ど、どうやって勝った?ファイナルタイブレ勝ち(2011Winston-Salem 1回戦)

26本のサービスエースを食らいながら、ファイナルセット・タイブレークで勝利しました。どうやって勝った?

2011 Winston-Salem
1st Round
Kei Nishikori def. Gilles Muller, 1-6,6-4,7-6(5)

2年前の対戦では錦織が完勝していましたが、今日のミュラーは手ごわかった。サーブはオンライン連発でエースを量産。読みが当たっても返すことすら困難なスピード。返っても鋭いフォアハンドでアプローチし、簡単にボレーで仕留めてきました。

1stセット第2ゲーム、錦織はセカンドサーブを叩かれてブレイクを許し、次のサービスゲームでもセカンドサーブをサイドライン一杯にリターンされてあっという間に0-4。余裕が出てきたミュラーのサーブはますます冴え、1-6で1stセットを落としました。

しかしスロースターターの錦織、2ndセットに入るとガラッとプレー内容が良くなることは「錦織によくある風景」の1つです。ブレイクポイントを握らせることなくキープしていきます。

ミュラーのサーブにも1stセットと比べれば慣れてきたようで、ポイントを取る場面も増えてきました。しかし、いいところでビッグサーブが飛んできてブレイクさせてもらえません。また、イージーなミスも多少出てしまい、ミュラーのキープを助けていました。

タイブレーク入りを覚悟しはじめた第10ゲーム、サーブに食らいついてなんとか返していく錦織、そして微妙なサーブの判定に不満なミュラーは錦織側まで来てラインズマンに何かクレームらしきものを。(どうやら倒れたボールボーイあるいはラインパーソンを心配して来たようです。実際にサーブがきわどい判定だったから勘違いしました。ごめん優しきミュラーさん!)
キープは出来ていたものの、じわじわと良くなってきた錦織のプレーにプレッシャーを感じ始めていたのでしょうか。15-40からなんとこの試合初めて(多分)のダブルフォルト!苦しかったはずの試合がいきなり1セットオールになりました。

ファイナルセット、錦織有利な展開かと思われましたが錦織のストロークにミスが出ます。ミュラーの球が良かったのもありますが、第1ゲームは0-40。しかも1stサーブが入りません。そこから何とかストロークでミスを誘ってキープ。

しかし第3ゲームでもまたもやストロークミスで0-40.1本返したもののブレイクされてしまいました。

今日のミュラーのサービスの調子ではブレイクバックは非常に苦しく思え、逆転は難しいと感じました。その後はしっかりキープしていった錦織ですが、ミュラーのサービスは崩れず4-5でミュラーのサービング・フォー・ザ・マッチ。

ここで何とミュラーが粘る錦織の前にダブルフォルト含むミス。最後は錦織のリターンエースが出てブレイクバック。試合が分からなくなりました。

そして迎えたタイブレーク。先行を許し4-5で迎えたミュラーのサーブでまたダブルフォルト。ほとんどミスしなかったフォアのアプローチがわずかにアウト。最後はストロークで錦織が取って、劇的な逆転勝利となりました。

こうして書いてみるとミュラーが崩れたような感じですが、ピンチをエースで切り抜けたり、サーブだけでなくストロークも良く、ネットにも積極的に出てきて強かったと思います。

スタッツだけ見たらミュラーの完勝でした(ポイント数はミュラー97に対し錦織83)。本当にどうやって勝ったのだろう?という感じの試合でした。それもこれも、錦織が劣勢でも「やることをやってチャンスを待った」からだと思います。1stセット、2ndセットは欲しいところでなかなか1stサーブが入らず苦しみましたが、ファイナルセット終盤に入るとサービスエースが増加。ミュラーのサービスでも決められてはいたものの、粘って1本返していく姿勢が顕著でした。こういう勝利ができればランキングも今後上がっていくと思います。いい試合でした。

27 件のコメント

  • 素早い記事ありがとうございますポイント差はそんなにあったんですか!オドロキです。
    本当に奇跡のような勝利でした…。
    トータルポイントが少ない選手が勝ったのは、何ポイント差くらいまであるんでしょうかね〜?なんて興味が湧いてきました
    ともかく良く勝った!すごい精神力!

      引用  返信

  • 団長、日本一早い、圭の勝利記事うp、ありがとうございます
    団長が言う通り、こんな試合で勝ちを拾えたのはとっても大きいですねー!!(≧∀≦)
    圭の悪い時の負けパターンの逆!!(*^.^*)でしたねもん(‘-^*)ok
    一皮むけたかなぁ〜(^。^)y-~
    いつでも大ブレイクを待ってますよ〜(=゜ω゜)ノ
    今日はほんとに良く頑張りました!!(‘-^*)ok
    圭、ありがとう〜(≧∀≦)

      引用  返信

  • 最後、あっけなかったですよねぇ。
    お互いの粘りのあと勝利、みたいな展開を予想してた。

    1セット目、おいおいどうなっちゃうの?と思ったら、
    最後のサービスゲームがすごく良かったので、2セット目、
    行けるのではと期待する。
    案の定、なかなかの戦いっぷりで、
    うまくいかないながらも1セット目相手の球を冷静に観察していたんだな
    と思わせてくれました。
    そしてチャンスを伺ってしっかりいいところでブレイクしてくれました。
    3セット目、初っぱな、ちょっと集中力欠いたところをやられたか。
    でも徐々に相手の1st も入らなくなり、
    タイブレではこれに加え相手のショットのミスにも助けられた。
    いやいや最後まで見て寝不足+負けは勘弁して、
    だったから勝利は嬉しいよ!
    長身、しかもサウスポーのビックサーバー、
    別の意味でたまらない><
    次、この勝利を活かして勝ち進んでね♪

      引用  返信

  • 僕も途中負けを覚悟してしまいましたが、まさに「うっちゃった!」ってカンジの錦織山関でした♪ 往年の貴ノ花(父の方)を思い出した! 素晴らしい勝利だったと思うし、おかげでまだ寝られません♪(←寝坊して第2セット途中から応援掲示板に入って来たヤツ)

    次はAndujarですね。ウィンブルドンが終わったらさっさと7月にクレーの大会を4つもこなしたほどの土魔人。はぁ〜、やっぱ土の匂いを嗅ぐと落ち着く〜ってかw

    ハードコートはどうも苦手のようですが、錦織はきっちり勝ってくれるでしょうか? 今からもう楽しみで、やっぱり寝られない〜〜。

      引用  返信

  • 本当に、あれれ、かっちゃったって試合でしたねww
    まあ、錦織君のあきらめない気持ちが勝ったのかな。
    連戦なので疲れもたまってきているのかと心配しつつ、次も頑張ってほしいです!

      引用  返信

  • 団長、記事アップありがとうございます。

    掲示板見てきました。みなさんお疲れ様でした。
    掲示板読んでいて楽しかったです。

    でも勝って良かったぁ。

      引用  返信

  • 今日はこちらの新学期、学校初日ということあって、圭くんの試合見れず、最後の1ポイント(マッチポイントだけ)、ライストでみれました。よかった~!
    すごい試合だったのですね。

    そんな試合をよく勝ち抜いた!すごいすごい!!
    こういうタフな試合を勝つと気持ちも違うでしょうね。

    ライストでみれなかったし、皆さんと一緒に応援できなかったのは残念ですが、まぁ、圭くんが勝ったということで。

    次回はぜひご一緒したいです。

      引用  返信

  • 途中ほとんどあきらめてました(-_-;)

    圭くん、精神力強いですね。
    この調子で、次も勝って、でも無理はせず~USオープンへつなげてほしいです。

      引用  返信

  • 団長の最後のひとこと「いい試合でした」に尽きると思います!
    ギルバートの言うディフェンス、よかったですよね。
    返せなくても最後まで相手のウィナーを果敢に拾いに行く姿が何度もありました。その辺球がアウトだったりネットに届かなかったとしても、触らないで決まるのとはえらい違い。
    そういった粘りも含めて、ミュラー選手にじわじわプレッシャーを与えていたんでしょうねー。
    ミスも確かにあったけど、後半のサービスエース量産と、
    団長AAの嵐には感動しました。
    圭くんは8本。ミュラー選手はなんと26本。
    こうゆう相手にはこうやって勝つんですね~(^_^)

    しかし眠い。。。zzz

      引用  返信

  • 2回戦の第12シード、スペインの Pablo ANDUJAR 君 24歳(46位)は180cm、右利き、左右両手打ち!!

    ですって!!

    左右両手打ち・・・ 初めて見るかも(楽しみ~)  

    今夜も応援で、寝不足が続きますね
    皆・がんば!

      引用  返信

  • 今日ここを覗くのが怖くって、きのう応援してたんですけど、3セットめの4-5からは絶対負けたくなくて少し離れた床に寝てたうちの守り犬に願かけながら見てたので暗くした室内の赤い三浦さんのウエアーと白い圭君のウエアーとサーブのサインのいったりきたりしか見えなくて、次に近くで確認したら、なんと圭の6-5、やっぱりこの犬は効くと思ったからまたタイブレも底から見てて、効果を確認にいったら圭の4-5で三浦のサーブになるとこで再び願掛けその結果を見る勇気がないまま今に至ります田。バンザー胃
    バンザー胃、バンザー胃
    奇跡だ、あのサーブの差でタイブレ勝つとは、メンタルで競ったときも強さは圭君のほうだと思ってそれに賭けてたけど・・・やっぱりそうだった
    ワーーーーーー

      引用  返信

  • ぶるっちさん、情報ありがとうございます!(^^)
    今夜はライスコですかね…。

    chachaさん、ワンコに心から感謝します!

    既出かもしれませんが、スポルティーバに圭くんのインタビューが載っています。
    読み応えありました。良かったら、ぜひ(^^)

    ttp://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20110822-00000302-sportiva-spo

      引用  返信

  • 管理人さん、試合結果記事の投稿いつもお疲れ様です。

    試合中の実況板での解説も、いつも通り非常に的確で本当に参考
    になりました。おかげで熱くなり過ぎず冷静に試合を観察する事
    ができるので本当に助かってます。

    しかしあの錦織さんの、最後の数ポイントの脅威の粘りは一体何
    だったのでしょう。今までとは球を追いかける気迫が全く違って
    いました。デ杯での経験が効いているのでしょうか。もしかした
    らこれからも身に付かないかもしれないと思っていた姿勢が、
    徐々に身になっているような気がします。私の予想が良い方に
    ハズレてますので、あの気迫から来るディフェンスが今後も続く
    とするなら、ランキングが上がって行く速度は思ったよりも速い
    かもしれませんね。

    今回の相手はランクが近く、倒すと倒されるのでは全く状況が違
    ってしまうのは皆さん良く御存知でしょうか。サーブの出来が不
    安材料ではありますが、それさえ良ければガツン!と倒してくれ
    るはずですので期待したいですね!

      引用  返信

  • 実況掲示板 拝見!!!
      いやーーー  凄い 腸ねん転 並みの、試合だったんですね。
      最後は皆さんの狂乱 乱舞 泣き崩れ・・・・

      それにしても、いつもながら、参加者の皆様の知的レベルが、
      あまりに高いせいか(!?)  途中からでは、さっぱり
      意味不明の不思議な用語が、 よく出没しますね。

      今回も  ねんねんのうとうこんねんねんのうとうこんねんねん
              ねん  ねん  ねん

       何のこっちゃ???    ミステリアス・・・

      引用  返信

  • さんしょさん、
    この、ねんねんのうとうこん、みんなが念じていたら、
    圭くんの粘りが始まったんです!ほんとです!!届いたの!!!

    これが何なのか…
    昨夜の実況板をもう一度始めから読んでみてくださいwww
    答えありますよん!

      引用  返信

  • 1回戦突破おめでとうございます

    自分は途中からで掲示板しか見てませんでしたが、みたかんじ昨日はやたら劇場型でしたねー

    にもかかわらずMP握られてないって不思議で仕方がないです。

    あ、自分もあの呪文が何かわかっていなかった一人です。最終的には年金倍増になりましたね。

    あ、全米予選のドローが出たみたいですが、添田の対戦相手が隅チェックになったみたいです。
    錦織はDAしてるわけですから、添田のためにも隅チェック大会ですね。
    それとも錦織以外の選手ではやらないのでしょうか?

      引用  返信

  • 完全に押されてるのに、我慢してついていって、ワンチャンスを逃さずに勝って、なんで勝ったの?ってたまに個人的に思うジョコビッチみたい。かっこよかった!

    一つ、ミュラーがラインズマンにクレイム、とありましたが、主審(?)が選手用の水持って急いで画面左下に走って行ったから、ラインズマンかボールパーソンが倒れたかなんかでそれを心配して越境して見に行ったように見えました。やさしいミュラー、その後ダブルフォルト?憶測ですが・・・。

    次は強敵ですね~。

      引用  返信

  • ほんと、どうやって勝った?って感じの試合でしたね。
    でもこれを取れるところに錦織の地力を感じましたね。
    グランドスラムの勝者もどこかで必ずこんな感じの綱渡り的な試合を取っているような気がします。これを取るのと落とすのでは雲泥の差があるので、そこは大いに期待していいなと感じた試合でした。

      引用  返信

  • はじめまして。
    いつも楽しく読ませていただいています。
    ひとつ教えていただきたいのですが、今大会のライストはどのようにしたら見る事が出来るのでしょうか? 昨夜探したのですが、見つからず、悔しい思いをしまして・・。
    宜しくお願いします。

      引用  返信

  • 添田くん、杉田くんが予選2回勝つと決勝であたる?
    もったいない!けど、観てみたい。

    たつま君は初の本選入り
    今のところ日本人男子2名ですが、3名体制になったらすごいことですよねヽ(^o^)丿
    圭くんも、今週で勢いつけてそのままUSオープンへ突入してほしい!
    応援に燃えそうですゎ

      引用  返信

  •  添田、私も応援していますよ!

     以下、添田・杉田ブロック(同じブロック)の全米予選
    ドローです。
     ()内のパーセンテージは、私が「グランプリpt獲得率」
    と呼んでいる数値で、同じ順位でもこの値が大きい方が
    実力が高いであろうことを意味します。

    US Open 2011 Men’s Qualifying Singles

    65 SOEDA, Go JPN [9] … 122位(17.2%)、26才
    66 SMYCZEK, Tim USA … 240位(48.8%)、23才
    67 RIESCHICK, Sebastian GER … 217位(3.4%)、25才
    68 BAUTISTA-AGUT, Roberto ESP … 177位(9.8%)、23才

    69 LOJDA, Dusan CZE … 206位(17.0%)、23才
    70 SUGITA, Yuichi JPN … 174位(24.7%)、22才
    71 ONES, Greg AUS … 212位(23.8%)、22才
    72 ODESNIK, Wayne USA [19] … 142位(1.0%)、25才

     このように整理してみると、SMYCZEKはこのグランプリ
    pt獲得率が抜群に高く、日本人2人にとってこのブロック
    での最強のライバルと言って良いと思います。

     逆にODESNIKのRKの高さは下駄を履いている可能性が
    高く、杉田が下段ブロックを勝ち抜く可能性は充分にある
    と思います。

     添田は初戦が正念場となりましたが、1回勝っている
    相手ですし、何とか次に進んでほしいと思っています。

      引用  返信

  • >2Rさん
    ぬぬ? 何やら企画の匂い・・・ 具体的にどういうのがお望みで?

    >konamiさん
    HiroQ_Asakaでググッて僕のtwitterアカウントをフォローしてみてください。そしたらDirect Messageで教えてあげられます。個人的に♪

      引用  返信

  • ミュラー戦、PCをTVにつないで観戦してました。
    (どうしても横になっての観戦なので実況には行けません(^^;)

    ホント、どうやって勝ったの?って実感です。

    圧勝・超特急が良いのは当然だけど、相手が絶好調、力量が上、あるいは自分が体調不調、体調良くても何故かリズムに乗れない時の勝利って素晴らしい!

    トップランクにもいますよね、劣勢なのに最後は勝っちゃう選手って。
    あるいは劣勢でも勝てるからトップランクにおれるのかも知れません。
    その意味で新しい可能性・期待を感じさせてくれた圭に拍手です。

      引用  返信

  • 書き込んでる最中にアプリが落ちましたがなるべくテンションを保ちつつ・・・

    >こりこりさん
    へえーおもしろい!!グランプリってチャレンジャー以下でないATPツアーってことですよね。つまり、大きな大会で稼いだポイントが多いほど大舞台に強いってことですね。なるほど!

    >2Rさん
    隅チェックはたしか住まいチェックに昇格したような。。

    >鼻血団長、みなさん
    今朝の試合の感想はみなさんがおっしゃっている通りです。ドキドキはらはら、あれ?、勝った、ぽっかーん、、、これはいい勝利だ!です。次もライストあるといいな。

      引用  返信

  • >ひろQさん

    いやスミチェク→隅チェックが定着してしまってるのでふと(

    錦織はDAしてるわけですし、同じ日本人ですし錦織のように応援をしたりはしないのかなあと思っただけです(

      引用  返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

     テニスを愛する理系人間。よく理屈っぽいと言われる。  プレースタイルはサーブアンドボレー、というよりサーブ。ストロークは弱い。  2008年2月15日に本ブログを開設。その数日後に錦織圭はあのデルレイビーチ優勝を成し遂げる。  錦織圭の存在を知ったのは2004年。その後2006年全仏ジュニアベスト8で再注目。2007年のプロデビュー(AIGオープン)で錦織の試合を初観戦。その後の活躍を確信し、今に至る。