錦織圭、気合のディフェンスからの超特急でまずは1回戦突破(2015全仏1回戦)

2015 French Open (Grand Slam)
1st Round
Kei Nishikori[5] def. Paul-Henri Mathieu, 6-3,7-5,6-1

マチューの強烈なフォアハンドや叩き込むようなバックハンドダウンザラインも沢山見れた上でストレート勝ちしてくれて、1回戦としては良かったと思います。

特に3rdセットはボールをしばけていましたし、サーブも201km/hを記録するなど良くなっていました。マチューは2ndセットを取れなかった気落ちからか、あるいは疲れからか錦織の強打についていけなくなりました。
思い切ったリターンも数多く見られ、フィジカルの状態はかなり良いのではないでしょうか。
ただ、1st、2ndセットのサーブは確率もスピードも悪く、本人も自覚があるようで「入れろ」とつぶやくなど、調子が良くなかった点が要修正でしょう。

2ndセットはマチューの攻撃が凄まじく、コート後方に下げられる場面も多く見られましたが、私は錦織はよくディフェンスしたなあと思って見ていました。特にブレイクした第12ゲームは久しぶりに気合のディフェンスが見れたと思います。

錦織のテニスの特徴は速攻ですがリスクも伴います。クレーコートでは時にはディフェンスも必要です。ジョコビッチも鉄壁のディフェンス力が土台になっていると思います。ディフェンスに自信があれば攻撃も思い切っていけると思います。
セットを取られてもおかしくなかった中、状況を冷静に判断し、やるべきことをやった錦織。1回戦としてはいい内容だったと思います。

102 件のコメント

  • ベダスコ(対予定)流石クレー住人、タロウ健闘、でも 圭の網を越えるのはキツイ!とは云え、ベルッチ(の方が先でした多分)左腕が振り切れてるので、面白い試合になると期待したいですネ!西岡は片鱗をみせてます!クレーはタツマよりフォニーニに味方シマシタ!

      引用  返信

  • ベルッチを見てるとクビと”腕”の長さとスイング?背はジョーコと同じ!好調なので 錦織として申し分ない相手になると思えます!ただディフェンス(はジョーコや圭に及ばない)よりナチュラルなフォアのオフェンス プレーヤー。熱戦を期待出来ますネ!

      引用  返信

  • ちなみに団長さん、レイアウトの問題か分かりませんが、スマホからコメントし難いです。コメントを送信ボタンが押しにくい・・・><

      引用  返信

  • ベルッチ選手、怖いですね~復活優勝の勢いと 1Rのストレート勝ちで体力も充分Σ(゚Д゚)
    ファイナルセットに入ると何が起きるか分からないので4セットまでで勝利してほしいですね!

      引用  返信

  • 数年前より錦織圭を注視し、すべての試合の実況をネット、テレビで夜中も昼間も寝ないで追っているフアンの一人です。今までの試合の経過を探求し、分析していますが錦織がNO1になるには、次の2点だと思います。第一に如何にファーストサーブを確実に60%以上、しかも190Km以上でインできるか、第二に如何にフォアーの精度を上げ確実にインできるか、この二点に尽きると思います。何故ならトップになった人はすべてこれを満たしていたから(いるから)だということです。従って如何に、この二点を重点的に今後克服するかにかかっていると思います。以上独断的意見ですが、皆様の見解はは如何のものでしょうか。

      引用  返信

  • 錦織以外の日本人選手は皆ストレートで敗退してしまいました。
    ロンドン五輪の時も、3人出場したけれど、1回戦を勝てたのは錦織だけでした。
    私たちファンは、しばしば目先の結果ばかり追い求めてしまいます。実力以上の結果を残して欲しいと願い、実力通りでは物足りなく感じてしまう。
    しかし、実力をつける以外に結果を残す方法はないのだ、という事を実感します。
    GS第4シードを獲得しても5~8シードに差を付けなければ、安定的にシードを守れない。
    錦織選手は世界一位を目指すために、短期的な結果ではなく、さらなる成長を目指して練習を重ねているのだと思います。
    錦織選手の成長の足跡を長い目で見守って行きたい、錦織選手が数年後にどこにたどり着こうとしているのか、その道程を楽しみたい、と思います。
    今回敗退してしまった皆も、次に良い結果を目指すために修練を積み重ねていく事でしょう。成長した姿を楽しみにしています。

      引用  返信

  • 圭くんがなにやら自分に命じていたのは驚きました。こういうのいいですね。修造さんぽいですが。
    くるみちゃんの試合が面白く寝不足です。ドダン本人もバッチリオシャレしてましたし、美人パワーヒッターの登場か!との解説はあるわで、出だしは好調でしたが、ファイナルセットに向け言い方悪いですが、実力が丸裸にされたような。相手の弱点を攻める高い技術があればこそですね。昨夜のくるみちゃんのファイトはきっと忘れられません。
    それにしても、圭くんが海外でも人気者、という内容のニュース、中身がなさ過ぎで、、、。やっぱり騒音防止と厳しいセキュリティが必要ですね。

      引用  返信

  • 圭君の話題ではない話を書きます。興味のない方は読み飛ばしてください。
    日本で全仏オープンのホームページから予約していたチケットで今日はフィリップシャトリエコートに入りました。第4シードのベルディヒではなく、何でシモン?何でジョコビッチやナダルが今日ではないの?マレーは楽天で見たのに、と少し落胆していました。でもグランドスラムのセンターコートの雰囲気を感じられて夢のような1日でした。昨日のこともあり、少し警備員が厳しい顔をして見張っていました。マレーはうまかったです。やはり圭君がこの前やられたセカンドサービスをバックで打ち込む攻撃はほんとにすごいです。
    コートの外では、ローランギャロスは人の数に比べてあまりに狭く、アザーコートの間はお正月の明治神宮並みに動かない人の塊ができていました。フィリップシャトリエコートに屋根をかけたりとかの将来構想の絵がそこかしこに掲示していましたが、もう少し抜本的に解決しないと事故が起こるのではと感じました。
    入口では手荷物の中身チェックや記名式のeチケットと身分証明書の確認がされており、きちんと運営されていると感じました。グランドスラムの高揚感もあり、日本でもこういう大会ができればなと思いました。明日はパリを離れます。圭君頑張ってほしいです。

      引用  返信

  • ”ひとり言”について:確かに 日本人プレーヤーは余り試合中にじぶんを叱咤してるのを余り見掛けませんネ!スポーツ サイコロジー分野では ポピュラーなイシューだと思うけど、ワタシモ自分の腰をケッポリます自分に話しかけながら!特に、車を止めた場所を忘れた時とか!運転中にも!アッ!運転中だった‼️とか!

      引用  返信

  • 今コメントを記入して送信しようとしたら「コメント送信」ボタンが下に隠れてしまい送れませんでした。
    一定の行数を超えると送れないみたいです~ PCからです。

      引用  返信

  • 錦織選手1回戦勝利おめでとうございます*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)’・*:.。. .。.:*・゜゚・*
    見事としか言いようがない。

      引用  返信

  • 昨日、コメントを送ろうとしたら、送れなかったです。
    改良お願いします。

      引用  返信

  • 団長さん、いつも改良ありがとうございます。

    コメントの「返信」をクリックすると「The comment box does not exist!」となって使えません。「引用」も同様です。
    お忙しいところすみませんm(__)m

      引用  返信

  • 下団さん、いつもありがとうございます。
    心身が充実している今回の全仏、圭くん黒豹になってやってくれそうな予感がします\(^o^)/

      引用  返信

  • hanさん
    全仏レポありがとうございます アザーコートの間はそんなに狭く混雑してるんですね
    前出の『sorry』のお話も楽しく読ませていただきましたw
    あと1日パリを満喫して来てください

    節穴さん
    『アッ!運転中だった!』には笑えないかもですが思わず笑っちゃいましたw
    私も独り言よく言ってしまいますが 私のは老化現象かな(^_^;)

      引用  返信

  • 横から失礼します。日本のメディアについて私なりの意見を述べさせて頂きます。日本のメディアは日本とフランスの文化の相違につけ込んで全仏の開催時期にフランス・ネガティブキャンペーンをシレっと展開して差別や偏見を助長するんじゃないかなと予想してました。2月に発売された週刊誌の人種差別が云々の記事が出た時、ライトなテニスファンでも直ぐに捏造だと主張しており、私も激しく同意。それでもこの記事を信じている人が沢山おり唖然。ヤフコメ民の多くが物事を俯瞰的に見ることができずに情報に流されている状況にも閉口。私には団長さんの様にブログを運営する能力がない為、このブログのコメント欄を利用させていただき異文化についてチョコチョコ紹介させて貰ってます感謝♡特にフランスを美化するつもりはありせんし、改善すべき点を指摘することは問題無いと思っています。取り敢えず、日本のメディア報道で気になった事を3点。

    1.RGの警備が少々甘かったという指摘には同意してますが、過去にRG以外でもこういった問題は発生しておりますし、今年の全豪男子決勝でも侵入者がでて問題になりました。しかし何故その時日本のメディアはあまり報じなかったのか。今回の件だけを報じ、まるでRGだけ警備が甘い様な表現に納得いきません。

    2.自国民贔屓の応援は四大大会全てで起こっているのに、何故全仏の観客だけ自国民贔屓が酷くマナーが無いかのように報道するのか。今年の全豪はサッカーのアジアカップと重なり大勢の日本人が日本選手に熱烈応援して、ある意味自国民贔屓の偏った応援をしている様に感じましたし、プレイ中にコールする客が出てこちらのブログでも話題になりましたよね…そして地元豪出身キリオスの試合でも豪の観客はかなり偏った賑やかな応援をしていましたが…

    3.今年の全豪直前に、豪高級紙で錦織さんが表紙を飾ったとYahooニュースで取り上げられて話題になったのに、仏の一流スポーツ紙レキップ公式HPで錦織さんが取り上げられたという事実を何故伝えないのでしょうか?個人的にこれはとても凄いことだと思います。その反面日本の方は海外の評価を異常に気にする傾向があり浮き足立つ可能性もありますので、この事を伝えないというのも有る意味正解かもしれませんね。

    【フランスコネタ 番外編3】
    先日、大相撲夏場所が千秋楽を迎えましたね。表彰式では土俵に巨大マカロンが登場します。これは優勝力士に贈られる「日仏友好杯」の副賞。この賞が出来たきっかけは大の相撲ファンとして知られるシラク元仏大統領です。このマカロンは“パティスリー界のピカソ”と称される仏人ピエール・エルメ氏のブランド「ピエール・エルメ・パリ」の特製マカロンであり、詰め合わせが力士に寄贈されます。

    超長文ばかりで申し訳ございません。異論反論がございましたらお気軽にどうぞ。

      引用  返信

  • 祝初戦突破^ ^
    快勝でしたね〜。自分は勝手に1時半スタートと予測してしまい、出先で11時半くらいにチェックしたら始まっていて焦りました。
    結局ライスコと板のロム専での応援でした。
    次戦は自宅でしっかりと応援したいと思います。
    ところで、ケイメヒコさんが気掛かりです。

      引用  返信

  • メアリー さん、黒豹ですかヽ(^o^)丿確かに試合中の錦織選手は精悍な顔つきで逞しいですもんね~試合中の黒豹のようなイメージが普段はペンギンみたいですよね~そのギャップが良いのですが・・・
    私は錦織選手に早くイワトビペンギンから皇帝ペンギンに進化して世界中の大会(大海)を自由自在に泳ぎ回ってほしいです~(≧▽≦)

      引用  返信

  • >隼人さん
    錦織選手が№1になるポイントを2つ挙げていますが、2つ目(フォアの精度を上げ、確実にイン)は、もちろん重要ですがちょっと抽象的ですよね(アンフォーストエラーが減っても、ウィナーが減ってjは意味がない)。
    1つ目も、明確なようですが、それは全試合で、その要件を満たす必要があるのでしょうか?
    今の錦織選手が「全試合で」、ファーストサーブを確実に60%以上、しかも190Km以上でインできるようになったら、それは№1になれると思いますが、実際無理じゃないですかね。
    ちなみに、下記のデータによると、今年の全豪と、昨年の全米の、ジョコ・フェデ・ナダルのファーストサーブの平均速度は、ジョコ192・181、フェデ189・186、ナダル180(今年の全豪のみ)のようです。つまり平均190以上のファーストを打っているのは全米のジョコだけです。
    http://datatennis.net/archives/2797/
    http://datatennis.net/archives/2214/
    僕は、これ以外のデータは無いのですが、そもそもナダルはそれほどサーブが強くなく、少なくともファーストサーブの平均が190キロを超えているイメージはありません。
    隼人さんのデータでは、ナダルも、「ファーストサーブを確実に60%以上、しかも190Km以上でイン」という条件を満たしているのでしょうか?
    まぁ何が言いたいのかと言うと、「ファーストサーブを確実に60%以上、しかも190Km以上でイン」という条件を満たさなくても、№1になれる可能性はあると思いますよ、ということです。
    もちそん、サーブが強化されれば、その分、№1に近づくとは思いますが、錦織選手の体格で、1セットあるいは1試合限定ならともかく、大会を通じて、「ファーストサーブを確実に60%以上、しかも190Km以上でイン」という所までサーブを強化するのは無理だと思います(それを目指すとたぶん故障します)。
    長文失礼しました。

      引用  返信

  • すみません、上記のコメントのうち、
    今年の全豪と、昨年の全米の、ジョコ・フェデ・ナダルのファーストサーブの平均速度で、190以上のファーストを打っているのは、(昨年の全米ではなく)全豪のジョコだけ、の誤りです。

      引用  返信

  • >アリスさん
    くるみちゃんの試合、ホント凄かったです!ドダン選手の強烈なサーブ、ストロークを上手く「シコって」ましたね^^攻守の切り替えも見事でした。今回はくるみちゃんの経験が彼女の若さを上回りましたが、将来楽しみな(怖い)選手ですね。ホント、面白い試合でした~。

    「超一流」ジョコビッチvs.「一流」錦織圭の差にビジネスマンが学ぶべきこと
    http://president.jp/articles/-/15351
    「超一流になる人は、虎視眈々と上を狙い続けられる人」確かにそうですね。超一流の選手はTOPになっても現状に満足せず、常に上を目指して走り続ける。だからこそ、TOPに行けたのだしTOPを維持できる。圭くんが彼らに追いつき追い越すことが出来るのを楽しみに待ちたいと思います♪

      引用  返信

  • 団長、お忙しいところ恐縮ですが、不具合?の報告です。

    以前にサーバ負荷対策をアナウンスされてから、私もサーバ負荷を減らす為『新しいコメントをメールで通知』機能を利用しています。

    ところが、送られてくるメールの4割程度が文字化けで読めません。
    結局ウェブにアクセスすることになり、ちょっと残念な感じです。

    昨年10月頃からメール通知機能を利用していますが、その頃から文字化けが発生していたと思います。

    ドコモのアンドロイドですが、アンドロイド上のアプリでもブラウザでも同様の症状です。
    ブラウザは複数種類試しました。
    昨年10月から現在までに機種変更はしていません。

    機種依存かもしれませんし、私以外にも同じ状況の方がいらっしゃるのかわかりませんので、特に改善希望ということではありませんが、もし同様の方が多いようでしたらと思い、念のためお知らせしますね。

      引用  返信

  • 下団さん
    Numberの記事紹介ありがとうございました。錦織さんはかなり早い段階でテニスの才能が凄いと選手間で話題になっていたんだろうなと思うんです。ナダルの練習相手を務めた事も凄いですし、2008年のデルレイ優勝がその事実を決定づけたのでしょうね。2008年SAPオープン 対ロディック戦 ロディックは錦織さんをとても警戒しており恫喝までして勝利をもぎ取ろうしているのを観て「ちょっ、必死すぎでしょ(苦笑)」て思いました。あまりの品の無さに地元アメリカ人からもブーイングされ米国解説者もドン引き…当然ですよね〜。2011年バーゼルの大会 & 2014年WTF 対ロジャー戦でもロジャー先輩が全力投球で潰しにきたプレーを観て錦織さんは実力者として認められているんだぁと改めて思いした。

    それにしても、修造さんの本質を見極める力は凄いとなといつも思います。私と考え方が物凄く似てるので彼が仰ることにうんうんと頷きます。そして修造さんの動画で元気を頂いております♡2008年、偶然修造さんの公式HPで伝説の「しじみ」動画を見つけた時、後輩たちに「この動画元気が出るから観た方がいいよ☆」と勧めとても好評だったので嬉しかったです。修造さん、ありがとうございますm(__)m 修造さんの「Never Give Up!!」 精神を持ち次戦の錦織さんを全力応援しようと思います\(^o^)/

    「しじみ…もとい Never Give Up!!」by 松岡修造
    https://m.youtube.com/watch?v=KxGRhd_iWuE

    連投&長文失礼いたしました。

      引用  返信

  • 団長さん、忙しい中色々とご苦労さまです!

    hanさん
    現地レポありがとうございます!こういうレポこそ、現地に行かないと分からないことなので是非レポしていただければ嬉しいです。全仏は賑わっているように見えるのですが、いつも明治神宮なのはつらいですね~
    広げるという話が出てたという気がしますが?

    チケットの件ですが、テニスは本当にチケットが買いにくいですね。誰がいつ、どこのコートに出るかというのが前の夜までわからないシステムは本当に何とかならないものなのか。
    興業的にもかなりマイナスになると思うんですけどね、、
    せめてトップ選手は、多少、場所や時間を固定するか早目のアナウンスが必要じゃないかと。

    最近、マスターズ(パリとかだったかな?)やいくつかの大会ではトップ選手は、このコートで夜の部にやるよ~みたいに予め宣伝しているのを見たことがあります。
    良い試みだと思いますが、全部そうならないかしら?

    hanさんは明日は圭君の試合見に行かれるんでしょうか?ランランなのかシャトリエかどちらでしょうかね~。ソンガやモンちゃんが優遇されることを考えるとランランなのかな~?
    それにしてベルッチの評価高いですよね。だんだん不安になってきました。
    また、現地レポお待ちしています。

      引用  返信

  • ベルッチとジョコビッチの試合を見ましたが、クレーでのベルッチは特に強かったです

    何より、バルセロナから5大会連続出場で、すぐ全仏ですから、どれだけ体力があるのでしょうか

    疲れが出てきそうなものですが・・・ ここは気を引き締めて応援せねば!!!

      引用  返信

  • いま上限付近にいるベルッチが勢い持続したら厳しい試合になりそうですが、タイトな状況から糸口を見出だすのも錦織選手のらしさですよね。
    BO5セットは錦織選手に有利かと。。
    あと、コートはランラン希望。。

      引用  返信

  • ebicciさん、皆様コメントありがとうございます。投稿初心者には皆さんの反応が嬉しいです。ずっと読むだけてしたが、このブログで色々な情報に触れることができて楽しんでいたので、情報提供できる時には恩返ししようと思って書いていました。
    ROLAND GARROSを拡張する絵も飾ってましたが、フィリップシャトリエコートの屋根以外では隣の敷地を買ってショウコートをもう一面作り、アザーコートを少し減らすという案でした。でもネックになっている部分の通路幅はそのままでした。幹線道路に挟まれているので限界がありそうです。
    チケットはつらかったです。急に休みが取れて航空券が取れた時には時には高い席しか残っておらず、清水の舞台から飛び降りる覚悟で、チケットを申し込みました。第5シードあたりだと3日ある一回戦のフィリップシャトリエコートのどこかに入るだろうと思って運試し!と思って二日目を取りましたが、パリに着いたら1日目のランランで落胆しました。私の家内が諦められない!ということでホテルのコンシェルジュに前日の夜にお願いしたところ、どういうルートかわからないのですが、何とかなるかもと言われ、ヤキモキしながら当日の朝を迎えると、あったよ!と言われてお昼に何とか買えました。企業の招待席のチケットでこれは無記名なため当日でも何とかなったようです。一回戦くらいでBIG4やツォンガが入っていない対戦カードだったため突然でも手に入ったようです。
    1日目の会場内のパンフには対戦カードの説明が書いてあり(フランス語で)マチューからの視点でしかありませんでした。圭君の写真もありませんでした。当然ですがフランスの選手、ヨーロッパの選手、以前に全仏で活躍した選手中心です。圭君には今年活躍してもらって来年のパンフにはたくさん出てほしいと感じました。
    今日のフィリップシャトリエコートはジョコビッチ、ナダル、セレナという豪華布陣でこちらにすればよかったと思いましたが、今からユーロスターでロンドンに移動してしまうため、圭君の試合も見られません。活躍を祈るばかりです。長文で皆様失礼いたしました。

      引用  返信

  • フィリップ・シャトリエは例年に比べても今年はとくに遅くバウンズが高い?というのを見ました
    IWのベルダスコ戦でもそうですが、高く弾む強烈なスピンに苦しめられる傾向があるので
    しばらくスザンヌ・ランランでやりたいですね・・

      引用  返信

  • hanさん
    チケット確保、大変だったのですね(>_<)でも何とか圭くんの試合観戦できて良かったです。現地レポ、ありがとうございました。しかし、高いチケット代を出すのですから、ebbicciさんのおっしゃるように、何とかならないものですかね・・・ある程度決まっていれば、選手の負担も軽減されると思うのですが。

    Sportiva 内田暁さんの記事より。
    全仏オープン開幕。錦織圭が3度目の対戦で見せた「格の違い」
    http://sportiva.shueisha.co.jp/clm/otherballgame/2015/05/25/post_430/index.php
    「3年前と比べると、彼(錦織)はものすごく成長している」「もっとも、ここ数年の彼のプレーは、ほとんどテレビで見たものだけどね。だって僕は、彼と同じコートにはあまり立てなかったから」元世界12位の33歳のベテラン選手の言葉に、ツアーの過酷な現実を見せつけられた気がしました。圭くんがここまで怪我なく戦えている事に感謝!です。

    「もし誰かが、『君は33歳にしてウインブルドンの予選に出るよ』と言ってきても、僕は信じなかったろう。でも僕は、今年初めてウインブルドンの予選に出るよ」マチュー選手のこの言葉を聞いて、ちょっと胸が熱くなってしまいました(・・、)

      引用  返信

  • テニスはチケット取るの大変ですよね。私はパリMSが開催される時期にパリに居たのですが、ちょっと忙しくてパリMSの事が頭にまったく無く、バーゼルの大会で錦織さんが大活躍しているという情報を日本から逆輸入的に入手し「あっもうすぐパリMSあるんだった」とここで気付きました。大会直前でチケットは既に完売。結局、大会公式チケット転売サイト「Via go go」で急遽チケットをゲットしました。価格は正規チケットより少ししか値段が変わらず大きな出費とまではいきませんでした。しか〜し、清々しい程予想を外し錦織さんの試合を観ることはできませんでしたorz チラリとロジャーが観れたからいいやっと無理矢理自分を宥めアパートに帰って1人やけ酒しました…苦い思い出です(笑) そういえは、パリMSも入口で手荷物検査してましたよ。ですのでRGの警備がザルとは考えにくいです。

    hanさん
    現地レポとても楽しく拝見させて頂きました。ロンドンも楽しんできてくださいね。Have a nice trip☆

      引用  返信

  • メヒコさんがなかなかUPできないようなので、こちらで・・・

    錦織選手のランキング関連データ 5月26日現在
    戦前ポイント 5220 本年の対戦成績 32勝7敗
    戦前レースポイント 2390 レースランキング 6位

    戦前点5220-失効10=基礎点5210

    2回戦敗退 5255 (+45点) (Belluci)
    3回戦敗退 5300 (+90点) (Verdasco)
    4回戦敗退 5390 (+180点) (Agut)
    準々決勝 5570 (+360点) (Berdych)
    準決勝 5930 (+720点) (Federer?)
    準優勝 6410 (+1200点) (Big four players)
    優勝  7210 (+2000点) 

    トップテンについて

    1 Djokovic 12645 △ 次1回戦 Nieminen(+45)
    2 Federer 9100 △ 次2回戦 Granollers (+45)
    3 Murray 6365 △ 次2回戦 Pospisil or Sousa (+45)
    4 Nishikori 5255 △ 次2回戦 Belluci(+45) 
    5 Berdych 4915 △ 次2回戦 Stepanek (+45)
    6 Raonic 4440 ○
    7 Ferrer 4130 △ 次1回戦 Lacko(+45)
    8 Wawrinka 3880 △ 次2回戦 Lajovic (+45)
    9 Cilic 3235 △ 次1回戦 Haase(+45)
    10 Dimitrov 2750 △ 次1回戦 Sock(+45)
    11 Nadal 2570 △ 次1回戦 Halys(+45)
    12 Lopez 2245 ○

      引用  返信

  • @han さん
    チケットではご苦労されたのですね。
    でも奥様の情熱の甲斐もあって、圭くんの試合に入れて何よりでした(^^)
    そして現地ならではのお話、楽しませてきただきありがとうございました。
    どうぞ残りの旅を楽しんできてください♪

    団長さん、早々にありがとうございました!

      引用  返信

  • ナダルの初戦は世界中の注目ですが、相手のアリス選手を初めて見るのも楽しみです。
    彼はパリ近郊出身で、90年代パリの最大の社会問題であった郊外問題、貧富差とそれに伴う犯罪の増加(NYのブロンクスみたいな)のけっこう中心地の出身で、この問題はタッチーな問題で公に触れられることはあまりありませんが、活躍さえすれば這い上がったヒーローになると思いますし、その可能性は充分あるのではないか、と期待しています。まだ18歳です。リュック・ベッソンの映画 ヤマカシで団地の屋上をピョンピョン飛び跳ねてた奴ら(かっこいいんですよ)、に重ね合わせて見ます。

      引用  返信

  • hmkyさん

    お気持ちわかります。でも日本のメディアにあまり多くを期待してはいけません。
    GAORA解説者の誤訳を自分でしらべもせず、そのまま記事にする位ですから。

    今回の侵入者の件は、おそらくロジャーが初めてマジで怒ったからだと思います。今までも侵入者はいてもボディタッチされたのはセレスとロジャーだけ(違ったらすみません)かと。ロジャーは今まで全仏だけで3回あったそうです。さすがに堪忍袋の緒が切れたんでしょう。私でさえ、セレスの事件を思い出しましたし・・・。

    応援については全仏、全英、全米、全豪それぞれ独特の空気があるので、それだけのことかと。大体ほとんどのメディアがテニスについて”にわか”なんです。そう思っておいたほうがストレスがありません。

    レキップは以前も少しやり取りさせていただいたと思いますが、フランス語オンリーでしか読むことができません。(たぶん) このことが一層敷居を高くしています。英語も訳せない記者も多数いる中でフランス語はさらに厳しいと思います。ダバディーさんと滝川クリステルさんだのみ?そんなわけで、今の日本のメディアにレキップを瞬時に紹介できる人材はいないのではないかと・・・。

    ということで、hmkyさんのお気持ちはよ~くわかりますが、今のところは日本のメディアなんてこんなものね・・・と思っておくことを推奨させていただきます。

    私もレキップ読みたいです~。

      引用  返信

  • 1回戦は、第2セットは相手のペースが上がってちょっとヒヤヒヤしましたが、ちゃんとストレート勝ちしてくれて良かったです。
    それで、2回戦の勝利を祈念して↓を作ってみました。
    2007年の対戦は両者修業時代のもので、特に圭くんは覚えてなさそうですね(^^;)。
    Bellucciは上位に対してはあまり良い戦績ではいないものの、クレーシーズンが進むにつれて調子が上向いてきているのて、当方としても褌を締め直して応援しなきゃなって感じです。
    しっかし、クレーの大会に5週連続で(しかもMS2大会は予選から)出場して、よく体が持つなぁ。

    対戦情報Roland Garros (Grand Slam)
    [Surface:Clay, Draw Size:128]
    2nd Round
     
    対戦相手
    Thomaz Bellucci (BRA) 40位(最高21位)
    188cm,82kg,27歳
    キャリア優勝:4回((土) 2015 Geneva等 4回)
     
    今期17勝14敗、うちクレーコート15勝10敗(圭はそれぞれ32勝7敗、11勝2敗)キャリア勝利数の約2/3がクレーでの勝利。
    2009~10年頃に活躍(Santiago(土)優勝、全仏4回戦等)しキャリアハイを記録。
    2013年Barcelonaで腹筋を怪我し、その後の全仏、全英を欠場、7月のStuttgartで復帰も公式戦10連敗等でランキングを168位まで下げる。
    徐々に復調し、2014年6月以降は100位以内を維持。
    今期は、全豪では1Rで#10 Ferrerに7-6(2), 2-6, 0-6, 3-6負け。
    2月南米クレーに4週連続参戦。QuitoではSFに進出も#8Estrella Burgosに敗戦、その後Sao Pauloでは#8 Klizanに、Rio de Janeiroでは#1 Nadalに、Buenos AiresではLorenziにそれぞれ1R負け。
    欧州クレーシーズンは、Barcelona、Istanbul、Madrid、Rome、Geneva、全仏と5週連続参戦。
    Barcelonaでは1Rで(Q)杉田に勝利、2Rで#7 Bautista Agutに敗戦。
    Istanbulでは、QFに進出するも、#3 Cuevasに敗戦。
    Madridでは、予選を突破し、1RでChardyに勝利、2Rで#16 Isnerに敗戦。
    Romeでは、2週連続で予選を突破、2Rで#14 Bautista Agutに勝利、3Rで#1 Djokovicに敗戦。
    先週のGenevaでは#7 Baghdatis、#6 Sousa等を破り優勝。ツアー4勝目。
    今大会の勝ち上がりは1RでMatosevicに6-1, 6-2, 6-4。
     
    過去の対戦成績
    0勝0敗(チャレンジャーでは0勝1敗)
    2007 Bogota CH 1R, ○Bellucci 6-3, 3-6, 6-3 ●Nishikori (錦織395位、ベル443位)
     
    試合時間
    現地時間 5月27日(水) 11:00開始の第 試合
    日本時間 5月27日(水) 午後6時開始の第 試合

      引用  返信

  • hmky さん、良いお話を沢山 ありがとうございますm(__)m
    天才は天才を知る・・・とか言いますが 錦織選手の才能は素晴らしいものだったのでしょうね~私が女性だったら「惚れてまうやろ~!」な才能は試合の度にワクワクドキドキさせてくれて・・・(≧▽≦)

    Linus さん、いつもありがとうございますm(__)mBellucci選手は覚えてるみたいですね~そこが隙になるかもしれません・・・

    八神庵 さん、ピンチヒッターをありがとうございますm(__)mケイメヒコさんは お元気にしてますかね~

    han さん、貴重な現地レポート ありがとうございましたm(__)m

      引用  返信

  • @bucchiさん
    内田さんの記事のご紹介ありがとうございます!
    彼女の記事にはいつも胸が熱くなりますが、マチューと圭くんについての記事も涙ものでした(T_T)
    この過酷なツアーに参戦している全ての選手に敬意を払いたいですね!

      引用  返信

  • bucchiさん
    内田さんの記事ありがとうございます
    じんと深く心に沁みました(;_:)
    マチューのウィンブルドンの予選からの参戦 頑張って欲しいです
    フェデラーやフェレールのように30代でベテランとなってもなお 進化・活躍してる選手の存在はマチューにとっても大きなものでしょうね

    まだまだ勝てない若い選手も 少し体力が落ちてしまったベテラン選手も また怪我を抱えながらの選手や怪我による長期離脱を乗り越えた選手…ランキングを上げられなければ予選や下部ツアーからの挑戦を余儀なくされる
    それぞれに背景は違うでしょうが 同じ勝利と言う目標を目指して転戦に次ぐ転戦をしながら戦うこの厳しい世界…
    惹きつけられてやみません

    ティプサレビッチも復帰してテニスが出来る喜びをかみしめているようですね
    「復帰できるかわからなかったから辛かったけどコーチや仲間に支えられた。ツアーに戻りたいと強く思っていた」と言うような事を話してましたが どうしても戻りたい!と思える場所なんでしょうね
    私もまた彼のプレーが観られて嬉しいですし どこまでカムバック出来るか期待したいです

      引用  返信

  • @下団 さん
    私も普段のひょうひょうとした圭くんと試合の時の精悍な圭くんのギャップにやられてます~(^O^)
    一応、豹とかけてます(笑)

      引用  返信

  • 遅くなりましたが、錦織選手、初戦突破おめでとうございます。第2セットはマチューのフラット強打やDTLが決まり出してブレイク合戦にもなりましたが、我慢強く耐えて最後は欲しいところでしっかりブレイク出来るところ、地力の差を見せてくれましたね。省エネといえる内容のストレート勝ちが出来た事は良いスタートが切れたと思います。
    Linusさま、ベルッチの詳細情報をアップしてくださり、ありがとうございました。ドローが出た時に序盤にベルッチは厳しいなーと思っていましたが、その後も先週の優勝に勢いづいてしまったでしょうか、疲労は期待出来そうにない好調を維持した勝ちあがり方ですね。1週目はなるべく省エネで勝ち進んで欲しいですが、今のベルッチはそうはいかないかもしれません。出来ればスタートダッシュで第1セットを確実にモノにして、スコアで絶えず先行しながら勝利して欲しいです!
    明日も応援がんばります!Allez KEI‼︎‼︎‼︎

      引用  返信

  • yuriさん
    メディアの力は大きいのでどうしても気になってしまうんですよね。テニスの分野に限らず黙って見過ごす訳にはいかない状況な気がするんです。海外在住民が日本のメディアはおかしいんじゃ無いかとブログ等で警鐘を鳴らし始めてます。特に特定秘密保護法が施行された辺りからおかしいとの指摘が多いのです。真実を書いた個人のブログですら日本政府の探りがあったらしいです。話が逸れますが、フランスの風刺画事件で問題になった風刺画についてですが、内容はイスラム教を小馬鹿にしたり見下した様な悪意のある風刺では全く無いそうです。福島の風刺画も誤解が起きているようですね。東日本大震災の時フランス人達が日本の心配をしてくれて「少額の義援金を寄付する事しかできなくて申し訳ない。無力でごめんと」とメールを頂きました。日本とフランスが徐々にすれ違って行くのを見るのが辛いのです。私は民族、宗教、人種、言語の壁を乗り越えることが可能だと思っています。シンガポールは小国ですが、華人、マレー系、インド系といった民族が住んでおり 公用語は英語、マレー語、標準中国語、タミル語。主な宗教は、仏教、道教、イスラム教、キリスト教、ヒンドゥー教など。でもお互いの違いを認めており共存共栄しております。そして国民総エリート並に賢い国民です。
    でも、yuriさんの仰る通り言葉の壁は厚いですね。1度同時通訳者の方と話をしたことがあるのですが、語学力は勿論大事なのですが話者の専門分野に関する知識や文化、風習等も頭に叩き込まないと、訳の解らない文章になってしまうそうです。ダバディさんはテニスに関する知識も豊富でフランス人なのに重要な事を伝えてくれない気がして悶々とします。サッカー日本代表監督だったトルシエさんの通訳でしたが、プロの通訳者からすると彼は通訳者としてのレベルはあまり高くないそうです。彼が5ヶ国語を喋れるというのは確かに凄いと思いますが、知人のノルウェー人は6ヶ国語喋れます。でも、だからと言って彼が優秀な人材かというとそうでも無く正直トラブルメーカーでした…錦鯉の皆様かなり重苦しい話題で申し訳ございません。気持ちを切り替えて応援の準備をしようと思います!

      引用  返信

  • リコさん
    きゃーo(≧▽≦)o なんて可愛いんでしょ
    素敵な動画ありがとうございます
    朝からすっかり癒されちゃいました❤️
    圭くんにも いつかこんな日が来るのかな♪

      引用  返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    ABOUTこの記事をかいた人

     テニスを愛する理系人間。よく理屈っぽいと言われる。  プレースタイルはサーブアンドボレー、というよりサーブ。ストロークは弱い。  2008年2月15日に本ブログを開設。その数日後に錦織圭はあのデルレイビーチ優勝を成し遂げる。  錦織圭の存在を知ったのは2004年。その後2006年全仏ジュニアベスト8で再注目。2007年のプロデビュー(AIGオープン)で錦織の試合を初観戦。その後の活躍を確信し、今に至る。