錦織圭、今季クレー初戦を快勝(2011ヒューストン1回戦)

まずは昨日の記事で「ヒューストンとの時差15時間」と誤った情報を書いてしまい、申し訳ありませんでした。

サマータイムが始まっていたので時差は14時間(日本の方が早い)です。

私もその勘違いのせいで試合最後しかライスコ観戦できませんでしたが、もし私の情報を元に5時ごろ目を覚ました方がいらっしゃいましたらお詫びいたします。

さてその1回戦ですが、快勝でした。

2011 Houston ATP 250
1st Round
Kei Nishikori def. Franco Skugor, 6-3,6-2

終始実力の差を見せつけた完勝だったようです。100位以下の選手に対しては、もうあまり負けなくなりましたね。

クレーコートへの対応もまずまずのようです。

2回戦はインディアンウェルズで競り負けたアンドレエフとの再戦になりました。

いろんな要素を総合的に考えて、五分五分?と思っています。アンドレエフはクレーコートではこのメンバーで実力上位なのは間違いありません。

逆に言えばここを勝利すれば後のラウンドもかなり期待が持てると言えそうです。

次も応援したいと思います。

2 件のコメント

  • 2011 US Men’s Clay Court Championship(ATP250)
    2nd Round

    ●対戦相手:Andreev, Igor (RUS) 97位 27才

    ●対戦成績:0勝1敗(今年のI.W.の1回戦)

    ●試合日時
     現地時間:4月7日(木)PM15:00開始
    (日本時間:4月8日(金)AM 5:00開始)

    ●天候予報:晴時々曇

    ●観戦手段
     ATPの公式ライスコ(ライストもあり)

    ●勝算:5分?
     ※MTFの下馬評ではクレー経験豊富なAndreev優勢

      引用  返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

     テニスを愛する理系人間。よく理屈っぽいと言われる。  プレースタイルはサーブアンドボレー、というよりサーブ。ストロークは弱い。  2008年2月15日に本ブログを開設。その数日後に錦織圭はあのデルレイビーチ優勝を成し遂げる。  錦織圭の存在を知ったのは2004年。その後2006年全仏ジュニアベスト8で再注目。2007年のプロデビュー(AIGオープン)で錦織の試合を初観戦。その後の活躍を確信し、今に至る。