【5/18情報更新】Weekly日本選手情報(Week20:2015/5/18の週)

先週のソウルCh、添田豪が韓国期待の星Chungを破り、見事優勝!ウィンブルドン本戦DAを確実なものにしました。
今週の情報です。いよいよ全仏予選。1人でも多く勝ち上がってくれ!

全仏予選

西岡良仁
杉田佑一
ダニエル太郎
守屋宏紀

韓国F1

本戦
吉備雄也
江原弘泰
内田海智

予選
今井慎太郎 予選決勝進出 5/18 AM11:00からの1試合目
志賀正人 予選決勝進出 5/18 AM11:00からの1試合目

アルゼンチンF6

牧口流星 5/18 AM9:00からの3試合目

中国F5

本戦
小ノ澤新
中村錬

スペインF14

本戦
斉藤貴史

予選
玲央ジュリアン・セバウン 予選決勝進出
守谷総一郎 予選決勝進出

インドF5

本戦
河内一真
後藤翔太郎

168 件のコメント

  • 吉備選手、完敗でした(T_T)早く復調の切っ掛けを掴んでほしい!
    松井選手、この後のダブルスはどうするのかな~?出場出来たら頑張ってほしいですね(^^)/

      引用  返信

  • 仁木選手、初戦突破!6-2、6-3の快勝でした!
    松井選手は関口選手とのペアで奮戦中です!頑張れ~!

      引用  返信

  • おっ、ダニエル選手5-7,6-3,6-1で勝ちました(^O^)!
    次はアルゼンチンのZeballos(142位/39位)ですね。
    明日は2回戦の残り試合が入るので、次のQFは1日空いて金曜日かな。
    頑張れ~!

      引用  返信

  • 太郎選手、CH初優勝から好調を維持してますね~全英予選のシード入りは勿論、上位シード入りも狙えそうですね(≧▽≦)頑張ってほしいですね(^^)/

      引用  返信

  • マンチェスターCHの1Rで伊藤選手はフルセットで敗退(T_T)
    相手も良い選手ですが・・・早く立ち直りの切っ掛けを掴んでほしいですm(__)m

      引用  返信

  • Gimcheon Chの2Rで 江原選手は関口選手にストレート勝ちです。
    仁木選手はファイナル突入です。頑張れ~!

      引用  返信

  • Linusさん、下団さん、情報ありがとうございます。
    仁木選手、残念ながら負けてしまいました(T_T)江原選手vs関口選手は江原選手が勝利。江原・綿貫ペアは残念ながら敗退です。センターコートの第4試合に豪くん登場。前の試合がファイナル突入なので、あと30分位か?

    ■Furth Ch(太郎選手は今日試合なし)
    ■Manchester Ch(守屋選手、19時開始の第1試合)
    http://www.atpworldtour.com/posting/2015/7293/op.pdf

    杉田選手は母校で練習したようですね!
    https://www.facebook.com/sugita.yuichi.1/posts/10200527142137271?pnref=story
    西岡選手はイタリアを楽しんでるみたい?w
    https://twitter.com/yoshihitotennis/status/604901274568564736
    守屋選手、調子は良いとの事。今日の試合、頑張れヽ(^。^)ノ
    https://www.facebook.com/hiroki.moriya.official/posts/919643084764780

      引用  返信

  • 下団さんコメントの松井俊英選手棄権について、彼のブログが更新されています。
    それによると「自分では良い感触だったものの試合をしてみたらまだ調整不十分だった」そうです。
    http://toshimatsui.blogspot.jp/2015/06/blog-post.html
    症状悪化とかではないようですが、完治するのか心配ですね。

    サンティラン選手はダブルス第3シードでベスト8に残っています。
    もうひとがんばり期待したいです。

      引用  返信

  • bucchi さん、みけ さん、情報 ありがとうございますm(__)m
    Gimcheon Chの2Rで添田選手・・・負けてもた(T_T)ヨーロッパから戻ってまで出場した意味は(;゚Д゚)
    負け方が悪すぎる!全英までに立て直してくれ~!!

      引用  返信

  • 全仏オープンダブルス サンティラン選手ペア負けてました・・
    添田選手も残念・・なかなか調子が上がってきませんね。

      引用  返信

  • マンチェスターCHの2Rで守屋選手あ逆転負け(T_T)
    軽井沢Fuでは斉藤選手、越智選手、奥選手がSF進出しています。日本勢による決勝戦を期待したいです。

      引用  返信

  • みけさん、下団さん
    情報、ありがとうございました。添田選手、守屋選手は二人ともかなり格下の選手だったので、この敗戦はかなりガッカリです。この前圭くんがコメントしていましたよね。
    「結果が出なくても経験することが必要だと思います。いいサンプルとしてはヨッシー……西岡君。果敢にATPにチャレンジしているという意味で。チャレンジャー大会にばかり出ていると、チャレンジャーのテニスになってしまう。早めに上の大会に出ていかないと、あとで難しいかなと思います」
    ツアー大会は予選からレベルの高い戦いなので、予選や本選1Rで敗退する可能性も大きく、それが続くとポイント的に厳しいと思います。しかし、そこで諦めず経験を積む事によりツアーやGSでの戦いに活きてくると思うのです。現に、西岡選手や太郎選手は結果が出始めて来ていると思います。外野は勝手な事を言うと思わるかもしれませんが、ツアーの予選に出れるランキングであるならば、チャレンジして行って欲しいと願います。ファイト日本人選手\(^o^)/

      引用  返信

  • bucchi さん、修造さんも自分自身に言い聞かせるように少しでも上へのチャレンジを実践されてましたよね~錦織選手が受け継ぎ、それを西岡選手、太郎選手が受け継いだ・・・嬉しいでしょうね(ノД`)・゜・。
    別スレでも少しふれましたが、JTAはチーム圭への育成者見習いの派遣をしてほしいですね~
    先日の中断時間中に チーム圭とともにロッカールームにいられたらとしたら表現しようもない素晴らしい経験を得られたと思います。
    89年のチャンコーチのレンドル選手戦での大逆転をはじめとした優勝を支えたヒゲラスコーチは、91年のクーリエ選手の優勝を支えたコーチでもあります。
    91年の決勝戦はクーリエ選手から1-6、1-3からの雨の中断でヒゲラスコーチが見事に立ち直らせて逆転勝ちへとつながりました。
    名コーチの知識も引き継いだチャンコーチから学べる絶好の機会があるのに勿体無いですね(T_T)

      引用  返信

  • 下団さん
    そうですね~修造さんはチャンスがあれば積極的にチャレンジしていました。日本男子では修造さん以前には本格的にツアー参戦した方がいなかったので、本当に大変な苦労をしていたと思います。
    「チーム圭への育成者見習いの派遣をしてほしいですね~先日の中断時間中に チーム圭とともにロッカールームにいられたらとしたら表現しようもない素晴らしい経験を得られたと思います。」その通りだと思います。このような貴重な機会を逃してしまって、大変残念です。
    オーストラリアのテニス協会はそれこそ国を巻き込んでジュニアの頃から組織的に強化を進め、トミックやキリオス、コキナキスといった若手が順調に育っています(その前の世代の。修造さんの蒔いた種が芽を出し、成長して来ていると思います。花を咲かせることができるかどうか、JTAの手腕の見せ所だと思います。
    ところで、ジュニアの国内大会について詳しくないのですが、コンソレーションマッチって実施してるんですかね?

      引用  返信

  • 文章の順番入れ替えていたら、一部消えちゃいました(^^;;

    (その前の世代の。→(その前の世代のヒューイットやラフターもそうですが)。です

      引用  返信

  • bucchi さん、大会の規模によって変わりますが、全国大会につながるような大会ではコンソレは実施されてないと思います。地方予選では各主催者の裁量で希望者には1試合だけ行うような例もあります。それも「参加費が高いのに1試合だけでは酷い」とのクレームが出ていたからでした・・・
    イベント会社や私営クラブ等の主催大会では最低2試合を保証する形でコンソレや予選リーグ形式で試合数を確保したりします。私の知人のコーチは自身が支配人を務めるテニスクラブで一般の月例会を開催してJr割引を設けたりしてJrの参戦を促す等でJrの育成に頑張られていました。
    正直、一部の有志や篤志家に支えがなければ Jrの育成は厳しい状況が続いていると思います。
    ただ、何度も書きますが、知人のコーチの「錦織君のおかげで夢を語れるようになった(^^)」は色々な意味で重い言葉だと思いますm(__)m
    JTA!頑張らんかい!!!

      引用  返信

  • 下団さん
    そうなんですね、ありがとうございます。試合会場へ何時間もかけて行き、負けたらたった1試合で会場を後にする・・・負けても、試合経験を積めるコンソレーション方式は、ジュニアの選手育成に持ってこいと思いましたが、運営側は厳しいのですね。お知り合いのコーチのご尽力、素晴らしいです。ジュニアの育成は(ジュニアだけじゃないですが)課題が山積みですね。
    「錦織君のおかげで夢を語れるようになった(^^)」これは、コーチ陣にとっても、ジュニアにとっても、本当に良いモチベーションになりますね。IMGで一緒に練習しているジュニアの子達も、自宅に招待してもらったり、一緒に練習したりしてると聞きます。こんな貴重な機会をほっておくなんて、勿体ないなぁ・・・

      引用  返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

     テニスを愛する理系人間。よく理屈っぽいと言われる。  プレースタイルはサーブアンドボレー、というよりサーブ。ストロークは弱い。  2008年2月15日に本ブログを開設。その数日後に錦織圭はあのデルレイビーチ優勝を成し遂げる。  錦織圭の存在を知ったのは2004年。その後2006年全仏ジュニアベスト8で再注目。2007年のプロデビュー(AIGオープン)で錦織の試合を初観戦。その後の活躍を確信し、今に至る。