【6/6 14:43更新】錦織劇場を生で堪能して鼻血出た!(20179全仏4回戦 )

1stセットを全く抵抗せずに0-6で落としたときは、リタイアまで覚悟しましたが、そこからキープだけに集中し、1チャンスを活かすとさらにらギアアップし、最後は2回戦のような決めまくるテニスで勝利。ベーグルを焼き返してしまいました。
正直、奇跡の復活というよりは1st.セットが悪すぎた(気持ちが乗らなかった、怪我が強かった、などの要因でしょうか)ので、気持ちの切り替えがうまくいったという解釈をしています。
間に合って良かったが、天才の考えることは凡人にはわかりません。
普通、セット丸ごとハンデあげてから持ち直すなんてできません。ましてやグランドスラムの4回戦ですから…

しけし、最後の2セットの攻撃はすごかったです。一つ一つ駒を増やしていき、最後のピースであったフォアのクロス、フラットサーブまでものにしました。
こんな試合、身の前で見せられて鼻血を我慢することはできませんでした!

とりあえず記事アップして、他の試合見てきます!
夜にまた更新します。

【6/6 AM10時半追記】
 夜じゃなく朝になってしまいました。ワインで祝杯を挙げ、時差もありそのまま寝てしまいました。
 日差しを直接浴びる席だったこともあり、非常に疲れた試合でした。
 1stセットは本当になんだったんでしょうか? 腰に問題があったことは間違いないですが、全力でプレーしてあの状態であれば、普通はリタイアだと思います。去年のウィンブルドンほどではありませんでしたが、腰を回して打つことができず、フットワークにも速さがありませんでした。
 
【6/6 14:00追記】
 RGにパソコン持ち込んで執筆中。えせライター気分ですw
 続きを書きます。
 とにかく、1stセットは元気がなく、覚悟を決めました。今日はこんな状態でも、3回戦を勝ったからここがある。全仏でプレーする錦織を見ることができただけでも良し。という気分になりました。
 でも、何か今の状態でもできることがあれば、試して欲しいとも思いました。それすらできないのであれば、プレーを続行する意味はないだろう、とも。
 0−6で落とし、2ndセットでリセットできるかどうかだけが焦点となりました。できなければ、リタイアだろうと。
 そうしたら、ブレイクバックはされたものの、最初のゲームでショットの精度が戻りブレイク。その後もミスはなくなりはしませんでしたが、ずいぶんと第1セットよりマシになりました。リターンゲームでは手が出ませんでしたが、サービスゲームに集中して1チャンスをものにしようとする戦略が明確に見えました。

 ベルダスコも決して絶好調には見えなかったので、もう少しラリーを長くすることができれば勝機はあると思いました。フォア側に振られると厳しい状態が続いていましたので、バックハンドを起点になにかできないかと思いました。
 ミス続きだったバックハンドのDTLがついに入ってブレイク5−4。そのままキープして何と、セットを取り返しました。

3rdセットは、ビッグセットになります。取った方がセットカウント2−1リードとなります。フィジカルに不安のある錦織に取っては、落とせないセット。ここを取ることができれば、4thセットはスコア次第で3回戦のように流し、ファイナルセットに賭けるということもできたことでしょう(錦織ならではの作戦ですが)。

 徐々に調子を取り戻してきた錦織ですが、ベルダスコもフォアハンドで対抗しつづけます。3−3で迎えた第7ゲームがビッグゲームになり、両者のレベルがぐっと上がります。
 いいラリーから、フォアハンドの振り上げが出てミス。30−30
 早いタイミングで捉えたバックハンドがクロスにクリーンに決まり、30−40とチャンス。
 フォアのリターンを振り上げてしまってアウト。デュース。このミスが多い。
リターンから攻める錦織。攻守がめまぐるしく入れ替わるロングラリーが続きます。
 2回目の不運なネットインがあり、キープされるかと思いましたが、スマッシュを返して鮮やかなバックハンドウィナーで戻す!ころころ状況が変わり、忙しいです。
 私も声を張り上げ応援を頑張りましたが、なんとなく声をかけるとリターンミスしていた気がしたので自粛w
 そしたらブレイクしましたw やっぱりwwww

 ミスの仕方も「惜しい!」といえるものになり、このあたりからは完全に普段の錦織でした。1stセットとは何だったのかw
 ベルダスコは連戦の疲れもあったのでしょう。サイドアウトがさらに増え、ラリーは完全に錦織ペース。ダブルフォルトもあり、大きなセットを取りました。

 ファイナルセット、ベルダスコのフォアがさらに大乱調。宇宙開発(フレームでボールを打ち上げること)も出てますます錦織ペースに。
錦織はフットワークも復活。フォアのクロスも復活。最後にはフラットサーブも復活して、一つ一つオプションを増やしていき、6−0の完封で試合をものにしました。

 凄いものを目の前で見てしまったという感想と同時に、やっぱり「1stセットはなんだったの?」という思いがどうしても消えませんでした。
グランドスラムの4回戦で1セット丸々、ハンデのような形で与えてしまえば普通はもうアウトです。その後、一切のもったいないゲームが許されないことになりますが、錦織はそれをやってのけました。SFSやSFMを多く落としてきた錦織が、サービスゲームを全部死守し、少ないチャンスをものにし、最後は突き放すという試合を、このグランドスラムの4回戦、ベルダスコ相手、体調に不安がある状態でやってのけたことに意味があります。
 
 これは想像ですが、痛みはあったにせよ、致命的なほどではなかったのではないでしょうか。怪我が悪化する不安、体が温まっていないことによる動きの制限、そして何より気持ちが乗っていかなかったことが、1stセットの不調に繋がったと見ます。普通はもう少し、あがいておくものですが、錦織はやっぱり天才なんですね。相手がどうこうより、自分と向き合って、気持ちが上がってくる必要があるのでしょう。自分を窮地に追いやる結果になったとしても、2ndセットというリセットされた環境が必要だったのでしょう。いや、窮地に陥ることで自分の力を引き出そうとしたのかもしれません。
 何度もいいますがこんなことは、錦織じゃないとできないことです。おかしいです。変態です。(いい過ぎw) 次の試合も、気分が乗って欲しいw

 プレスカンファレンスでの軽口(コードボールについて、ベルダスコと最近ちょっと仲がいいので・・・とか、僕は記憶力が悪いのでマレー戦を覚えていない・・・とか)は、かなり気分を良くしていると見ました。今日の勝利は、我々だけでなく錦織も非常に嬉しかったのではないでしょうか。試合後のインタビューでも、マレー戦に向けて「very confident」という発言が出ました。思わず、「1stセットと同じ人がしゃべってんの?w」と突っ込みたくなりましたがw

 とにかく、目の前でこんな試合が見れて本当に良かったです。多くの方から「団長、持ってますね」と言われていますがそんなことないのみんな知ってるでしょ!w
 さっきも、レインコート持ってこなかったら突然の豪雨に見舞われてずぶ濡れになりましたw なんかホテルではぼったくられてる気もするしw 結構、やらかしてますよ。
 でも不運は全部私が引き受けて、錦織には今後、幸運だけが来て欲しいです。持っているのは、錦織ですよ!

(多分完了)

148 件のコメント

  • この記事(既出だったらすみません)

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170606-00000033-sasahi-spo

    「悔いを残して、コートを去りたくはなかった。今一番できる最大のテニスだったり、努力をコート上で残して終わろう……2セット目以降からはそう考えました」というコメントがありました。

    大ピンチに陥っても、自分の努力をあきらめずに積み重ねようという姿勢に感動しましたし、見習いたいと思いました。「努力をコート上に残して」って素晴らしい言葉ですね!

      引用  返信

  • 今晩は。
    RG、ずっとサスっていましたね。今日は押せ押せのスケジュールになりそうです。

    くまぞうさま
    内田暁さんコラム、有難うございます。会場の空気を一変させた錦織選手のHot Shotはこれですね。Eurosport撮影を錦織選手がリツィ。
    https://twitter.com/doublefault28/status/871737714982387714
    山口さんの現地レポでも、ここから観客のボルテージが上がっていったと。テニス・ライターさんはみなさすがに着眼点が共通しますね。

    今朝未明にご紹介したベルディヒ選手のコーチ関係解消Twitterの抄訳記事がアップ。
    <低迷続くベルディハ、イワニセビッチ氏との師弟関係を解消>
    http://www.afpbb.com/articles/-/3130988

    ゴファン選手の近況です。コルセット姿ですが表情も明るく、ありがとうMGを呟き。
    https://twitter.com/david__goffin/status/871826167560622080
    コルセットは最低2週間は外れないでしょうね。WB前哨戦は恐らく全てSKIP、ぶっつけ本番でWBに間に合うかというところでしょうか。

      引用  返信

  • 錦織君は、ちょいちょい、名言吐きますね、くまぞうさん。 ダバディ氏は今日も、オサレですね。着こなしがこなれてます。

      引用  返信

  • NORICHAN様、なっち様レスありがとうございます!
    彼の場合、本当に思ってることを言ってるだけなんでしょうが、凡人とはかけ離れた過酷な世界にいる分、味わいのある言葉になるんでしょうね。

    明日はマレーさん。激闘必至ですが、また圭くんらしいテニスが見られれば満足です。勝てばなお最高!餡のせのマリークッキー(^-^;)とともに全力応援です!
    団長様はじめ、現地の方々熱烈応援よろしくお願いしまーす!m(_ _)m

      引用  返信

  • そういえば・・・
    今シーズンは、
    ブリスベン決勝、ブエノスアイレス決勝 の100点
    全豪4R、IW QF、マイアミ QF、マドリッド QF の180点
    と、勝てば 100点以上獲得の大事な戦いを全て逃がしてきました。
    昨夜の勝利は、ポイントの意味でも大きな勝利でしたね~( `ー´)ノ
    明日は、ブリスベンでワウリンカ選手を倒して以来の、上位ランカー倒しを果たしてほしいですね~(੭ु´・ω・`)੭ु⁾⁾
    出場も危ぶまれた状況下で、2週目の水曜日を楽しめることを喜びつつ、更なる夢を魅させてほしいですね(`・ω・´)ゞピシッ!
    錦織選手、頑張れ~(੭ु´・ω・`)੭ु⁾⁾

      引用  返信

  • 今晩は。
    以前ご紹介した米ESPNの「地球上で最も有名なアスリート」特集記事の、「なぜ、彼は名声を博したのか」という部分の抄訳記事がアップされました。
    <地球上で最も有名なアスリート20位に 米メディアも認める錦織の価値>
    https://the-ans.jp/news/4989/

    鬼が笑うかもしれませんが、2018AOプロモーションが更に強化されるようです。共同通信プレス・リリースより。
    <Australian Open 世界9位の錦織圭が全豪オープン2018の日本でのプロモーションをリード>
    http://prw.kyodonews.jp/opn/release/201706062450/
    2017の強化例も凄い(NHKの錦織選手戦最高視聴率27%!)ですが、2018は更に強化。そもそもAOはトーナメント・ディレクターが日豪推しですしね。
    それにしても知らなかったなあ。2017AO出場の日本選手人数は総勢35名、米露仏に続く世界第4位だったとは…。これはジュニアの多さですね。将来は明るい!

      引用  返信

  • 連続投稿失礼致します。
    団長さま
    修造チャレンジのジャケット着たボブ・ブレッド氏と、RGで握手して「ニシコリの大ファンです」と会話し、雨サス再開後にジュニアの試合を堪能って…。エレメントがあり過ぎて(笑) ツッコミどころ満載で収拾つかないです。

    ご観戦されている田島選手、いいところで雨サスになりましたね。今一度集中力を高めるチャンス。相手は勢い削がれた感じです。
    対戦相手のニコラ・クーン選手[11]は確か、先月のマドリードでWC与えられた17歳。デ杯に帯同したムナール選手19歳と共に、将来を嘱望されるスペインの超有望株U21です。もう完全なる下剋上ですが、きっとこの雨サスで切り替えてもうひと踏ん張りできるかと。頑張って。

    私信のようになって申し訳ありません。Twitterフォローできないもので…。お許しくださいませ。
    WOWOWさんにチャン・コーチ登場ですね。

      引用  返信

  • @下団 さん
    「今シーズンは、~(中略)~、勝てば 100点以上獲得の大事な戦いを全て逃がしてきました。」
    そうなんですよね~。
    そして、全仏は今シーズン、ブリスベン以来の、去年の成績を上回った大会でもあるんですよね~。
    そういった意味でも、大きな勝利だったと思います。そして、当面のランキングTop10維持も確定し、シードの関係で重要な意味を持つランキング8位以内も可能性が出てきたと思います。
    ただ次のマレー戦、正直言ってキツイと思います。身体が万全でもキツイのに、身体のあちこちに故障・痛みを抱えているんですから・・・、2015のカナダMSの時みたいにボコボコにされる可能性だってあると思います。それでも、それでも錦織選手なら何とかしてくれるんではないかと期待をもって応援したいと思ってます。

      引用  返信

  • 団長さん、お疲れ様です。時差と天候、大変そうですね。体調にお気をつけてRGを楽しんでください。

    ベルダスコ戦、団長さんは2セット以降を基準にされて、あの1セットは何だったのか?と不思議がられて「立て直した」と感じられているようですが、私の感じ方は逆です。1セットが基準と考えると2セット以降が異常なんです。足、痛そうでした。足が動かなくて「足!足!」って圭くん叫んでいました。ずっと足引きずってました。あの状態で少しづつ少しづつ自分を上げていって、今の自分の限界を越えたのだと思います。私の勝手な感じ方ですが。

    ただ凄い試合でした。

      引用  返信

  • いつもずーっと拝見するだけでしたが、初めてコメントします。感情か怒涛のように押し寄せるというか入り乱れる、展開の激しい濃い試合でしたね。団長さんのTwitterの呟きで一番頷いたのは「1stセットとはなんだったのか」
    現地でご覧になっていると試合中の様子や錦織選手の声などがよく見える、聞こえる分、気が気ではなかったと思います。
    終わった瞬間は「はぁ・・勝った・・」しか出ませんでした。途中から本当によく立て直して、やっぱり錦織選手は凄い!と心から思いました。
    団長の「不運は全部引き受けるから~」という気持ちとても良くわかります。
    明日の試合も共に精一杯の応援をしましょうね!

      引用  返信

  • 今晩は。
    団長さま
    記事追記有難うございます。錦織選手をシーン、シーンで同一人物?と疑うお気持ち、よくわかります。1試合中に何人もの人格?が表れては消えるので、私はもう自分の中で錦織幽体離脱説とバロムワン的合体説を信じるようにしています(苦笑)

    すっかり失念。山陰中央新報さんに記事がアップされていました。
    <錦織 奮い立ち逆転 全仏2年ぶり8強>
    http://www.sanin-chuo.co.jp/sports/modules/news/article.php?storyid=565549141
    内田暁さんのシリーズ・コラム3回目です。
    <アキのKEIルポ2017 視野広く必要な物吸収>
    http://www.sanin-chuo.co.jp/sports/modules/news/article.php?storyid=565550141
    恒例の特派員さんレポートです。
    <全仏テニス特派員便り 表れたトップ選手の自覚>
    http://www.sanin-chuo.co.jp/sports/modules/news/article.php?storyid=565551141

      引用  返信

  • 旦那

    変態って(笑)
    不運はしばらくお願いします!(笑)

      引用  返信

  • すっかり乗り遅れましたが、4回戦突破おめでとうございます。
    団長様、現地鼻血おめでとうございます。

    さあ、世界一の待つQFへGO
    !!!!!
    (その前に雨様、頑張って〜〜1日順延よろしく)

      引用  返信

  • 今晩は。
    混迷の女子と順当の男子に関する記事です。
    <混戦の女子シングルス、男子のマレーは風邪と不調の問題から復活か [全仏オープン]>
    https://www.thetennisdaily.jp/news/contents/overseas/grandslam/french/20170606_0024245.php

    9日目振り返りと10日目展望記事です。
    <ナダル対ジョコビッチの準決勝は実現するか? 大会9日目振り返りと10日目展望 [全仏オープン]>
    https://www.thetennisdaily.jp/news/contents/overseas/grandslam/french/20170606_0024251.php

    6/6に行われた「Men’s Legends Under 45」のチャン・コーチの相方P・キャッシュ氏が2ショット、いえ5ショットをアップ。彼の公式Twitterより。
    https://twitter.com/TheRealPatCash/status/872065919241072641

    そしてチーム圭の固い結束。オリバーさんTwitterより。
    https://twitter.com/Lindonk/status/872056519122145280

      引用  返信

  • 連続投稿失礼致します。
    RGも怒涛の1週目が終わり、BEST8が出揃って一段落。ちょうど折り返し地点的な記事が多いですね。
    女子のBEST8は、誰が優勝しても初優勝のメンバー。男子は多少新鮮味に欠けるお馴染みのBIG4かそれ以外か、が焦点ですね。マッケンロー氏の予測に多少ムカつきつつ。

    スビトリーナ選手。今季快進撃ですね。彼女の裏にエナン氏ありきだったと思います。
    スビトリーナ・モード。ではニシコリ・モードは、ROMさまが仰っていたベーグルのウラオモテ焼き?
    ナダル選手。また記録を生むのですね。ティーム選手戦勝利で、SF10回進出の「最初の」男子選手ですか。はぁ~凄い…。
    P・キャッシュ氏。すっかりひょうきん者おじさん化(苦笑) コーチ就任予定ないのかな。キリオス選手にはグロージャン・コーチ。残るオージー、トミック選手かコキナキス選手にコーチングも面白いと思うのですが。

      引用  返信

  • 本日、火曜の午後からの男子シングルの2試合(Nadal-Carreno Busta/ Djoko-Thiem) は天候不良のために、水曜に持ち越しが決定されたようです。

    https://www.lequipe.fr/Tennis/Actualites/Les-quarts-thiem-djokovic-et-carreno-busta-nadal-reportes-a-mercredi/808099

    まだOOPが出てないですね。(こちら現地の18時半)心して待ちます。
    ちなみに明日の降水確率は0%です。

      引用  返信

  • 今晩は。
    スレチですがデ杯(フェド杯含む)について、先ほどITFトップページに改革案が掲載されました。多分パリで開催されたITF理事会でのこの承認案が、8月のベトナムはホーチミン市で開催される総会で承認されれば決定です。
    <ITF approves Davis Cup and Fed Cup reforms>
    http://www.itftennis.com/news/262335.aspx

    主な改正点です。
    ・単はベスト・オブ・5セットマッチから3セットマッチへ変更し、ファイナルTB導入。
    ・複はベスト・オブ・5セットマッチのまま。
    ・日程も金~日曜日のままで、土曜日にダブルスのみ実施。
    ・デ杯&フェド杯の優勝国は、翌年の1Rをホームで開催できる。
    ・開催国の経費負担を軽減する(具体的な記載なし)
    ・デッドラバー数を減らすために、今後改正を予定(具体的な記載なし)
    ・2018の決勝会場入札は既に受け付けられており、今月末の理事会で決定される。

      引用  返信

  • 団長は、日本におられる時、こんな時間に(それもまだまだ外は明るい&雨も止んできた)いきなりフリーの時間がぽっかりできるって事はあまり無いのではないでしょうか?
    こんなチャンスに是非、錦織選手お泊まりホテルの近辺をご散策なさって下さい。
    ジャガーを見かけたら要注意。団長様は、やはり「持ってらっしゃる」ので、何かが起こるかも。。

      引用  返信

  • WOWOWさん情報です。
    錦織選手vs.マレー選手戦は、フィリップ・シャトリエ第3試合。日本時間は23:00頃でしょうか。

      引用  返信

  • @NORICHAN さん
    まず現地11時(日本時間18時)からナダル選手対カレーニョ・ブスタ選手の試合があって、その後、女子のガルシア選手対プリスコバ選手の試合があって(なおNotBefore現地14時(日本時間21時)、それから、錦織選手VSマレー選手の試合なので、かなり順調にサクサク前の2試合が進まないと、23時には始まらないような・・・、
    http://www.rolandgarros.com/en_FR/scores/schedule/schedule17.html
    個人的には24時頃スタートと睨んでいます。
    むむむ・・・睡眠時間をどうするか・・・

      引用  返信

  • 圭君、このベルダスコ戦で精神力が底上げされましたね。
    技術力はトップレベルなので、これでやっとトップ4と互角以上に
    戦えるという期待がでてきました、

      引用  返信

  • RG観戦記録(QF)

    今日のQFスザンヌ・ランランのチケットが全くリセールできる気配もなく、仕方なくでもないですが(ティームvsジョコビッチ楽しみでした)午後からRGに行ってきました。今日のQFチケットをリセールして、明日のマレーvs錦織のフィリップ・シャトリエのQFチケットを買うべと思ってたので(我が家の家計は火の車)、ギリギリまで粘るかと思ってたのですが、チケットのバリデーションは前日の真夜中ということを失念(というか昨日の錦織vsヴェルダスコの応援と太陽光線で疲れ果て完全に忘れてました、日焼け止めクリームも塗ってなかったので今朝起きたら両腕前面真っ赤っ赤、さぞビタミンDが大量生産されたことでしょう)。なのでチケットのバリデーションをやってなかったのですが、慌ててPCでアサインしようとしてもチケットのアップデートもダウンロードも送信もダメ、プリントアウトさへ出来ない事態に。もしやと思ってスマホのMyRGをチェックすると、誕生日やメールアドレスは入力されていないもののQRコードは存在。ダメ元でRGに出かけて、いつもの荷物+ボディーチェックを抜けて、スマホのQRコードを翳すとなんと2枚ともカウンターマーク・チケットが出てくるではないか。その後の身分証明書の写真チェックで、ヴァリデーションを忘れたと兄ちゃんに言うと、小生のチケットはもちろん自分の名前なのでOK。もう一枚のチケットも小生の名前なのですが、家内の入場は「何の問題もない」の一言。このようなチェックで大丈夫なのでしょうか?RG近くのメトロ駅前には10人くらいダフ屋が屯してましたが、彼らの名前で書かれたQRコードで日本人が入るのはムリか(笑)?というわけでチケットのヴァリデーション忘れたけど無事にRGに入場したのはいいけど、激しいシャワー。雨が少し止んで、スザンヌ・ランランにたどり着いたのですが、1)カーッと照りつけるような晴れ→2)強風が吹き荒れる→3)一天俄かに掻き曇り激しいシャワー、1)の振り出しに戻るの無限ループを繰り返す、状態に。NORTHサイドの席なので目の前にトイレがあり、寒くて(気温15℃)暇つぶしに何度もトイレに行き(皆この際トイレに行こうとするので特に女性トイレは30分並んだ、ヨメ談)、結局3時間待って午後6時半にWTA試合再開。だが15分くらいプレーしたところでまたシャワー。諦めてRGを後にしました。帰ってチェックするとWTAの試合は一応消化したようですね。(写真:シャワーに洗われるスザンヌ・ランラン

    なので、ナダルvsカリーニョ・ブスタとティームvsジョコビッチの試合は明日午前11時からになりました。帰ってきてチェックしたら、リセールしたいのに1枚売れ残っていた明日のQFスザンヌ・ランランはあっという間に売れていました。明日のフィリップ・シャトリエのチケットを入手しようと試みていますが、2試合組まれてしまったためかチケットが出てきません。今日のQF2日目のチケットですが、試合時間が2時間以下だったので全額返金されます(ただしアネックスは試合時間が2時間を超えたので返金なし)。もちろん6日のチケットで7日のQFには入場できません。返金方法については、こちらに記載があります。トーナメント最後に電子メールが送られてきて、チケットのウエブサイトにログインしてカード番号などを記入すれば銀行に振り込まれるようです。なのでQFのスザンヌ・ランランの4枚チケットはリファンドされたりリセールできたのでこちらとしてはよかったです。でも錦織選手のQF、SF、Fチケット入手は非常に困難な状況です。錦織選手、これまで第1週の猛暑を避け涼しい日にプレーし、雨が降ってサスペンデッドになってほしい時には雨が降り、昨日の4Rは45km/h(12m/s)の突風があったものの、今日のような荒天(85km/h(24m/s)の突風)は避けることができていて、天気も味方していますね。

    雨が止むのを待っている間ベンチに座っていたら隣のフランス人のオッサン(娘さんと一緒、平日に連続で観戦に来れるのは自由業か何かか?)が話しかけてきて、少し会話が弾みました。モンペリエからパリの知人宅にきているらしく、昨日の錦織選手の試合はスバらしかったと言ってました。「日本では錦織選手はTrésor national vivant(生ける人間国宝)と考えられている」といつものウソギャグ(?)を言ったらウケてました。最後別れ際に「今度錦織選手の試合を観たら君たちを思い出すよ」と言ってました。海外の旅先でいつも思うのですが、一番面白いのは建物や名画ではなくて現地の人との会話ですよね。特に爺さんとか婆さんとか人生経験を積んできた人たちとの。

      引用  返信

  • 禮さん、現地観戦記楽しく読ませていただきました。観客との交流は楽しいですよね。昨日は大荒れの天気で、お疲れ様でした。
    先週観戦していて感じたことですが、RGは会場の雰囲気は抜群にオシャレですが、全米や全豪オープンに比べて雨天時に避難できるスタジアム内のスペースがほとんどない。また、トイレの数が少ないようです。

    チケット争奪戦が激しいですね。公式サイトで在庫が更新されチケットありとの表示が出ても、必要枚数を入力して次のステップに進もうとするとinsufficient availabilityというメッセージで、購入手続きができない。これを何度見たことか。案内係によるとオンライン以外では入手できないという話でしたが、スザンヌ・ランランだったかフィリップ・シャトリエだか忘れましたが、スタジアムの1階にbilleterieのようなカウンターがあって人が数人並んでいました。チケット窓口なのか、それ以外のサービス受付なのか、確かめる余裕がありませんでしたが・・・直前販売があったらいいですが。あいまいな情報ですみません。日焼けとにわか雨にお気をつけて楽しまれてください。

      引用  返信

  • @禮さま
    団長さまのTwitterを見ても昨日はまるで亜熱帯のような変わりやすいお天気だったようですね。東南アジアでは晴れていても外出時に傘と上着は必須でした。
    普通ならばヨーロッパはこの時期晴れてお天気が安定していて爽やかな季節のはずなのに、やはりどこの国も異常気象。どこぞの大統領はパリ協定から離脱宣言致しましたが、目先の自国利益優先でなく長期的な人類いや、地球規模の利益とはなんぞやを考えて頂きたいですね。

    はてさて男子は順延になったとのことで予定がぎゅうぎゅう詰めですね。テレビやネット観戦ならばリビングに座ったまま会場移動出来ますが、現地観戦の皆さまは大変な思いをされていると思います。
    無事錦織選手やお目当の試合が観戦できるようお祈りします。

      引用  返信

  • 団長さん
    試合目の前で観戦されたのですね、あの試合を!! 私もう5回も録画観てしまいました。
    団長さんもうしばらく負を皆背負って下さいませ(ごめんなさ。私が背負えるものなら勿論皆私が)
    何と言う事を書いているのでしょう私は、でもあの試合を観た後少しおかしいのかも??
    マレー戦ドキドキが止まらない!!

    ROLANDGARROSを楽しんで!!

      引用  返信

  • おはようございます。

    nakaさん、そうですよね、マレー相手にサクッとはいかないですよね。とにかく5セットマッチに持ち込んで欲しいです。心配なのはカラダですが。
    とにかくやれる事すべてをして欲しいです。
    コートに立ってる以上彼を応援しましょう。

      引用  返信

  • 日本語で
    足‼︎ 足‼︎
    と叫んでいるのが胸に響きました。
    心から叫んでいた…。思い出しても泣けます。

      引用  返信

  • マレーには稀ーに勝つことができるので、それが今日だといいな。

      引用  返信

  • マレーvs錦織戦ですが、4R終了時までの「タンク貯蔵度」は、
    プレーしたゲーム数(ロストゲーム数) 
    マレー    34(12)+38(17)+26(11)+29(11)= 127(51) 
    錦織     37(15)+28( 9)+51(26)+32(14)= 148(64)
    ですが、錦織選手は前週のジュネーヴも戦っており、1日休めば体力は回復すると言ってましたが、体力(+ケガの状況)に若干不安が残りますね。

    マレー、RG大会前は絶不調かと思いましたが、尻上がりに調子を上げています(あまり気にされていないかのようなダークホース、チリッチも絶好調にみえます)。ESPNの記事では、ドロップショットとロブの多用が指摘されています。マレー自身が、「ネットに出たがるカルロビッチ(大先生)とか背の高い選手には、最初にロブをみせてネットから少し離れるようにすれば(ショットの)アングルが増える。(錦織のような)背の低い選手だと、ロブに届くのは難しいので、どれだけネットに近いかは問題にならない」と言っています。不用意にネットに出てロブの餌食にならないことでしょうか。また、ベースラインからあまり後ろに下がっていると、ドロップショットで走らされて体力消耗するので、ベースライン際に立って速いショットで勝負でしょうか。

    試合時間は夕方4時以降からだと思いますが、気温20℃、曇り、またもや風が強く風速20km/h(45km/hの突風)、昼頃雨がぱらつくことが予想されているので湿度は高め、なのでベルダスコ戦ほどはボールは跳ねないと思います。

      引用  返信

  • @ROM さん

    >どこぞの大統領はパリ協定から離脱宣言致しましたが、目先の自国利益優先でなく長期的な人類いや、地球規模の利益とはなんぞやを考えて頂きたいですね。

    本当にそうですね。「情けは人のためならず」ということわざを教えてあげたいですね。アメリカには似たような言葉ってないんでしょうか?

      引用  返信

  • なにしろ島根出身?の天照大神さまがバックについて、照らしたり、雨を降らしたりと自在にあやつってくれてるので、出来るだけ引き伸ばして体力温存、回復の時間を稼がせていただきたいと思います。(今までは何だってんだ、って話ですが) 明日ってことにはならないでしょうか? でもSF,Finalか詰まっても困るかな?

      引用  返信

  • 今日は。
    WOWOWさんから10日目レポートです。
    <豪雨をかき分け、バシンスキーとオスタペンコが4強>
    http://www.wowow.co.jp/sports/tennis/news/detail_170606_02.html

    まあシリーズなのでご紹介。スポニチANNEXさんより。
    <【松岡修造の目】錦織、マリー戦は“何があっても勝つ”集中力を>
    http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2017/06/07/kiji/20170606s00028000398000c.html

    現地観戦の皆さま、こんなのがパリにお目見えしているそうです。でも抽選だそうで。
    <気分はテニスボール? エッフェル塔からジップライン>
    http://www.afpbb.com/articles/-/3130956?cx_part=txt_topics

      引用  返信

  • 連続投稿失礼致します。
    オスタペンコ選手19歳。大坂なおみ選手と同期で確か仲良かったかと。彼女もこれできっと奮起、グラスで鬱憤を晴らしてくれるはず。
    松岡修造さん。貴方、とくとご覧になられたでしょ、錦織選手は我々の想像を遙かに超えているんですって(笑)

    nakaさま
    試合時間ですが、確かにどんどん遅れそうですね。こりゃ今晩は徹夜覚悟ですね…。
    禮さま
    RG観戦レポ有難うございます。トイレ事情。ただでさえ数が少ないうえに、昨日のようにコロコロ天気が変わって発生する温度差で余計に近くなりますよね。「持ち物リスト」トピで、複数の方が簡易トイレと仰っていたのを思い出して納得しました。
    昨日ダバディさんが、レキップ紙の報じるRG改装計画を紹介されていましたが、トイレ事情はどうなのかな? 増えるのかな?

    mugmugさま、つるみさま
    「足!足!」は私、別の意味でヒヤヒヤ。以前杉山愛さん(沢松奈生子さんかな?)が、現役時代に「足!」と叫んで警告を取られ、罰金を払ったと仰っていました。理由は、英語圏では「足!」は「Oh,Sh●t!」に聞こえたからだそうです。直訳は「ちきしょう!」ですがもっと品性下劣ですね。RGで良かったとホッとしたものです。
    ま、錦織選手、パリだということを解っていて叫んだ確信犯かも知れませんね。

      引用  返信

  • @禮 様、

    現地レポート嬉しいです!
    月曜日のレポも拝読致しました、写真もシェアして頂き有難うございます!!
    奥様とご一緒に観戦、とても素敵ですね。
    明日のQF、シャトリエのチケットがどうか手に入りますように、お祈りしています!!!

    鼻血フレンドの皆様との出会いは本当に有難く、且つ、実際お目にかかると感動してテンション↑↑になります。
    団長様と会えると良いですね^^

      引用  返信

  • @禮 さん

    いつも素晴らしい現地情報ありがとうございます。
    本当に結局は人との触れ合いが一番ですよね~。
    是非是非今後とも、フランス方々に錦織のすごさを語ってあげてください。
    でも。嘘はほどほどに(笑)。

    私もこの全仏の間はすべてを投げうって全仏記事を書き続ける覚悟を決めました。
    団長ができれば決勝で錦織を現地で見れるように、援護射撃したいと思います。
    ということでプレビュー記事をアップしました。https://yuri-san.com/

    途中途中で新しい情報があればその都度更新しますので、団長が更新できない間の箸休めwにしていただければ幸いです。

    今日は、おそらく攻撃的に前に出てくるであろうマレーの攻撃にひるむことなく、自らも前に出て、マレーを振り回してウィナーを叩き込む、あるいはドロップショットで翻弄してもらいたいです!
    最後にコートに立ってるのは錦織だ~!!

    Allez~!Kei~!!

      引用  返信

  • @Kazu@JPN さん、

    QFは現地観戦なのですね!私達の分まで応援よろしくお願いします!
    レポート楽しみにしています。
    どうかご安全に!

      引用  返信

  • マレー戦は日本時間で0時くらいですかね。
    仮眠しようと思いますが、ドキドキして寝られないかも。

      引用  返信

  • 今日は。
    杉山愛さんのシリーズ記事です。スポーツ報知さんより。
    <【全仏テニス】錦織84年ぶり4強へ!「冷静に、熱く燃えろ」杉山愛氏がエール>
    http://www.hochi.co.jp/sports/ballsports/20170607-OHT1T50022.html

    マレー選手と錦織選手の戦力分析記事の抄訳記事です。
    <錦織戦前に「想像しうる最高の状態」 英メディアがマレーの完全復活を分析>
    https://the-ans.jp/news/4997/

    元記事がこちら。英BBCより。
    <Andy Murray set for French Open quarter-final against Kei Nishikori>
    http://www.bbc.com/sport/tennis/40179051

      引用  返信

  • 連続投稿失礼致します。
    杉山愛さんですが、いつの間に「スポーツ報知評論家」という肩書が?(笑)
    戦力分析記事、元記事では数値データや今までの勝ち上がり戦績が解りやすいのでぜひ。

    記事に抄訳されていませんが、興味深い記述も結構ありまして。
    まずは「覚えていない」件(笑) 
    マレー選手は2016USOのQFを鮮明に覚えているのに、ニシコリは「驚いたことに」覚えていないらしい、と(笑)

    続いて、体力消耗度は実はほとんど変わらない件。
    錦織選手のRGトータル試合時間数は11時間24分。マレー選手より約20分多いだけだそうです。ってことはマレー選手は11時間ちょい。完全にイーブンですね。あとはお互いの回復具合。ゾンビ・テニスが得意な2選手です。へとへとのヘロヘロに見せかけていきなり牙を剥く。騙されないよう最後まで見届けましょう。

    特派員は語る件。
    BBCスポーツのテニス特派員ラッセル・フラー氏は、2016USOのQFでのマレー選手の敗因に、いまだに「壊れた音響システム」と「黄色のバタフライ」を持ち出しています(苦笑) まだゆーか!

      引用  返信

  • 禮様
    詳しい観戦記をありがとうございます。現地観戦の皆さんは、苦労されているのだなあと改めて思いました。また、素晴らしい観戦記をお願いします。いつも、楽しみにしています。
    応援フードの思いつき。
    全仏→でんぶ+ツー、餡で鞠、マーマレードのクラッカーを前菜にしてと。主食をでんぶのおにぎりツー(2ヶ)で、おかずに餡で作った鞠をお皿に並べます。お茶で口の中を流しながら餡で鞠を味わう何てのは・・・・
    これも胸焼けがしそうですね。でも、「全仏→でんぶ+ツー」はいけるかな・・しかし、おにぎりも、食べる前に握りつぶしてしまいそうで不安です。(^◇^)

      引用  返信

  • 僕はマレーのサーブの調子が試合を左右するのかなと
    彼のサーブの調子がよければ一方的な結果になるのかなと、今回は錦織圭の体調からしてサーブの安定したキープは難しいかと、後はご褒美で、無理して大きな怪我だけはしないでほしい
    ベルダスコ戦は最後のゲームセットを聞くまで、全然安心できなかった
    移動の最中ずっと、足ひきずつてなかったですかね?(゜ロ゜)
    現地で応援されてた人はどう感じたのでしょう
    今回は勝ち続けてほしい気持ちと、大丈夫かいな?(゜ロ゜)と思う気持ちが、まだシーズンは長いし、しかし、昨日のベルダスコは1セット終わって、今日は”もろた (^w^)”ごっつぁんです”(* ̄∇ ̄*)と、おもたんでしょうね
    錦織圭みたいな天然な天才にかかったら、ほんまに、、最後はどこ打っても入る状態でしたよね
    あれが続けは優勝もあるかもしれないけど、相変わらず、ベルダスコもワケわからん選手ですね
    あれがなければいまだに、トップ10選手なんだろうけと、ナダルだつたら絶対に、大差で(  ̄▽ ̄)

      引用  返信

  • @youkoさま
    “What comes around, goes around”ということわざがありますが、どちらかといえば自業自得的な悪い方の意味で使われる印象です。
    英語のことわざって戒め的なものが多いような…。

      引用  返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

     テニスを愛する理系人間。よく理屈っぽいと言われる。  プレースタイルはサーブアンドボレー、というよりサーブ。ストロークは弱い。  2008年2月15日に本ブログを開設。その数日後に錦織圭はあのデルレイビーチ優勝を成し遂げる。  錦織圭の存在を知ったのは2004年。その後2006年全仏ジュニアベスト8で再注目。2007年のプロデビュー(AIGオープン)で錦織の試合を初観戦。その後の活躍を確信し、今に至る。