長年にわたり錦織圭を支えてきたダンテ・ボッティーニがコーチを退任

昨日、フェデラーをはじめとした豪華メンバーで行われた「UNIQUE Lifewear Day Tokyo」。
このイベントのレビューを書こうと思っていた今朝、大きなニュースが飛び込んできましたので、先に記事にします。

9年間という長きにわたり錦織圭を支えてきたダンテ・ボッティーニがコーチを退任するとのことです。

このように、錦織もダンテに深い感謝の意を表しています。

戦略家としても知られるダンテは、錦織の仲の良い友人としても長年の信頼関係を築いてきました。
良いときも悪いときもありましたが、錦織が4位にまで登りつめ、グランドスラムで準優勝するまで成長したことはダンテの貢献無しには語ることはできません。
本当にありがとうと言いたいと思います。

あの人なつこい笑顔をコーチ席で見られなくなるのは寂しいです。
錦織ビンゴの「ダンテが爪を噛む」のマスを作れなくなるのも残念です。

これほどの長い間コーチとして務め上げたと言うことは、間違いなく錦織圭との相性は良かったということ。
それはメリットでもありますが、一方で新しい風が吹かないということでもあり、一長一短でもあります。

2013年末にチャンがパートタイムながらもコーチ陣に加わり、新しい風が吹きました。
そこから6年。そろそろ、変化を持たせたいと言うことなのでしょう。
アスリートとして、自然の考えだと思います。

この12月には30歳を迎える錦織。来年には東京オリンピックを控え、勝負の年と位置づけていることと思われます。
怪我が大きな要因だったとは言え、2017年以降は2014〜2016年までの結果を残せていないのも事実です。
私は、今のこのタイミング(休養中でもあり、オフシーズン前でもある)での変化に賛成です。

トップ選手たちも頻繁にコーチを変えています。変えない方が少ないと思います。
ジョコビッチですら、一度はバイダコーチと離れる決心をしました。
その後不調に陥り、再びバイダコーチと組んでかつての強さを取り戻しましたが、離れる決断が間違いだったかどうかは後にならないと分からないものです。
ジョコビッチですらマンネリ化を恐れたということだと思います。

錦織の次のコーチが誰になるか、おそらく来年までにはじっくりと選んでいくことになると思うのですが、
マイケル・チャンはフルタイムではコーチはできないと以前から言っていますので、その当たりも含めてどうなるか全く読めません。

個人的には、アガシが良いと思うのですが(非ビッグサーバーながら要所ではサーブで凌ぐ技術がある、当たりの厚いフォア、早いタイミングなど)
チャンとアガシの二巨頭体制というのも想像が難しいですね。

データを活用する人がいいなあと思っているのですが(必ずしも錦織自身がデータを読む必要はない。結果だけ教えれば良い)、続報を待つしかないですね。

錦織は現在、ドクターから言われた6〜7週間の休養の、終盤に入っているところだと思います。
来週のウィーンには、出場するとしても調整不足のままになるでしょうし、ファンとしては心配が尽きないと思いますが、
トレーニングはしっかりやっていますし、こうやって水面下ではいろいろと真剣にキャリアを考え、動いているということだと思います。

そういう意味でも、ダンテの退任を非常に残念に思いながらも、前向きに捉える要素のある決断だったと思います。

改めて、ダンテ・ボッティーニに敬意を評し、感謝の意を述べたいと思います。
ありがとう!! ダンテ!!

137 件のコメント

  • インスタグラムのストーリーにインドアコートでの練習風景がアップされています。まだまだ軽いストローク練習ですが、千里の道も一歩から!
    ところで、ロビーさんとのペットボトル動画の時すでにあちこちで指摘されていましたが、ラケットが赤い…。CLASH?98?100?いよいよ95やめる?
    続報を待て状態ですね。

      引用  返信

  • 今朝のめざ○しテレビ、昨日のイベント後のインタビュー見ました。

    右肘はまだ20~30%
    まだ完全には曲がらない
    ゆっくりスポンジボールを打てるぐらい
    全豪に間に合えばいいくらい
    来季一番勝ちたいのはジョコ(大舞台で勝ちたい)
    今年の漢字は『苦(の中に小さなポ)』
    →来季はポジティブな一年にしたいという意味

    とのことなので、
    ハワイやATPカップで見たいのは山々だけど…
    山々だけど…
    山々だけど…
    山々……
    まあ、あまりこっちも慌てずゆっくり構えることにします。(思いの外早く回復して出られたらこりゃハッピー♪)

    しっかり完全に治して、その分あとで暴れまくって、暴れまくって、暴れまくってもらいましょう!!!
    新コーチの発表は12月かな?

      引用  返信

  • 錦織選手の復帰プランについては無理無くそして熟考した上で決断を下して欲しいです。何なら成功をおさめた「2018年スタイル」も全然アリでしょうし。

    ただATP杯において錦織選手が欠場したら日本が出場権自体が消滅するのであれば、西岡選手達がATP杯と同週(week1・1/6週)に宙に浮く形も有り得ます。

    この週のCHのエントリー締め切りが恐らく来週末までですし、彼らもptを稼ぐ為にはATP杯がダメになったらCHにシフトチェンジするでしょうし、彼らの事情を汲んだ上で錦織選手もその辺りまでには何らかの決断を下すのかもしれませんね。

      引用  返信

  • これ来年全豪間に合うのかな?
    いきなり5セットはきついとか言ってチャレンジャーは出なくても 250辺りから復帰とかなりかねない。

      引用  返信

  • やっと新コーチが決まったようですね。IMG繋がりのようで、つい最近まで現役のダブルスプレイヤーだったそうです。コメントでも、サーブ&ボレーをもっと上手くなりたいとのこと。まずはじっくりと治療とリハビリです。実戦は来年からで十分です。
    一安心。

      引用  返信

  • 皆さん、新コーチ情報ありがとうございます。
    ATPファイナルズをテレビで観つつ、ダブルスのグループ・マックス・ミルヌイの勝ち上がりは‥‥なんて騒いでいた時、そういえばミルヌイ選手も引退だなあー、なんて、全仏オープン優勝のことなどなつかしく思い出していたんです。
    そしたらなんと、錦織選手のコーチに就任とは。

    サーブにせよネットプレーにせよ、きっといい刺激をもたらしてくれるしょう❣️ 天然ビーストな錦織圭も見てみたい。

      引用  返信

  • https://toshimatsui.blogspot.com/2014/09/atp250.html
    5年前の松井選手のブログです_(._.)_
    デ杯等での母国への貢献といい、コーチとしての適正がありそう(。´・ω・)?
    と思っていましたが・・・(੭ु´・ω・`)੭ु⁾⁾
    錦織選手としては、足りないモノを埋めるには適した人選と言えましょう٩( ”ω” )و

      引用  返信

  • 驚きました。マックス・ミルヌィが新コーチなんですね。
    サーブも持ち味でしたから、錦織選手の足りないところを補える人選だと思います。IMGつながりがあったんですね。40歳過ぎまで現役だったり、若い頃にはベラルーシを単複フル回転でデ杯WGの常連にさせていたタフさも、勉強できる点は多いのではないでしょうか。
    ただ心配なのは、コーチに残るマイケル・チャンと衝突しないだろうかという点。2人とも選手としての実績を持っていますからね。蒸し返すつもりはありませんが、2018年の成績を見るに、そしてミルヌィを陣営に入れた今、チャンをコーチとして残すのはどうなんだろ?

      引用  返信

  • 錦織選手自体が完成品に近いですし、ミルヌィ氏のコーチ就任はプラスαを手に入れる為の事かなぁと。

    http://topics.smt.docomo.ne.jp/article/numberweb/sports/numberweb-840994
    🖕は山口奈緒美氏による内山選手の記事ですが、今秋の内山選手のキャリアハイ更新は増田健太郎コーチによって作られた「ベース」に東京500以降に期間限定で就任した鈴木貴男さんの「風味」が加わった賜物って感じですし、錦織選手もこの様な感じを狙ったのかなぁと。

    ただ、その一方で・・・
    https://sportiva.shueisha.co.jp/clm/otherballgame/tennis/2019/10/07/op___split_1/amp_2.php
    🖕は内田暁氏による(またしても)内山選手の記事ですが、コーチとの目的意識をちゃんとしてATP生活において余計なストレスを作らない事、当たり前の事では有りますがトップ選手でもコーチ変更が上手くいかない事なんて決して珍しくは無いですから。

    今日の記事によると全豪欠場の選択肢もある様ですが、その期間で新コーチを含むチーム錦織のブラッシュアップするのも悪くないかもしれませんね。🤔

      引用  返信

  • サーブとネットプレーの強化ですか...
    確かに足らない部分なんで、強化できたら素晴らしいのですけれど...
    苦手なところを矯正してもたかが知れていて、時間ばかり過ぎ去って効果が少ないなんてことになりそうで、とても心配。
    得意なストロークを磨き上げたほうが良さそうな...

    しかし、錦織選手もそんなことは十分承知しての決断だと思います。
    Top10の維持なんて小さな目標でなく、GS制覇達成にはサーブの強化は必須のようにも思えますので、うまく行こうが行くまいが上を目指す思いが伝わってきて、とても楽しみでもあります。

    心配が杞憂に終わって、GS制覇を何としても成し遂げてほしい。

      引用  返信

  • マックスミルニィの試合動画見てきたけどそこまで強くないよ。
    いやサーブ力とボレー力増やせば良いだけかな?
    いやでも錦織はフォアも修正しないとあかん

      引用  返信

  • 錦織が全豪OP欠場確率高いのが心配
    まず仮に怪我が完治しても試合勘とか体力フィジカル的に5セット保つのか?とか色々考えられるし。
    全豪黄信号。
    錦織もジョコ並みの回復力あればなー。
    ジョコなんて全米から僅か約1ヶ月で楽天出てくれたし。右肘ってそんなかかるかな?

      引用  返信

  • ネモリーノさん、
    ミルニィは、昨年まで現役選手だったので、現時点では「コーチとして有名で一流」とは評価されてはいない(コーチとしての実績や、有能であることの証明が無い)、のは事実だと思いますが、コーチとして有能なのかどうかは、全く未知数なのであって、現時点で「2流コーチ」と断定するのは、時期尚早ないし不当な評価だと思いますよ。
    極端な話、サーシャ・バインだって、結果的には有能なコーチだったと思いますが、大坂なおみのコーチになった時は、コーチとして有能かどうかは未知数と言ってよいレベルだったと思います。
    他にも、例えば、ワウリンカの元コーチのマグヌス・ノーマンも有能なコーチだと思いますが、選手を辞めた直後は、有能なコーチかどうか未知数だったわけでしょ?
    もちろん、既に実績があって有能と評価されているコーチの方が確実性があるという意味で、ベターかもしれませんが、アメリカが本拠の錦織選手のフルタイムコーチになってくれる人で、そんな実績があって有能な人はなかなか空いていないでしょう。
    あとは、団長のツイッター情報によると、現役時代のサーブのフォームはきれいだったらしいので、まずは期待をする、ということで良いんじゃないでかね?

      引用  返信

  • ネモリーノさま
    「レジェンドプレーヤー」=名コーチとは限りません。選手との相性もありますし…。まだまだコーチとしては未知数ですが、現役時代さまざまなタイプの選手とペアを組んで実績を積んだ経験はコーチングにも生きてくるんじゃないですかねぇ…?
    まずは錦織選手の肘ですね。ハワイオープンは間に合わなさそうなので、ATP CUPに出れるか否か。それがダメなら私は全豪スキップでも良いと思います。

      引用  返信

  • テニス特に海外においては選手とコーチの関係って決して「師弟関係」とは限りませんし、むしろ選手が「オーナー兼監督」でコーチが「雇われる側」っていう印象が強いです。(勿論、全てでは有りませんが)

    記憶違いでは無ければ、チャン氏のコーチ招聘も錦織選手自身のオファーだった筈ですし。

    なのでコーチ変更のポイントは「今後チャン&ミルニィ体制が錦織選手をいかに導くか?」ではなく、「今後錦織選手がチャン&ミルニィコーチをいかに効果的に活用できるか?」になるのかなぁと。

    そう意味では、コーチでは無くむしろ錦織選手の方の手腕が問われるのかもしれませんねぇ〜🤔

      引用  返信

  • 錦織選手、実戦はまだ先になりそうですが、コーチが決まって良かったです。
    私の知らない方なのですが錦織選手がコーチの事を良く知っていて期待を
    しているのならそれに越したことはありません。
    自分自身にも期待しているのが伺えてとても嬉しいです。
    結果はすぐには出ないかも知れませんが新しい挑戦なのでニュー錦織選手を
    楽しみに待ちたいと思います。

      引用  返信

  • 2020年
    30歳
    新コーチ就任!

    なんかキリがいいなあ。
    錦織選手にとって次のステップにいく準備が始まったという感じです。
    時間はまだかかりそうですが肘も順調ということなので、錦織選手は腹をくくって
    じっくり自分の目指すテニスに向かっていくように思えます。
    どんなプレーを見せてくれるんでしょうね( ̄▽ ̄)
    全豪スキップの可能性もちらっと見えますが、それでも悲観的な気分にはならず、
    期待が膨らみます。(とはいえ寂しい気持ちはもちろん大ありだけど)

    チャンとミルニィ……2人のコーチかあ♪( ´▽`) 錦織選手をちゃんと見るにい👀
    なんちゃって(//∇//)

      引用  返信

  • あけびさん!錦織選手を、ちゃんと見るにィ♬
    私もそれ思いました笑笑

    復帰後の錦織選手も陣営席も楽しみですね。
    首が長ーーーくなっちゃってますけど、応援できる日が待ち遠しい!

      引用  返信

  • リリマリさん, キャッ!恥ずかしい(//∇//) でもお仲間がいてくださって嬉しい😂 笑
    ろくろっ首かキリン🦒かっていうくらい伸びちゃってますよね(^◇^;)
    でも待てます、私も。
    復帰初戦のここでの盛り上がりも楽しみ❤️

      引用  返信

  • ネモリノさんは、表現はぶっきらぼうだけど………意外と、素直なんですよね…カワイイ(すいません。)
    新コーチの情報ありがとうございます。サービスとネットプレーの強化が、実を結んで、持ち味のストローク力が生かされる……今度こそ、新生錦織選手❗の誕生にワクワクです。一筋縄では、行かないでしょうけど、頑張れ〜錦織選手❗

      引用  返信

  • ついに新しいコーチが発表されて、応援する側もフレッシュな気持ちになりますね。

    新コーチに関する記事をいくつか読みましたが、マックス・ミルヌイ氏のコーチ就任は、錦織君にとってとても自然なことだったように思えます。2人は長年の知り合いだったんですね。怪我をする前からミルヌイにコーチ就任の話をしていたと言っていたから、この話は相当前に決まっていたってことでしょうか。
    IMGで度々顔を合わせて話をしたり練習を見たりするうちに、この人が自分のコーチになってくれたらいいなあという気持ちが徐々に高まっていき、それが新しい風を入れたいという思いと合致して、ミルヌイの引退(昨年11月でしたっけ)を機にコーチを依頼したってことなのかな?

    怪我は順調に治りつつあるようですが、新しいコーチを迎えた今、プレーできるまでに回復したならまずはトレーニングと練習を沢山積み重ねてチャンとミルニィ! と本人もコーチも思っているのではないでしょうか? 同時に早く実戦に参加したい逸る気持ちも本人にはあるかな?
    でもここは焦らず、たとえ時間がかかってもしっかり体を整えて、長く戦える土台作りをしてほしいです。新しい技術も身につけてほしいし(ってことは当然トレーニングや練習も辛く厳しいはずで、プロスポーツ選手って本当に大変だ…)。
    休んでいる間の体作りや技術の練磨、そして復帰時期の見極めは、今後過酷なツアーで勝ち残れるかどうかを左右するかも知れません。

    がんばれ、錦織圭!休んでいる間も応援していますよ! そして、”新生錦織圭”となってツアーに復帰する日を辛抱強く待っています!(すごく待ち遠しい気持ちを無理に抑えこんで虚勢張り気味に、でも本気の願いを込めて!)

      引用  返信

  • ネモリーノ …カントー地方のどくタイプの錦鯉だが、あんがいすなおでよいせいかく

      引用  返信

  • https://mobile.twitter.com/HiroYoshimatsu/status/1202066560665313283
    日刊スポーツの吉松記者のツイート&錦織選手関連の記事です。

    全豪欠場も視野に入れた談話がありますが現状を考えるとその考えは至極当然の事。復帰初戦が5セットマッチなんて無謀に近いですし、既に参戦内定のNY250(2/10週)か慣らし運転的に見るとニューポートビーチCH(1/27週)からの復帰も全然アリでしょう。

    当初からの「今あたりからの実戦練習→ハワイOPからの実戦」は遅れる可能性は高そうですが、錦織選手自体は全く焦っていない様ですしその中での「1月のどこか、もしかしたら2月」という具体的な復帰予定時期が出た事はポジティブに捉えています。😤

      引用  返信

  • ウィルソンが錦織選手のラケットのデザインを募集しています(2020年秋より使用予定…てことは楽天OPでお披露目?)。コートで孤独な戦いを強いられる錦織選手に力を与えられるようなそんなデザイン。我こそは!と思われる方、応募してはいかがでしょう?私は残念ながらそういうセンスは皆無なので…(^◇^;)。 やはり錦鯉モデルですよね〜。
    https://www.wilson.co.jp/keinishikori-design-contest-2020/

      引用  返信

  • ROMさん。 私も、錦鯉モデルでしょう🎵とすぐに頭に浮かんじやったですよ〜 団長さま如何ですぅ?応募されては〜?

      引用  返信

  • あじゃこ…カントー地方のあほタイプの錦鯉。ホーマツだがときにぼうそうするのであぶない。

      引用  返信

  • だいあん…カントー地方の大食いタイプの錦鯉。たべものがまずかったり圭ロスがつづいたりするとふきげんになり、ぐれる。

      引用  返信

  • 有難うございます😙
    カルバンさんも、どーぞ。
    何タイプの錦鯉さんでしょう❓

      引用  返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

     テニスを愛する理系人間。よく理屈っぽいと言われる。  プレースタイルはサーブアンドボレー、というよりサーブ。ストロークは弱い。  2008年2月15日に本ブログを開設。その数日後に錦織圭はあのデルレイビーチ優勝を成し遂げる。  錦織圭の存在を知ったのは2004年。その後2006年全仏ジュニアベスト8で再注目。2007年のプロデビュー(AIGオープン)で錦織の試合を初観戦。その後の活躍を確信し、今に至る。