錦織圭、やっぱり全仏出場は難しいのでは

本日、公式ブログが更新され、錦織圭の故障の状況が本人の口から明らかにされました。

こんにちは
昨日シカゴにやって来ました。
今日から本格的にリハビリ、トレーニングを初める為です。
腹筋の方はだいぶ良くなってきています。
まだテニスができるまでではないですが、日に日に少しずつ痛みは消えています。もう少しです。

先週から少しずつリハビリを始めたのですが、痛めた当初はなにもできず。。
特に側筋はどの動きにも使うので、安静にしとく以外はできませんでした。

痛めてからは日本に帰ってきて、しばらく気分転換で映画を見に行ったり、友達に会ったりしばらくぼんやり過ごしていました。
んで先週からウイダーのトレーニングラボでトレーニングし昨日こっちに来た次第であります。

全仏に関しては正直まだ分かりません。
正直万全の状態で望めることはないでしょう。
今まだラケットを握れてない状態なのと、いくら良くなって試合に出れたとしても練習期間が少なすぎます。
まぁこれからの数日間の治りを見て決めて行きます。

やはり全仏に出たい気持ちは強いので焦る気持ちはありますが冷静に判断したいと思います。

(リハビリ – 錦織圭公式サイト|KEINISHIKORI.COMより)

シカゴというのは年末年始に体幹トレーニングを行ったトレーナーのロビー・オオハシ氏のところですね。時間的な余裕を考えると来週のWTCはもちろんのこと、やはり5/27からの全仏も厳しいと思います。まだテニスも始めていませんから。

とはいえ、このくらいの症状であることはある程度予想されていましたし、むしろまだ全仏出場の可能性があるという書きっぷりですから、時間さえかければきっちり治る故障のはずです。

もし体が良くなっても調整不足になるでしょうが、かえって気楽な気持ちで臨めるかもしれません。さすがに上位ラウンドにnaruto体力面などの不安が出てくるとは思いますが。

さて、また悪いニュースだけではありません。釜山チャレンジャーで優勝した伊藤竜馬がランキングを自己最高の70位に上げ、オリンピック出場を確実にした模様です。

(参考:竜馬優勝!! | 増田健太郎公式ブログ – MASUKEN WORLD –

70位で確実になるとは知りませんでしたが、なんにしろこれは超ビッグニュース。
これで錦織、添田に次ぎ3人目ですから、こんなすごいことはめったにありません。

すでにチャレンジャーレベルではない添田、伊藤の両選手ですが、勝たなければならない試合をきっちり勝つというのは本当にプレッシャーがかかることです。

この快挙をぜひメディアでもっと大きく取り上げて欲しい・・・。

32 件のコメント

  • naruto 突っ込もうと思ったら団長さん自ら突っ込みがw
    今年はオリンピックがあるのでスケジュール調整をするのも大変でしょうが、本人の冷静なコメントに一安心です。
    松江市の応援DVDを見て和んでくれたかな。
    それにしても、オリンピックやGSに3人出場できそうとは快挙ですね。

    ところでコンビニで「錦織圭」の赤い応募シールが付いたウィダーを見かけてびっくり。こんなキャンペーンが始まってました。
     錦織圭選手に挑戦 
     https://cp-weider.jp/

      引用  返信

  • http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120515-00001041-yom-spo

    例によって小ネタです(^^ゞ

    「KEI、ロンドン五輪シングルス(ランキング上では)出場確実!」と日本テニス協会が発表\(^^@)/
    添田豪・伊藤竜馬・クルム伊達公子にも可能性あり、とも。

    その後の様子が伝わってこなかったので心配していたのですが、
    先ずは一安心(^_^;)まずは無理をせず、心技体が一定のレベルを維持できる、と判断した場合のみボチボチ?と復帰して頂ければ、錦鯉として嬉しい限りです。

    Vamos!!

      引用  返信

  •  ん~、増田氏、何か勘違いをしていなければ良いのですが・・・

      引用  返信

  • 五輪関連の続報です(^_^;)

    http://www.nikkansports.com/sports/news/f-sp-tp0-20120515-951473.html

    こちらでは、村上監督が男子2名の「可能性」とクルム伊達公子・森田
    あゆみの出場が「現状では厳しい」と語った、と微妙に異なる発言記事になっています。

    自力は勿論、主催者推薦でも何でも良い?ですから6人もエントリー
    出来たなら、さぞかし壮観でしょうねwww

    それにしても、2つの記事のどちらが本当?(^^ゞ

      引用  返信

  • 身体が資本なので無理して悪化してしまうことだけは避けてほしいですね。まだまだ先があるのだから、しっかりケアしてもらいたいです。

    ところで、最近ひろQさんを見かけないようですが・・・。

      引用  返信

  • 団長記事更新ありがとうございます。楽しみにしていたのでうれしいです。
    14日付のランキングをざっと目視しただけですが、竜馬より上の69位以上で、スペイン6人、フランス4人、アルゼンチン2人、アメリカ1人、以上13名が4人枠からはみ出ます。ソダーリン他、復帰がまだ難しそうなケガ人もいるでしょうから、現時点のランキングが維持できれば、竜馬は56番目までに滑り込めるのではないでしょうか。確か大きな失効は無かった気が…
    もちろんローマMSと全仏という、ランキングが大きく動きうる大会が残っているので、断定出来ないでしょうが。
    昼行灯さんが貼っていただいた記事他を見比べると、日刊スポーツのがよく調べて書いている感じ。57番手というのも、さっき私が数えたのと合致します。あとのは同じ記者会見をネタ元に、適当に書いている感があります。

      引用  返信

  • スペインは、現時点でベルダスコが4番手(16位)でフェリロペが5番手(17位)。
    錦織より上のランキングでも4人枠からはみ出ます…((((;゚Д゚)))))))

      引用  返信

  • ITFのオリンピックに関するルールをみると、DAがやはりランキング上位56人と書いてありますので、現在57人目の竜馬は当落線上という感じで、決して確実ではないですね。上位に数人欠場者がでるのかもしれませんが、いずれにせよ6/11までランキングを抜かれないようにしなければなりません。

    http://www.itftennis.com/media/111275/111275.pdf

      引用  返信

  • まさに当落線上で、どの国の選手に抜かされ、どの国の選手を抜くか、が影響する微妙な世界ですね。
    例えば同じランキングを維持しても、枠が埋まっていない国の選手に抜かされ、枠の埋まった国の選手が下に行ったら「落」の方に振れるわけです。
    全仏で活躍してすっきり決めてくれたら嬉しいですね。

      引用  返信

  •  ラフな手計算ですが、以下の3ケースでの伊藤選手の6/11付ポイント
    と五輪エントリー順位(5/14付ベース)を調べてみました。

    ●デュッセルドルフ&全仏全敗ケース:647pt(63番手)
    ●デュッセルドルフのみ1勝ケース:665pt(57番手)
    ●全仏のみ1勝ケース:682pt(55番手)

     これを見る限り、2大会全敗ケースでの五輪DA(RK枠)は難しく、
    当落選上というよりは、見通しとしてはむしろ厳しいと言わざるを
    得ないと思います。

     ここは、デュッセルドルフか全仏で、起死回生の1勝をもぎ取ってもらい
    ましょう。

      引用  返信

  • 健太郎さんが「確実」と書かれた件ですが、五輪欠場の方がいつも大体それだけいらっしゃるから、ということではないのでしょうか。

    それでもデュッセルか全仏で1勝挙げれば何の心配もいらなくなりますし、実力上げた竜馬君なら十分可能とは思いますが。

      引用  返信

  • またまた小ネタで心苦しいのですが、wowow tennis online関連の
    ブログ記事見つけました(^^ゞ

    http://www.plus-blog.sportsnavi.com/tennisgs/article/361

    「元々苦手では無いクレーで着々と経験を積んでいただけに、今回の怪我?は残念だが、試合中にも修正しながら粘り強くポイントを重ね闇の中でも光明を見いだすことが出来る選手」と期待を込めて結んでいます。

    Vamos!!

      引用  返信

  • 調べてしまいました。仕事中に(−_−;)
    北京オリンピックのシード順《注 エントリーではない》に使われた08年8月4日のランキングと実際のドロー表による出場メンバーを比べると、ランキング上エントリー可能な56番手までの選手のうち、14人が出場していません。上位の欠場者が前回並なら竜馬はロンドン当選有力ですが、今回の会場はウィンブルドンですもんねf^_^;)
    当時は上位選手の国籍が今より集中していて、4人枠からはじいていくと、56番手の選手はランキング84位でした。とすると当落ラインは100位くらいだったわけです。
    そんなことより改めてすごいと思ったのは、トップ3の面子が、三人の中の順序はともあれ、当時と今で変わらないこと…

      引用  返信

  • 伊藤選手は全仏の後半の週でCHにもエントリーしてるのでそれも含めるとだいぶ可能性はあるのではないでしょうか?

      引用  返信

  •  kikさん、それそれ、去年もべスト4に入っているNottinghamが
    ありましたね。

     ちなみにNottinghamでシードをキープ(ベスト8)した場合の試算
    結果は以下の通り。

    ●Nottinghamでべスト8(その他は全敗):658pt(58番手)

     これは、かなり現実的になってきましたね!

      引用  返信

  • 参考になるかどうか分かりませんが、調べてみました。
    各選手が今後全敗し、全仏初戦敗退時のポイントです。
    △印は21日からの週に参戦予定の選手

    55 Lu 775  △ TPE
    56 Kukushkin 773 RUS
    57 Muller 768   LUX
    58 Soeda 758 △ JPN
    59 Chardy 748  FRA
    60 Lacko 733   SVK
    61 Rochus 725 △ BEL
    62 Paire 695   FRA
    63 Falla 656 △ COL
    64 Dodig 655 △ CRO
    65 Ito 647 △ JPN
    66 Roger-Vasselin 646   FRA
    67 Ebden 631   AUS
    66 Volandri 630 △ ITA
    67 Ramirez 622   ESP

      引用  返信

  • 竜馬のニッコニコ笑顔をオリンピックで見ることができそうですね。

    この間、青ポロシャツを着た大看板の錦織をユニクロで見て、しばらく身動きがとれなくなりました。
    全仏見たいですけど、じっと待ちますよ。
    ケガの間の過ごし方も応援側もだんだん慣れてきました。
    みなさま、調べものをありがとうございます。
    今もむかしもコメント欄から目が離せない。

      引用  返信

  • コリコリさんの結果と違ってましたので、調査範囲を広げてみました。
    伊藤選手の順位が一致しましたので、邪魔くさいかもしれませんが、
    もう一度書きます。

    52 Lu 775  △ TPE
    53 Kukushkin 773   RUS
    54 Kubot 771   POL
    55 Muller 768   LUX
    56 Soeda 758 △ JPN
    57 Chardy 748  FRA
    58 Lacko 733   SVK
    59 Rochus 725 △ BEL
    60 Paire 695   FRA
    61 Falla 656 △ COL
    62 Dodig 655 △ CRO
    63 Ito 647 △ JPN
    64 Roger-Vasselin 646   FRA
    65 Ebden 631   AUS
    66 Volandri 630 △ ITA
    67 Ramirez 622   ESP

      引用  返信

  • アップし忘れました。

    伊藤選手以上の各国選手数
    スペイン 9人 5人アウト
    フランス 8人 4人アウト
    アメリカ 5人 1人アウト
    アルゼンチン 4人 0人アウト
    セルビア 3人  0人アウト
    ロシア 3人  0人アウト
    クロアチア 3人  0人アウト
    チェコ  2人  0人アウト
    日本   2人  0人アウト
    イタリア 1人  0人アウト
    オーストラリア 1人  0人アウト
    オーストリア 1人  0人アウト

    10人アウトとすると、伊藤選手は53位になります。
    全豪で下位者に越されなければ自力五輪可能性があると思います。

      引用  返信

  • 何を書いているんでしょう?

    全豪は終わってます。全仏の間違いです。

      引用  返信

  • ランキング上は出場可能でも、各国オリンピック委員会(だかテニス協会)が独自に決めた派遣資格を満たせずに出られない選手もいるそうです。

    たとえばドイツにはかなり厳しいルールがあって、6月11日付ランキングが24位以内、あるいは25位以下であれば(以下、ドイツ語なのでよくわからないこともあって省略)となってます:

    http://www.dtb-tennis.de/5425_16323.php?selected=1096&selectedsub=1133

    コールシュライバーもマイヤーもちょっと微妙な位置でしょうか。
    南アのK.アンダーソンもデ杯に出場しなかったから協会がGOサインを出さないという話だったような。

      引用  返信

  • そういえば 女子でも バルトリがフランステニス協会との確執で出られないなどありますね。
    出場選手、2人と3人ではインパクトが違いますから次世代の為にも頑張ってほしいです。( 私の周りだけではないと思いますが) 運動神経のいい男の子はみんなサッカー、野球に行ってしまって…。子供のスポーツの選択って親の影響大ですね。 テニスの王子様世代 の子供にも期待してます。
    鼻血さんがおっしゃるように、メディアの取り上げ方は( 特にオリンピック、ウィンブルドンでは)重要だなと思います。

      引用  返信

  • こんにちは、いつもブログ拝見させて頂いております。

    ワールドチーム杯の欠場も決定したとのニュースも出てましたね・・・心配ですが全仏に向けて頑張って調整してもらいたいものです。

    そういえばワールドチーム杯はこの場合どうなるのかな?竜馬君が代わりにでるのかなぁ?

      引用  返信

  • デュッセルドルフ、佐藤選手が参加するんですね。
    添田選手、伊藤選手のふたりだと全仏オープン前につかれ残さないか心配だったのですが、ひと安心しました。

      引用  返信

  •  竜馬選手、やりましたね!

     やや不調とはいえ、25位のStepanekに勝った訳ですから、全仏に
    自信をもって臨めますね。

     どうもこの試合、シングルスNo.1と位置付けられていたらしく、
    勝利ポイントは35ptのようです。(間違っていたらすみません。)

     これは、Nottinghamでのポイントを期待するまでもなく、五輪の
    RK枠DAをほぼ手中にできたのではないでしょうか?

      引用  返信

  • 公式、アップされましたね。
    練習ははじめたものの、まだ痛みがある様子…。
    全仏はやはり難しいでしょうね。。。
    しっかり治してウィンブルドン、オリンピックに標準を合わせてもらいましょう!
    私は今日をもって、気持ちを芝に切り替えますっ^^
    ガンバレ!、圭

      引用  返信

  • こんばんは。
    今、イタリア国際決勝を観ています。
    素晴らしいテニス♪(*^^*)
    凄いラリー!! ブラボー♪

    ナダルの鬼気迫るストローク!!

    昨年、何度もジョコ選手に負けた悔しさがパワーとなって、
    いつもよりフルスロットルって感じですね!!

    う~ん、DAIさんや他の方も仰有る通り、こんなクレーでの戦いの
    中に痛みを抱えての参戦は無理ですね。
    圭君のプレーを観たいのはやまやまですが、
    全快した上での、あのテニスができるようになる事を
    待っていますf(^_^)

      引用  返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

     テニスを愛する理系人間。よく理屈っぽいと言われる。  プレースタイルはサーブアンドボレー、というよりサーブ。ストロークは弱い。  2008年2月15日に本ブログを開設。その数日後に錦織圭はあのデルレイビーチ優勝を成し遂げる。  錦織圭の存在を知ったのは2004年。その後2006年全仏ジュニアベスト8で再注目。2007年のプロデビュー(AIGオープン)で錦織の試合を初観戦。その後の活躍を確信し、今に至る。