鉄壁マレーを崩せず、しかしグランドスラムベスト8の大躍進(2012全豪準々決勝)

2012 Australian Open
Quarterfinals
Andy Murray def. Kei Nishikori, 6-3,6-3,6-1

マレー強かった。

錦織は1st、2ndセットともにいいプレーをし、随所にスーパーショットも見せましたが。サーブ力の差が大きくモノを言いました。

3rdセットは力尽きたかのようにミスも増え、現時点での実力差を見せつけられた格好となりました。

しかし 悲観的になる必要はありません。ラリーに持ち込めばいい勝負が出来ていました。これまでの路線を大きく変える必要はなく、精進を続けるのみです。

幾度となく訪れたブレイクチャンスでことごとくマレーが鬼サーブ、鬼ストロークを打ってきました。トップ選手の底力、と言ってしまえばそれまでなのですが、自分のプレーに対する自信、そして実際にこれまでのキャリアの中で挽回してきたという経験が生んだ余裕のようなものが感じられました。

錦織もそれを身につけることがいずれできると思います。元々勝負強さを持っており、競り合いに強い。ただしサーブ力に関してはまだマレーあたりと比べると差があることが今日の試合を見ても分かるように明らかですので、まだ上げて行く必要があるでしょう。

今日の試合では2セット目中盤以降、錦織の方に疲労が見られました。これまでの4試合でフルセットマッチを2つ行っていますので無理もありません。それでもスタミナアップは顕著で、以前の錦織だったらもっと早く息切れしていました。今大会はずっと取り組んできたハードトレーニングの成果があらゆる面で表れた大会だったと言えるでしょう。

マレーのテニスは、現在の4強が他の選手より一段上のレベルでプレーしていることを証明していました。
元々は守備的なプレーで勝ってきた選手ですが、最近は攻撃力のアップが顕著です。
特にサーブは「鬼」。速い上にコースも厳しい。リターンもジョコビッチと並んでテニス界最高のものを持っていますから、サーブとリターンで先に優位にラリーを進めることができます。錦織はニュートラルの状態からのラリーではマレーに対抗できていましたが、サーブとリターンで優位に立つのが難しく、そこが結局は大きな差になりました。

スコアの上では完敗だった今日の試合ですが、私としては疲労度も考えれば力は出し切ったと思います。「確変」だったものが徐々に本物の実力に変わりつつある段階で、このままの調子をしばらくキープすることができれば、完全にトップ選手の仲間入りを果たしたと認めてよいと思います。

10日間、楽しめましたね!

スコア推移(スコアリング By Namicchiroさん、まっくさん)

set1 3-6

G1 マ ××○(DF)×× 0-1
G2 圭 ○○○(Ace)××××○×× 0-2 (1212DF1112222)
G3 マ ○○×○×××× 0-3
G4 圭 ×○××○○○×○○ 1-3 (212DF111)
G5 マ ○○×××○×× 1-4
G6 圭 ××○○×○×○○×○○○ 2-4 (121222121111)
G7 マ ○○○××××× 2-5
G8 圭 ××○×○○○○ 3-5 (121?121)
G9 マ ×××× 3-6

set2 3-6

G1 圭 ○○×××○×× 0-1 (21111212)
G2 マ ×○○○××○○ 1-1
G3 圭 ○××○×× 1-2 (1??1?2)
G4 マ ×××× 1-3
G5 圭 ×○○××○○○ 2-3 (22211111)
G6 マ ××○○×○×× 2-4
G7 圭 ○○○×○ 3-4 (21112)
G8 マ ×○××× 3-5
G9 圭 ○×○×○××○×× 3-6 (2????212?)

set3 1-6

G1 マ ××[ac]×[ac]× 0-1 (21a1a2)
G2 圭 ×○××× 0-2 (11221)
G3 マ ○[df]×○○[df]×○ 1-2 (2d112d2ret2)
G4 圭 ××××? 1-3
G5 マ ×○××× 1-4
G6 圭 ××○○×× 1-5 (111122)
G7 マ ×○×○×○× 1-6

73 件のコメント

  • みなさん、こんにちは
    応援お疲れ様でした

    コートに入場するあたりから、涙目になっちゃって
    今までのいろんな事思い出しちゃいました

    昨日は負けちゃったけれど、
    ビッグ4の背中は見えたよね

    今年はまだ始まったばかり!
    健康に注意して、いい1年にしてほしいです

      引用  返信

  • 今回の全豪はとても長く感じられました。
    ハラハラしどうしだった、2・3回戦がはるか昔に思えるくらいです。ツォンガを倒し、準決勝という舞台で、マレーと戦えるなんて、この経験がこれからの圭くんのテニスにどんなに活きてくるか、ああ、うれしいです。

    暖かいフロリダに一時戻るよりは、この日本の寒さに早めに慣れておく方が良いですね。

    デ杯、豆ドームで思い切り応援します。日本チーム頑張れ!!
    一回り体が大きくなり、日に焼けて精悍な表情になった圭くんに会えるのを楽しみにしています。

      引用  返信

  • 皆さんがおっしゃるように、夢のような10日間でした。
    毎日そわそわ、ワクワクして次の対戦相手の動画を確認して、「ふむふむ・・こういうプレースタイルで、このプレーは危険、ここが弱点」など、錦織陣営でもないのに、プレーの研究をしたりして、他の事がおろそかになってしまいました・・・汗
    個人的には、Murray戦については、あまり悲観はしていません。確かにスコア的には完敗でしたが、トップ4と2週目で対戦できたことがものすごい収穫な気がしています。
    そして実力でもぎ取ったセンターコートでのプレー。歴代チャンピオンの写真の横を通る錦織の姿に、しみじみしてしまいました。これからは当たり前の光景になってほしいです。

      引用  返信

  • 今回の全豪、錦織選手は楽より苦の方が大きかったようですし、
    負けず嫌いの圭君ですから今も相当悔しいのかもしれないですが、
    この先の課題が明らかになって、本人にとってもサポートする人たちに
    とっても、実りある2週間だったのでは、と強く思います。

    シード選手としてもっと経験を積めば、このレベルでの
    戦い方を習得してさらに強くなれると信じてます。

    個人的には、この活躍がただただ嬉しいです。

      引用  返信

  • 5試合も夢のような時間をありがとう。
    やはりBIG4は他の選手とは違いましたね。でも、きっとまたジョコ戦のようにグランドスラムでもやってくれるはず。
    去年からの錦織の伸び率は半端ないし、観客を沸かせるプレーや重要なポイントのプレーなどスターの気質があるなと感じました。
    これからの伸びがさらに楽しみです。
    BIG4やこれからの1位候補(デルポトロやトミック)との名勝負を期待してます。

      引用  返信

  • 圭がんばりました!! 団長さんも大変ご苦労様でした! さて圭は日本テニス界の至宝です 是非彼のGSの試合なんか地上波で放送してほしいものです また各新聞には完敗と出てましたが 圭ファンとしては中々クロスした見ごたえある一戦だったと思います 42回のラリーや股抜きショット等等・・・ 昨年の上海戦含め良いシーンだけ集めたら5分以上の勝負できるはずです がマレーに比べやはりスタミナが残ってなかったと思います サーブのパワーが出ず短く入ったところガンガンリターンされてました 痛ましい程の涙涙の頑張りでした!!   PS:Tetsuさんのコメント全然嫌味無い発言でしょう 逆に親心感じた意見だなとおもったりしたんですが・・・ 

      引用  返信

  • 錦織選手お疲れ様でした。
    本当に素晴らしい10日間をありがとう!
    ベスト8の顔写真が並んでいるのを見て、しみじみと凄い処へ来てしまっているのだなと実感してしまいました。
    いよいよ本格的にTOP10が見えてきましたね。何だか嬉しいような怖いような自分の息子を見守る心境です。
    マレー戦で得たものはきっと今後の糧となるでしょう。
    まずはゆっくりと体を休めてほしいです。
    これからますます厳しい戦いになると思いますが応援しています。

      引用  返信

  • tommorrowさん、youtubeのマリー面白かったけど、あれって合成じゃないですか?

      引用  返信

  • 今結果知っているので落ち着いて録画を見てますけど、贔屓目に見ているせいかBaselでフェデラーとやったときほどの差はぱっと見て感じませんね。でも、マレーは落ち着いていてなんだかんだで勝っているところは、見た目以上に差があるのでしょうね。
    あとは鬼サーブと鬼カウンターでしょうか。あのフォームのせいか、すごく速く感じます。
    またこれはトップ選手に共通しますが、ここぞというところでスゴいのがくるんですよね。この辺は錦織くんも出てきていますので本当にトップに近づいているのが分かります。
    マレーもランク10代の頃がありました。いつか錦織くんもGS決勝で見られる日が来ると本気で信じています。

      引用  返信

  • GSでの活躍で急にメディアで騒がれてますね。
    特ダネでの特集をYoutubeで見ましたが、オーストラリアの地元紙での見出し「up and comer」の訳が、「突然現れた」になっていて、ちょっと???って思ってしまった。「新進気鋭、前途有望」ってな意味合いじゃないのかなあ。
    自分は海外に住んでいて、インタビューなども原文でも読んでるから、ちゃんと正しく伝えてよなあと思うとき多々あります。
    今の時代、ちょっと調べれば分かるはずなのに、メディアはいいかげんだなと思います。たいしたことはないのかも知れないけど、正しく伝える努力をしないなら、報道するなと思いますね。
    錦織選手が注目されるのはすごく嬉しいけど、メディア側はもっと勉強してほしいなあと思いますね。

      引用  返信

  • 何よりも大きな成果は、GSという大舞台で5回目の試合としてトップ4のレベルを体験できたことでしょうね。
    そういった経験が増えれば増えるほど、スタミナも含めて、その壁の高さや勾配のキツさを乗り越えられる自分のテニスが想定しやすくなるはずです。
    いくら天才・錦織でも、あの大舞台でいきなり死闘を制しながらトップ4に善戦する、というのは無理なのでしょう。
    しかし、今回のような経験の積み重ねとあのディフェンスに現れる情熱は、必ず近いうちに彼をトップ4の一角に食い込ませると思います。

    私見では現在のディフェンスを強化しつつ、さらに、早い段階での安定した攻撃力が必要とされるのではないかと感じています。
    以前というか昔、ニック・ボロテリーでは確か「三発で決めろ!」という姿勢を打ち出していたように思います。
    それは極端なのかも知れませんが、今のトップ4に対してはやはり防御主体では限界があり、今後 必然的に圭君のテニスは攻撃性を増していくのではないか、と思っています。
    できれば全英あたりでその傾向が現れ、それがさらに熟成して全米でベスト4以上に食い込めたら嬉しいナ♪、と楽しみにしています。

      引用  返信

  • 今朝6時に帰国したというニュースを、成田空港を歩く映像を流して、今TVでやっていました。
    こんなことがニュースになる時が来るとは!!!
    良い休養がとれますように。

      引用  返信

  • 錦鯉のみなさま、10日間の熱い応援お疲れ様でした。
    ドキドキ、ハラハラの毎日でしたが今思えばあっという間でしたね
    。たくさんの勇気や夢をKeiくんからもらって充実した日々でした。

    Nosaさん、もうKeiくん帰国したんですね・・今までになくたくさの人々が彼の事を知っていてきっとびっくりしちゃうでしょうね?
    マイナスのプレッシャーにならずにプラスの力になるといいんですすが・・(*^_^*)
    デ杯まで少し時間がありますしまずはゆっくり体を休めてほしいです。

      引用  返信

  • 2年前、センターコートでナダルと戦ったウィンブルドンの
    試合、ショットの早さとコースの良さでかなりいい展開を
    やってましたが、やはりサーブの安定力に欠けました。

    それを克服すればベスト4までいけるかもしれません。
    ただ優勝までとなると、どうでしょうか。
    向いているのは、やはりハードコートだと思います。

      引用  返信

  • サーブの力は今のところ仕方ないですね、
    ナダルやフェデラーもだんだんサーブが良くなって強くなったはず。
    ただ、ツォンガとの最後のゲームのサービスエースは197kあったし ナダルがまあ200kまでくらいだから そんなに焦ってサーブ力をあげなくてもいけると思う。だって180cmないんだから。
    経験者としては肩を壊すとナカナカ難しいから、あんまりサーブて無理して欲しくない。
    やはりライジングとか緩急、深い浅いなど錦織の展開の速さと頭の良さで これからも勝って行って欲しいな。

      引用  返信

  • スポニチで読みましたが、対マレー戦の視聴率が7.0%だったそうです。
    平日の昼間にこの数字はすごいですね。
    そのおかげか?NHKで決勝戦の録画放送があります。
     NHK総合 29日(日)深夜12時10分~2時02分
    ダイジェスト版になりそうですが、これからNHKのテニス放送が増えるんじゃないかと期待が膨らみます。

    それから、今日夜のTBS ニュースキャスターと深夜のS・1も錦織圭特集となってました。
    目新しい情報があるかどうかはわかりませんが。

      引用  返信

  • 知らずの内に一部の方の気持ちを害したみたいで先ずはお詫び致します。
    大分今更の弁解ですが、ただ私のコメントの背景についてお話しして悪意がない事をご理解頂けたらと思います。

    スポーツ選手とて世界プレイヤーなら英語のコミュニケーション力は必須だと私は思います。
    全豪での決勝、ご存知の通りジョコもナダルも第二外国語の英語で冗談の1つから話しを切り出し、相手を讃え、大会スポンサーを讃え、ファンを讃え、チームを讃えそして自分を讃えています。
    デビルレイ、バーゼルなど勝者インタビューで、錦織さんのスピーチは安定感のあるいいスピーチだったと思います。今回のツォンガに勝った時の勝者インタビューでも素晴らしい受け答えをしていてましたが。後半の質問で自分の気持ちをもっと上手く表現したかったのが、表現しきれず似たような内容の回答しか出来ず、本人が凄い悔しそうな表情をされて、「もっと言葉にしたい気持ちがあるのに」という表情をされていたので、頑張れ!!と声援を送りたかっただけです。
    錦織さんはとても表情で心を映す人なのでその気持ちが痛いほど良く伝わったのでこのコメントへと繋がった訳です。

    年齢で言えば社会人1年目、そんな年次で世界に名を轟かすことなど到底私には出来なかったのですから上から目線など恐れ多いです。

      引用  返信

  • 楽しい10日間が終わってしまって今は抜け殻のようです。
    昨晩のジョコナダル戦を見てこのような最高峰のレベルに圭くんも
    たどり着いてくれたらと祈ってやみません!
    番組情報があったのでお知らせします。
    2月5日(日)NHK 後3:05~4:33「全豪オープンテニス ハイライト~錦織圭 躍進の軌跡~(仮)」 
    Tetsuさん 私は上から目線とは思いませんでしたよ!

      引用  返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

     テニスを愛する理系人間。よく理屈っぽいと言われる。  プレースタイルはサーブアンドボレー、というよりサーブ。ストロークは弱い。  2008年2月15日に本ブログを開設。その数日後に錦織圭はあのデルレイビーチ優勝を成し遂げる。  錦織圭の存在を知ったのは2004年。その後2006年全仏ジュニアベスト8で再注目。2007年のプロデビュー(AIGオープン)で錦織の試合を初観戦。その後の活躍を確信し、今に至る。