回はATP
    関係者によるミスですね。しっかりしてもらいたいものです。

      引用  返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

     テニスを愛する理系人間。よく理屈っぽいと言われる。  プレースタイルはサーブアンドボレー、というよりサーブ。ストロークは弱い。  2008年2月15日に本ブログを開設。その数日後に錦織圭はあのデルレイビーチ優勝を成し遂げる。  錦織圭の存在を知ったのは2004年。その後2006年全仏ジュニアベスト8で再注目。2007年のプロデビュー(AIGオープン)で錦織の試合を初観戦。その後の活躍を確信し、今に至る。