錦織圭は準々決勝で敗退(2010バトンルージュCH)

残念ながらカンケにストレート負けでした。

2010 Baton Rouge Challenger
Quarterfinals

Tobias Kamke def. Kei Nishikori, 6-4, 6-1

第1セット4-4までは順調だったのですが、その後引き離されてしまったようです。

トップシードのラムに勝ったあとだっただけにこの試合も勝利を期待する人が多かったと思いますが、勝負の世界は甘くないということですね。

が、1年ぶりの勝利を収めた今大会、良かったですね。

1,2か月前の状況を思い出してみると、ものすごい前進です。

これからも勝ったり負けたりが続く可能性もありますが、まずは元気にプレーできていることが喜ばしいです。

来週も試合(タラハシーCH)がありますしね。

試合後の談話(Facebookより)

lost a tough one today. Good week though. Won 2 matches and body feels great. Figuring out how to get to next tourney……

(厳しい試合で、負けちゃったけど2つ勝って体の調子もいいのでよい週だった。来週の試合にどうやって行こうかな・・・)

と、すでに次の試合のことを考えているようです。肘に対する過度の心配は必要ないと思われます。

添田豪の快進撃続く

錦織と同じく準々決勝に勝ち上がっていた添田豪、クズネツォフにも勝利して準決勝進出です!

添田は来週のタラハシーCHは予選からの出場予定だったのですが、準決勝まで勝ち上がったことにより予選出場がスケジュール的に不可能となり、SE (Special Exempt)という制度を利用して本戦からの出場が認められました。めでたい。

この快進撃の裏には、日本のフューチャーズを厳しいトレーニングをこなしながら2連続優勝したことがあると思います。

試合期間中にも体を追い込むトレーニングをすることができたことによる体力と自信のアップがあったと思われます。

本来、フューチャーズに出るレベルの選手ではなく、勝ってあたりまえのところがありましたが、そうは言ってもやっぱり勝つことが、メンタルにいい影響を及ぼすということがあります。

上のレベルに挑戦し続けるためには、ときにはこういった勝つべき試合を勝つといった経験が生きてくるということなのでしょう。

このまま突っ走ってもらってもらいましょう!

10 件のコメント

  • 錦織くん、体調には問題ないんですね。よかった・・・
    実戦から長く遠ざかっていた選手が復帰してすぐすぐ勝ちあがれる
    ほど甘い世界ではないだろうから、徐々に慣らしていけば
    いいのではないかと思います。

    >そうは言ってもやっぱり勝つことが、メンタルにいい影響を及ぼす

    というのと、今週は錦織くんが出場してたということも
    闘志に火を付けたというのもあると思います(^^

    ちなみに細かいんですが、
    添田くん段落の一行目、添田剛になってますよww
    一瞬なぜここで森田剛が? と思いました。。

      引用  返信

  • sabuさん、さすが素早い指摘。
    団長は英文を訳してくれるから、
    ありがたい。

    来週も、どきどき、わくわく
    できそうですね。

      引用  返信

  •  肘はなんともないのですね、良かったですね!何よりです^^!

    毎試合、良いパフォーマンスを安定して発揮できる、というのが
    トップ選手の条件ですもの、まだ波があっても仕方ないですね!

     ただ、さすが圭!と思う部分もたくさんあったので、
    慣れて来るに従って、突然突き抜けた姿を魅せてくれるかもです。

     今は、1年ぶりに圭の試合で騒げる幸せをかみしめています^^)
    圭、スペシャルな1週間をありがとう≧▽≦

      引用  返信

  • レポート有難うございます。

    錦織君が負けてしまったのは非常に残念ですが、
    復帰後2戦目の試合で2回勝っただけでもすごい
    ことだと思います。

    錦織ファンとしては、肘の状態が悪くなっていない
    ことだけが気になるところで、それさえ問題なければ
    後は試合勘を取り戻すだけで確実に勝利がついてくる
    のではないかと私は思っております。
    とにかく怪我だけが心配ですね。無理はせずに頑張って
    もらいたいものです。

    またご報告をお願い致します。

      引用  返信

  • >sabuさん

    ほら! さぶさんも間違いの所に目がいっているでしょ!

    毎週 英字新聞の翻訳の宿題が出ます。
    鼻血さんの翻訳をまねて 私も、トライ!

    lost a tough one today. Good week though. Won 2 matches and body feels great. Figuring out how to get to next tourney……

    (厳しい試合で、負けちゃったけど2つ勝って体の調子もいいのでよい週だった。来週の試合にどうやって行こうかな・・・)

    負けちゃった、今日のタフな試合。
    良い週だったよ、だけど。
    2回勝って、身体の調子も上々!
    対策練っているよ、来週の試合に。

    圭君が負けて
    ちょっと落ち込んだけど、来週に期待!
    本心は、圭君の画像を早く見たいけどね・・

    鼻血さん! いつもありがとう!

      引用  返信

  • bluettiさん

    私はget toを文字通り訳しちゃったけど、対策を練るという意味かもしれませんね。結局何がいいたいか分かんないや。ネイティブ以外にも分かるように書いておくれオリ・・・いや錦織。

      引用  返信

  •  来週のタラハシーCHのメインドローが発表されました。

    http://www.atpworldtour.com/posting/2010/692/mds.pdf

     SEの添田、伊藤、錦織共、上半分の上段に押し込まれています。
    (今週錦織に勝ったカンケは急遽欠場の模様)

     錦織の1回戦の相手は、現在108位のJesse Levine(米国、22才)
    です。身長は175cmで錦織よりも低いのですが、「左利き」である
    ことが最大の特徴です。

     Levine選手の過去最高位は08/11月と09/10月にマークした94位
    ですが、そのランキングは安定しており、08/7月以降は136位以上
    を維持し続けています。

     ただ、この選手はいわゆるCH主体の選手ではなく、グランプリ
    以上の大会に果敢にチャレンジした結果(過去1年間にGS本戦3勝、
    マスターズ本戦1勝、その他グランプリ本戦16強以上3回)ことを
    考慮すれば、実際にはランキング以上の実力を秘めており、年齢
    的にもいつブレークしてもおかしくない選手だと思います。

     今年に入ってからやや調子を落とし気味ではあるものの、1回戦
    から、かなりの難敵と考える必要があります。

      引用  返信

  • コリコリさん、詳しい情報ありがとうございます!:)
    リバイン選手はIMGでトレーニングしている圭くんの友達らしいです。お互いに練習したり、2、3年前はダブルスも組んでいたらしいです。よく知っている相手だけに、負けたくない気持ちがあると思います。それに、バトン・ルージュCH大会に出場した選手がほとんどそのままエントリーしていますし、白熱した試合になりそうですね!錦織選手、添田選手、伊藤選手の日本人選手3人の応援にも熱が入ってしまいます!応援しましょう!!!!

      引用  返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

     テニスを愛する理系人間。よく理屈っぽいと言われる。  プレースタイルはサーブアンドボレー、というよりサーブ。ストロークは弱い。  2008年2月15日に本ブログを開設。その数日後に錦織圭はあのデルレイビーチ優勝を成し遂げる。  錦織圭の存在を知ったのは2004年。その後2006年全仏ジュニアベスト8で再注目。2007年のプロデビュー(AIGオープン)で錦織の試合を初観戦。その後の活躍を確信し、今に至る。