2017ワシントン準々決勝 vs. ポール ゲーム毎実況記事(ファイナル0−1から再開)

スコアは「鼻血記法」で既述します。
鼻血記法の解説は本記事の後ろの方で。

Set1

G1ポ 0−1
1 ×× SvWi
1 ×× SvWi
1 ×× SvCt
2 ×× SvWi

ポール、サーブ良し

G2圭 1−1
1 ○○ FCr
1 ○ BN
1 ××× BPCr 浅い球もらったがAp甘かった
1 ○○ FCr
1 ○ BO

サーブ良く入った
ストロークもじっくり攻めている
ポールのストロークも良い

G3ポ 1−2
1 ×× SvCt
2 × BN
2 ○○○ FCr 厳しい攻め
2 × BRO
2 ××× FRvCr

両者ストローク鋭い
ポール、予想以上にやる

G4圭 1−3 被Break
1 ○○ SvWi
D × DF1本目
1 × FN
1 × FN 攻められている
1 ○ FO 危ないアウト
2 × BN

ポールがよく返してきて、錦織が攻めで焦った
ミスも早い

G5ポ 1−4
2 ○○ F打
1 ×× SvCt
2 × BO
? × BN 攻めあぐねてる
1 ×× SvWi

中に入って攻めても、相手が後ろのポジションから高め弾道で深く返してくるので、速いテンポで攻められずにリズムを崩している。
微妙ないやらしい間がある。

G6圭 2−4
1 ○○ FSt
2 ○○○ BPSt 上手く合わせた さすが
1 × BO
2 ○ BRO ほぼやられてた
1 ××× BPCr Ap甘い 2ゲーム目と同じ
2 ○○○ FRvCr

まだ、良くないミスは残るが修正してくるだろう
簡単に前に入らせてくれないのでじっくり行きたい

G7ポ 2−5
2 ○○○ FCr コードボールに上手く対応
1 ○ FCrO
1 ×× SvCt
1 ○ FRvCrSO
1 × FO 宇宙開発 じっくり行ったのはよかったが
1 ×× SvCt
1 ××× SvWi
D ○ DF1本目
1 ×× SvCt
1 ○ BCrSO Rよく返した Bも深かった
1 ××× SvWi このコース良い
2 ○○ FCr
1 ○○ BCr
1 × BSlN
1 ×× BSt
2 ○○ FSt 攻めた
? ○ FN 超ロングラリー 両者すばらしい
1 × BCrSO BPでいいプレーできない
1 × BSO
1 × BO

15−40からのミスがもったいなかった
リターン返ってるしいいラリーしてるがあと1本が出ない
バックが特に心配

G8圭 3−5
2 ○○ SvBd
2 × BSlN
1 ○○○ F打
1 ○○○ SvCt
1 ○○ SvWi

ショートポイント連発でナイスキープ

G9ポ 3−6
1 ×× SvWi
1 ○○ FCr バックの弾道が低すぎる
2 ××× FApCr
1 ××× SvCt
1 ××× FApSt

やられた

バックのUEが9本と突出。

Set2

G1圭 1−0
2 × FO
2 ○ BSt
2 × FStSO
2 × SmO 攻め球甘く逆襲される。うまくロブでしのいだがスマッシュミス。
1 ○○○ FCrV
2 ○ BStSO
1 × BN 緩い球に合わない
2 ○○ FApCr いやらしい深い球耐えて良く攻めた
1 ○○ SvCt
1 × BStO
2 ○ BO
? ○○○ FRvCr

調子は上がらないがよく耐えた
高く深いボールを攻めづらそうにしている

G2ポ 1−1
1 ○○ B深
1 ×× SvCt スライスサーブの曲がりの分、フレームでのヒットになっている
2 ××× FRvCr
2 ××× Sm リターンが上手くヒットしない
1 ×× F回St ポール、一転強打

ポール素晴らしい

G3圭 2−1
1 ○○ SvCt
1 ○○ BSt
2 ○○ BCr
1 ××× BCr スーパーショット
○ 見逃し

すいません離脱します。

セカンドは7-6(6)で取りました。

Set3

0-1から

G2圭 1−1
1 × BSO
1 ○ FO
2 × BSO バックのミス多し
2 × F回SO もったいない
1 ○○○ Sm
1 ○ FO
? ○○○ FV
2 × BN 2ndが淺いので優位保てない
1 ○○○ FSAp
2 ○ BRO

両者、疲れがあるかも
ポールにもミス増えてきている
「嵐は去った」となって欲しい

G3ポ 2−1 Break!
1 ○○ B深 ディフェンス○
1 ○○ BSt
2 ○○ FSt 左右のフットワークリズム良し
1 ××× FSt 良くR返した
2 ○ FO

ポールのフットワーク少し落ちてきた
そしてボールのリズムが一定になってきたので錦織が対処しやすくなった
錦織の方が左右と深さを使うようになった

G4圭 3−1
2 × BCrSO これ多い
1 ○ BO
1 ○○ SvWi
2 × FApN 2ndずっと淺い
1 ○○ SvWi
1 ○○○ SvWi

ミスでイヤな流れを鼻血サーブが救った

G5ポ 3−2
1 ○○ FR深
1 ××× FCr 速い
1 ××× BPCr よくDrに追いついたが
2 ××× FVSt 素晴らしい攻防
1 ○ FSO コードボール処理
2 ○○ FCr 速い球で下げて打ち勝った
1 ×× SvWi
D ○ DF3本目
1 ○○○ FRSt 読んだ!
1 ××× Sm
1 ×× SvCt
1 ××× F回St

ポール踏みとどまった
できれば欲しいゲームだったが、キープで集中すれば問題なし

G6圭 4−2
1 ○○ SvWi 鼻血サーブ好調
1 × BStO 満を持して打ったが大きくアウト
2 ○ FSO
1 ○○ FCr カウンターしのいだ ポール前に出るべきだった
2 ××× BCr 凄い球
1 ××× BSt 凄い球2
1 ○○ SvCt
? ×× BSt 凄い球3
1 ○○ SvCt
1 ○ FO

ポールのバックが炸裂したが、1stサーブが良くなってきたのでなんとかなった。
ナイスキープ

G7ポ 4−3
2? × RO
2? ○○○ BDr
2 × BO ウィナー級を返したポール見事
2 × BRN
2 ○○ BR
1 ○○○ BSt やっと神DTL来た
1 ×× SvWi
1 ××× FRvCr

このゲーム積極的に攻めて一気に試合を決めようとしたが、惜しくもミスになった

G8圭 5−3
1 ○○○ BCr SvWiで追い出し
1 ○○ SvWi
1 ○○○ SvWi
1 × FO
1 ○○○ BDr→BV

1st入ってあっさりキープ

G9ポ 5−4
1 ×× BCr
1 ××× SvCt
2 ○ BN
1 ×× SvBd
2 × BRO

とにかく次のゲームでキープに集中

G10圭 6−4
1 ○○ SvWi
1 ○○○ FCrAp
2 × BN 先行しているのでここで留めればOK
1 ○ BO
1 ○○ SvCt 最後は高速サーブ さすが

鼻血記法の解説

○○○ ウィナーで得点
○○ 相手にforced errorさせて得点
○ 相手のunforced errorで得点
× 自分のunforced errorで失点
×× 自分のforced errorで失点
××× 相手のウイナーで失点

【サーブ】1 1stサーブ/2 2ndサーブ/D ダブルフォルト
【サーブのコース】Ct センター/Wi ワイド/Bd ボディ
【ショットの種類】Sv サーブ/R リターン/F フォア/B バック/V ボレー/HV ハイボレー/LV ローボレー/Ap アプローチ/Sm スマッシュ/Dr ドロップ/Lb ロブ/DvV ドライブボレー/HfV ハーフボレー
【回転の種類】Sp スピン/Sl スライス
【ミスの種類】N ネット/O アウト/SO サイドアウト
【ショットのコース】Cr クロス/St ストレート/RvCr 逆クロス(和製英語。正しくはinside-out)
【特記事項】打 チャンボ打ち込み/深 深い/回 回り込み/沈 沈めた/長 長いラリー

【コンビネーション】例えば「○○○ FApSt→FVCr」なら「フォアでストレートにアプローチして、フォアボレーをクロスに決めた」となります。1つ前のショットがポイントをほぼ決めたような場合などこのようにコンビネーションで表記します。

※逆クロスは”inside out”ですが、ここでは和製英語っぽく”reversed cross = RvCr”と表記しています。
多分そんな英語はありませんw

57 件のコメント

  • 勝ったんですね〜🎵💕
    また、浮かれちゃうわ〜〜
    BS朝日の録画がめちゃ楽しみ〜👏
    錦織選手、まじawesom😍
    お疲れ様でした。
    皆様も、応援お疲れ様でございます🙇
    中尾トレーナー、よろしくお願いしますよ🙇
    次がズベレフ弟かぁ……
    でも、今はこの素晴らしい勝利を喜びたい✨

      引用  返信

  • 勝った。それだけが収穫です。ポールのディフェンスが非常に良かったとはいえ、この試合運びはあまりいただけませんねえ…

      引用  返信

  • こはる さん、同じ書類を何度も見たり、ひどい時は逆さまだったり😱の惨状でした😭
    結果、仕事は進んでません😢

      引用  返信

  • 下団さま、お疲れさまでした!
    勝利の余韻に浸りながら、お仕事進むことをお祈りしています٩(^‿^)۶

      引用  返信

  • 錦織選手、準決勝進出おめでとうございます(^◇^)
    いやあ〜〜〜、痺れました………。
    勝ち進んでいくには、このような苦境も乗り越えなければですよねえ。
    トップ選手であっても良い調子のときと悪いときがあり、悪いときこそ
    自分の経験や技術をやりくりして結局勝ちをもぎ取ることができる。
    これがトップ選手なんだよなあとしみじみ関心してしまいました。
    もちろん負けそうな試合のときは、たくさんの課題が見えるものですから
    諸々の評価はあるでしょうが、あの、足の止まった状況で(相当走らされ
    ましたし、連日の猛暑の中でのプレーも響いているでしょうし)よく耐えたなと。
    トミー選手のミスが出るたび、あれえ…錦織選手から勝ち運がすり抜けず
    に留まっているなあ………と、妙に達観してしまう自分も感じてました。
    ファイナルセットにエネルギーは残っているのかと心配でしたが残ってましたね。
    トミー選手は予想以上にいいプレイヤーでした。
    錦織選手のショットをことごとく拾って、打つときは思い切りが良かったです。
    私もチョン選手のプレーとかぶりました。
    ズベレフ戦はどんな対策でのぞむのでしょう。ヤング戦、デルポトロ戦、そして
    今日のトミー戦での教訓を大いに生かし、短時間でも心身をリフレッシュさせて
    いい戦い方ができることを楽しみにしています(⌒▽⌒)

      引用  返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    ABOUTこの記事をかいた人

     テニスを愛する理系人間。よく理屈っぽいと言われる。  プレースタイルはサーブアンドボレー、というよりサーブ。ストロークは弱い。  2008年2月15日に本ブログを開設。その数日後に錦織圭はあのデルレイビーチ優勝を成し遂げる。  錦織圭の存在を知ったのは2004年。その後2006年全仏ジュニアベスト8で再注目。2007年のプロデビュー(AIGオープン)で錦織の試合を初観戦。その後の活躍を確信し、今に至る。