ツォンガに対して初のストレート勝利で、最高の過程で(おそらく来るであろう)王者に挑戦!(2016全豪4回戦)

2016 Australian Open (Grand Slam)
4th Round
Kei Nishikori[7] def. Jo-Wilfried Tsonga[9], 6-4,6-2,6-4

試合の流れは前の記事でご覧下さい。

準々決勝の対戦相手はジョコビッチになるという仮定の下で本記事を書きます。
シモンが来たら書き直します。

吹っ切れたモヤモヤ

今日の勝利でここ5ヶ月ほど続いてきたモヤモヤはかなり払拭できたのではないかと思います。
これまで4度勝利しながらも全てフルセットまでかかっていたツォンガに対し、ストレートで勝利した意味は非常に大きいです。
全豪では昨年もフェレールに同じように初めてストレート勝利しましたよね。

今日の試合は内容も集中力も素晴らしかったと思います。
前回の全仏の丁寧なプレーとは打って変わって、ハイテンションなプレーで支配しようとするツォンガのプレーを受け切り、自らも序盤からギアを上げてプレーしました。
以前の錦織はここで力なくブレイクを許すこともありましたが、今大会はとにかく序盤のプレーに対する意識が高いですね。

作戦を効果的に遂行

ツォンガのバックハンドを攻める作戦も大成功でした。
バックのクロス偏重な単調プレーは見られず、フォアハンドを攻撃の起点とし、「どうやってポイントを取るか」のビジョンが明確でした。

サービスは確率60%ながらもツォンガに有効なリターンをほとんどさせませんでした。
アドサイドのセンターへ、通常よく使うスライス系のサーブに混ぜて190km/hを超えるフラットサーブも使っていたのが印象的でした。
2ndサーブでもこのコースを使っていましたから、ツォンガの予測を外してフォアへサーブを送るという作戦だったのでしょう。

先行することで余裕を持ってプレー

1stセット5-2からブレイクを許したのは1stサーブの確率が低かったことが原因でした。
この段階ではちょっとツォンガがいいプレーしたら、(セットは錦織が取れたとしても)ツォンガの流れが来そうな雰囲気もありました。
5-4でしっかりキープしたことでツォンガの反撃の芽を刈り取り、続く第2セットも最初から再び集中してブレイクをしたことで流れを完全に作り上げました。

先に2ブレイクしておいたおかげで立て直しが難しくなかったと言うことであり、常に先行していくことで気持ちに余裕を作れたことが今日の快勝の大きな要因です。
錦織としても理想的な試合展開で勝つことができたと思っているのではないでしょうか。

「後から頑張るより今頑張る方が結果的に楽」

このことが実証された試合だと思いました。

次の試合も序盤から訪れるであろう苦しい場面をどうしのいで自分の流れに繋げていくかが注目されます。

最高の勝ち上がり方

何よりフットワークがよく、ストロークも振り切れて体調が良さそうなことが嬉しいです。
手首も痛そうなそぶりはありませんでした。
これまで4試合中3試合が屋根を閉めてのプレーで、かつ取られたセットは1つのみ。体力をしっかり温存できて準々決勝を迎えるにあたって最高の勝ち上がり方ですね。
かつては勝ち上がっても満身創痍で満足のプレーできないことが多くありました。

ハイセンスアリーナは自由席なので、日本人ファンが頑張って並んで席を取り、最高の雰囲気を作ってくれました。
楽天オープンの2度の決勝の雰囲気は私も体験し、体が震えるような一体感を覚えましたが、グランドスラムでこの雰囲気はまだ経験したことがありません。
よく考えたら私、グランドスラムでの錦織をまだ見たことがないんですよね。
早く行かないといけませんね。

とにかく、グランドスラム制覇は簡単にできるものではありませんが、着実に近づいていると感じることができ、非常に嬉しい勝利でした。
鼻血が出そうになりましたが、ツォンガにも背中の痛みの影響はあったと思うので、ここは我慢して次の試合にとっておくことにします。

nishikigoiflag
錦鯉フラッグとともに応援しましょう!

179 件のコメント

  • @micchi さん
    リンクありがとうございます♪ 団長、次のエントリーのタイトルは決まりましたね(^-^)/(超ムチャブリ…) おかげで月曜の朝から元気になりました

    ゆきんこりさんが上げてくださった記事の最後で、I’m ready to beat him again.という本人のコメントがありました。Keiくんもビリーブしてるのだから、私達もビリーブしましょう!!

    昨夜からの連投失礼いたしましたm(__)m

      引用  返信

  • いろんな意見があって当然だとは思うけど、正直 負けた時の 全否定や限界説は 読んでてつらいです。
    元気で 明るく希望の感じられる試合の後である今は 受け入れられる部分もありますが。
    私たちの予想以上に 錦織くんは自分を信じて戦っているのではないでしょうか?また そうでなくては厳しいtourを戦い抜くことはできないでしょうし。いい意味で予想を裏切ってくれる錦織くんの恐ろしさを、ジュニアの頃の錦織くんの試合を見て モンスターと言ったヨーロッパの記者か、関係者のコメントでうかがいしれます。
    また 去年後半の苦しさが 良い方向に活かされることもあるでしょう、去年のフルセット負けが昨日の試合に活かされたように。だから ファンである私もガマンして待とうと思います。
    明日は シモンではなくジョコで良かったと思う、間違いなく見違えるジョコで来るはず。だからこそ 全てを出してやりきってほしい。祈ってます。久しぶりにコメントしました。いつもありがとうございます。

      引用  返信

  •  てぃさん! ド素人の自分の場当たり的書き込みに的確に回答くださり滅茶苦茶感激しています!有難うございました。ただナダル・ファンでもある私はナダルガインタでいいきった「負けたからといって大したことではない。自分にとってテニスが全てではないから」が好きなのです。負け続けてもコーチは変えない。人生を楽しむ事の方がもっと大事、そう言っている様に思えるので。勿論数々の偉業を成し遂げたナダルガだから言えるのかもですが。

    今の圭くんにとっては正にテニスが全てかも知れないけど同時に青年らしい素敵な人生を送って欲しい。存在しているだけでこれだけ大勢の人々の気持ちを明るくさせてくれる若者はそうそういないのですから。

      引用  返信

  • 突然お邪魔しますw

    圭くんの練習を見に来ました。コート変更で日本人が大移動です。
    でも、気合い入った練習しています。珍しく圭くんから「ヘイ!」の声も出ています!

      引用  返信

  • @八神庵さん

    久々の被害者の会、相変わらず面白いです。一時期賛否両論ありましたけど、私は個人的に好きです。このぐらいの浮かれっぷりは許されてもええんじゃないかと(笑)。

    「早めに片を付けたい」発言、ほんまそうですね。ディサイディングセット勝率キャリアNo.1でファーストセットロスト後勝率も過去1年でNo.1の選手が何を言ってるんでしょうかって感じですよね。(ちなみにジョコは後者のランキングでは出てこない…っつかまずファーストセットを落とさないのかw)。

    本当に対決楽しみです!

      引用  返信

  • 昨日は所用でライブで見ることができませんでしたが、見事な圧勝でしたね。
    帰ってきてから録画をじっくり見ました。全仏の時の課題をしっかりクリアして、ツォンガの強力な1stもしっかり返すし、フォアのダウンザラインも度々使っていましたね。ツォンガはエルベール戦とうってかわったミスの多さでした(^^;やはり圭君は修正能力が高いですね。

    昨年暮れのロンドンファイナルからまだそれほどたっていないので、対戦の感覚はまだ薄れていないでしょうし、昨日のシモンの戦いぶりから得るものもあっただろうと思います。
    もちろんジョコも課題を修正してくるでしょうが、明日圭君がどんな試合をしてくれるか楽しみです。
    現地応援の皆様も、体調に気を付けて応援よろしくお願いします!

      引用  返信

  • 暗中模索と云う名のトンネルを出る直前、出口が満月の形をとりました!”今”全開モーメントのインフィニティー=今、ニシコリ モーメントに吸い込まれていく瞬間にイマス!no fear あっけらかんとしたフリー テニスをエンジョイする錦織圭がすでに過去形ですヨ!🎾うひひ 開眼済か?

      引用  返信

  • もしも今日ラオくんがワウさんに勝ったら・・・圭にも、いやみんなが「おっ」と思うでしょうね。ヤングガンズは一人で戦うのは難しいです。複数いてこそ脅威になる、と思います。がんばれラオくん!
    コーチについてはあばたんさんやとしぼうさんと同じで、その時が来ればちゃんと選択肢が現れて、圭が選びます。誰がコーチになっても圭のスタイルは、もう大きくは変えられない、そんな時間もない。新たなピースが必要になれば、ひょっこり手に入るような気がします(楽観的)w
    でもどうやったらジョコを倒せるんでしょう。シモンさんのような泥沼テニスか、圭やフェデラーのような速攻テニスか・・・それらを組み合わせたハイブリッドテニスか・・・ビッグ4のテニスの凄さはウィナーのつもりが実はそうならないところ。決まったと思ったらもっとすごいのがきちゃうところ。この全豪での圭の試合を見てて、圭もその域に来たかなと思うことがいくつもありました。「後の先」。楽しみです!
    圭!ガンバレ━━゚+.☆ヽ(〃`・∇・´〃)ノ☆.+゚━━ ッ!!!

      引用  返信

  • 閑話休題 なんと言っても明日大勝利をおさめるのはユニクロでしょう! 数十億の宣伝効果? がはは   
    それと今回は間違いなく日本人サポーターの応援が優っているだろうし、世界中のテニスファンも常勝ジョコさんにはいささかウンザリー失礼ーではないねかな。追い風が吹き荒れる事をきたいして。ワクワクドキドキ

      引用  返信

  • 明日は ぬかみそ沼に続いて、錦鯉沼に引きずり込んでほしいですね\(゜ロ\)(/ロ゜)/

      引用  返信

  • 結果を知ってから録画を見たので余計ですが、非常に見ていて安心、そしてエンターテインメントとしては最高にワクワクさせられる良い試合運びでしたね!

    ジョコに勝てるかどうか、ファンだからこそ誰もが気になる話題ですね。どっちもファンだからこそ。つまりそれが全てじゃないですか?誰かのコメントを罵るわけでなければギリokかなーと思います。

    錦織圭はグランドスラム制覇、そしてNo.1になるのは可能性があります。ですが、残念ながら、BIG4と同等に語られる選手にはなれないでしょう。その一方で、ワウリンカにはなれると思い、日々応援する所存です。

    火曜日、ジョコとの対戦は勝ってほしいし、でも確率的にはジョコだと思うけど、結果がどちらでも良い試合が観たいですね。

    今回勝ててもジョコにはなれません。
    でも悲観することはありません。
    我らの圭は紛れもなくツアーの顔であり、世界のトップです。アジアの星です。誇りをもって応援しましょう!

      引用  返信

  • ムライチさん
    情報ありがとうございます!
    やっとナイトマッチですか!
    日本の会社員には嬉しい時間帯ですね^_^

      引用  返信

  • 「あそこまでヒドいテニスはもうあり得ない訳だから、それが分かってある意味嬉しい」って、この不敵なコメントはさすがジョーカーといったところですね。でも実際は暑さのなかでペースのないシモンのボールにタイミング外された感もあった気がします。その分、次はかなり集中力を高めてきそうですね。。
    圭くんのテニスは攻撃的なので あのペースのストロークはジョコの調子を上げる可能性は十分ありますが、ガチンコの凄いラリー戦が見られそうで楽しみ!!
    チャンコーチと鍛えてきた圭くんの体力が真夏のメルボルンで、どこまで耐えうるのか。超高速フットワーク同士のガチンコ勝負。
    なんだかまるでボクシングのロッキーの試合前みたいな気持ちになってきました。。ふぅ。。まずは再び昨日のツォンガ戦のような完璧な試合の入りを期待したいです。どんな戦略を練っているんでしょうか。
    ROD LAVER7pmナイトセッションになりましたね!
    仕事のため現地から離れ居住地のNZに戻ってきましたが、今度はテレビの前であるいはスポーツバーで応援します。現地の方はぜひ応援よろしくお願いします!!がんばれKEI!!!

      引用  返信

  • 現地時間でN.B.19:15ということは日本時間で17:15ということ?
    定時で速攻帰宅しないと(^^)

      引用  返信

  • 明日の準々決勝、ナイトセッションなんですね。
    積極的で攻撃的なプレーができることを願っています。
    錦織選手は、間違いなくトップ5の強豪と勝負できる実力があるんですから。
    素晴らしい試合になることを期待しています。
    がんばれ、錦織選手。

      引用  返信

  • 八神庵さん 待ってました〜 久々の居酒屋開店嬉しかったです(≧∇≦)

    明日はナイトセッションでNo. 1との対戦楽しみですね
    なんだか今から武者震いしますw

      引用  返信

  • 八神庵さま
    チリンチリン🎵が聞けると“あっ!!きた!”と喜んでおります。わたしも明日の試合を楽しみに念を送ります。またの開店お待ちしています。

      引用  返信

  • アガシの名前がちょいちょい出ているようですが、私はどうしても
     アガシ→ブルックシールズ→皇太子(笑)→柏原芳恵 という連想をしてしまいますww年がばれますねww
    ブルックシールズ、元気でしょうか?

      引用  返信

  • 八神庵さん。

    もう最高です(笑)。

    ジョコビッチは相当錦織を警戒してますよね。
    去年のファイナルこそ完璧な形で勝ちましたが、それ以前のローマや一昨年のファイナルでも結果的にはフルセットまで行ってますからね。その両方とも錦織の自滅に近いミスがきっかけだったと思うので、言い方は妙ですが、錦織が平常心で戦えれば十分に勝つチャンスはあると思います。

    大事なのはファーストの確率と、攻め急いでミスを連発しないこと。
    それだけで勝てる!と私は思ってます。いや、本当に勝てるって!!

    皆さん、明日はサーブの調子が良いことを祈りましょうww。あ、あと焦らないことですね。

      引用  返信

  • 八神庵さん、コメント最高です。
    読んで、思わず吹いてしまいました😁
    以前、ATPファイナルの試合の時に
    勝った錦織は眠くてもう寝ました😖のコメントされた方かしら?
    すみません、申し遅れました。
    初めて、投稿させていただきます。
    機械オンチなため、今迄は見てるだけでしたが
    思わず投稿してしまいました。
    運営されてる方、お疲れ様です。
    楽しく読まさせていただいてます😄
    明日のジョコ戦、皆んなで錦織君の勝利を願い応援したいですね。

      引用  返信

  • としぼうさん、しまちゃんさん、はっぱさん、yuriさん、ぶんたさん

    コメントありがとうございます。温かく見て貰えて嬉しいです。(^ ^)
    創作物では、ハーフボレーさんのものもありましたね。
    少しでも楽しく圭くんの応援ができたら〜と思ってます!

      引用  返信

  • 八神庵さんといい節穴さんといい絶好調ですね、絶対良い風が吹いてる気がします。

      引用  返信

  • chachaさん
    コメントありがとうございます。今回はやってくれそうな雰囲気ですよね。全力応援です!

    ぶんたさん
    コメント連投すみません。2014年のFINAL前の飲み会のネタですね?
    まさか覚えていて頂けるとは、感激しました!ありがとうございました。
    これからも一緒に圭くんを応援しましょう☆

      引用  返信

  • トップ選手では複数コーチ体制もむしろ普通なんですか。もちろん、それぞれの一方のコーチは知っていましたけど、そういう体制になっているとは知りませんでした。教えていただきましてありがとうございます。メリットの方が大きいと考えられているようですね。私はチャンコーチの厳しさをダンテコーチが「薄めて」しまっているのではないかと思っていたのですが、錦織くん自身が2人が必要だと考えている
    わけだし、そのチームを作ってバランスをとるとか、色々うまくいっているんでしょうね。

    テニスはコーチを自分で選任するっていうところが面白いです。どういうチーム体制を作れるかっていうのも選手の能力のひとつなんでしょう。そういう意味で錦織くんがダンテコーチと長く一緒にチームになっているというのも、彼の人柄が伺われてそれはそれでいいのかもしれませんね。グレンコーチのときのように、もし必要なときが来たらその時はまた別の指導者のサポートを仰ぐこともあるかもしれませんが、それが来ていないだろう今は錦織くんとチームがうまく行くように願うのみなのかな。

      引用  返信

  • 八神庵さん
    久しぶりの開店、最高です!
    笑わせてもらいました(^^)
    ジョコも被害者の会に、また入会してもらいたいですね〜

    ワウちゃん、負けちゃったんですね(;_;)
    タフマッチになるだろうなぁと思っていたけど、今大会のラオ君相手に2セットダウンから巻き返すのは厳しかったか…orz

    圭くんの次に好きなスタンが負けて残念ですが、ヤングガン世代のラオ君の頑張りは嬉しいです。
    圭くんと2人で世代交代の風、吹かせてほしいです!台風の目になれ〜〜

      引用  返信

  • 1/25に行われた錦織選手の練習で写真を取りましたのです、10枚アップロードしました。
    スピンがよくかかった鋭い打球を、クロス、ダウンザライン、と打ち分け、調子は良さそうに見えました。
    http://imgur.com/a/TaCrg

      引用  返信

  • ryoさん

    コメント有り難うございます!
    ここまで来たら、確かにラオ君にも頑張って欲しいです。
    圭君はここからボスキャラ三連戦ですが、先のことは考えずに思いっきりプレーして欲しいですね★

      引用  返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

     テニスを愛する理系人間。よく理屈っぽいと言われる。  プレースタイルはサーブアンドボレー、というよりサーブ。ストロークは弱い。  2008年2月15日に本ブログを開設。その数日後に錦織圭はあのデルレイビーチ優勝を成し遂げる。  錦織圭の存在を知ったのは2004年。その後2006年全仏ジュニアベスト8で再注目。2007年のプロデビュー(AIGオープン)で錦織の試合を初観戦。その後の活躍を確信し、今に至る。